カゴ釣り入門|カゴ釣りに必要な釣竿、リール、仕掛け、釣り方 青物 真鯛 イサキ アジ

アジに青物、マダイまで狙えるカゴ釣りはとても人気の釣り方です。最近は初心者向けにウキサビキ釣り(飛ばしサビキ)のセットも販売されており、初心者の方でも手軽にカゴ釣りを楽しめます。

少し沖に投げるだけで、大きな魚が釣れるカゴ釣りは、手軽に魚の強い引きを味わえるのが魅力です。

 

カゴ釣りってどんな釣り?


カゴ釣りは浮き釣りの一種で、カゴと呼ばれるコマセ(撒き餌)を詰める容器を使用するのが特徴です。

カゴ釣りには主に2つの釣り方があり、通常のウキ釣りのように釣針に餌を付ける釣り方と、一切餌を付けないサビキ釣りがあります。

昔はエサを使う釣り方が一般的にカゴ釣りと呼ばれていましたが、最近は「ウキ」と「カゴ」を使うウキサビキ釣りも纏めてカゴ釣りと呼ばれています。サビキを使用したカゴ釣りは正確には「浮きサビキ釣り/飛ばしサビキ釣り」と言います。

 

カゴ釣りの種類

吹流し仕掛け


出展http://アジ釣り.net
一般的にカゴ釣りと言えばこの仕掛け。
天秤を使いハリス、オキアミなどの付け餌を付けた鈎を海中に漂わせて狙う釣り方。

本物の餌を使うためアジや青物以外にもマダイやクロダイ、メジナ、イサキなど多くの魚を釣ることが可能。

主に1〜2本の鈎を使用し、ハリスの長さは対象魚により様々で、青物狙いの60cmから真鯛狙いだと6〜10mと長く取る場合もある。

《メリット》
鯛類などサビキには掛からない魚が釣れる
大物狙いに有効

《デメリット》
餌取りに弱い
エサ付けが必要

 

サビキ仕掛け(ウキサビキ釣り)


出展http://アジ釣り.net
サビキ釣仕掛けを使用した釣り方。
エサ付けも必要なく同時に複数の魚が釣れる。
吹流し仕掛けと違いエサを取られことがないためアジやイワシ、サバのような小型の魚に有効な釣り方。

《メリット》
数釣りができる
小型魚に有効
付けエサが不要
餌取りに強い

《デメリット》
仕掛けが絡みやすい
強度が低い
真鯛など、付餌が必要な魚や警戒心の強い魚は釣れない

 

カゴ釣りのタックル

釣竿・遠投磯竿

一般的にカゴ釣りでは遠投性の高い「遠投磯竿」が使用されています。
本格的に遠投しない場合は3〜4m程度の万能竿やルアーロッドでも代用が可能です。

使用する釣竿の対応するオモリの号数(ウエイト)には注意して下さい。
多くの釣竿はリールシートのリールを装着する面より少し上の竿の部分に使用が可能なオモリの号数又はgが記載されています。

『1号=3.75g』なのでルアーロッドで使用する場合は参考にして下さい。
遠投磯竿と違いルアーロッドはコマセと仕掛けの重量も考慮しないといけません。

 

【号数と対応する魚種】
3号:オモリ負荷 5〜8号/ハリス 3〜7号
真鯛、アジ、イサキ、小型青物など

4号:オモリ負荷 8〜12号/ハリス 4〜10号
中型青物、真鯛など

5号:オモリ負荷 10〜15号/ハリス 5〜12号
大型青物、ブリ、ヒラマサ、シマアジなど

対応号数とスペックは目安です。
高価な釣竿ほど、同じ号数でもより重いオモリ、太いハリスに対応できます。

・ガイドの種類

遠投磯竿には通常ガイドと、道糸が竿の内部を通る「インナーガイド」タイプがある。

インナーガイドは道糸がガイドへ絡むトラブルも無く、風が強い日でも快適に釣りが楽しめる。
デメリットとして、糸通りの良さは価格に比例するし、摩擦が大きく飛距離は通常ガイドより劣る。

ラインの絡みに気づき難い夜釣りで活躍します。

これから新しく遠投磯竿を購入するなら最低1万円前後、出来れば2万円以上を選びたい。安い竿は正直柔らかくてダルいし遠投性能もイマイチです。

カゴ釣り初心者にお勧めの遠投磯竿はコチラをご覧ください。

 

リール

必要な号数のラインが150m巻けるリールが理想です。
80m以上遠投して流したりするなら200mあると安心です。
糸巻き量と遠投性を重視したカゴ釣り用の遠投リールもありますが、通常の4000〜6000番のスピニングリールでも構いません。

使用するリールの大きさは狙う対象魚によってラインの太さが変わるため、以下の組み合わせを参考に選んでみて下さい。
一応、4〜5号くらいが汎用性のある太さになります。

・3〜4号
アジ、イワシ、サバ、ワカシ、クロダイ、メジナ

・4〜6号
アジ、サバ、ワカシ、イナダ、ソーダガツオ
マダイ、クロダイ、メジナ、イシダイ

・6〜10号
ワラサ、ブリ、カンパチ、ヒラマサ

 

ライン(道糸)

カゴ釣りではナイロンラインかPEラインが使用されています。
カゴ釣り専用のラインも販売されていますが、安いボビン巻の300〜600m巻の物で大丈夫。
カラーは視認しやすいオレンジやピンク、グリーンを選ぶとよいでしょう。

・ナイロンライン

最もカゴ釣りで使用されているライン。結びやく伸縮性もあり魚の引きを吸収してくれる。
結束も簡単でカゴ釣りで最も使用率の高い定番のラインです。

・PEライン
遠投重視の場合に使用される。
PEラインは伸びがなくアタリや魚信がわかりやすい反面、結び目やウキ止めが滑りやすい。
ナイロンのように糸にコシがなく絡みやすいなど少し慣れが必要だ。
糸にコシが無いのでグシャグシャに絡みやすく、複雑に絡むと解くのが難しいのが難点。

 

カゴ釣りの仕掛け

カゴ釣りの仕掛けはカゴ、ウキ、誘導スイベル、ウキ止め、吹流しorサビキ仕掛けから構成されます。
オモリが内蔵されていないタイプのカゴとサビキ仕掛けの場合は別途オモリが必要です。

 

カゴ


ロケット型やプラカゴなどがあり、カゴ単体や天秤一体型、オモリ内蔵型と別途装着が必要なタイプなど種類は様々。

初めは天秤オモリ一体型を選ぶと良いでしょう。サビキ仕掛けを使うならプラカゴを使用します。

 

ウキ


ウキもカゴ同様、非常に沢山の種類があるが主に使用されているのはプラ製や発泡ウキが多い。
遠投重視であれば専用の遠投ウキを購入しよう。


遠投しなくとも羽がついたタイプのウキは視認性が良く遠くでも目立つのでオススメ。

 

スイベル

ウキとラインを繋ぐために糸通りのよい誘導スイベルを使用します。誘導スイベルはラインの太さにに合わせた物を使用しましょう。

ウキ止め

タナが自由に変えられるウキ止め糸が使われています。
ウキ止め糸さえ移動させれば10m以上の棚でも狙うことが可能です。

滑りにくい専用のウキ止め糸も販売されていますが、1〜2号のナイロンラインで代用することができます。

 

仕掛け

《吹流し仕掛け》
通常のウキ釣りと同様にハリスの先に鈎と付け餌を付けた仕掛け。
ハリスの長さは青物狙いなら80cmから1.5mほど、マダイ狙いは5〜6mと対象魚に合わせて選択する。

《サビキ仕掛け》

サビキ仕掛けを選ぶなら注意が必要!
サビキ仕掛けは構造状、仕掛け自体にオモリの負荷が掛かるため、幹糸の細いサビキ仕掛けを選ぶと投げた瞬間に仕掛けが切れてしまいます。

一般的なサビキ仕掛けは幹糸が細いものも多く存在するため、サビキ仕掛けを選ぶなら幹糸の号数に注意しましょう。
幹糸の号数が道糸と同じか1号低いくらいの太さがあれば安心です。

オモリの号数にもよりますが幹糸が2号以下のサビキ仕掛けは使用しないこと!。

クッションゴム
吹流し仕掛けを使用する場合にはクッションゴムを使用する場合があります。口が切れやすいアジ釣りや、パワーのある大型青物を狙う場合に天秤と仕掛けの間取り付けて使用します。
クッションゴムには対応する魚が記載されているので、釣り物に合わせて選んで下さい。

 

仕掛けのセッティング



写真は「カゴ釣り」で一般的な仕掛けのセッティング例です。

画像では分かり易いように、全体を詰めてセッティングしてありますが、上から「ウキ止め糸」・「シモリ玉」・「絡まん棒」・「カゴ」の順番で取り付けてあります。

カゴから下は、「吹き流し仕掛け」か「サビキ仕掛け」かで種類が変わってきます。

画像のウキ止め位置だと水面狙いになるので、実際の使用では狙うタナに合わせて、任意の場所に結んでください。ウキ止め位置がずれる場合は、2つ結ぶのがおすすめ。
ウキ止めがずれるからとキツく締め上げすぎると、道糸に食い込んで破断しやすくなります。

 

カゴ釣りの釣り方


カゴ釣りではウキ釣りと同様に棚取り肝心です。
狙う魚によって棚は違いますし、同じ魚でも日によって釣れる棚が変わることも多いですよ。

・水深の把握
まずは棚取りのためにポイントの水深を把握しておきましょう。
簡単な方法としては、針を付けずにカゴが海底に着くまでウキ止め糸をずらして、スプールから出ていく道糸が止まってもウキが立たなければオモリが海底に付いています。後はウキ止めまでの長さを測れば大体の水深がわかります。

測り方は目安で構わないので竿の長さを基準にして測ればよいと思いと思います。
水深は潮の満ち引きで1〜1.5mくらい変動するので気をつけましょう。

コマセ(撒き餌)の準備

付餌を使うならオキアミコマセ。サビキ仕掛けアミコマセを使用します。
コマセは釣具店で冷凍のブロックと解凍付与の物が販売されています。

解凍付与のコマセは常温保存が出来て便利な代わりに量の割に割高ですが、1つ用意しておくと急に釣りに行く場合や足りなくなった時に直ぐに使えて便利ですよ。
使わなくても高温の場所さえ避ければかなり長持ちします。

コマセの量は3〜4時間の釣行で2kgくらいを目安にして下さい。使用量はコマセの撒き具合でかなり変わってきます。

冷凍コマセは解凍に伴って水分が出るため、ザルに入れて解凍し水分を切るか、バケツに入れて専用の配合餌と混ぜて水分を除去します。
配合餌はアジ狙いなら「アジパワー」を使うなど対象魚別に用意しましょう。パッケージに鯛やアジ、青物など対象魚が記載されています。

 

実釣


仕掛けの準備が出来たらコマセをカゴに1/3〜1/2くらい詰めてポイントに投げ入れます。
ウキが立ったら1〜2回大きく竿を煽りコマセを棚に撒きます。

・アタリ
仕掛けが10号でもアタリは意外と良く出るもので、小アジでもウキには何かしら動きに変化が出るので、波の動きとの違いに注意して見ましょう。
ウキの浮力より重りの号数が軽いとアタリがで難くくなるので要注意。

ウキが沈み込むまではアワセは必要ありませんが、ウキが中途半端に浮き沈みを繰り返しているなら、ゆっくり竿を立ててアワセてみよう。

あとは竿の弾性を生かしてゆっくり巻いてくれば大抵の場合は問題なく寄せられるはずです。
遠投磯竿は柔らかいので、ハリスに対して大きな魚でも焦らずやり取りすれば何とかなるものですよ。

・魚の取り込み

3号のハリスなら、40cm未満なら抜き上げても大丈夫。40cm以上の魚ならハリスの号数にかかわらず、タモ網で掬った方が安心ですよ。

ルアーほど手軽さはありませんが、カゴ釣りは本当に様々な魚が釣れるので是非挑戦してみて下さい!。

コチラの記事もおすすめ
・カゴ釣りで使う遠投磯竿の種類と選び方

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村