ヒラメ釣りに必要なルアーの種類と実績の高いルアー9選 ミノー メタルジグ ワーム

ヒラメはフラットフィッシュと呼ばれ、近年ルアーフィッシングの人気が高まっています。
今やヒラメ釣りのシーズンになると海岸を埋め尽くすほど、沢山のアングラーが波打ち際に並ぶ人気のターゲットになりました。

現在ヒラメのルアーフィッシングでは、ヒラメ専用ルアーから、他の魚種をターゲットにしたルアーまで様々なルアーが使用されています。

ブームが来るまではヒラメ専用ルアーが少なかった事もあり、ヒラメ用ではないルアーでもヒラメ釣りで高実績を残しているルアーも沢山あります。

今回は実際に沢山のアングラーがヒラメ釣りに使用しているお勧めのルアーと組み合わせを紹介します。

ヒラメ釣りで使用される主なルアーの種類とおすすめの組み合わせ。

ヒラメのルアーフィッシングには「ミノー」「シャッド」「ペンシル」「バイブレーション」「ワーム」「メタルジグ」が使用されています。

まず最初にヒラメ用のルアーを揃えるなら、ワーム(ジグヘッドリグ)、ミノー、メタルジグ、の3種類を購入すると良いでしょう。

1番釣れるルアーの種類を聞かれたら断然ワームをおすすめします。
ソフトマテリアルで作られているワームは動きや波動が自然の魚に1番近く、よりナチュラルにヒラメを誘えるほか、1度バイト(捕食)してフッキングに至らなくても、柔らかな素材で齧ったヒラメが違和感を持たず追い食いしてくれるからです。

ワームをジグヘッドと組み合わせた「ジグヘッドリグ」はヒラメに限らず他のルアーフィッシングでも総合的に見れば最強のルアーと言っても過言ではありません。

ただし、ワームはソフトマテリアルなので波動が弱めでアピール力は高くありませんし、飛距離で他のルアーに劣るなど弱点も存在します。
そこでワームの弱点を補うために「シンキングミノー」と「メタルジグ」を用意しておくと良いでしょう。

アピール力は「ワーム」→「メタルジグ」→「ミノー」の順に高くなります。

メタルジグ

とにかく抜群の飛距離が特徴。ヒラメのベイトが小さい場合にも活躍。
鉄の塊であるメタルジグはコンパクトながら重量が重く風の影響をあまり受けず飛んでいきます。
ワームやバイブレーションの届かない飛距離が必要なポイントを狙う場合や、風が強くルアーが流される様な状況で活躍します。

最近はヒラメ専用に商品化された巻き用のジグやボディの中央にもフックを取り付けたメタルジグが販売されています。

バイブレーション

バイブレーションプラグはとにかくアピール力と飛距離を重視する場合に威力を発揮するルアーです。
ボディ全体を激しく振動させてヒラメに猛アピールできます。

ミノー

ミノーはハードプラグの中ではナチュラルな泳ぎをしつつ、ボディ全体を動かしてワームより強くアピールが可能です。
ワームには不可なキラキラと反射する塗装や様々なカラーリングもアピール力のアップに貢献しています。

ルアーカラー

最初はイワシ系、ピンク、赤金の3色があれば大丈夫。
イワシ系は澄潮などナチュラルに誘いたいときに。
ピンクは何故かヒラメが好む中万能カラー。
赤金(アカキン)はアピールカラーで、濁りの入っている場合や、光の少ないマズメ時に有効。

 

今回はヒラメのルアー釣りで実績の高い最強のルアーを10種類ご紹介します。

ミノー/ペンシル

シマノ 熱砂 スピンドリフト


ヘビーシンキング用に1から設計した独自のオフセットリップを塔載。アクション時にリップ裏面がスタビライザー効果を発揮。

水を切りすぎない事でルアーの暴れを抑え、アクションが安定しました。加えてボトムコンタクト時のリップ強度を増強する意味も兼ねています。ボディはミドルレンジ以深を攻略することをイメージし開発。水中での上昇流を受け流す腹部を絞った形状を採用し、レンジをキープしやすくなっています。

低活性時に捕食レンジとなる中層以深や沖合いのブレイク攻略、また風の強い状況などで他ルアーで手が出ないときに、特にお勧めです。

発売日以来人気の衰えないヘビーシンキングミノー。流行りものではない長年愛され続けている本物の釣れるルアーの1つ。

 

アムズデザイン サスケ120裂波


・全長:120mm ・自重:17g
タイプ:フローティング ・レンジ:70~90cm ・アクション:ウォブンロール
・フック:#6 ・リング:オリジナル#3
・代表対象魚:スズキ(シーバス・鱸)

ソルトウォータールアーの代名詞。sasukeシリーズの代表作。
ルアーマガジンソルト誌にて7年連続タックルオブザイヤーに輝いたsasukeシリーズの代表作。ima独自のレードルリップヘッドとタングステンウエイトを採用した近代シーバスゲームのお手本ルアー。

その汎用性はすさまじく、シーバス、フラットフィッシュ、青物等々にとどまらず、淡水、海外でもあらゆる魚種を釣りまくるモンスタールアーである。sasukeにしか釣ることのできない魚が数多くいることをエキスパートアングラーは身を持って知っているのである。

●アイマ ima サスケ120 裂波(3) 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

サスケはサーフルアーの王道と言えるシーバス用のルアーですが、ヒラメ釣りのミノーとしても定番となっています。遠浅のサーフで役立ちますよ。
ウォブンロールアクションが特徴。激しいアクション中でもトリプルフックが3本付いているのでフッキング率も高いミノーです。

 

アイマ 魚道 110MD


全長:110mm
重量:19g

広大なサーフエリアで不可欠の圧倒的飛距離を備えたフラットフィッシュハンター魚道110MD。
その高比重なボディバランスは、ウネリや強い流れに素早く馴染み、「潮流・カレントの流れ・水深」の3次元アプローチを可能にし、流芯で極めて自然なドリフトを可能とし、気難しいヒラメのバイトを誘います。

「噛み付き型」捕食のヒラメに有効な3フックを搭載、微かなバイトもフックアップへと持ち込みます。

●アイマ ima 魚道110MD 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

 

 

メタルジグ

デュオ ビーチウォーカー フリッパー


全長:80mm
重量:40g
フックサイズ:#6
より「広範囲」を素早く、立体的にさぐれるメタルジグ!重たいメタルジグは自重ゆえに使いづらく、敬遠されがちだが、その反面、使える状況が多く、なくてはならないモノでもある。相反する条件をリミックスして仕上げたのがビーチウォーカー フリッパー40gです。従来の32gモデルに近い扱いやすさ、メタルジグならではの強みをさらに磨き上げ、ビギナーからベテランまで幅広く手軽に使える魅力モデルです。

●デュオ ビーチウォーカー フリッパー 40g 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

 

 

ダイワ ヒラメタル 鮃狂(フラットジャンキー)ヒラメタルZ


32g/40g
初代ヒラメ王「高橋慶朗」監修。ボトム、沖合いのブレイクに潜むヒラメ・マゴチ攻略用コンパクト2-フックキャスティングジグ。
コンパクト&カッ飛び 2-トレブルフックメタルジグ
・ヒラメタル譲りの多面高フラッシング構造(左右対称)
・前後のフック絡みを解消するフックポジションリミッター
・着脱可能バイトマーカーティンセル塔載
・傷に強いHD塗装仕上げ

コンパクト、リアバランス、高比重=ぶっ飛ぶ
フロントフックアイの後ろに「フックポジションリミッター」を設けることで、後への可動域を抑え、全長をコンパクト化。全長が短くなり空・水中抵抗を軽減。

高アピール!着脱可能バイトマーカーティンセル付き
リアフックのリングには着脱可能なティンセルパーツが付属。アピールも高く、ジグの暴れすぎも抑制。ニゴリ、マズメ時のアピール向上。バイトマーカーの役割も果たし、フッキング率のアップにつなげます。
フラットフィッシュに適したフックポイントを配置しアピール用のティンセルが付いたヒラメ専用のメタルジグ。

ダイワ 鮃狂(フラットジャンキー)ヒラメタルZ 32g

近年のフラットフィッシュブームにより誕生した新生ジグですが、メタルジグの中では実績も高めで人気があります。

 

メジャークラフト ジグパラサーフ


マゴチ、ヒラメ等のフラットフィッシュを狙って、サーフエリアでカッ飛ばしたい。でもメタルジグよりミノーライクなナチュラルスイムアクションが欲しい・・・そんな時にこそ大活躍の「JIGPARA SURF」。

ただ巻きスイムアクションに磨きをかけた、浅場でも丹念に探ることができるミノー風味メタルジグで離岸流を直撃して下さい!下からのバイトを確実に獲るべく、トレブルフック2本の本格仕様。十分な太軸かつ先端が非常に鋭いフックを採用しており、大型ヒラメのバイトにも対応。

代表対象魚:ヒラメ(平目) マゴチ、サバ、ハマチ(イナダ)、メジロ(ワラサ)

スイムアクションに力を入れているだけあって、テールにブレードが付いておりアピール力の高いメタルジグ。
飛距離の出るメタルジグとスイムアクションに優れるミノーを合わせた良いとこ取りのルアーですね。
ヒラメは勿論、イナダやサワラなど青物、太刀魚にも有効です。

●メジャークラフト ジグパラ サーフ JPSURF 28g 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

腹にフックが付いたスイムタイプのメタルジグは未だ少なく、「鮃狂」同様上手く活用して頂きたいメタルジグです。

 

ジグヘッド/ワーム

デュオ ビーチウォーカー ハウル(ジグヘッドリグ)


全長:4インチ
フック:#5
ヒラメゲームの必須アイテムとなったビーチウォーカーハウル。
特にヒラメビギナーのエントリーモデルとして絶大な支持を集め、発売以来多くの実績を重ねています。
そんなハウルの唯一の欠点が、使用前にワームとフックをセットしなければならないこと。
初めてルアーを使うビギナーにとってフックセットが難儀であることは間違いありません。ヘッドとシャッドを組み合わせフックもセット。。シャッドはヘッドに合わせた最適カラーをチョイスいたしました。

デュオ ビーチウォーカー ハウル 27g (ヒラメ ルアー)
ハウルヘッドとハウルシャッドは個別に販売していますが、双方専用設計なのでハウルヘッドに専用ワームを組み合わせて使用します。
ハウルはジグヘッドにワームを誰でも簡単に真っ直ぐセット出来るのが特徴です。

●デュオ ビーチウォーカー ハウルセット (21g) 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

ワームの交換にリアフックを外す必要があるのでスプリットリングオープナーか、オープナーが付属するプライヤーを用意しましょう。

筆者も愛用していたヒラメルアーの1つで最初の1匹もこの製品で釣りました。

 

ジャッカル ビックバッカー ソフトバイブ (ジグヘッドリグ)


21g(ヘッド16g)/28g(ヘッド23g)
その生命感。圧倒的! 交換可能なソフトボディバイブレーション
ワームボディにもかかわらず全身波動で誘う今までにないルアーです。鉄板ボディのバイブレーションとは異なる波動を発生し、アプローチの幅が広がります。さらに、ソフトボディは形状が異なる2種類を同梱。ピンテールとシャッドテールボディを一つのヘッドで使い分けることができ、フィールド状況に素早くアジャストします。
またソフトボディはスペア販売もあるため、破損した場合やボディのみのカラーローテーションも可能です。

簡単!確実!新構造!
新構造の採用により、誰でも簡単に、確実なボディのセッティングが可能になりました。ヘッドに対して、まっすぐとセッティングすることができ、ボディ交換の際に針を外す必要もありません。

【エントリーでポイント10倍 1月1日(火) AM 9:59まで】ジャッカル ビッグバッカー SOFT VIB 21g グローピンク

こちらもハウル同様、専用のワームとジグヘッドがセットになったジグヘッドリグ。
バイブと言う名前の通りボディ全体から柔らかい波動が出るとのこと。
こちらも誰でも簡単にワームをジグヘッドにセッティングできます。

 

バイブレーション

バスディ レンジバイブ 70/80/90(バイブレーション)


定番中の定番としてその地位を固め、次々生まれるライバル達にエースの座を譲ることなく君臨し続けるレンジバイブ。
胸のすくような飛距離、自在なカウントダウン、投げて巻くだけでもロッドワークを加えても釣れる操作性、多彩なサイズ&カラーバリエーション、そして何よりも群を抜く実績と信頼性。アングラーの求める理想に、最も近づいたソルト用バイブです。ナイフエッジ構造(PAT-2744900)から生まれる生命感あふれる泳ぎは、バイブでは釣れないと思われていた魚達をも魅了します。

各地のバスデイフィールドスタッフからの提案に基づいたB.F.Sカラーも展開しています。
FOR SALTWATERバイブレーションは海の釣りでも驚くほど有効。しかし広大なフィールド、多彩な魚種、食性訴求の重要性など、克服すべき課題も数多くあります。
レンジバイブはそこに着目し性能を磨き上げた海のバイブレーション。もちろんバスやトラウトなど淡水でも活躍します。

KNIFE EDGE DESIGN
バスデイ独創のナイフエッジ構造(PAT-2744900)が変えたバイブの世界。どんなリトリーブスピードでもヒラヒラと生命感豊かにスイミング。これまでバイブでは釣れないと思われていたような魚でも、面白いように口を使ってきます。

ALL CONDITION
大きな比重がもたらす、抜群の飛距離と沈みの早さ。それは波や風、潮流に負けず、ディープレンジをも攻略するための必然の性能です。カウントダウンやリトリーブスピード、ロッド角度を調整すればレンジコントロールも簡単。サーフからベイエリア、オフショアまであらゆるフィールドとコンディションに対応します。
EASY FISHING
投げて、沈めて、巻く。レンジバイブの操作の基本はただそれだけ。誰にでもイージーに釣りが楽しめます。時にはリフト&フォールも有効です。

アクション:ナチュラルバイブレーション

バスデイ レンジバイブ 90ES

 

《最後に》
紹介したルアーで釣れなくてもルアーを通した場所にヒラメが居なかったと思って次回頑張りましょう。
ヒラメのルアーフィッシングはボウズが当たり前。

釣れなくても釣れるまでポイントに通い、とにかく歩いて広範囲を探る根気が必要です。
その分1匹でも釣れたらサイズに関わらず嬉しいものですよ。

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村