投げ釣りの始め方|必要なタックル・投げ竿・リール・ライン・仕掛け・餌の種類を紹介

出展https://blogs.yahoo.co.jp/madangler510/20778186.html

投げ釣りとは名前の通り、仕掛けを遠くへ投げて沖の海底にいる魚を釣る釣り方です。
投げ釣りは時に150m以上も仕掛けを遠投する豪快な釣りですが、メインラインや仕掛けのハリスも細く、僅かな地形変化や、遥沖からラインを伝わってくる小さなアタリを感じ取る、豪快さと繊細さを備えた釣り方です。

基本的には「投げ釣り」と言うと、シロギスやカレイを天秤仕掛けで狙う釣り方を指しますが、投げ釣りの一種として以下の釣り方もあります。

 

投げ釣りの種類

・投げ釣り

キス釣りとも呼ばれる通常の投げ釣り。
必要に応じて20〜30号の天秤仕掛けを100m以上遠投する。

・ちょい投げ釣り

出展https://blogs.yahoo.co.jp/bokunchiatashinchi/25971824.html

コンパクトロッドやルアーロッドなどで、5〜10号と軽い仕掛けを投げ、近場をの海底にいる魚を狙う釣り方。
子供でも簡単に釣れるので、堤防や海釣り公園からハゼやベラなどを手軽に狙うことが出来る。

・ブッコミ釣り
ブッコミ釣り用の仕掛けや、胴付き仕掛けを使用、鈎を底から浮かせて狙えるので、根掛かりしやすいゴロタ場、岩礁帯でも釣りが出来る。
カサゴ、アイナメ、ハタ、イシダイ、アナゴなどを狙う。

投げ釣りで釣れる魚


シロギス 、カレイ、イシモチ、ハゼ、メゴチ、ギマ
クロダイ、マダイ、カサゴ、アナゴ

【外道・毒魚】
サメ、フグ、アカエイ、ハオコゼ、ゴンズイ、ヒイラギ

 

投げ釣りに必要な道具


・投げ竿
・遠投リール
・PEライン

・竿受け/三脚
・ラインカッター(ハサミ)
・プライヤー
・ハリ外し
・水汲みバッカン
・餌

投げ竿

出展https://blogs.yahoo.co.jp/sctyrhoo/26120947.html

投げ竿には「長さ」と「号数」があるので自分に合った投げ竿を選択しましょう。

投げ竿は使う人の力量に最も影響を受ける釣り竿です。
30号の硬い投げ竿を選んでも、しっかり振り抜けない人が使っても飛距離は全然伸びません。
投げ竿選びで号数と長さを選び間違えると、後々手放す原因にもなるので慎重に選びましょう。

投げ竿には「降り出し」と「並継ぎ」の2種類があり、降り出しは車のアンテナの様に伸縮するタイプ、並継ぎは2〜3本に分割された竿を差し込んで繋げるタイプになります。

●振出
降り出し竿のメリットは、竿1本分のスペースで収納ができること。2〜3本の投げ竿を纏めてロッドケースに入れて持ち運ぶ場合に役立ちます。
電車移動の人にもおすすめです。

●並継
並継ぎのメリットは、降り出し竿よりやや軽く、強度も高く感度もよい点です。
収納時は2〜3本に別れるので、カレイ釣りなど3本携帯するには不向きです。
車で釣り場の近くに乗り入れ出来るならあまり関係ありませんけどね。

投げ竿の長さ

投げ竿の長さは3.7m〜4.5mまで幾つかの種類があり、長さにより投げ竿の扱い易さが大きく変わってきます。

●3.7m
あまり遠投の必要無いフィールドや、華奢な人、女性、子供にもおすすめ。タックルの重量も軽くなるので、力が弱い人でも振り抜きやすい。
短い竿の方が同じ号数のオモリでも少ない力で投げることができ、コントロール性も高く真っ直ぐ投げやすいのも特長です。

●4.2m
4.2m(420cm)は投げ竿の基本と言える長さです。特に理由がなければ4.2mの投げ竿を選ぶと良いでしょう。

●4.5cm
180m以上の大遠投を視野に入れるなら必要な長さとなる。
この長さの投げ竿は重量も一層重くなるので、しっかり振り抜けるか良く考えて購入したい。
最初から450cmの投げ竿は選択しないこと、4.2mで慣れて満足出来なくなったらステップアップしてみよう。

投げ竿の号数

号数の選び方は、投げたいオモリの重さで選びます。潮の流れが速場所、遠投が必要な場所ほど重いオモリが必要になります。

号数が低い投げ竿の方が、ロッドを構成するカーボンの量が薄く少なくなるので、釣竿自体も軽くなり投げやすくなります。

《シマノ・ダイワの投げ竿とロッドパワーの例》
シマノ ※サーフリーダーのスペックより
FX:18〜25号
EX:20〜30号
DX:23〜30号
CX:25〜35号
BX:27〜35号

ダイワ ※リバティクラブサーフTより
15:6〜15号
20:15〜25号
25:20〜30号
30:25〜30号

基本的な号数としと選ばれているのは、シマノでCX、ダイワで25号の投げ竿です。
初めて投げ釣りに挑戦するなら4.2m:シマノ・CX/ダイワ・30号の投げ竿がおすすめです!。

 

投げ用リールの選び方

出展https://blogs.yahoo.co.jp/cube2480/61823201.html

投げ釣りには遠投用の大きなスプールの付いた、遠投リールが使用されます。
遠投スピニングリールには「ドラグ付」と「ドラグ無し」のリールがあり、キス狙いならドラグ無し、カレイやカワハギ、クロダイ狙いなどはドラグ付が使用されます。

汎用性が高いのは、ドラグ付の遠投スピニングリールリールで、カゴ釣り、ブッコミ釣りなど全ての釣りに対応しています。

キス釣りに使用されるドラグ無しの遠投リールは、自重が軽く遠投しやすくなっています。
キス専門で狙うならドラグ無し、色々な釣り方で使いたいならドラグ付を選択しましょう。

ドラグ付リールの中には、素早くドラグのON・OFFが切り替えられるクイックドラグなどと呼ばれるドラグシステムが付いたモデルもあります。

カレイやクロダイなど、ドラグをフリーにして置き竿で狙う釣り物では、一瞬でドラグのON・OFFが切り替えられるのは非常に役に立つ機能ですよ。

 

投げ釣りのライン(道糸)


投げ釣りでは、伸びが少なく細糸が使えるPEラインが使用されています。PEライン以外のラインは投げ釣りでは使いません。

ちょい投げ釣りでは「ナイロンライン」が使われたりしますけどね。

PEラインは同じ太さのナイロンラインと比較して、張力強度が3倍以上と非常に強く、ナイロンラインの1/3の太さのラインが使用できるため飛距離も抜群。
太さもナイロンラインの3分の1にできるので、潮流の影響を受け難いのも特徴。

さらにPEラインは伸びが少なく、遥か沖で餌が突かれた程度の小さなアタリでも、手元までハッキリと伝えてくれます。

筆者が投げ釣りを見よう見真似でやっていた頃は、カゴ釣り用にナイロンラインの4号を巻いたリールで投げ釣りをしましたが、近くのポイントに投げたにも関わらず、潮流で仕掛けが簡単に流されてしまいました。

ラインの受ける水の抵抗が少し違うだけでも、アタリの出易さ、仕掛けの流され難くさが違うので、ラインの太さが投げ釣りの快適さに大きく関わってきます。

近年の投げ釣りでは0.6号の細糸も普通に使われています。

●PEラインの選び方
投げ釣り用のPEラインは、飛距離やアタリが有ったポイントの位置が正確に解る、25m以上色分けと1mピッチでマーキングが施されています。

投げ釣りでは飛距離を「◯色飛んだ」とスプールから放出されたラインの色を参考にします。

25m×4〜5色の色分けが基本で、「4色投げた」と言えば、ラインカラー上は仕掛けが100m飛んだ事がわかります。

赤・青・緑・黄色・黒で色分けされたラインの場合
赤(0〜25m)→青(25〜50m)→緑(50〜75m)→黄色(75〜100m)

更に1m、10ごとに白いや黒でマーキングが入っているので、アタリの合ったポイントがより正確にわかりますよ。

●ラインの太さ
PEラインの太さは0.8〜1.2号が一般的にシロギス狙いに使われるラインの太さです。
以下の参考にして下さい。

0.6〜0.8号
遠投が必要なシロギス狙いに。

1〜1.2号
根掛かりが少ない場所の小物釣りに幅広く対応する基本となる太さ。

1.5〜2号
カレイ、アイナメ狙いや、根の多い釣り場で選択する。

3〜4号
岩礁など根掛かりが激しいポイントでのブッコミ釣りなどに使われる。この太さなら1m以上のアカエイも余裕で対応できる。

投げ釣り用のラインは、高切れのことも考えて出来れば300m巻いておきたいところ。

基本的には根掛かりしてもハリスが切れるか、力糸の結び目が解けるので、200m巻きでも大丈夫なんですけど、150m以上コンスタントに投げる人は300m以上巻いた方が安心ですね。

 

力糸(ちからいと)


力糸とは、細い道糸の先に結束し、キャスト切れを防止するテーパーラインです。
テーパーラインは細い方から徐々に太くなっていきます。

投げ釣りで使用するラインの太さでは、重いオモリを投げると簡単に切れてしまいます。
そこでキャスト切れしないように、道糸の先に力糸を結んで使用します。

力糸の両端は太さが違いますが、片側が道糸の太さと同じか、1〜2号太い太さまで選択します。
力糸には両端の太さが「1-6」などと記載されているので、細い方の太さを使用するメインラインと合わせるようにします。

結び目には直接力は加わらないため、+-2号までは道糸と差が生じても大丈夫です。

 

天秤


投げ釣りでは、遠投しても仕掛けが絡まないように「天秤」と呼ばれる仕掛けを使用します。

天秤には「オモリ一体型」と「天秤単体」の物があり、天秤単体には好きな重さのオモリが取り付けられます。

オモリ一体型の天秤の方が飛行姿勢が安定し飛距離も出るので使用率が高いです。
まずはL型天秤やジェット天秤といった、オモリ一体型の天秤を選べば大丈夫ですよ。
必ず投げ竿の対応する号数は守ってくださいね。

●天秤の種類
L型天秤
最もポピュラーかつシンプルな天秤。
釣具店で販売されている時はL時ではなく真っ直ぐにパッケージに入っているので、仕掛けを取り付ける側の根元を曲げてL時型にして使う。

ジェット天秤
ジェット天秤はオモリの上にプラスチックの羽根が付いており、飛行姿勢も安定しやすく、仕掛けの回収時は羽根で水を受けオモリの浮き上がりが早い。
手前に根があるポイントにも適している。

また、ジェット天秤はアームが可動式なので、岩の隙間に引っ掛かっても外れやすい。

投げ竿を流用して楽しめるサーフトローリングでも活躍する。

誘導天秤
仕掛けと道糸が直接繋がっているタイプ。魚が糸を引っぱるとラインがフリーで動くため、仕掛けを送り込むことが出来る。
カレイ釣り、クロダイ釣りなど大物狙いに使われる。

 

・その他
ウッドシンカー
天秤単体に取り付けて使用する。木で作られた部品が付いたオモリで、木の部分に浮力があり水中でオモリが直立する。
僅かに仕掛けを浮かせたり、潮流に乗せて流したりできる。

フロートシンカー
ウッドシンカーと同様に作用するシンカーを人工素材で作ったもの。

 

投げ釣りの仕掛け


豪快な投げ釣りですが、仕掛けのハリスは1〜2号と繊細です。
主に流線針を使用した、2〜3本鈎の投げ釣り専用の仕掛けを使用します。

流線針はキスが吸い込み易いように、名前の通り細長い流線系をしています。
仕掛けによっては針のチモト付近に、集魚力をアップするためのビーズが付いているものもあります。

キス釣りでは数釣り用の5本以上の鈎が付いた仕掛けもありますが、慣れるまでは2〜3本鈎の仕掛けから始めてみましょう。

 

餌・エサ

投げ釣りで使用率がされる餌だとイソメ(虫エサ)がお馴染みですが、イソメにも幾つかの種類がありますし、イソメ以外にも色々あるのでご紹介します。

餌ごとに動き、匂い、大きさと特長が違うので、うまく使い分ける事が釣果を伸ばすコツですよ!。

・アオイソメ

最もポピュラーなイソメ(虫エサ)で価格も比較的安価。あらゆり魚を釣る事ができる。アオイソメは生物発光すると言われており、夜釣りの餌としても向いている。

・イワイソメ
投げ釣りからウキ釣りまで幅広く使える大物狙いに使われるエサ。匂いが強く魚を引き寄せる。
アオイソメとは味が違うらしく、使い分けで釣果に違いが現れる。アオイソメとイワイソメを交互に鈎に付けて使う使い方もある。良く釣れるエサを探す場合に有効。

・ジャリメ(イシゴカイ)
細身の虫エサで、シロギスの数釣りに適していると言われる虫エサ。特にピンギスと呼ばれる小型のシロギスに有効な餌だ。

・コガネムシ
コガネムシとイワイソメはカレイ釣りで定番の虫エサ。身が柔らかく遠投には向かない。

・ユムシ
クロダイ、マダイなど大物狙いに有効な餌で、タイ狙いならユムシは定番だ。カレイやアイナメも釣る事が出来る。

・ボケ(シャコ)
シャコの一種でクロダイ、カレイ狙いに有効。柔らかく遠投には向きません。

 

三脚/竿受け

出展https://blogs.yahoo.co.jp/bokunchiatashinchi/25971824.html

三脚/竿受けは投げ釣りの必須アイテム。

●三脚タイプ

出展https://blogs.yahoo.co.jp/sctyrhoo/26120947.html

2〜3本の竿を出すなら三脚が定番。安定性を重視して出来るだけ大きな製品を選択しよう。

●サーフ用/一本足タイプ

出展https://blogs.yahoo.co.jp/cube2480/61823201.html

投げ竿が1本しか設置出来ませんが、砂に突き刺して使用する一本足の竿受けもあります。
竿と一瞬にロッドケースに入れて持ち運びができるのも特徴ですね。

磯ではピトン穴があれば使える事もあります。

 

投げ釣りの釣り方


投げ釣りと言うと、仕掛けを投げ込んだら「置き竿」で魚のアタリがあるまで待つだけのイメージが有りますが、まずは魚の居場所を見つける事が重要です。

シロギスやイシモチを釣るなら、手持ちで仕掛けを引いて探った方が、置き竿よりも断然よい結果が得られます。

カレイやクロダイ狙のように、複数の竿を出す釣り方では、全て置き竿で狙う場合もあります。

魚の居場所を探ろう!

出展https://blogs.yahoo.co.jp/bokunchiatashinchi/25971824.html

シロギスのような海底に生息する魚は、適当な場所に居るわけではなく、魚が好むポイントに集まる傾向にあります。
それに、魚の群れは移動します。

投げ釣りで魚の居場所を探すには、仕掛けを動かして探る事が重要です。置き竿がメインのカレイやクロダイ釣りでも、仕掛けをたまに動かしたり、投げ込む位置を変えるなど、必ず何らかの探りは入れています。

ただ単に仕掛けを投げ込んでおくだけでは、仕掛けを投入したポイントに運良く魚が居なければ釣れません。

最初に魚の居場所を探り、次からはアタリが出た場所にピンポイントで仕掛けを投げ込み、効率よく釣っていきます。

●魚の探し方
投げ釣りでは、まず仕掛けを投入し着底したら、ゆっくり仕掛けを引いて動かしましょう。

竿を横方向な水平か、立てるなら11時に構え、竿をラインの方向に傾けながら糸フケを回収し、巻くのを止めて竿の位置を元の位置までゆっくり戻して仕掛けをサビキます。

リールを巻いて仕掛けを移動させる場合は、3秒に1回転のペースでゆっくり巻いてきます。

●釣れるポイント
カケアガリ
海底が坂になっている場所のことで、カケアガリの下には魚が集まっています。
砂浜でのカケアガリの見つけ方は、白波が立ち始めている場所や、並が大きくなっている場所は、海底にカケアガリがある可能性が高いです。

仕掛けを投げ込んで引いていると、カケアガリで仕掛けが急に重くなるはずなので、重くなった場所で待ってみましょう。

沈み根
サーフや堤防の沖にも目に見えない沈み根がある場合があり、沈み根の周りには魚が集まっている。
投げると根掛かりする場所はポイントで、上手く根の回りを攻めることが出来るなら、きっと良い釣果が期待できますよ。

船道
船道はそこの場所だけ深く掘り下げられており、エサが溜まるので魚が集まっています。
敷石が入っていて根がキツイ場合もあるので注意してください。

時に豪快に、時にはのんびり楽しめる投げ釣りに是非挑戦してみて下さい。

 

こちらの記事もおすすめ
●投げ釣りラインの選び方おすすめのライン8選
●投げ釣り入門|投げ釣りリールの選び方
●投げ釣り用の竿立て・竿受けの種類とおすすめの竿立てを紹介

投げ竿は重いので、一緒に子供や女性を連れて行くなら「ちょい投げ釣りセット」もおすすめです。

楽天レビュー200件以上! 人気の釣りセットプロマリン わくわくちょい投げセットDX 300cm売れ筋【ラッキーシール対応】