神奈川県のショアジギングにおすすめの釣り場・ポイント8選 国府津 裏磯 城ヶ島 うみかぜ公園





神奈川県は相模湾に東京湾と豊かな海に面しているため青物の回遊数も豊富で、それらを狙うショアジギングも盛んです。

こちらでは、神奈川県のショアジギングでは外せないお勧めのポイントを紹介します。

 

江の島・裏磯

お勧めポイント
・型は小さいが連日濃い魚影
・磯の近くにトイレ有り
・道中に自販機、ゴミ箱有り

釣れる魚
イワシ、サバ、ワカシ〜イナダ、ショゴ、ソーダガツオ、シイラ
ヒラメ、マゴチ、エソ、ホウボウ
シーバス

湘南にある人気の観光地・江の島。2020年の東京オリンピックではセーリング会場に使用される。

そんな観光地の江の島も、障害物の少ない湘南のサーフでは回遊魚が集まる1つのポイントとなっており、ショアジギングで回遊魚を狙うには絶好の釣り場です。
回遊魚にとっても江の島は観光地みたいな存在なのかもしれないですね。

観光地だけあってトイレも磯の近くに有るため子供や女性も安心です。夏場は弁天橋の手前から裏磯直行する、弁天丸と言う観光船も就航しており、10時以降なら山越え(島越え?)せずに裏磯を行き来する事が出来ますよ。運賃は片道400円です。

江の島には釣りが出来る場所複数あり、中でも「裏磯」と呼ばれるポイントは、青物を狙う釣り人にとても人気です。

沖に突き出た江の島では、30mくらい投げるだけでも十分釣れるので、タックルは28gのメタルジグを扱えるシーバスロッドなら大丈夫です。
裏磯は水深が深く、少し沖で15mくらいありますから、可能なら40gのメタルジグまで扱えた方が良いとは思います。

通年を通して青物のサイズが小さいく、ジギングロッドでは釣れても物足りないと思いますので、シーバスロッドくらいが引きも楽しめてお勧めです。
9fのロッドだと場所によっては足元の根や張り出した岩により、ジグや魚の取り込みが大変なため、9.6fより長いロッドのほうが扱い易いですよ。

磯は手前から20mくらいの海底に根が入っており、20mより手前まで巻いてきたら着底させない方が良いですね。初めてだとジグのロストも多いと思うので、メタルジグは余分に持って行きましょう。

ボラ場

大平

裏磯へ降りる階段の直ぐ先にある大平・ボラ場はフラットで釣り易い反面、足元が濡れている事が多く、表面にビッシリと生えている海苔で滑りやすくなっている。
裏磯のボラ場は最盛期になるとカゴ釣り師が大量に押し寄せるので、ルアーマンは肩身の狭い思いをする可能性が高いのが難点です。

大黒の鼻

船着場のある近くにあるのが「大黒の鼻」。ショアジギングや投げサビキ釣り(ウキ無し)をする人は「大黒の鼻」と呼ばれる小場所に集まっている。
多少波が高くても足場が高く濡れにくい場所です。

磯に行くならスパイクシューズを用意!

 

国府津海岸

お勧めポイント
・ 多彩な魚種
・回遊数も多い
・周辺に駐車場有り
・サイズも大きめ

釣れる魚種
イワシ、サバ、ワカシ〜イナダ(極稀にワラサ)、ショゴ、ソーダガツオ、シイラ、サワラ
ヒラメ、マゴチ、エソ、ホウボウ

西湘にある国府津海岸は、ショアジギングのメッカと呼ばれており、シーズンになると午前3時に釣り場に入らないと、朝マヅメには満員で入れないくらい大人気の釣り場です。

国府津海岸は波打ち際から急に落ち込んで深くなっており、青物が海岸近くを回るため、通常のサーフよりも遠投しなくて良いのが魅力ですね。

メタルジグも60〜80m飛ばせれば十分ですから、M〜MHのシーバスロッド、Mクラスのジギングロッドが適しています。

 

城ヶ島・四畳半


出展まさかつの磯釣り
三浦半島の先端に位置する城ヶ島には、磯からショアジギングが楽しめるポイントがいくつかあるが、中でもショアジギングでの実績が高い「四畳半」と呼ばれる磯からの釣りがおすすめだ。

お勧めポイント
・ワラサ以上の大型魚も狙える
・青物の回遊も多い

城ヶ島は釣れる魚も大型になるうえに磯も荒いため上級者向けの釣り場になりますが、釣れる魚も大型になり本格的なパワーファイトが楽しめますよ。

城ヶ島ではMH以上のショアジギングロッドにPE2号くらいのタックルがお勧め。磯では魚に主導権を与えないように、できる限りパワーのあるタックルで臨みたい。

メタルジグは60gが基本となるが、活性やその日のアベレージサイズに合わせてジグを小さくしても良い。

 

うみかぜ公園

お勧めポイント
・アクセスの良さ
・公園内の駐車場
・近隣に大手の釣具店有り
・トイレ有り

釣れる魚種
イワシ、サバ、ワカシ〜イナダ
ヒラメ、シーバス

三浦半島の東京湾側に面した釣り場。入場無料であり、公園内には釣り場の目の前に駐車場が有る。

湾口に近い三浦の釣り場だけあって魚の回遊も多く、イワシやサバ、ワカシ〜イナダは良く釣れている印象。
護岸の手前には根が荒い場所があり、あまりメタルジグを着底させていると根掛かりするので注意。
トンビが多いので、野外で食べ物を食べる際は注意しよう。

 

福浦岸壁

お勧めポイント
・近隣にコンビニ有り
・アクセスが良い

釣れる魚種
サバ、ワカシ、イナダ
ヒラメ、マゴチ、エソ
タチウオ、シーバス

釣れる魚種は限られるものの、アクセスの良さからサバが釣れるシーズンになると数百メートルの岸壁全体が釣り人で埋まる。
近くのコンビニでは、アミコマセ、イソメ、投げ釣りの仕掛け、ロッドとリールのセットまで売っている。

朝マズメから日中はサバやイナダ。夜釣りではタチウオが狙える。
それほど遠投も必要なくタックルもシーバスロッドで十分だ。
岸壁の高さが5m程あるので、抜き上げが心配なら6m以上のタモ網を用意しておくとよい。
岸壁の下に120cmくらいの出っ張りがあるので、取り込む際は魚やルアーを引っ掛けないように注意しよう。遠投は不要でもロングロッドが取り込みの面で少しだけ有利。

カゴ釣りをする方も多いので、ショアジギングをするなら入る場所を選ばないと、カゴ釣りのウキがしょっちゅう流れてきて釣りにならない。

場所がら初心者アングラーも多く、まともに自分の仕掛けを管理出来ず、ウキを流しっぱなしで放置する人も見受けられる。

ゴミ箱が無いせいか? トイレの脇や茂みにゴミを捨てたり、水飲み場で魚を捌き内臓やエラを周りに捨てる釣り人が多い。
近い将来、福浦岸壁は釣り禁止になる可能があるだろう。

福浦岸壁で使える長さのタモ網はこちら

メジャークラフト ファーストキャスト ランディングシャフトセット 6m LS-600FC【あす楽対応】

 

ふれーゆ裏


出展電車でGo”東京湾釣り日記”
神奈川県の鶴見区にある釣り場「ふれーゆ裏」は、「横浜市高齢者保養研修施設ふれーゆ」の裏にある歩道沿いの釣り場。
意外にもサバからイナダまで回遊してする人気のポイントだ。

お勧めポイント
・アクセスの良さ

釣れる魚
サバ、ワカシ、イナダ、ソーダガツオ
シーバス、タチウオ

ふれーゆさんの駐車場について
ふれーゆの営業時間内であれば、ふれーゆさんの利用者でなくても施設のコインパーキングを利用できます。
駐車場の開場時間はAM7:30。駐車場利用料は最初の2時間が200円、以降30分につきに100円の加算になります。

 

三崎漁港・花暮岸壁


出典http://daiwai.blog77.fc2.com/blog-entry-748.html
三崎漁港にある堤防。水深があり先端から外洋側ではイナダやサバが狙える。神奈川県の堤防としては数少ない真鯛の実績もある釣り場。花暮岸壁は城ヶ島大橋の西側に位置するポイント。
釣り場の目の前に駐車が出来るお勧めの釣り場で、岸壁のすぐ近くにトイレも有りますよ。
花暮岸壁はちょうど城ヶ島を正面に望む場所に位置し、岸壁と城ヶ島に挟まれたこの場所は水深も深く潮通りも良いため青物の回遊が多いポイントです。
初夏から秋にかけてショアジギングやカゴ釣りで狙ってみよう。

お勧めポイント
・釣り場の目の前に駐車場あり

釣れる魚
サバ、ワカシ、イナダ、ワラサ、ショゴ、ソーダガツオ

三浦漁港の周辺には生け簀もあり、関係があるのか魚が集まってくる。
ナブラやイナダの姿が見れることもあるほど。

 

本牧海釣り施設/大黒海釣り施設

子供や初心者にお勧めの海釣り施設。
潮回りが良い場所に作られているので、イワシやサバ、イナダなどの釣果も良い。

お勧めポイント
・HPで毎日釣果情報が更新されている。
・飲食店もある。

護岸からのライトショアジギングの他に、沖桟橋ではバーチカルジギングも出来る。
旧護岸の先端付近はサバの回遊も良いのでお勧めだ。

本牧海釣り施設では入場者数が一定以上になるとルアーのキャスティングが禁止になる点に注意しよう。

 

お気に入りのポイントを見つけてライトショアジギングを楽しんで下さいね!
にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です