ワカシ・イナダ釣りにお勧めのメタルジグ8選 ショアジギング ハマチ ツバス

ワカシ、イナダはブリの若魚で、ショアジギング、オフショアジギング共に比較的容易に狙え、手軽に強い引きを楽しめる割に数釣りもできる人気のターゲットです。
イナダになると食べても美味しいので釣れると嬉しいですね。

 

メタルジグ

・ショアジギング
ライトショアジギングではワカシ〜イナダなら18〜40gで5〜9cmくらいのメタルジグが使用されています。ワラサなら少し目立つ7〜12cmくらいが良いでしょう。

・オフショアジギング
オフショアではイナダ〜ワラサがメインターゲットとなりイナダで60〜100g、ワラサになると100〜150gのメタルジグが使用されます。
使用するジグの重さは船によって異なるため、乗船するルアー船のHPで確認してから購入して下さい。

 

メタルジグの形状

・ノーマルタイプ
基本となるスタンダードな形状のメタルジグ。

・ショートタイプ
スロー系ジグやTG(タングステン)タイプに見られるタイプで、ワカシ・イナダが小さいベイトを捕食している場合に活躍する。
タングステン素材のジグはコンパクトな割に重量があるため、鉛で作られた通常のジグより遠投がききフォールスピードも速い。
風が強い日や潮流が速い場合にも役に立つ。

・セミロング〜ロングタイプ
ベイトがやや大きい場合や、ウェイトを変えずにジグを大きくしてアピールさせたい場合に有効。
特にワラサは10cmを超えるジグの方が反応が良い場合も多く、オフショアではロングジグの使用率も高い。

 

ワカシ・イナダ・ワラサが好むアクション

ワカシ、イナダはとにかく動く物にはアクティブな反応を示すので、ワンピッチ/ハイピッチジャークやジャカジャカ巻きなどハイテンポなアクションを好む傾向にあります。
魚が水面に付近に居る場合はベイトを追っている可能性が高いので水平方向への早巻きによるアプローチが有効です。

ジグはアクション重視の物を選択し、フックはエビらないようにアシストフックのみの方が良いです。
水平方向に速巻きしながらジャークやトゥイッチで誘う場合は、エビり難いのでリアフックを最初から最後付けておいて大丈夫です。
ストップ&ゴーを使うとエビりやすいですけどね。

バイトするのに全然フッキングしない時はリアにトリプルフックかシングルフックを取り付けて下さい。
魚の活性やジグアクションやバランスが噛み合わないせいなのか、何故かミスバイトばかりで全然フッキングしない、すぐにバレる、なんて日がたまーにあるんですよね。

 

ワカシ、イナダにお勧めのメタルジグ

ジグパラショート

抜群の飛距離とあらゆるアクションに柔軟に対応する万能ジグ。
フィールド、ターゲット、アクションを選ばずあらゆる状況に対応するキング・オブ・スタンダードジグ、それが「JIGPARA」(ジグパラ)。ショアジギングにおいて飛距離が最大の武器となるのは言うまでもないだろう。

その空気抵抗の小さいコンパクトシルエットは圧倒的な飛距離を生み出します。またハイピッチからスローまであらゆるジャークに対応する引き重り感の少なさと、喰わせのタイミングを誘発させやすいセンターバランスは使い手を選びません。その日の第1投目から最後の1投まで100%の信頼感でキャストできるド定番ジグの決定版です。

抜群のフッキング率
抜群のフッキング性能の秘密、それはフックポイント。掛ける事を最優先にフロントとリアに日本製オリジナルフックを搭載。触れれば即掛け!これがショアジギングに本気のメジャークラフトの結論です。


2018/国府津海岸にて
誰でも簡単に釣らせてくれるキングオブメタルジグ。初心者が適当にジャークしていても抜群の釣果を出せる最強ジグですね。

 

 

コルトスナイパー


面で構成された特徴的なボディは水のつかみが良く、常にキラキラと輝いて遠くからでも目立ちます。多彩なフォールアクションを狙ったセンターバランス設計で、ジャーキング時には強く水を押すスパイラルダートを発生。リアフックを装着すれば泳ぎも安定し、様々な状況で安定した実績を誇ります。迷った時や初めての釣り場ならコルトスナイパー。

コルトスナイパーは登場から何度かリニューアルされており定番のパイロットルアーとして根強い人気があります。

闘魂ジグ


コストパフォーマンスに優れた「センターバランス風」リアウエイト。
発売以来ライトショアジギングにおいて高い評価を得ている闘魂ジグ。その評価は高い実績が無ければ得られるものではありません。

ではその高実績の秘密はどこにあるのでしょうか?。まず、センターバランス風リアウェイトというボデイーバランス。なんだそれ?と思われるかもしれません。引き抵抗の軽さ・スライドとフォールのヒラヒラとした動きだけでよければセンターバランスでいいのですが、ショアからのキャスティングでは飛距離が最重要。そしてリーリング時のジグのアクション。この2点はリアバランスの方が有利です。しかし、ただのリアバランスではトゥィッチやジャーク後にリアフックがリーダーを引っかけるテーリングが頻発してしまいますし引き抵抗も大きく感じます。

エギング用ロッドやシーバス用ロッドでも気楽に使えること、本格的なショアジギングにも対応するメタルジグであること、岸壁ジギングにも対応していること、その条件をクリアするバランスが必要です。


2017年に使用した時は、江ノ島ではワカシやショゴ(カンパチ)が釣れました。
水面下を早巻きで狙った際の釣果もよく、ショゴやソウダガツオ、ペンペンシイラ狙いにもお勧めのメタルジグです。

 

 

スラッガージグ


ワンコインで買える激安ジグながら侮れない釣果を上げている本物の安くて釣れるジグ。
フックが付属していないのでアシストフックとスプリットリングが別途必要になります。

 

 

《タングステン製のメタルジグ》

ジグパラTG


完璧な左右非対称で小型ながら良く動くのが特徴。
TGジグの多くは鉛製より表面積の割に重いため、水流でアクションが付き難く動きがダルくなりがちであるが、ジグパラTGは片面が山形に出っ張っておりよく動いてくれますよ。

 

 

 

TG ベイト


ベイトフィッシュに超セレクティブなスーパータフコンディションにも対応タングステン製高比重コンパクトキャスティングジグ。
「より小さいシルエットで重いジグを」というニーズに応えた高比重素材ジグ。 青物のナブラやボイルはあるのに、従来のジグでは大きすぎて食わない、かといって小さいジグではポイントに届かない。ターゲットが極小のベイトを選んで捕食しているシチュエーションで爆発的な威力を発揮する。鉛の約1.7倍の比重があるタングステン製だから小さくてもウエイトがあり、ストレスのないロングキャストが可能。イワシを模したリアルシェイプを維持しつつも、高比重ボディをアクションさせるための左右非対称デザイン。


リトリーブでは確実なスイミングアクション、フォールでは水平に近い姿勢でスライドし、弱ったベイトを演出する。

TGベイトは半日で10匹以上のイナダを釣り上げた事もある爆釣ジグ。ショア、オフショア問わずマイクロベイトを捕食しているターゲットに威力を発揮します。
とにかく飛距離がズバ抜けていて、フォールも早く深場や潮流の速いポイント、魚の足が速い場合にも有効ですね。アクションによるアピール力は通常のジグと変わりありません。

 

 

TGトウキチロウ

エッジの効いた左右非対称のデザインでタダ巻きでもよく泳ぎ、ジャークを入れるとトリッキーなフラッシングアクションを見せるアピール重視のタングステンジグ。 ただ巻き、ジャーク、フォールとどのアクションもバランス良く熟せる正に万能ジグと言って良いだろう。

ショア、オフショア問わずイナダ狙いのジギングでは抜群の威力を発揮してくれる。 60〜80gはオフショアのシーバスジギングや浅場のタチウオジギングにもお勧め。 トウキチロウはタングステン製メタルジグの傑作だと思っています。

 

 

TGチビマサムネCB


【対象魚】
シーバス、マダイ、ヒラメ、ブリ、ワラサ(メジロ)、イナダ(ハマチ)、サワラ、カンパチ、サバ、タチウオ、根魚、etc.

高比重タングステンコンポジット
センターバランスショートボディーメタルジグ
TGチビマサムネ CB60 CB80 CB100
TGチビマサムネ共通の特徴である高比重タングステンコンポジットボディー。一般的なセンターバランスのメタルジグよりも沈下が早く、また高感度。同ウェイトのジグと比較しシルエットが小さく、ベイトが小型の時によりその威力を発揮し、また潮流が早い時などでもタングステンコンポジットが機能し他のメタルジグより着底が早く手返し良く操作する事が可能です。

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村