アジングを始めよう|タックル、釣り方、釣る為のポイント ロッド リール ライン

アジングはライトなタックルでアジとのスリリングな駆け引きが楽しめる人気のルアーフィッシングです。

アジングはライトタックルを使うため女性や子供でも手軽にルアーフィッシングが楽しめますよ。

手軽に始められる一方で、アジングは上手い人と腕の差がはっきりと別れる釣りでもあります。
バス釣りの様にアジングのトーナメントも開催されています。

それにアジは釣ってよし食べてよしと良いこと尽くめの魚!。釣ったアジはフライやお刺身で美味しくいただけます。

今回は「アジング」に必要なロッド、リール、ルアー、釣り方をなどを詳しく紹介します。

 

アジングに必要なタックル


アジングのタックルは図の通り。
アジングでは0.8〜3gくらいのジグヘッドを扱うため、PEラインも0.2〜0.3号と細糸を使うとても繊細です。

ライトルアーロッドなら多少は流用が可能ですが、非常に軽いルアーをコントロールして繊細なアジの当たりを取る必要があるので、出来るだけアジング専用ロッドを選びたい。

アジングでは柔らかいルアーロッドにドラグ性能が優れた小型のスピニングリールが必要になります。
アジにドラグ性能?と思われるかもしれませんが、アジングの動画を見るとドラグをかなり使っているのがわかります。

これはアジを食わせるために軽いルアーを使用する関係で非常に細いラインを使用するためと、味の口が柔らかく口切れし易いからです。

 

アジング専用ロッド


アジング専用ロッドと言っても安いものは1万円を切る価格で販売されています。でも高いものだと8〜10万円くらいの高級なものまで有りますね。

当然高価なほど操作性や感度も抜群に良くなりますが、まずは安い物でも構わないのでアジング専用のロッドを購入しましょう。
最初は柔らか過ぎず、少し重めのルアーも扱えるLクラスが扱い易いと思います。

 

(5)ダイワ 月下美人 AJING [611L-S] / アジング ロッド / DAIWA【2015dnp】

月下美人はアジングのエントリーに最適の人気ロッドです。

 

リール

ダイワ 月下美人 MX LT2000S-P

最低限ドラグ性能がしっかりした、ハンドルにガタつきの無い滑らかな巻き心地のリールを選びたい。
安い過ぎるリールはドラグ性能と言うより、まともに作動するドラグが付いていない物もある。
細糸を使うアジングでは、設定値になると滑らかに出てくれるドラグが必要です。ダイワ、シマノのリールなら1〜1.5万円くらいのリールを選べば大丈夫です。

 

ライン

Rapala(ラパラ) ラピノヴァ・エックス マルチゲーム 100m 0.3号/7.2lb ピンク RLX100M03PK

アジングでは主に0.2〜0.3号くらいのPEラインを使用します。
カラーは視認性の良いオレンジ、グリーン、ホワイトから選択すると良いでしょう。

細糸を使うため同じ号数でも格段に強度が高い8本綴りのPEラインを選びたいですね。

 

リーダー

0.8〜2号のフロロカーボン製のリーダーを50cmほどPEラインの先に結束します。
PEラインは不透明であり傷が付くと切れやすいため、透明で擦れに強いフロロカーボンラインをリーダーとしてPEラインの先に結び付けます。

フロロカーボンラインはスレに強く、水と屈折率が近いので魚から見え難いのが特徴です。

ラピノヴァ フロロカーボンリーダーなどがおすすめ。

 

スナップ

ライトルアー用のスナップを使用。あっても無くても良いのですが、スナップを付けるとルアーの交換が素早くできるメリットがあります。
デメリットとしてルアーの動きに少なからず影響を与えるので使用しないという人も多い。

 

アジングで使うルアー


出展CHAPさんのブログより
アジングではジグヘッドリグと呼ばれる1〜3gのジグヘッドに1.5〜2inのワームを組み合わせたルアー(リグ)や、メタルジグが使用されています。
初心者は扱いやすい1〜2gから始めるのがおすすめ。風が強い場合や遠投が必要な場所、手返しを重視するポイントでは3gが使用されますね。

 

・ジグヘッドの種類

砲弾型

砲弾の様な形状で水を切り安定したス姿勢とアクションを併せ持ったバランス型のジグヘッド。
ただ巻きで使用されるがロッドでアクションを与えると左右にも動かせる。

自然に誘えるので群れを散らすこともなく、同じポイントで数を伸ばしたいならこのタイプがおすすめ。

ナチュラルな誘いと喰わせを両立した1番スタンダードなタイプのジグヘッドと言えます。

流線型

先端が流線型のジグヘッドは左右大きく動くのが特徴。
主にダートアクションで魚を誘い出す際に使用されるアピール重視のジグヘッドだ。

使い方はラインスラッグ(糸フケ)を出しながらチョンチョンと竿先で弾く様にシャクルことで左右に大きくダートします。

ラウンドタイプ

ほぼ真下へストンと落ちるフォール重視のジグヘッド。
砲弾型、流線型はラインを引かなくてもフォール中に多少移動するが、丸形のジグヘッドはほぼ真下にストンと落ちる。

フォールはアジにとって喰わせのタイミングになるため、喰わせを重視するなら丸形のジグヘッドを選択しよう。丸形は感度も非常に良いので軽いジグヘッドでもアタリが取りやすいメリットもあります。

ラウンドタイプには先端が凹んだジグヘッドもあり、こちらはよりフォール速度が遅くなるように作られています。

 

ワームの種類


アジングのワーム選びで重要なのが太さです。長さが短くても太いと豆アジはワームを食えません。
メバルはアジより口が大きく開くため、ふとさはあまり気になりませんが、アジングでは太さまで気にして選びたいですね。

ピンテール
アジングのワーム選びで重要なのが太さです。長さが短くても太いと豆アジはワームを食えません。
メバルはアジより口が大きく開くため、ふとさはあまり気になりませんが、アジングでは太さまで気にして選びたいですね。

シャッドテール
尾の先に水を受けるテールが付いたアピール重視のワーム。
テールの形状は様々だが基本的に大きなテールほどアピール力が高い。

カーリーテール
見た目と強い波動で強く魚にアピールする。
活性が高い日に数釣りするならカーリーテールが最適だ。
大きなテールをグリングリン振る姿は魚ではなくゴカイに似せているらしい。

 

ワームのカラー

最初はオキアミカラー、ホワイト(グロー系)、グリーン、クリア、クリア+ラメ入りのワームカラーを用意すれば、まずは大丈夫。
ピンクや黄色もアピール力が高く濁りが入っている場合や暗い場所で有効だ。

・オキアミカラー
オキアミカラーはやはり魚のエサだけあって食いつきが良い万能カラーです。ワーム自体はオキアミに見えないんですけどね。

・グローカラー
グロー系のワームは濁りが入っている場合に非常に有効なため必ず用意しておきたい。

・グリーン
グリーンはオールマイティーに使える万能カラー。カラー選びに迷ったらまずはグリーン系から使ってみると良いだろう。

・クリア
クリア系はナチュラルカラーで、まだ日のある時間帯や強い照明に照らされているポイントなどにおすすめ。
魚の稚魚はシラスやシラウオのように透明なので、魚から見ても1番自然な姿に見えるみたいです。ラメ入りだとシルバーのラメが入ったタイプがアジにおすすめです。

ガルプ ベビーサーディンは餌並みに釣れる最強のワーム。

バークレイ ガルプ!ソルトウォーター ベビーサーディン 2インチ クリアクリア 1455614

 

とにかく釣りたいならガルプアライブが最強だ。強い匂い付きのワームでほぼ餌と言ってよい。

 

 

その他・必要な道具

偏光サングラス
日中やマズメ時でも海中が見やすい偏光サングラスが有ると便利。目の保護にもなるので最低限、UVカットのサングラスは用意しよう。

プライヤー
小物釣り用の先が細いプライヤーがおすすめ。

クーラーボックス
魚を持ち帰るならクーラーボックスを忘れずに。携行性を重視して10ℓくらいで構いません。

 

 

アジングに行ってみよう

タックルが揃ったらアジング行ってみましょう。

アジングのシーズン
はっきり言ってアジ自体は年中釣れます。
それでもアジングでアジが釣りやすい季節は初夏から晩秋と言われています。
中でもアジのサイズが大きくなり釣りやすくなる8月〜11月頃が最もアジングでアジが釣りやすい季節でしょう。

春は小アジが多く「サビキで沢山釣れていてもアジングでは全く…」なんてことが多い季節ですね。

冬は大型のアジが狙える一方で、それなりの腕が必要となり上級者向けの季節になります。

 

アジングのポイント


アジは回遊していると説明しましたが、アジにもお気に入りの場所があるようで、アジが釣れると言われる場所には大体回遊してきます。

地元の「県名」や「ポイント名」に「アジ」や「アジング」を合わせて検索すれば、地元のアジングポイントが見つかるはずですよ。

狙い目
アジは基本的に潮通りの良い場所を好みます。
外洋に面した堤防、停泊中の船舶、桟橋、船道、ミオ筋など、はアジが好むポイント。

画像のA.Bは堤防の先端でアジ狙いではベストポイントです。

夜間なら街灯に照らされたポイントは外せません。

 

アジングにおすすめの時間帯・夜間がチャンス!

アジは昼も夜もエサを探している元気な魚。
夜間に釣るナイトゲームはアジの警戒心も薄れルアーも見切られ難くなり断然釣りやすい。

更に街灯に集まるプランクトンや小魚を狙いにアジも集まるため、昼間より狙うポイントが絞りやすい利点もありますよ。

そもそもアジは真っ暗闇では目が効かないので、多少灯りがある場所
大型のアジは明暗の別れる境目付近にいる事が多いようです。初めてフィールドに繰り出すならナイトゲームから初めてみよう。

下見をしておこう
とはいえ、全く初めてのポイントに夜に行くのはロープや段差、障害物がわかり難く危険。
明るいうちに釣り場の下見をしておくと安心ですね。

 

アジは回遊している魚です!

アジは青物ではありませんが群れで回遊する習性を持つ魚です。
毎回漁港や堤防で釣れるとその場所に住んでいると思われがちですが、アジは結構移動している魚なんです。

とはいえ、小さなアジほど身を隠せる場所に止り、大型のアジはあちこち移動している傾向があります。

大型のアジになるほど内湾から外洋まで行動範囲が格段に広くなり、なかなか見つけて釣るのが難しくなると言えるでしょう。

リアルな釣果情報を調べたり、前シーズンに釣れていた場所と時期を把握してポイントを探す必要があります。

 

アジング実釣編

ルアーのアクション

アジはルアーのアクションにウルサイ魚で、その日アジが好むアクションじゃないと釣れないことも多いです。

タダ巻き
レンジを変えてただ巻くだけ。巻く速度は1秒に1回転くらい。

リフト&フォール
竿先でルアーを持ち上げて上下に動かして誘う。

シェイキング
ロッドを小刻みに揺らしてルアーを振動させアジに波動でアピールする。
アジングではかなり重要なアクションだ。

基本的は上記のアクションと、その組み合わせで殆どのアジは釣れるはず。

 

ドラグの調整
ドラグとは魚が糸を引っ張るとアングラーが設定した値でラインが滑り出すリールの機構。

基本的にはハリス切れを防止するために使用される機能で、アジングでは細糸を使うのでドラグの設定はとても重要です。

ガチガチに締めても小アジなら関係無いのですが、大アジや他の魚(シーバスや大サバなど)がヒットすると細糸は簡単に切られてしいます。

そこでドラグを100gくらいに設定して始めてみよう。緩いなら自分でラインが切れない程度に調整して行くと良い。

基本を覚えたら後は実践あるのみ。アジングを楽しもう!

 

こちらの記事もおすすめ
ジグヘッドリグ|アジングにおすすめのジグヘッドとワームを紹介

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村

(5)ライトゲーム 入門 セット [ アジング & メバリング ] / ロッド / 竿 / ビギナー向け / 初心者 / ロックフィッシュ / ガシラ / 釣り竿/釣具