シマノ|オシアコンクエストの紹介とインプレ

オシアコンクエスト

シマノ・オシアコンクエストはジギング用小型ベイトリールのフラッグシップモデルです。
小型ながら堅牢かつ非常に滑らかでトルクの強い巻き上げパワーを備えているのが特徴です。

シマノ オシアコンクエスト


『オシアコンクエスト』は、シマノのリールテクノロジーを結集して強靭さ、滑らかさ、操作性を可能な限り高めたオフショア用両軸リールのフラッグシップモデル。剛性の高い「HAGANEボディ」をはじめ、ドライブギア、高耐久クラッチなど内部パーツのひとつ一つを徹底的に強化、大型魚のパワーにもひるまない強靭さを誇ると同時に、どこまでも滑らかなマイクロモジュールギアの回転性能がアングラーの負担を軽減。

ライトラインを駆使した現代のオフショアゲームにおいて、その真価を惜しみなく発揮する。

2016年には待望の300PG、301PGも登場。ローギア・大容量かつコンパクトなモデルの追加で、オフショアゲームの領域はさらに拡大する。

 

オシアコンクエストのお勧めポイント


・堅牢なボディと巻き上げパワー
小型ベイトリールではあるが主要パーツは金属製なので高い剛性が確保され、大型ハガネギアとX-SHIPにより、安いワンサイズ上のリールと同等以上のパワーと耐久性があります。
少し無理をさせたくらいじゃビクともしませんよ!。

・滑らかな巻き心地
オシアコンクエストはマイクロモジュールギアにより雑味のない非常に滑らかな巻き心地になっています。

・エキサイティングドラグサウンド
青物や大物とのファイトを盛り上げてくれるドラグ音付きです。筆者はスピニングリールに慣れているので、ベイトリールでもドラグ音は外せません。

 

オシアコンクエストのスペック

200番
自重:275g
最大ドラグ力:6.0kg
糸巻き量:PE 2-200/1-440
巻き取り量:PG 60cm/HG 78cm

300番
自重:340g
最大ドラグ力:8.0kg
糸巻き量:PE 2-380/3-240/4-170
巻き取り量:PG 65cm/HG 84cm

各手番に201/301の左ハンドルモデルのラインナップが有ります。

 

オシアコンクエスト実釣インプレ

ライトジギングで使用

フラッグシップモデルのベイトリールだけあって巻きが軽く、BBシリーズなどエントリーモデルと比較して、60gのメタルジグでもハンドルを回す手には40〜50gくらいのジグを巻き上げている感触に感じるほど。

特にジギングサビキを使用して大サバがトリプルヒットしてもスルスルと巻き上げられるのは爽快です。

とにかくこの巻きの軽さと滑らかさはスピニングには真似できません。

フォールスピードも早いので魚の足の速い日でも素早くジグを魚の泳ぐレンジまで届ける事が出来ました。

 

ジギングで使用

城ヶ島沖でワラサを釣ってきました。
200番だとドラグ力が不足しているので、ワラサでも指ドラグを駆使してポンピングで浮かせます。
ワラサを釣る分には問題ありませんでしたが、やや大型のワラブリだとフルドラグでもスプールが空回りしてしまい意外と手こずるので、ワラサ以上を狙うなら絶対に300番かオシアジガーの方をを選択しましょう。

言わなくても判りますが、200番はライトジギング向けなのです。

 

コマセ釣り/餌釣りで使用


イサキ五目釣り、マゴチ、マダイで使用してみました。
イサキ五目では100mから35〜38cmくらいの大アジを2匹一緒に上げましたが、深い場所からでもパワー不足は全く感じません。スルスルと巻き上げられましたよ。

マゴチやマダイ狙いなら浅場なので快適そのもの。待ち時間の多いエサ釣りだとオシアコンクエストの性能を持て余しますね。

使用してみて感じた事

見た目より遥かにトルクのあるリールなのは間違いありません。マイクロモジュールギアによる巻き取りの滑らかさは言わずもがな。
特に高負荷のかかる100mからの150gのジグ、80号ビシの巻き上げも楽ちんでした。
これがグラップラーBBだと高負荷の状況下では巻き重りが結構増すので、違いがハッキリと感じ取れましたよ。ドラグサウンドが付いていて青物釣りではジージー鳴って楽しいです。

しかし、リールのパワーよりドラグ力が不足している感は否めませんね。
型がやや古いので仕方ありませんが、100番のスティーレとドラグ力が同レベルなのはフラッグシップとしては満足出来ません。

次のモデルでは最低1kgは各手番のドラグ力を上げてからリリースして頂きたいと思います。

19オシアコンクエストは出るのか?
16年にPGモデルが追加されて19年で3年が経過するので、もう19オシアコンクエストが出ても良い時期でしょう。
ただし、最近はモデルチェンジのスパンが4年になっているので、最後にPGが追加されてから4年後の2020年の発売になるかもしれませんね。

オシアコンクエストは、比較的高価なリールになるものの売れ筋の大人気商品です。

(5) シマノ オシア コンクエスト (300HG) (右ハンドル) /オフショア/両軸リール/ジギングリール/SHIMANO/OCEA CONQUEST/2015年モデル/

 

(5)【送料無料】シマノ オシア コンクエスト (300PG) (右ハンドル) /オフショア/両軸リール/ジギングリール/SHIMANO/OCEA CONQUEST/2016年追加モデル/

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村