19ヴァンキッシュはステラを超えた史上最高性能のリール! 性能・耐久性・評価・評判


2019年、クイックレスポンスシリーズのフラッグシップであるヴァンキッシュが「19ヴァンキッシュ」としてモデルチェンジします。
16ヴァンキッシュの発売から、たった3年でのモデルチェンジとは驚きですね。

16ヴァンキッシュも売れ行きは好評だったはずなんですが、去年出したのがコアソリッドシリーズのフラッグシップであるステラだので、ステラと同型の最新構造を持つ、「クイックレスポンスシリーズ」のフラッグシップである、19ヴァンキッシュを出さざるおえなかったのでしょう。

今回はステラをも上回ると言われる「19ヴァンキッシュ」の性能・評判などを詳しく解説します。

 

19ヴァンキッシュは18ステラを上回る‼︎


19ヴァンキッシュのボディ内部は基本構造が18ステラと同様ですが、専用の軽量マグネシウム製ローター、ハンドル、オリジナルデザインのボディを採用しています。

19ヴァンキッシュにはライトショアジギングにも最適なラウンドノブを備えたC5000番もラインナップされていますね。

巻きの軽さ、自重の軽さで19ヴァンキッシュは18ステラを凌駕。
クイックレスポンスのフラッグシップ機として、19ヴァンキッシュは実用面で18ステラ以上の性能に仕上がっています‼︎。

筆者は18ステラも所有していますが、巻きの滑らかさと一部のパーツ強度以外では、ステラより19ヴァンキッシュの方が総合的な性能で上回っていると思います。

しかも、19ヴァンキッシュは実売48000円前後とステラより15000円も安くなっています。18ステラと比較しても、巻きの滑らかさ以外でステラがヴァンキッシュを上回っているとは思いません。
強度に関しても19ヴァンキッシュのギア強度はステラと同じです。

今年、バスやシーバス、アジング、メバリング用のリール買うなら19ヴァンキッシュで決まりです!。

 

ヴァンキッシュもステラも偽りなきフラッグシップモデル!

価格で優劣を付けずに、あくまでコアソリッドのフラッグシップ、クイックレスポンスのフラッグシップのリールとして対等な立場のリールと考えて下さい。
ヴァンキッシュは軽さやコスパで優れていますが、あくまでクイックレスポンスとコアソリッドには別々にフラッグシップが存在しています。

ステラは重いルアー向き、ヴァンキッシュはライトなルアー向きって感じですね。細かく止めたり動かしたりを繰り返すアクションを使用する釣りもヴァンキッシュでしょう。

近年、ダイワもLTコンセプトなるタフで軽いリールを作り始めていますが、ヴァンキッシュに対抗できるのはイグジストくらいでしょう。そのイグジストも軽いは軽いのですが、巻き心地がスカスカしていて筆者の好みではありませんでした。
ヴァンキッシュは適度にリールを巻いてる感を残しつつも、全てのリールにおいて最高のレスポンスの良さを発揮してくれますよ。

 

実際に価格ほどの性能差はない!

ちなみに、ステラが高価なのは、最新技術を投入して最初に設計され作られたモデルだからと言うのが実際の所です。
19ヴァンキッシュは18ステラの基本構造を引き継いでいるので、価格の割にハイスペックに仕上がっています。

ステラはギアの処理や塗装などで優位性を出していますが、コアソリッドシリーズのフラッグシップであるステラと、クイックレスポンスのフラッグシップであるヴァンキッシュに価格差ほどの性能差はありません。
個人的な意見としては、ヴァンキッシュもステラもほぼ同じ価格で販売しても良いくらいです。

価格に惑わされずに使用用途に合わせてステラとヴァンキッシュを使い分けるのが一番ですよ。

 

19ヴァンキッシュと18ステラを2500Sで比較!

各リールの方が優っている点は赤字で表記しています。

19ヴァンキッシュ 2500s

ギア比:5.3 最大ドラグ力(kg):4.0
自重(g):165
スプール寸法(径mm/ストロークmm):47/17
ナイロン糸巻量(lb-m):5-110、6-95、8-70
フロロ糸巻量(lb-m):4-130、5-100、6-80
PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120
最大巻上長:78cm
ハンドル長:50mm
ベアリング数BB/ローラー:11/1

18ステラ 2500S

ギア比:5.3最大ドラグ力(kg):4.0
自重(g):205
スプール寸法(径/ストローク)(mm):47/17
ナイロン糸巻量(lb-m):5-110、6-95、8-70
フロロ糸巻量(lb-m):4-130、5-100、6-80
PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):78
ハンドル長(mm):50
ベアリング数 BB/ローラー:12/1

なんと19ヴァンキッシュは18ステラの2500Sより40gも軽い‼︎。
これはローターの軽さが影響している訳ですが、これだけ軽いって事はリーリングだって当然ながら抜群に軽くなるわけです。

ステラのシットリした巻き心地とは違う、とにかく軽くてもシマノらしい滑らかさのある巻き心地がヴァンキッシュの魅力ですね。

単純な巻きの軽さならダイワのイグジストなんでしょうけど、ヴァンキッシュはステラ譲りのシルキーな巻き心地を継承しているのが特徴です。

ベアリングの数ではステラに負けていますが、おそらくステラの一つ多いベアリングはローターに組み込まれたベアリングでしょうから、元々ステラよりローターが軽いヴァンキッシュなら、仮にローターのベアリングが無くてもステラ以上の巻きの軽さを実現出来きる訳です。

 

19ヴァンキッシュの性能と特徴


かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。ボディ、ローターからハンドルに至るまで、全ての箇所への軽量化を徹底追求。

現行モデルを凌ぐ圧倒的な軽量化に成功。それにより、さらなる操作性向上と感度アップを実現した。

しかも、これだけの軽量化を施したにも関わらず、ボディ剛性、ギア耐久性、防水性を向上させるという軽量化とは相反する進化にも成功した。

さらに、それだけにとどまらず、ステラ以外のモデルでは初となるロングストローク構造を採用し、遠投性能をも向上。ヴァンキッシュ史上最も進化したモデルと言えるだろう。

どんな状況下でも、釣果を追い求めるストイックでテクニカルなアングラーに是非使ってもらいたいモデルだ。

 

とにかくヴァンキッシュは軽い!


※1 #1000,#C2000系初の140g台
※2 ステラ1000と同等重量
※3 ステラC2000と同等重量
※4 ストラディック1000と同等重量
シマノ最軽量スピニングリールであるヴァンキッシュは軽くてタフ、これはダイワのLTコンセプトに近いリールと言えますね。

 

NEW マグナムライトローター


左右非対称のローター構造非採用し、操作性と感度の向上を求めて、異次元の回転軽さを実現したマグナムライトローター。さらにラインローラーの軽量化、ベールのチタン化、ローター肉厚の最適配置を行い回転慣性の低減に成功しました。

ヴァンキッシュの特徴と言えば超軽量のマグナムライトローターの存在でしょう。軽いのに頑丈ってところに惹かれる方も多いのではないでしょうか。


19ヴァンキッシュのローターは更に軽量化により磨きをかけ、必要な強度ギリギリまで削り出した感じです。

これはダイワのエアローターを上回る性能になっているかも。ダイワは19セルテのローターに変更はないし打ち止め感がありますからね。

 

ワンサイズ上のギア強度を実現


19ヴァンキッシュも18ステラ同様にワンサイズ上のギア強度、単純に2倍のギア強度を実現しています。

18ステラの4000XGで1日に40cmクラスの魚を70匹も釣る使い方をしましたけど、1シーズン使用してもゴリ感は出ませんでした。

ヴァンキッシュもボディの中身は同じ構造なので待機性はステラと同じです。ライトショアジギングにも十分使えるリールであり、ツインパワーの代わりにもなりえるリールでしょう。
フィッシングショーのスタッフも実釣面ではステラと耐久性に違いを感じないとまで言ってましたから、19ヴァンキッシュの剛性は折り紙つきです。これは下記で記載している4000XG〜C5000のメーカー説明文を読んで貰えばわかります。

 

ロングストロークスプールを搭載


ステラに続きヴァンキッシュもロングストロークスプールを搭載。
凄く微妙な飛距離のアップですが、ライトリグの飛距離も伸びるのでアジングやメバリング、バスフィネスでは重要なポイントです。

画像みたいにスプールを並べないと分からないくらいの違いなんですけどね。スプールは更に薄肉スプールとなっていて16ヴァンキッシュの物より軽量化されています。

 

ボディのデザインもオリジナルに!


19ヴァンキッシュは18ステラとボディのデザインが異なります。
16ヴァンキッシュは14ステラや15ツインパワーのボディと一緒で、若干のお下がり感が否めない感じでしたが、19ヴァンキッシュは全く違うデザインに変更してくれました!。

19ヴァンキッシュのボディはストラディックなどに似たハガネをイメージさせる角ばった形状をしています。
画像の手番が何かはわかりませんが、18ステラ3000MHGのボディと比べると、19ヴァンキッシュはボディが少し短くなっている感じですね。

もしかしたらステラだけ専用ボディで、19ヴァンキッシュと次に出るツインパワーも同型ボディになるのかもしれませんね。

 

19ヴァンキッシュのボディはカーボンハーフボディ




ボディカバー側がカーボンになっているのでヴァンキッシュのボディは軽量なんです。
16ヴァンキッシュからボディだけで3g以上の軽量化を成し遂げています。

他はハンドルやスプール、ローターも軽量化され、合計で30g近い軽量化を成し遂げました。

 

レビュー・評判

軽い、滑らか、満足感がハンパないです
これ以上ない!
シマノエクスチューン806mとの相性は最高!一日中シャクっても疲れなし。釣れなくても操作しているだけで楽しくなります。

軽さは正義。
今までシマノ製リールをいろいろ使ってきたが、やはり軽さには驚かされる。リトリーブ時の巻き出しのクイックさ。感度。滑らかさ。
高次元でバランスしているのがわかる。
ボディ剛性はもう少し使い込むか、ランカーサイズの魚をかけないとまだわからない。
18ステラ C3000HGMも使っているが、総評としてはやはりステラには一歩及ばずといった感じは否めない。
軽さや巻き出しはヴァンキッシュ。
ルアーフィッシングにおいて完璧を求めるならばステラ。
釣りのターゲットに合わせて利用すると良いだろう。
19ヴァンキッシュは買っても損はない。しかし、ステラを超えるのはステラのみ。難しい選択だ。

見た目がチープでガッカリ。でも性能は◎
2019年3月21日
とにかく軽くて巻き感も素晴らしい。
ただ見た目がオモチャのようで、高級感は全く無い。ドラグ音は安っぽい高音でシマノさが全く無い。
まもなく発売される夢屋スプールをつけてこれらが改善されることを願うばかりですね

軽いが…
2019年4月22日
自分はヴァンキッシュを買うにあたり19と16で悩みました。
それは何故かと、今回の19ヴァンキッシュは軽さを追求したせいなのか、ハンドルがかなりチープな感じがしました。
これは画像では中々認識出来ない部分であります。ただ、実際使用して見た感じそこそこの剛性はあるかと思います。
そしてギアに関してはマイクロモジュールIIを搭載しています。かなりシルキーな巻心地ですが、この巻心地がいつまで続くのか…半年に1回はグリスアップをした方がいいのかもしれません。
クイックレスポンス最高です。他のリールを上回りますただボディの剛性に不安が残ります。これに関しては使い込まないと分からないので今後使用してみて追加のレビューをしたいと思います。
Amazonレビューより

 

19ヴァンキッシュのラインナップ

1000SSSPG

(5)【送料無料】シマノ 19 ヴァンキッシュ 1000SSSPG (2019年モデル) /スピニングリール/SHIMANO/NEW Vanquish/バンキッシュ/汎用/

アジング専用モデル。超浅溝スプール、ローギア、35mmショートハンドル搭載で繊細な釣りにベストマッチ。
参考対象釣種:アジング、管釣りトラウト

C2000S

シマノ SHIMANO 19 ヴァンキッシュ C2000S【最安値挑戦 安い 値下げ 数量限定】【リール REEL 通常スピニング ルアー ちょい投げ 魚 釣り フィッシング】


・ギア比:5.1
・最大ドラグ力(kg):3.0
・自重(g):145
・スプール寸法(径mm/ストロークmm):43/13.5
・ナイロン糸巻量(lb-m):3-125、4-100、5-75
・フロロ糸巻量(lb-m):3-110、4-85、5-65
・PE糸巻量(号-m):0.6-150、0.8-110、1-80
・最大巻上長:69cm
・ハンドル長:40mm
・ベアリング数BB/ローラー:11/1

ライトソルトから管釣りトラウトまでなんでもこなせる#1000系のスタンダードモデル。
参考対象釣種:ライトソルト全般、管釣りトラウト

 

C2000SSS

シマノ SHIMANO 19 ヴァンキッシュ C2000SSS【最安値挑戦 安い 値下げ 数量限定】【リール REEL 通常スピニング ルアー ちょい投げ 魚 釣り フィッシング】


・ギア比:5.1
・最大ドラグ力(kg):3.0
・自重(g):145
・スプール寸法(径mm/ストロークmm):43/13.5
・ナイロン糸巻量(lb-m):2-115、2.5-100、3-70
・フロロ糸巻量(lb-m):2-90、2.5-80、3-65
・PE糸巻量(号-m):0.3-140、0.4-100、0.6-80
・最大巻上長:69cm
・ハンドル長:40mm
・ベアリング数BB/ローラー:11/1

C2000Sの超浅溝仕様モデル。2.5lb以下しか使わないエキスパートアングラーに。
参考対象釣種:アジング、管釣りトラウト

 

C2000SHG

シマノ SHIMANO 19 ヴァンキッシュ C2000SHG【最安値挑戦 安い 値下げ 数量限定】【リール REEL 通常スピニング ルアー ちょい投げ 魚 釣り フィッシング】


・ギア比:6.1
・最大ドラグ力(kg):3.0
・自重(g):145
・スプール寸法(径mm/ストロークmm):43/13.5
・ナイロン糸巻量(lb-m):3-125、4-100、5-75
・フロロ糸巻量(lb-m):3-110、4-85、5-65
・Pe糸巻量(号-m):0.6-150、0.8-110、1-80
・最大巻上長:82cm
・ハンドル長:45mm
・ベアリング数S A-RB/ローラー:11/1

ライトソルトから渓流トラウトまでなんでもこなせる。#1000HG系のスタンダードモデル。参考対象釣種:ライトソルト全般、渓流トラウト

 

C2500

シマノ SHIMANO 19 ヴァンキッシュ C2500SHG【最安値挑戦 安い 値下げ 数量限定】【リール REEL 通常スピニング ルアー ちょい投げ 魚 釣り フィッシング】


#2500系ボディーにコンパクトなスプール&ローターを搭載したコンパクトな#2500。ライトラインメインのバスフィッシング、ブリームゲームにベストマッチ。
参考対象釣種:フィネスバス、チヌ

 

2500S

(5)【送料無料】シマノ 19 ヴァンキッシュ 2500S (2019年モデル) /スピニングリール/SHIMANO/NEW Vanquish/バンキッシュ/汎用/


・ギア比:5.3
・最大ドラグ力(kg):4.0
・自重(g):165
・スプール寸法(径mm/ストロークmm):47/17
・ナイロン糸巻量(lb-m):5-110、6-95、8-70
・フロロ糸巻量(lb-m):4-130、5-100、6-80
・PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120
・最大巻上長:78cm
・ハンドル長:50mm
・ベアリング数BB/ローラー:11/1

バス用スタンダード。
参考対象釣種:バス、エギング

 

C3000SDHHG

(5)【送料無料】シマノ 19 ヴァンキッシュ C3000SDHHG (2019年モデル) /スピニングリール/SHIMANO/NEW Vanquish/バンキッシュ/汎用/


ダブルハンドル標準装備。エギング専用モデル。
参考対象釣種:エギング

 

C3000

シマノ SHIMANO 19 ヴァンキッシュ C3000【最安値挑戦 安い 値下げ 数量限定】【リール REEL 通常スピニング ルアー ちょい投げ 魚 釣り フィッシング】


淡水からソルトまでなんでも使えるバーサタイルモデル。
参考対象釣種:バーサタイル

 

C3000MHG

シマノ SHIMANO 19 ヴァンキッシュ 3000MHG【最安値挑戦 安い 値下げ 数量限定】【リール REEL 通常スピニング ルアー ちょい投げ 魚 釣り フィッシング】


シーバススタンダードモデル。#4000系ボディにコンパクトなスプール&ローターを搭載したのが#3000、#4000のパワフルな巻上げが必要で、徹底的なタックルの軽量化を求めるアングラーに
参考対象釣種:シーバス、サクラマス

 

C3000XG

シマノ SHIMANO 19 ヴァンキッシュ C3000XG【最安値挑戦 安い 値下げ 数量限定】【リール REEL 通常スピニング ルアー ちょい投げ 魚 釣り フィッシング】

2500サイズの最速巻上げモデル高速巻上げの必要な釣りに
参考対象釣種:バーサタイル

 

4000XG

シマノ SHIMANO 19 ヴァンキッシュ 4000XG【最安値挑戦 安い 値下げ 数量限定】【リール REEL 通常スピニング ルアー ちょい投げ 魚 釣り フィッシング】


サーフ、ヒラスズキ スタンダードモデル。ライトショアジギング、キャスティングにも対応可能。
参考対象釣種:サーフ、ヒラスズキ、ショアショジギング、ショアキャスティング

 

4000MHG

シマノ SHIMANO 19 ヴァンキッシュ 4000MHG【最安値挑戦 安い 値下げ 数量限定】【リール REEL 通常スピニング ルアー ちょい投げ 魚 釣り フィッシング】

大河川でのシーバス、サクラマス、ライトジギングにベストマッチ。XGでの巻き重りが気になるサーフアングラーにもおすすめ。
参考対象釣種:シーバス、サクラマス、ライトジギング

 

C5000XG

シマノ SHIMANO 19 ヴァンキッシュ C5000XG【最安値挑戦 安い 値下げ 数量限定】【リール REEL 通常スピニング ルアー ちょい投げ 魚 釣り フィッシング】

ラウンドハンドルノブ、アルミハンドルシャンク、カーボンクロスドラグワッシャ搭載のライトショアジギング、ショアキャスティング専用モデル。
参考対象釣種:ヒラスズキ、ショアショジギング、ショアキャスティング

 

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
にほんブログ村