コマセ真鯛入門|竿、リール、仕掛け、釣り方

真鯛と言えば船から狙う釣り物の代表とも言える高級魚です。
筆者の住む東京湾でも真鯛釣りは人気で、筆者も何度も東京湾のコマセ真鯛船に乗船しています。なかなか釣れない日もあるんですが、次回はどうしようと考えて仕掛けを作るのも楽しいもの。

基礎知識以外にも真鯛を釣るにはある程度コツがいるので、筆者が4ヒットしても隣はノーヒットなんて事も当たり前の釣り物です。

真鯛竿には高価な物も沢山ありますけど、筆者はワラサ用の竿で隣の真鯛は竿の方より普通に数を釣ってきますのでタックルのグレードは関係ないでしょう。硬い竿だとヒットしてからのやり取りは大変ですけどね。

今回は少しでも皆さんが釣れる様にタックルや仕掛け、コマセ真鯛釣りでのコツを紹介します。

 

コマセ真鯛のタックル

 

真鯛竿


コマセ真鯛釣りには5:5の胴調子で長さ240〜300cmのムーチングロッドが使用されます。
一部の地域では340cmのロングロッドも使用されています。

コマセ真鯛釣りはコマセ(撒き餌)と付け餌を同調させて出来るだけ自然に漂わせるフカセ釣りの要素が強い釣り方です。 出来るだけ真鯛専用の竿を使用したいですね。

《コマセ真鯛に長竿が使用される理由》
・ハリスの保護
長い竿を使う理由としてコマセ真鯛で使用される細ハリスの存在があります。
東京湾のコマセ真鯛では、長さ8〜10m程度で太さ3〜4号のハリスが基本で、硬い竿だと大型真鯛の引きを吸収仕切れずにハリス切れし易くなります。

ムーチングロッドにクッションゴムを合わせタックル全体で真鯛の引きを吸収する事がキャッチ率を上げるために重要となります。
食い渋り時には細ハリスが有効で、僅か1号の違いでも4号と3号で釣果に差が出る事も多々ありますね。

・餌とコマセの同調
真鯛も活性が高いとタナさえあっていれば誰にでも食ってくるんですけど、食いが渋い日は付け餌をがコマセと同調していないと真鯛は全く食いません。
真鯛は目が良く餌に少しでも違和感を感じると口を使いませんよ。

長い竿は船の揺れを吸収し付け餌を自然に漂わせビシからポロポロとコマセが溢れる状態を作り出してくれる訳です。

とはいえ、あくまで長竿による揺れの吸収は補助であり、凪の日以外は出来る限り竿を持って体全体で船の揺れを吸収したいですね。
ちなみにラインを一切動かさなくてもコマセは水流でポロポロ出て行きます。
※コマセ窓の調整具合にもよりますよ。

硬い竿でも釣れる事は釣れるけど…
筆者は200号負荷のワラサ対応のロッドで真鯛を釣りましたが、魚を掛けるまでは体で船の揺れを吸収すれば良いため、真鯛竿の方と比較してヒット回数に影響はありません。
問題は真鯛を掛けてからで、やはり竿が硬いと真鯛のサイズに関わらず巻き上げ途中でバラしやすいです。特に大型真鯛なら尚更でしょう。

 

リール


東京の真鯛釣りでは狙うポイントの水深が40〜50mほどで、仕掛けの入れ替えもそれなりに多いため電動リールの使用が一般的です。

特に餌取りが多い日は1分と待たず仕掛けを入れ替える事もあり手巻きはお勧めしません。
実際、コマセ真鯛船で手巻きリールの人はあまり居ません。

リールのサイズ
コマセ真鯛ではPEラインの3〜6号が200m以上巻けるリールが使用できます。
筆者は4号300m巻で使用していますが、コマセ真鯛は100m以上の深場を狙わないので、200m巻のリールでも使えない事はありません。

200m未満の道糸を使用するなら狙うポイントの水深を釣船店に確認しておきましょう。

 

道糸


主にPEラインの3〜6号が使用されています。
10m毎に5色に色分け、5mにマーキング入、1m間隔でマーカーの入ったラインを使用しましょう。

釣船によって使用できるラインの太さが決められている事が多いので良く確認して下さい。
最近はライト真鯛などライト(軽量)なタックルを勧める釣船も増えていますね。

 

天秤


長さ70cm程度で太さが1.2〜2.5mmくらいのストレート天秤がお勧めです。
近年は形状記憶合金製のワイヤー天秤を良く見かけますし筆者も真鯛やワラサ釣りに使用しています。

こちらの天秤は筆者も愛用しています。餌取りのアタリもハッキリわかりますよ。

吉見 形状記憶合金 夢の天秤 TL-700-1.2 (メール便可)

くるっと丸めてスナップで止めてコンパクトに持ち運べます。

クッション

長さ1mで太さが1.5〜2mmのクッションを使用します。
カラーは透明か赤がお勧め。
たまに見かける乳白色のクッションは、餌取りのフグがイカやオキアミと勘違いするのか、興味を惹かれて噛み切られる事がありますよ。

ヤマリア 厳選ゴムヨリトリ真鯛 1.5mm 1m【ゆうパケット】

ビシ

ビシから出るコマセ量の微調整ができるサニービシが人気です。
主にLかFLが使用されていますが、地域によって異なるので、使用するビシのサイズ、号数は乗船する釣船店で確認して下さい。

桜井釣漁具 イリュージョンサニービシ FL 80号(東日本店)

 

仕掛け


コマセ真鯛では太さが3〜4号で長さが8〜10mの仕掛けを使用します。地域や人によっては12mの仕掛けを使用することもありますね。

コマセ真鯛の仕掛けには「1本鈎り仕掛け」と「2本鈎り仕掛け」の仕掛けがありますが経験上2本鈎仕掛けの方が釣果が良いです。
これはタナを広く探れる点、単体で餌が漂うより2つの方が自然に見える点、餌取りに食われても片方残る点で有利だからだと思います。

ハヤブサ ふかせ真鯛 10m 2本鈎 ハリ12号 ハリス5号 E-725

 


筆者の真鯛手作り仕掛けの枝鈎は2mの位置から枝ス10cmの長さで出しています。

仕掛け巻き
仕掛け巻きは濡れても大丈夫な樹脂製の仕掛け巻きがお勧めです。
自作の自作を巻く他に、使い終わった仕掛けを巻いておく場合にも役立ちますよ。

樹脂製なら紙製の仕掛け巻きと違い、余った仕掛けを仕掛け巻に巻いたまま水につけて塩抜きもできますね。

 

真鯛の釣り方


まずはハリスをしっかり伸ばそう‼︎
まずはハリスを60cmずつ両手に持って引っ張り巻きグセを取りましょう。
巻きグセが残っていると海中でバネの様にクルクル巻いてしまったり、仕掛けを送り出す際に絡まりやすくなります。
上手くクセが取れないなら1度水で濡らしてから引っ張ると良いですね。

癖の無い真っ直ぐな仕掛けはハリスを送り出す際も絡まりにくいですよ。

長期間保管されていた仕掛けはいくら伸ばしてもどうしようもない場合もあるので、何年も前の仕掛けは注意が必要です。

この辺で大きなスプールに巻いて保管できる手作り仕掛けの方が巻きグセが少なく有利ですね。
筆者も釣行前日に2〜3組み手作りの仕掛けを作っています。切れたりして無くなったら市販で済ませます。

餌付
オキアミの尾羽ひ節1〜2つ分から切り、鈎に1本を真っ直ぐになるように刺します。

ドラグ調整
手で道糸を掴んで強めに引っ張るとドラグが滑るくらいに設定しておきましょう。
40cm以上の真鯛がヒットするとフルドラグではハリス切れを起こす可能性が高いので、大型がヒットする可能性が高い乗っ込み時期はドラグを緩めにしておいて下さい。

棚の取り方
初心者で間違える方がいらっしゃいますが、棚の位置はビシの位置が基準になります。
たまに付け餌が棚に来るようにタナ取りする方が居るので注意しましょう。
初めてなら船長に良く確認して下さいね。

コマセ真鯛のタナ取りは地域や釣船によって「海面からタナを取る」場合と「底からタナを取る」場合があります。
船全体の釣果に関わってくるので必ず守りましょう。

《タナ取りが海面からの場合》
指示ダナより仕掛けを5m沈め、1〜3m巻き上げる間に2〜3回コマセを巻き、後は普通に巻き上げ指示ダナに合わせる。

例:指示ダナ50mの場合
仕掛け(ビシ)を56〜55mまで落として1m毎に3回コマセ撒き、2m巻き上げて指示ダナに合わせる。

《タナ取りが底からの場合》
ビシを底まで落とし、着底したら糸フケを取り2〜3m巻き上げ、そこで竿を強くしゃくりコマセを巻く。
次に仕掛けを指示ダナまで巻き上げ再度コマセを撒く。

ハリスが8mの場合は底から9mくらいの位置にビシが来るようにします。

餌の状態で真鯛・餌取りの活性を把握

最初のうちは仕掛けを入れたら2〜3分くらいで仕掛けを回収して餌の状態を確認してみましょう。

《付け餌が無くなる場合》
・タナを1m上げてみる
・待つ時間を短くする
・コマセの量を減らす/コマセを入れない

付け餌が無くなる原因として真鯛が齧っているか餌取りに食われている訳ですが、タナを1m上げることで餌取りを回避したり、真鯛のアタリが出やすくなります。

餌が取られるなら1mづつタナを上げていく訳なんですが、よく10m以上延々とタナを上げ続ける方がいます。
流石にタナを上げるのも限度があり、餌取りがフグだと何処までもコマセに釣られて上がってくるため、ただ真鯛のタナを外れていくだけになってしまいます。

ここで1度コマセを入れずに最初のタナに戻すと面白いように真鯛がヒットすることが多々あります。

筆者もタナを5〜8m上げても餌が取られた時に、コマセを入れずタナを下限に戻したところ30分の間に3連続で真鯛がヒットしました。
船長から餌取りが多いなど指示が出たりするのでよく聞いて下さい。

《付け餌が残る場合》
・誘いを入れて真鯛にアピールしましょう。

誘い上げる
・仕掛け1m落として少し待ち、ゆっくり1m巻き上げる。
・竿をゆっくり持ち上げ1〜2m糸を引っ張り、ゆっくりと元の位置まで戻す。

落とし込む
・2〜3mくらい巻き上げてからタナに戻す。
・スプールを抑えクラッチを切り、サミングしながら非常にゆっくりと指示ダナから1〜2m落とす。
アタリがなければやり直すか回収しましょう。

少し動かしてアピール
竿先をひょいと軽く動かしてオキアミを軽く跳ねさせます。
跳ねさせた後に落とし込みを組み合わせてみても良いですね。

 

真鯛のアタリ

真鯛がヒットすると竿がグイグイと上下に動くアタリがハッキリと現れます。
基本的に真鯛は向こう合わせでフッキングしますが、心配ならアタリがあったら竿を持ち上げるように優しくアワセを入れても良いですね。

サイズが小さいなら電動巻き上げで構いませんが、魚の引きが強いなら手巻きで巻き上げましょう。
大型真鯛が相手だと電動巻き上げではハリス切れを起こす可能性が高いです。

 

真鯛釣りの外道

真鯛釣りは様々な外道が釣れることもあり、良くも悪くも嬉しいお土産を確保できたりしますよ。

筆者の行く久里浜沖では、真鯛に混じってワラサがヒットしますが釣り上げるのが困難なので正直困りますが。

真鯛釣りの外道
イシダイ、クロダイ
アジ、サバ、イナダ、ワラサ、ウルメイワシ
トラフグ、サバフグ
など

真鯛は少しコツがいる釣り物ですが、是非高級魚の代表である真鯛釣りに挑戦してみて下さい。
にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村