フィッシングショー2019を訪問! ダイワ、シマノの新製品を大調査

ジャパンフィッシングショー2019を調査しに行ってまいりました!!。

当時の金曜日は平日ながら沢山の人が1時開場の列に並んでおりました。きっとお仕事サボって来た人も沢山いるでしょうねー|ω・`)←

今年のフィッシングショーの見どころは、シマノの超人気ソルトウォーターリール「19ステラSW」や「19ヴァンキッシュ 」、ダイワの「19セルテート」でしょう。
では徹底的に調査しに行ってきます!

 

シマノのブースを調査


ステラSWとヴァンキッシュを購入する予定なので、まずはシマノのブースでチェックしてみましょう。
流石はステラSWを発表したシマノのブース、金曜日の昼過ぎなのに沢山の人集りが出来ています。

これが19ステラSWだ‼︎


購入予定の8000番を手に取り巻いてみます。
まず巻きの軽さに驚きました。これは凄い!、とにかく巻いてみて19ステラSWの8000番は、13ステラSWの8000番と巻きの軽さが全く違う。

8000番ながら13ステラSWの6000番に近いくらい軽い巻き心地だと思います。
コンパクトローターとインフィニティドライブの効果は凄い!。

個人的に一番欲しい5000番は出ないのかスタッフの人に聞いてみたところ、すぐには出ないけど、後々追加されるらしいですよ。多分来年かな?的な返答でした。

う〜ん、8000番は買わないで使用頻度の高い5000番を待つか悩みます。ツインパワーSWがあるからねっ。

ちなみに、19ステラSWの8000は専用のコンパクトローターを採用しているため、10000.14000番のスプールは取り付けできないんだって。8000スプールを10000.14000番に取り付けるのは大丈夫って言ってたかな。

19ステラSWの詳しい画像や情報はコチラの記事をご覧ください!

 

次は19ヴァンキッシュ!


整然と並ぶヴァンキッシュにも沢山の人が集まり手にとって、その軽さと使用感を体感しています。


今回の19ヴァンキッシュはステラのお下がりボディじゃありません。19ヴァンキッシュオリジナルの専用の軽量カーボンハーフボディを採用しています。

19ヴァンキッシュを手にしてみると、す〜さんが所有している同じ3000番の18ステラとは別次元の自重の軽さ、とにかく軽さが際立ちます。

軽いのに流石はシマノだけあって、カッチリした遊びの無い作りは健在。リール界のスポーツカーと呼ばれるだけの事はありますね。ヴァンキッシュ はカーボンが多く使用されていて昔のイグジストみたいです。

19ヴァンキッシュの詳しい記事はこちらをご覧ください

 

19カルカッタコンクエストDC


長年の沈黙を破り、カルカッタコンクエストDCが凄くカッコ良くなって新登場!。
19カルカッタコンクエストDCのブレーキは更に設定が簡単になり、制御技術も向上してバックラッシュも激減したそうです。


20g以上のルアーの使用に最適だそうですが、一応10gくらいの軽いルアーも扱えますよ。

見た目も少し黒っぽい銀みたいな高級感のある仕上がりになっていたり、ドラグサウンドも搭載していたりと、アングラーが求めていた点を抑える細かい配慮が感じられます。

巻いてみると「無」一切の雑音が無い究極に滑らかな巻き心地でした。
肝心なDCブレーキはインプレのしようが無いのが残念。19カルカッタコンクエストDCでルアーをキャストしてみたいですね〜。余裕があったら購入したいです。

 

19グラップラー


筆者はもうベイトモデルを予約注文しました!
19グラップラーから2ピースになり携行性が格段に良くなりましたよ‼︎。

今までは1ピースで仕舞寸法が180cm近くあり、電車移動の際には背負ったロッドの先端を結構ぶつけてましたが、バットジョイントタイプになり傾向性が抜群に上がりました。

シイラのキャスティング用にタイプCのMパワーも1本欲しいです。

大注目!19.20年 ワールドシャウラは全ての釣りを網羅する!


なんと!ワールドシャウラは19年秋、20年春と秋にNEWモデルをラインナップ。総数は50モデルを超え、全ての釣り物を網羅するそうです。
お高いカーボンを採用した素晴らしいロッドですから楽しみですね。筆者もライトショアジギング用が出るなら欲しいです。

 

ダイワのブースを調査


ダイワのブースも結構混雑しています。やはり注目は19セルテートですね。
他はシーボーグ 500MJやレグザLT、スティーズなどでしょう。

19セルテートがダイワの目玉商品だ!


LTシリーズに仲間入りした19セルテートは更に軽く、更にタフになり、新生セルテートとして新たな歴史を歩み始めます。

今回の19セルテートはボディが18イグジストとほぼ同型のモノコックボディとなり、軽さ、防水性能、耐久性が大幅に向上しました。

イグジストなんてほらザブンですよ(笑


19セルテートも浅い場所で水に浸かるくらいなら大丈夫だそうです。

19セルテートの詳しい記事はこちらをご覧ください

 

レグザLT


レグザLTはフリームスLTより1つ上のモデル。
フルメタルボディ採用で同価格帯となるシマノ・ストラディックに対抗する、ダイワのNEW高剛性リールだ!。
ストラのハーフメタルボディとは違い、レグザLTはフルメタルボディなのが売りです。

レグザLTの詳しい情報はこちらの記事をご覧ください

19キャスティズム25 QD


キャスティズム25QDも黒いボディにリニューアルされて登場します。以前のオレンジ一色のキャスティズムより、ボディが黒だと色々なロッドに合わせやすくなりましたね!。

 

あの有名人を発見!

シマノのステージに村田基さん登場


凄く為になる話をしてくれたので、内容は専用の記事として後々書かせて頂きます。
シマノの顔とも言える村田基さんですが、シマノからは日当しか頂いていないそうですよ。

 

タクちゃんさんを発見!


サインを求められるタクちゃん。


サインするタクちゃん

見かける度にお話中だったので今回は写真だけ撮影させて頂きました。
釣りビジョンをご覧いただいている方ならお馴染み!。
最近復活したバス番組「5Lton(ゴーエルトン)」で活躍するバスアングラーです。
想像していたよりすごく大きくはなくて、番組同様に気さくにお話されていました。
ちなみに、う○こ型の入れ物はルアーケースらしい。