キハダが1番釣れる!?|エビングのタックル・仕掛け 釣り方


エビングはソルトウォーターのパイオニアと称されるダイワのフィールドテスターこと、村越正海さんが「久米島」の漁師の釣法を参考にし、新たに開発したキハダ・カツオの釣り方です。

コマセに着いたキハダのキャッチ率が高いため、コマセキハダの乗り合い船にルアーで乗船するならエビングタックルの用意は今や必須と言えるでしょう。

コマセを食わないシーズン初期でもテンポ良くアクションさせて誘えば確かな釣果を期待できることから、相模湾などでもエビングでキハダマグロ狙うアングラーが爆発的に増えました。

2018年の相模湾でもエビングでのキハダ・キメジのキャッチが多数報告され、調べた範囲ではエサ釣りでの釣果を上回っています。

 

エビングってどんな釣り方?


出展fisharrow
エビングはメタルジグとワームを使用したルアーフィッシングです。

コマセに着いたキハダをジギングで釣るためには非常に軽いメタルジグを使用して「ふわふわ」と誘う必要がありました。

しかし、軽いメタルジグと重い仕掛けを使うエサ釣りを同じ乗り合い船で行えばオマツリは必須で同じ船には乗船できません。

本来ならコマセに着いたキハダをジギングで狙うのは諦めるしかないのですが、村越正海さんは200g以上のメタルジグと天秤、ハリス、ワームを組み合わせることにより、しっかりと仕掛けを落としつつ「ふわふわ」した誘いを両立できる釣り方『エビング』が誕生しました。

メタルジグの重さだけ変えれば80〜150号のビシを使う乗り合い船にも乗船が可能になったのです。

流石は村越さん。ソルトウォーターのパイオニアと言われるだけありますね!。

 

エビングに必要なタックル


出展一俊丸のHPより

ロッド

村越さんの話によるて6fから7fくらいのキャスティング用、ジギング用どちらのロッドでも使用が可能だそうです。

エビングでは使うジグがロッドのルアーウェイトを多少オーバーしていても大丈夫とのこと。

ロッドの対象魚にメジやキハダ(マグロ)が含まれているロッドならまず安心してエビングに使用できるでしょう。

ダイワから遂にエビング専用のロッドが登場!

ジギングロッド ゴクエボリューション Gokuevolution S POWER GS 651-200

約16000円とエビングに対応した調子のロッドではリーズナブルです。

 

リール


5〜6号のPEラインが300m以上巻ける頑丈なリールが必須です。

ダイワなら5000番。シマノで10000番からキハダ狙いのタックルに使用できます。
カツオ狙いのエビングであれば3号から4号が300m以上巻けるリールから使用できますよ。

ギア比はノーマルギアかハイギアを選びましょう。

 

エビングの仕掛け


出展湘南ルアー情報局
エビングの仕掛けはメタルジグと天秤、ハリス、鈎、ワームから構成されています。

最初はエビング用の仕掛けセットを購入するのが一番簡単です。

メタルジグ

バーチカルで縦に誘うのでスライドしないストンと落ちるタイプのメタルジグがおすすめ。
極力シャクリやすい細身で抵抗の少ないメタルジグを選びましょう。

ダイワのTBジグはシャクリやすくてオススメです。

 

エビング専用ストレート天秤

エビング専用の天秤を使用します。
強度さえ保証できるなら似た様な天秤を代用できますが、やはり相手はマグロなので専用の商品を使用したいですね。

 

ハリス

太さは24〜30号。長さは3mくらいが取り込みの事も考えるとおすすめ。
3mだと天秤を持つを魚が水面付近に来る長さでタモ入れがしやすいそうですよ。

ハリスは短い方がアクションが良くなる反面、3m以下にするとタモ入れでハリス切れしてしまうリスクが高くなります。

リーダーとメインラインの結束はFGノットかPRノットが強度が高くておすすめです。

ワーム



出展島人つーりーの1日
村越氏監修のエビング専用のワームがダイワから販売されています。
現在エビングにおすすめのワームは、このエビングスティック1択と言ってもよいでしょう。

 

エビングの釣り方

ジギングの延長なので基本的な動作は同じです。ジギングに慣れている人なら直ぐにマスター出来ます。

釣り方は、指示ダナより10mから20m落とし、少し待ってハリスが馴染んだらシャクリ始め、指示ダナより10m上まで巻き上げます。

「タナの幅が広い時は速めに」「タナの幅が狭い時は遅め」が基本。

村越さんいわく、指示ダナの範囲が狭いほどゆっくりと、広いほど素早くシャクってアクションさせると効果があるそうです。

素早くアクションさせる場合はショートピッチジャークでシャクる合間にジグをフォールさせずピョンピョンと素早く小刻みに巻き上げます。

スローのアクションはロングジャークでワームが「ふわふわ」落ちる間を与えるイメージで行います。

ジグにはアタックするのに…
ジグにはアタックするのにワームを食わない場合は普通のジギングに変更しましょう。
エビングでもジグに付けるフックは忘れずに持っていこう!。

 

魚がヒットしたら

とにかくヒットしたら「可能な限り強く合わせる」ことが肝心。
マグロの口先は非常に硬い嘴状の骨で出来ており、並大抵のアワセではマグロの口を貫けません。
心配なら2〜3回合わせを入れても構いません。(マグロが走ってる時はNG)

また、鈎が飲まれてしまっても強く合わせることにより、鈎が口元まで引き出される場合もあります。
とにかくバラさない為にも鬼合わせが肝心です。

齧っているだけかも。
エビングではアタリがあっても、端にジグを齧っているだけの場合もあるので、その辺はちゃんと見極めて合わせたいですね。

魚はジグにバイトするも食べることができず、焦らされて最終的に近くを漂うワームに食い付くパターンも多いです。(ヤケ食いかな?)

魚とのやり取り
無事に合わせが決まりフッキングしたら後は落ち着いて魚とのやり取りをしましょう。
とにかく大物とのファイトは焦らないことが肝心です。

マグロが釣れるポイントの水深は百メートルはあるので根(岩礁)に潜られ切られる心配もほぼ無用。

ヒットしたら走るだけ糸を出してマグロが止まったところで勝負開始!。

40mから30mくらいまでは綱引き状態になると思いますが、着実にマグロを浮かせて体力を奪います。
マグロがらあまり抵抗しない様なら30mくらいからドラグを少し強くして勝負をかけます。30m付近からサメ狙われる可能性が高まるため速めに上げたいです。

マグロは30m付近から円を描くように泳ぎ始めるので、ロッドの指す向きを12時として「1時から3時」と「6時から9時」に向かって泳いでいる時が巻き上げるチャンス。
この時はラインのテンションが緩むので、巻けるだけゴリゴリ巻きましょう!。

逆に「9時から12時」「3時から6時」は魚が離れていくので無理に巻かず糸を出さずにとにかく耐えます。
遠ざかる魚は糸を出さないで同じ水深を泳ぐ事は不可能なので、必ず上に向かいながら泳ぐしかありません。

巻ける時に巻いて、無理なら耐えてを繰り返せば必ず魚は上がって来ます。

水面が迫ってくると急に走り出すこともあるので、ドラグの締め過ぎには注意しましょう。

取り込みに関しては基本的に中乗りさんがハリスを手繰り、誰かがタモ入れまでやってくれるはずです。
手伝ってくれる人がいない場合は自分で天秤を掴みネットに誘導します。可能な範囲で魚の口先を水面から出す様に持ち上げてタモへ誘導すれば急に潜られるのを防げますよ。

 

結局のところ

エビングって本当に釣れるの?

安心して下さい。日によっては餌より釣れています!。

以下、湘南の一俊丸さんのHPより一部抜粋

〜その後も船下に群れが通過しても、カツオしか釣れてこないので、船長はタナ指示を、
「40メートルジャスト」に切り替えます。

するとここでヒットしたのは、舳先のエビング席の中村さん。
17.7キロのキハダを釣り上げました。

同じ反応を追いかけていると、エビングの方にアタリが集中。
キメジ3尾ほどを取り込みます。

続いて中村さん、またしてもキハダを掛けますが、これはサメにやられて浮上したのは頭部だけになっていました。
頭のサイズからいって、推定15キロくらいの型でした。

際のポイントに移動しても、反応はたっぷり。
35〜50メートルに、ぎっちりと大粒の反応がでますが、オキアミのハリに食いつくことはありません。

ここでも強いのはエビングで、山岡さんが、20.4キロ。
13時半にはまたしても中村さんが、22.2キロの型を獲って終了です。

12日の結果は、
キハダ 17.7〜22.2キロが3尾(全てエビング)。
他にカツオ 1.5〜2キロが、船中5尾。
キメジ 6.5と6.7キロが2尾(全てエビング)

一俊丸さんの情報
{F44B4839-1F62-4A93-9779-2427E5AA549E}
◆住所:神奈川県茅ヶ崎市南湖4-24-14

神奈川の茅ヶ崎にある一俊丸さんはエビング船では一目置かれている大人気の船宿です。
15kg以上のキハダが釣れると特製のステッカーがプレゼントして貰える嬉しいサービスもあります。
コマセキハダ、ライブベイト船もやっていますよ。

 

やっぱりエビングは釣れる
エサ釣りで釣れない日でもエビングで釣れることも多い。やっぱりエビングが釣れる事は確かと言えます。
特にキメジは餌よりエビングの方が釣れているみたいです。

ちなみに、コマセキハダの乗り合い船に相乗りするなら、ルアーは船首に4人くらいしか乗れません。ルアーでの乗船予約は早めにとりましょう!。

 

今年の夏こそエビングでキハダマグロに挑戦してみましょう!
にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です