シマノ|バルケッタBB インプレ 耐久性・性能 青物

バルケッタBBはシマノのカウンター付き軽量手巻きリール、バルケッタのロープライスモデルです。バルケッタBBでワラサを釣ってきたので使用した感想をインプレしてみます。

 

シマノ バルケッタBB

美しく使いやすいフォルムを、カウンター搭載の手巻きリールで、かつベーシックモデルとして形にしたのがBarchetta BB 300。NEW LEDバックライトを搭載して電池交換も簡単になり、メタルスッテやボートアジング、タチウオなど朝夕の薄暗い時間帯や夜間の釣りに威力を発揮します。搭載されたハンドルは51mmロングクランクの、シングルハンドルとダブルハンドル2タイプ。共に大型ハンドルノブを備えています。さらにダブルハンドルには負荷の大きな釣りを快適にサポートするPGも用意しています。
シマノHPより

 

バルケッタBB600PG インプレ

バルケッタBBは小〜中型魚を狙う船釣りで使えるリーズナブルなカウンター付きのライトな手巻きリールです。
リーズナブルな価格のリールですが、安っぽくないデザインと樹脂ボディの割には比較的高い剛性も備えています。

バルケッタBBには、通常のバルケッタには無い600サイズがラインナップされており真鯛、ワラサなど中型青物、100mを超える深場の釣りにも対応出来るようになりました。
ライトな釣り物用ですが70cmくらいの中型青物までならなんとか使用が可能です。

 

開封


予想していたよりもロープロ設計でカウンター付きリールのゴツさは皆無でした。
横幅を広く取ることで糸巻き量を増やしているのでパーミングし易い形状を考えて作られています。

ちなみに糸通しピンは、わかりにくいダンボール側面の隙間に入っています。

 

実釣


バルケッタBB600PGを使用して、東京湾で人気の中型青物ワラサを釣ってみました。

当日の棚は40〜50m程度。使用するビシは80号です。
まず仕掛けの上げ下げはPGだけあって余裕です。席に座って軽くクルクル回せば80号程度は楽々上がってきます。

ワラサとのファイトは剛性面では一切不安は感じませんでしたが、ドラグ力が6kgと低いので、ワラサが強く引いてくると少し糸を出されてしまいます。
正直600番なら7〜8kgのドラグ力は欲しいと感じましたね。

バルケッタBBの対応ラインには2号300mと3号200mしか記載されていないのですが、やはり4号を100m巻で使いたい人も中にはいるでしょうから、次回のモデルではドラグ力がアップしてると良いんですけどね。
もしくは無印バルケッタに600番を追加する事があるなら是非ドラグ力を上げて欲しいと思います。

それでもパワーハンドルが標準装備のPGなのでパワー負けせずに1分で決着を付けられました。

当日は70cm前後のワラサを4本釣りましたが、やはりパワーハンドル付きのPGだけあってリールを巻く手に辛さは全く感じませんでした。

 

 

300番

【シマノ】2017 NEW バルケッタ BB[BARCHETTA BB]300HGDH(右)/301HGDH(左) 【メーカー希望小売価格の35%OFF!!】

 

糸巻き量 PE/1.5-200、2-150、3-100

600番

【シマノ】2017 NEW バルケッタ BB[BARCHETTA BB]600HG(右) 【メーカー希望小売価格の35%OFF!!】【4969363037220】

糸巻き量 PE/2-300、3-200  最大ドラグ力/6kg

 

安くて作りの良いカウンター付きリールを探している人にはバルケッタBBを自信を持ってお勧めします。

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村