伊東港の釣り場とポイント 釣り方 釣れる魚 青物 サバ イナダ

伊東港は、静岡県の東伊豆にある非常に大きな漁港で、3つの広い堤防から釣りを楽しめます。

釣れる魚種が豊富で、青物、クロダイ、アジ、カサゴと、堤防で見かける大抵の魚を釣ることが出来る魅力的な釣り場です。
伊東港は青物の回遊も盛んで、夏になるとサバやイナダ、ソウダガツオが良く釣れるため、カゴ釣りやショアジギングを楽しむ釣り人にも人気があります。

トイレや駐車場も完備しており、女性同伴や子供連れでも安心して釣りを楽しめますね。

 

伊東港の情報


【所在地】
〒414-0024
静岡県 伊東市和田1丁目
伊東港乗り場(赤灯台近く)

【周辺施設】
駐車場・複数有り
トイレ
コンビニ

【伊東港で釣れる魚】
シーバス、クロダイ、メジナ、イシダイ
アジ、イワシ、サバ、ワカシ、イナダ、ソウダガツオ、ショウゴ、サッパ、コノシロ、サヨリ

シロギス、イシモチ、ハゼ、メゴチ
カワハギ、カサゴ、メバル、アイナメ
アオリイカ、タコ

4月頃からイワシ、サバの回遊が始まり、7〜8月はイナダやソウダガツオも釣れ始める。

 

伊東港の釣り場


伊東港は各堤防の根元に駐車場を完備しており、釣り場へのアクセスは抜群である。

A.新井堤防


新井堤防は「第一堤防」とも呼ばれる釣り場で、伊東港では最も外側に位置する堤防になります。

新井堤防は外海側は全体にテトラが入っているので、外海側を狙う場合はテトラポットに乗る必要がありまが、堤防の内側でもサビキ釣りやウキ釣りを楽しむことが出来ますよ。

ガードレールより先にある堤防が人気のポイントで、サビキ釣りでアジ、イワシ、サバなどが釣れる他、 テトラポット付近ではクロダイやメジナ、カサゴも狙えます。

テトラポットは大きく隙間も多いので、十分に注意して釣りをして下さい。
クロダイ、メジナ、カサゴは豊富で釣果も良いそうです。

新井堤防は、堤防先端付近まで駐車場になっているものの、時折資材置き場として使用されるので、駐車場のスペースが封鎖されている場合があります。

 

B.白灯台堤防


伊東港の最も長い堤防で、白灯台があるので「白灯」とも呼ばれているが、新井堤防にも白灯台があるので間違いないようにしたい。
新井堤防より漁港の内側にあるのが白灯堤防である。

堤防先端は一段高くなっていて、外海側のテトラポットが無くなるため、広く竿を出せる人気のポイントだ。投げ釣りやカゴ釣りで狙うなら是非押さえておきたい。

夏はカゴ釣りで、サバやイナダ、ソウダガツオが良く釣れ、投げ釣りでは比較的近い場所でもシロギス、カレイ、ハゼが狙える。

先端以外の外海側はテトラポットが入っているが、テトラポットの高さは低いので、上に乗っても釣りやすい。

テトラの周りはクロダイやメジナ、カサゴが良く釣れるポイントである。
テトラに登ってクロダイをウキ釣りやダンゴ釣りで狙う釣り人も多いが、安全対策は万全にしてから挑戦しよう。

 

C.赤灯台の堤防


松川の河口に位置する「赤灯台」も釣り場の近くに駐車場がある。
赤灯台あまり歩かなくて良いし、広くて釣りやすい環境なので、家族連れに人気の高いポイントです。

サビキ釣りでイワシやアジ、サバが釣れる他、松川方向へのちょい投げ釣りでハゼも良く釣れる。
ウキ釣りでクロダイとメジナも釣れており、本格的に狙う人も多い。

シーバスも良く釣れるので、ルアー釣りや、夜にイソメを使用したウキ釣りで釣ることが出来きます。

 

D.なぎさ公園

テトラポットからの釣りがメインとなるので、この場所が好きな常連さんが来ているようだ。
テトラからの釣りに慣れた釣り人向けと言える。釣り人の密度は少なく、ガラガラなのでのんびりと釣りをしたい人には良いのだろう。

クロダイ、メジナ、カサゴなどの根魚が釣れるポイントです。

 

 

初心者でも簡単!伊東港での釣り方3選

サビキ釣り


サビキ釣りは、誰でも簡単に魚を釣ることの出来る、堤防釣りでは定番の釣り方です。
エサ付けが不要なことから、餌を触るのが苦手な女性や子供にもおすすめ。堤防釣り、ファミリーフィッシングで最も人気のある釣り方です。

【サビキ釣りで釣れる魚】
アジ、イワシ、サバ、サッパ、コノシロ、カマス、ウミタナゴ、メバルメジナ、シマダイ、カワハギ

 

《サビキ釣りに必要な道具》

・タックル
磯竿/コンパクトロッド/ルアーロッドなど2.5〜5.3mの釣竿。
小型スピニングリールにナイロンライン:2〜4号を巻いた物。

・仕掛け
サビキ仕掛け コマセカゴ オモリ

・その他の道具
水汲み
バケツ
ハサミ
プライヤー
魚掴み
タオル
タモ網
アミコマセ(撒き餌)

【釣竿/ロッド】
経験談として、サビキ釣りに使用する釣竿は絶対に長い方が釣れます。
イワシやサバのような回遊している魚は護岸から少し離れた場所を泳いでいることが多いので、最低でも足下から2mくらい離れた場所が狙える全長2.5m以上の釣竿を使おう。

3m以上の万能竿やコンパクトロッド、磯竿なら4.5〜5.3mの長さおすすめ。2m未満のショートロッドと3m以上の長い竿では、状況によって釣果に雲泥の差がでる事も多いですよ。

【リール】
2〜4号のナイロンラインを100m以上巻いた小型のスピニングリールを使用する。使用するリールはリーズナブルな物で良いので、釣具店でぶら下がっている物や、ワゴンに入っている通称「ワゴンリール」で構いません。

・道糸
堤防の足下狙いなら2〜3号の道糸のナイロンラインで大丈夫です。

 

【サビキ仕掛け】

サビキ釣りでは、サビキ仕掛けの選択で釣果が決まると言っても良い。 堤防の足下狙いなら鈎のサイズが1〜2号、ハリスが0.8〜1.5号の小さな鈎が付いた仕掛けがおすすめです。 少し高価な「リアルアミ」などの名前が付いたアミエビにソックリな鈎が付いたサビキ仕掛けは凄く釣れますよ!。
良いサビキ仕掛けはコマセを撒かなくても魚が通るとガンガン食いつきます!。

【オモリの号数】
足下狙いでは3〜6号くらいのナス型オモリを使用します。オモリはサビキ仕掛けの一番下にあるスナップに取り付けます。

【アミコマセ】
アミコマセに「冷凍ブロック」と、解凍不要ですぐに使える「常温保存タイプ」の2種類が存在します。
冷凍ブロックのアミコマセは量の割に安いので、1日釣りをするような人や、複数人で釣りを楽しむ人は冷凍ブロックを購入するのがおすすめ。

使用するアミコマセの量は撒き具合にもよりますが、半日で1人2kgくらいあれば大丈夫です。

常温保存ができるアミコマセもあり、買ってすぐに使えるし、数日前に買って置いておけるのが特徴。手を汚すことなく扱えるように、工夫が施されたパッケージに入っている物が多く、手や釣り場も汚さない扱い易さも魅力です。

冷凍ブロックで持つか不安な場合の予備として買っておくのも良いですね。高温を避ければ常温で腐らず年単位で保存ができるので、もし使わなかったとしても当分は大丈夫です。常温保存できる代わりに少し割高になります。

 

《サビキ釣りの準備》
【タックルを準備しよう】

釣り場に付いたら釣竿のガイドに道糸を通し、道糸にサビキ仕掛けをセットして竿を伸ばします。ガイドは必ず真っ直ぐになるようにセッティングしましょう。

【アミコマセの準備】
解凍するアミコマセには基本的に3通りの使い方があります。

①ザルで水を切る
アミコマセからはドリップが出るのでザルにブロックを入れて解凍します。

②バケツの海水に入れて解凍
小型のバケツに海水を半分くらい入れて、冷凍ブロックを投入します。素早く解凍出来るので、急いでいる場合におすすめです。解凍したいコマセはザルで水を切って使用します。

下カゴ式の仕掛けならカゴをバケツの底に落として上下に動かせば、カゴにコマセが入るので、コマセを詰める手間を省くことができますよ。コマセが減ってカゴに入り辛くなってきたら、ザルで濾してスプーンで入れて下さい。

③配合餌と混ぜる
アジパワーなどの粉状の配合餌と混ぜると集魚力がUP、カサ増しにもなり、さらにドリップも吸収してくれるので一石三鳥‼︎。使い捨てのビニール手袋をして混ぜるのが一番しっかりと混ぜられます。
バケツの角に粉が溜まりやすいのでシッカリ混ぜ込みましょう。
混ぜ具合は配合餌のパッケージに書いてある説明を参考にして下さい。

 

《サビキ釣りの釣り方》

コマセをカゴに詰めたら垂直に仕掛けを投入する。この時糸が巻かれているリールのスプールには人差し指を添えておき、狙いたいタナまで落としたら人差し指でラインの放出を止めベールを戻します。

次に竿先を水平よりやや下げて、竿先を2〜3回上下60cmくらい動かしてコマセを撒きます。あとは動かさずに竿を水平に構えてアタリが出るのを待ちます。

直ぐ近くに魚がいれば10秒も待たずに何らかの反応があるはずです。魚が釣ることハッキリと竿にブルブル振動が伝わるので、ゆっくり巻き上げましょう。

アタリが出てから少し待って追食いさせ、多点掛けを狙うと効率よく数釣りができますが、オモリの重さに対して魚がのパワーが強いと、仕掛けを引っ張り上げてしまい、グシャグシャに絡んでしまうので注意が必要です。
仕掛けが絡まるならオモリを重くするか、早めに回収しましょう。ゆっくり巻き上げながら追い食いを誘うのも一つのテクニックです。

(5)誰でも簡単!サビキ 釣り 入門 セット [270] /入門セット 仕掛け 釣りセット 初心者 ロッド リール ファミリー レジャー 波止 釣り竿 釣具 海釣り 投げ竿 フィッシング 初心者

 

ちょい投げ釣り


ちょい投げとは「投げ釣り」のライト版で、3〜10号くらいの軽い仕掛けを軽く投げ入れて、岸から近い場所の海底に生息している魚を釣る釣り方です。
仕掛けの準備や釣り方も海釣りの中で最も簡単と言えます。

餌にイソメ(ゴカイ)を使用するので、女性の方は苦手かもしれませんが、近年、パワーイソメなど人工餌も販売されているので、イソメが苦手な人でもちょい投げ釣りを楽しめますよ!。

《必要な道具》
【釣竿/ロッド】

1.8〜2.7mくらいのコンパクトロッド、万能竿、ルアーロッドなど、オモリが投げられるロッドなら大抵の釣竿が使える。

【リール】
ナイロンラインの2〜3号か、PEラインの1〜2号を100〜150mほど巻いた小型スピニングリールを使用。ラインが太いと受ける水の抵抗が増え、仕掛けが潮流で流されやすくなってしまいます。

 

【仕掛け/天秤】

投げ釣りには仕掛けの絡みを防止する「天秤」を使用します。
天秤は主に「L型天秤」と「ジェット天秤」が使用されます。L型天秤は最も一般的に使用される天秤で、多少潮流が早くても仕掛けが流されにくいのが特徴。

ジェット天秤は仕掛けの回収時に浮き上がりやすく、足元付近に根が有る場所では根掛かりを回避することができますが、その反面潮流が早いとコロコロと転がるため仕掛けが流されやすい。

【投げ釣りの仕掛け】

投げ釣りは対象となるキスやハゼなどの魚が吸い込みやすい流線鈎で、2〜3本鈎の仕掛けが主流。
仕掛けには鈎のサイズが記載されているので、小さい仕掛けと大きい仕掛けを用意しておけば、キスやハゼから大きなイシモチ、カレイなどに対応することが出来ます。

【餌】

投げ釣りで使用率がされる餌だとイソメ(虫エサ)がお馴染みですが、イソメにも幾つかの種類がありますし、イソメ以外にも色々あるのでご紹介します。
餌ごとに動き、匂い、大きさと特長が違うので、うまく使い分ける事が釣果を伸ばすコツですね。

・アオイソメ
最もポピュラーなイソメ(虫エサ)で価格も比較的安価。あらゆり魚を釣る事ができる。アオイソメは生物発光すると言われており、夜釣りの餌としても向いている。

・イワイソメ
投げ釣りからウキ釣りまで幅広く使える大物狙いに使われるエサ。匂いが強く魚を引き寄せる。
アオイソメとは味が違うらしく、使い分けで釣果に違いが現れる。アオイソメとイワイソメを交互に鈎に付けて使う使い方もある。良く釣れるエサを探す場合に有効。

・ジャリメ(イシゴカイ)
細身の虫エサで、シロギスの数釣りに適していると言われる虫エサ。特にピンギスと呼ばれる小型のシロギスに有効な餌だ。

・コガネムシ
コガネムシとイワイソメはカレイ釣りで定番の虫エサ。身が柔らかく遠投には向かない。

・人工餌
虫エサが苦手な人には魚が好きな匂いを出す素材で人工的に作られた餌がおすすめ。

【石粉】
イソメに塗すと滑り難くなり掴みやすくなるアイテム。

【竿立て/三脚】
ちょい投げで置き竿にするなら竿立てが必須。釣竿は斜め45°くらいに設置しないと魚のアタリが分かりません。必ず三脚や竿受けに設置しましょう。

 

〈釣り方〉

餌はハゼ、キス、イシモチが狙いであればイソメを鈎に刺して、垂らしが1〜2cmくらいになるようにカットしますが、最新のうちはアピールを兼ねて、少し長めにつけると良いですね。カレイが狙いならイソメを3匹くらい切らずに総掛けにする。

・仕掛けを投入
仕掛けを投げ入れ着底したら、糸フケ(タルミ)を巻き取り、道糸が出来るだけ真っ直ぐ張るようにします。タルミがあると魚が魚がヒットしたり餌を突っついても、なかなか竿にアタリが出ません。

・沢山釣るなら手持ちが1番!
ハゼやキス、イシモチを沢山釣りたいなら、置き竿にせず手持ちで釣るのが1番。仕掛けを動かすことが重要で、投げ入れたらだけでは、その場所に魚が居なければお終いです。
なので竿やリールを使い、ゆっくりと仕掛けを移動させて魚の居場所を探します。

竿で仕掛けを引っ張り動かす場合は、竿を手に持ち海側へ45°に傾け、3〜5秒かけてゆっくりと90°まで起こします。後は糸フケだけ回収しながら45°まで戻し繰り返すだけです。
リールで仕掛けを動かす場合は、ハンドルを3〜4秒で1回転くらいのペースで回して下さい。

・沢山釣るためのポイント
魚は真っ平らな海底の場所には少なく、岩やヨブ、駆け上がりと言った、海底に地形の変化がある場所に集まる習性があります。釣れるポイントは仕掛けを引いてくると、仕掛けが急に重くなる場所があるはずなので、その場所には魚がいる可能性が高いです。仕掛けが重くなったら、少し動かさずに待ってみたり、置き竿にしてみるのも良いでしょう。
ちょい投げでは闇雲に投げ入れて放 運任せにせず、魚を探して釣る事が釣果を上げるためには重要ですよ!。

Amazonでわくわくちょい投げセットDXの価格を調べるならコチラ

 

浮サビキ釣り


は通常のサビキ釣りに加えて少し仕掛けを構成するパーツが増えるので最初は難しいかもしれないですが、慣れてしまえば釣り方も簡単ですよ。何より30〜40cmクラスの大物も狙えるのが浮サビキ釣りの魅力です。

《浮サビキ釣りに必要な道具》

出展 http://アジ釣り.net/ukisabiki.html

・釣竿
2.5〜5.3m、10号くらいまでの仕掛けを投げられる物。

・リール
中型スピニングリール、3〜4号ラインが150m巻ける物。

・浮/ウキ
5〜10号浮力のプラ浮や発泡浮

・オモリ
ウキの浮力と適合するナス型オモリ。

・ウキ止め糸
ウキ止め糸を結んだ場所がウキ止めになり、ウキ止め糸を結ぶ場所を変えることで自由にタナを変更できる。そんな深い場所はないが、理論上はリールに巻いてある道糸分の水深までタナを深く設定できる。

・シモリ玉
ウキの穴が大きいとウキ止め糸をすり抜けてしまう、そこで道糸の号数と同じ直径の穴が空いたシモリ玉を取り付ける。

・カゴ
ウキサビキ釣りではプラカゴが使用されます。

・サビキ仕掛け
40cmくらいの魚を狙うなら、ハリス2号以上、幹糸が3号以上のサビキ仕掛けを使用しましょう。

《釣り方 》
仕掛けのセッティングは、シモリ玉→ウキ→プラカゴ→サビキ仕掛け→オモリの順に取り付ける。

最後に狙いたいタナの水深に合わせて、サビキ仕掛けの位置から、水深分離れた位置にウキ止め糸を取り付けよう。

仕掛けを投げる際には、スプールに軽く人差し指を添えてサミングを行うと仕掛けが絡みにくい。
着水時にサミングしないと、先に着水したサビキ仕掛けにプラカゴが落下してしまい、サビキ仕掛けが絡まってしまう。

仕掛けが安定してウキに重みが乗ったら、1〜2回竿を煽りコマセを撒いて魚を寄せよう。反応がないなら上下に1mづつタナを変えながら魚の居るタナを探ってみよう。
どうしてもタナがわからない場合は、周りの釣れている人に聞くのが1番ですよ!。

ハヤブサ(Hayabusa) 下カゴ飛ばしサビキセット リアルアミエビ 4本鈎 鈎6/ハリス2 赤 HA230

 

釣った魚は早めにクーラーに入れよう!


釣った魚は水汲みバケツに入れることが多いと思いますが、ある程度バケツに溜ってきたら、死んでしまう前に氷と海水を入れたクーラーボックスに入れましょう。
特にサバやカツオは常温だと、死亡した直後から人体に有害なヒスタミンを生成し始めます。サバに限らず、釣った魚は早めに冷やすことで安全に食べることができますよ!。