片浜海岸の釣り場とポイントを紹介 片浜海岸はショアジギングのメッカ

静岡県の片浜海岸はショアジギングのメッカと呼ばれ、ワラサやカンパチ、時にはヒラマサまで釣れ、静岡はおろか関東でもショアジギングでトップクラスの釣果が期待できる釣り場です。

静岡はおろか関東でも推薦のショアジギスポットだけあって、片浜海岸では違法駐車やゴミの問題など釣り人絡みのトラブルも多数報告されている釣り場でもあります。

最低限、自分が出したゴミは持ち帰ること!。マナーを守って片浜海岸で釣りをしましょうね!。

 

片浜海岸の基本情報

片浜海岸は静岡県沼津市の沼津港から西へ続く砂利浜の海岸。
夏から秋にかけてイナダやソーダガツオなどの青物の回遊が非常に多いためショアジギングやカゴ釣りを楽しむ釣り人には有名な釣り場である。

釣り場としてはかなり広いので、深夜から釣り場に入らなくても釣り場が埋まることも無いのが嬉しい。

片浜海岸で釣れる魚

イワシ、アジ、ワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ、ヒラマサ、ショゴ、カンパチ、ペンペン〜大型シイラ、カマス
シーバス、ヒラメ、マゴチ、クロダイ、ホウボウ
シロギス、カワハギ、タコ

片浜海岸では過去に70cm前後のワラサやヒラマサ。1m越えのシイラまで出ています。

 

片浜海岸の釣り場


砂利浜の海岸が続いておりショアジギングにおいては特別なポイントは存在しない。
釣り座に関しては、あまりシビアにならず駐車場や駅から近い気に入った雰囲気の場所に入れば良いでしょう。

 

釣り方


片浜海岸では春〜夏にかけて小型回遊魚の回遊が始まり、夏〜秋にかけてソーダガツオ、イナダ、ワラサの回遊が増え、回遊魚を狙う多くの釣り人で賑わいます。

片浜海岸は岸近くから水深も深く、青物も近くを回遊するため、それほど飛距離は気にしなくて大丈夫。青物の釣り方はショアジギング、サーフトローリング、カゴ釣りがお勧めだ。

朝マズメはショアジギングの釣果が良いので可能な限り日が昇る前に海岸に入っておきたい。

日が昇るとカゴ釣り師も増えてきてカゴ釣り有利の展開になる事が多い。
若干の濁りや曇りの日なら日中でもショアジギングで好釣果を出せる可能性が高い。チャンスは1日中有ると言っても良いだろう。

ナブラが発生していたらその場所を狙える位置に入るか、無理ならナブラの進行方向に釣り座を構えよう。
鳥山や潮目、ボイルも狙い目となるが、特に何の変化もないなら空いている好きな場所に入ると良い。

 

タックル


片浜海岸では釣り方を問わずワラサやヒラマサの回遊もあるハイポテンシャルな釣り場なので万全のタックルで臨みたい。

ロッド
いくらサーフと言えどML(ミドルライト)以下のシーバスロッドや2〜3号の遠投磯竿では厳しい。

大概パワーの無いタックルで寄せても波打ち際で引き波により魚の回収に難儀してバラしてしまうケースが見られる。
せっかく大型回遊魚が狙える釣り場なのだから、後悔しない様に万全のタックルを使用したい。

シーバスロッドならM〜H以上のロッドパワーを選択しよう。ショアジギングロッドならMパワーで問題ない。
ルアーロッドの長さは9.6f〜11fのロッドが飛距離の面で有利である。

カゴ釣りで狙う人は遠投磯竿の4号以上にしよう。

リール
リールは最低でもシマノ4000番、ダイワ3000番以上で、出来るだけ耐久性の高いモデルを選択しよう。

ライン
PEラインは小型回遊がメインなら0.8〜1.5号、長さは150〜200mで構わない。
100m以上の遠投が可能なタックルならラインは300mは巻いておこう。

秋口からはワラサのような60〜70cmの大型回遊魚も想定し、最低でも1.5号以上のラインを選択したい。
神出鬼没のシイラが回遊してくるため通年1.5号で通しても良いと思う。

リーダーはPEラインの太さに合わせて4〜6号を選択する。
サワラの回遊がある場合はリーダーの先に10〜12号のリーダーを30cm繋いで使う。

カゴ釣りならナイロンラインの6〜8号くらいがお勧め。

メタルジグ
基本的に30〜40gをメインに使えば大丈夫。
大型回遊魚用にセミロングタイプも用意したい。セミロングタイプなら重さを変えずにジグのシルエットを大きくできるので、シーバスロッドでもシルエットの大きなジグをキャストできる。

ナブラ撃ちではベイトが沢山居るため、40g程度の小さなジグには興味を示さない事も多く、そこでセミロングタイプのメタルジグが役にたつのである。

ジギングロッドを使用するなら40gと60g。それに加えロッドが投げられる上限の重さまで用意しておくと良いでしょう。
遠くでナブラが出てもジグが届かなくて傍観するだけにはなりたくないですからね。

ジギングサビキ
ジグの大きくて釣れない時に使うとジギングサビキは入れ食いなんて事も多く、1つ持っておくと助けられる事が多いですよ。
特に小型回遊魚はジギングサビキへの反応が良く、サバやワカシ、カマスなどがよく釣れますよ。

カマス狙いなら専用のフラッシャー付きキャスティングサビキがお勧めです。
青物用は針が大きくてカマスにはフッキングし難いです。

初心者さんなら尚更ジギングサビキの使用をお勧めします。使い方はジグをオモリを代わりに下に付けるだけ。
根掛かりする場所ならナス型オモリでも構いません。

 

投げ釣り
片浜海岸の投げ釣りキスがメインターゲットとなる。片浜海岸は近場でも水深があるため遠投せずとも簡単にシロギスを狙う事ができる。
ルアーロッドやコンパクトロッドを使用する「ちょい投げ」でも十分釣れるので初心者でも狙いやすい。

 

タコ釣り
海岸なので意外かもしれないが、片浜海岸ではタコが狙える。
タコエギに10〜15号くらいのナス型オモリをダブルスナップで取り付けて使用すると良い。
ずる引きにシェイクを組み合わせて誘って釣ろう。

しっかりマナーを守って片浜海岸の釣りを楽しんで下さいね!。
にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村