ショアジギングの聖地!三保半島の釣り場とポイントを紹介 投げ釣りも人気!

駿河湾に張り出した三保半島は周りが急深になっており、潮周りも良いため青物やタチウオなどの回遊が非常に多いのが特徴です。
三保半島には幾つかの釣り場があり、ショアジギングからカゴ釣り、投げ釣りまで主にサーフでの釣りを楽しむことができる釣り場が多数存在します。

三保半島はショアジギングの聖地! 投げ釣りも人気!

三保半島は片浜海岸同様、静岡はおろか関東でも有数のショアジギングスポットです。
イナダ、ワラサ、ブリ、ショゴ〜カンパチ、ヒラマサ、ソーダガツオ、などの中型青物から大型青物の回遊が非常に多く、遠方からもショアジギングファンが遠征してくる釣り場となっています。

片浜海岸と比較すると三保半島は沖に突き出た立地のため移動に時間を要しますが、それを差し引いても余りあるほど魅力のあるショアジスポットです。

三保半島の多くが海岸であり、キスやカワハギを狙う投げ釣りも盛んで、急深な地形から近場で数釣りが楽しめるため投げ釣り初心者にもお勧めです。

三保半島の釣り場

美保半島には国道150号線からアクセスできます。
朝夕は150号線が混雑するので念頭に入れて釣行計画を立てて下さい。少なくとも早朝3〜6時、夕方は5時頃までは道路は空いてます。

①三保真崎〜③三保離岸堤

三保真崎灯台の近くにある釣り場です。
ワンドになっており投げ釣りやショアジギング、カゴ釣りが楽しめるポイント。

三保真崎海岸は夏場は海水浴場になりジェットスキーの往来も多くなるため注意が必要です。

飛行場前よりも少し沖になりますが、駆け上がりがあり水深が深くなっているため、比較的岸近くが大型青物の回遊ルートになっています。


灯台前に近づくにつれて駆け上がりが緩やかなシャローに変わっていくのが特徴。


駆け上がりにはカワハギやキスが集まってくるため、投げ釣りには絶好のポイントでシロギス、カワハギ狙いの方に非常に人気があります。
多少根掛かりする場所なので仕掛けはスペアを多めに用意して下さいね。

シーバスもよく釣れるポイントで大型のシーバスが多いそうですよ。

この場所でよく釣れる魚
青物全般、シーバス、ヒラメ、マゴチ
シロギス、カワハギ、ハタ類

 

②三保内海


美保真崎の直ぐ近くある三保内海は、内海と書く通り三保半島の内側に位置する釣り場で、多少外海が荒れていても波が穏やかで釣りが出来る場合が多いですね。
波風の影響が少ないため投げ釣りに向いています。

青物の回遊が少ない代わりにアジやイワシ、コノシロなどが入ってくる場所であり、カゴ釣り小物を狙うのも良いでしょうし、この場所はシーバスのポイントであるためルアーでシーバスを狙うのもお勧めです。

普段このポイントに入らない人でも、外海側の波風が強い場合の避難場所として覚えておくと良いでしょう。
多少荒れてるくらいなら三保内海なら何とかなるはず。

 

④飛行場前/⑤灯台下/⑥三保海岸


④〜⑥海岸を三保海岸として纏めて紹介します。
三保海岸と言う場所は正確には地図上に無く、三保半島の真崎灯台、三保飛行場前、三保灯台など④〜⑤の海岸と⑥のエリアを纏めて美保海岸と呼んでいますが、三保半島にある海岸は彼方此方が釣り人から三保海岸と呼ばれていたりと区分は曖昧です。


三保半島の先端付近に位置する三保海岸は、イナダ、ワラサ、ブリ、ショゴ、カンパチ、ヒラメ、ソーダガツオなどの魚が回ってくる凄く夢のある釣り場ですよ!。


真崎灯台から内海のマリーナ側は釣りやすい場所なのでショアジギング、投げ釣り初心者の人にもおすすめ。

 

⑦東海大学裏

テトラが点在する場所で根掛かりしやすい場所です。空いている事が多い場所なので優先度は低いと思います。
駐車場は近くの三保の松原にある駐車場を利用して下さい。

 

三保半島での釣り方

 

ショアジギング

三保海岸はショアジギングの聖地と言われ、ワラサやブリの回遊も期待できる素晴らしい釣り場です。
イナダやソーダガツオは普通に釣れるのが当然くらいの場所なので、あまりライトなタックルはお勧めできません。

ロッド
シーバスロッドを流用するならM以上のパワーを選択しましょう。
MLだと魚が大きくてもサーフなんで時間を掛ければブリでも寄せれますけど、柔らかすぎて波打ち際でのランディングに手間取ってしまい、波に揉まれてバラシやすいです。最後に魚をズリ上げるパワーが重要ですね。

ショアジギングロッドならMパワーで大丈夫です。ブリクラスは滅多に出ないのとサーフなのでガチガチのショアジギングタックルじゃ無くても取り込めます。

リール
ダイワ3000番/シマノ4000番以上のスピニングリールでハイギアのモデルを選択します。

ライン
PEラインの1〜1.5号が基本で、それほど飛距離を重視する釣り場では無いので1.2〜1.5で良いかと思います。
小型青物狙いや飛距離重視の場合なら0.8号に1.2〜1.5号を10m結束したテーパーラインの使用もお勧め。かなり飛距離が伸びますよ。

リーダー
メインラインが0.8〜1号ラインならリーダーは4号、メインラインが1.5号なら6号のリーダーでラインシステムを組みます。

ルアー

メタルジグ30〜40gのジグをメインに、キャスト可能なら60gくらいまでのジグを用意すると良いですね。

 

投げ釣り

三保半島の投げ釣りではシロギス、カワハギを中心で様々な魚種を狙えます。
流れは早い方なので、20〜30号くらいのオモリを使い分けると良いでしょう。

 

装備

三保真崎や三保内海以外は砂利浜で砂利が荒い場所もあるため長靴の使用がお勧め。
砂浜に立ち込む必要もないので、波の高い日以外は普通の長靴で問題ないですよ。
あまり波打ち際まで近づかなければスニーカーでも濡れない場所もあります。

《こちらの記事もお勧め》
ショアジギング入門|タックルの選び方・ロッド・リール メタルジグについて
にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村