東京湾、ワラサ釣り第2戦。渋い中も2キャッチ バルケッタBB


先日のワラサ釣り以降は少し食いが渋くなっている東京湾のワラサですが、まだまだ数は釣れてはいるみたいですね。
す〜さん的にはワラサなら1匹釣れたら御の字なので、またまた東京湾のワラサを釣りに行ってきました。

前回同様、金沢八景「一ノ瀬丸」さんのスポットワラサ船を利用します。

当日は盛況な様子でワラサ船は2隻出船です。

仕掛けは船宿推薦の通り8号ハリスの6〜8mを使用します。

ヤマリア ワラサ仕掛 BFV16 針11号−ハリス8号 6m 1本針(東日本店)

取り回しがし易いので6mが好みですが、真鯛よりハリスが太く張りがあるので長ハリスでも扱いやすいですね。
鉤のサイズは小さめの方が食いが良いみたいですよ。

 

出船


船が走ると寒いから早めにキャビンに避難。そろそろ船釣りも朝一は寒さとの戦いになってきましたね。

風邪をひく覚悟で釣りに行く釣りバカですが、防寒対策は二十分にしていきたいもの。暑ければ脱げば良いだけですから。

30分くらいでポイントに到着

ワラサ狙いなのかはわかりませんが、ポイントには30隻近い釣り船が集まっています。たぶんワラサでしょうけど。このポイントはマダイも釣れる場所ですね。

 

釣り開始


当日の指示棚は浅く26〜38mくらい。手巻きのす〜さんには朗報ですd(^_^o)
そう言えば今日も手巻きタックルは自分だけだった…手巻きでのファイトは楽しいですよ。あっ、電動リールでも魚は手巻きで上げれば良いのか💧
手巻きタックルは軽いのがメリットです。

周りを見ると他船ではワラサ入ったタモが上がる光景がチラホラ。否応無しに祭りの期待がかかります。

がっ!

今回のワラサは朝一勝負が肝でした。
釣り始めて直ぐに船尾の人にワラサがヒットし、続けてす〜さんにもヒット。

前と同じでバルケッタ600PGをフルドラグにしていても糸が滑る…

35mからポンピングで20mまで浮かせると大人しくなり、後はゴリ巻きでゴリゴリ浮かせました。

1本目のワラサをGET❗️
しかし…この朝一の流し以降が続かない。
とにかく何度仕掛けを入れ替えても、流し直しても全然アタリがない。ごく稀に、マグレ程度に1本釣れる程度。

するとフォール中の謎のアタリで何度もエサだけ取られ事件が頻発。合わせても大概バレてしまい姿を見れませんが。
たまたま上手くフッキング。

餌取りの正体はソーダガツオでした。
今回は餌取りがやや多いようでサバフグが何度か釣れ、知らぬ間に鈎を数回もっていかれたりします🐡

釣行も中盤に差し掛かった頃に置き竿が強いアタリ。
37〜40mでスプールが空回りして上がってこない。執拗なポンピングで疲れさせてジワジワ魚との距離を詰めていきます。

タモ入れ直前まで潜ろうと抵抗した元気なワラサでしたが遂にお縄に。

写真だとわかりにくいけれど、1本目のワラサより結構厚みがあボリューム満点のワラサでした。
お腹もパンパンだし、沢山食べてるからパワフルだったのか。

おそらくコレがこの船最後のワラサに。。

後半戦は全滅!撃沈です!
最後の3時間は誰も釣らなかったんじゃないかな( ´−ω−` )

釣果


ワラサ2本
ソーダガツオ2本

ワラサ1本は自分と同じ左舷で釣っていて、バラシてしまい左舷で唯一ワラサが釣れなかったオジサンさんにプレゼントしました。
家族から「沢山釣れても何匹も要らないよ」と釘を刺されていたもんで、叔父さんもワラサをあげたら喜んでくれたしプレゼントして良かったです。

自分が乗った船では船中0〜2本。0本・2本共に数名といった渋い結果になってしまいました。もう一隻の方は3本の人もいたみたいですね。

祭りとはいきませんが東京湾のワラサもチャンスはまだまだあります。来週になればワラサの活性も上がるかもしれないですからね。
次はアジ、イナダ、鯛3種狙いでアミ五目船に乗りたいです。

今回使用したタックル

ライトゲームCI4+モデラート HH225

シマノ ライトゲームCI4+ モデラート73 HH225 (船竿)(大型商品A)

バルケッタBB600PG

(5)シマノ 17 バルケッタ BB (600PG)(右ハンドル)  (2017年モデル)(シングルハンドル) /船釣り/両軸リール/イカメタル/メタルスッテ/タイラバ/ライトジギング/小型/SHIMANO BARCHETTA BB/

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村