鶴見川のシーバス&ブラックバスの釣り場を紹介 鶴見川河口 釣れるルアー

神奈川県鶴見区を流れる鶴見川は、神奈川の河川でも数少ないバス釣りポイントです。
更に、鶴見川河口付近は、シーバスが良く釣れる釣り場として有名。

鶴見川の特徴として、中流域まではブラックバスとシーバスが混在しており、ブラックバス・シーバスの何方かを狙っていると、もう一方が釣れてしまう事は良くありますね。

鶴見川はブラックバスが釣れる場所が絞られるので、あまりランガンして歩き回らなくても良い釣り場と言えます。

初心者にもおすすめの釣り場で、鶴見川は護岸が整備された場所も多く、地形変化もやストラクチャー豊富な点、電車やバスでのアクセスが良い点が挙げられます。
車を利用する釣行では、鶴見川周辺には駐車場所が少ないので注意が必要です。

鶴見川はブラックバス以外に、ナマズの生息数も多く、バス釣りをしているとナマズが釣れることも良くあるそうな。
ナマズを釣るなら少し上流の方が良いとも言われていますけどね。

今回は、鶴見川のブラックバスとシーバスの釣り場に分けて、初心者が入りやすいポイントを紹介します。

 

鶴見川のシーバスが釣れるポイント


鶴見川河口両端は工業地帯であり、少し河口から離れた場所が鶴見川シーバスのポイントになる。

A.ふれーゆ裏・末広水際線プロムナード


●ふれーゆ裏・鶴見川河口方向

出展https://blogs.yahoo.co.jp/ryo_seadriver/63884724.html

ふれーゆ裏こと「末広水際線プロムナード」は、鶴見川河口からほど近く、シーバスが釣れるポイントです。
入れ替わりが多いのが釣られている割には、スレている個体は少ない印象を受ける。

春と秋なら1回の釣行で3〜5本釣れることも珍しくはない。
ふれーゆ駐車場が利用できるため、車でのアクセスも良く、シーバス以外の釣りでも人気の釣り場である。

 

B.首都高上流

出展https://blogs.yahoo.co.jp/himanahito_himajin/35884137.html

出展https://blogs.yahoo.co.jp/himanahito_himajin/34468412.html

鶴見大橋から直ぐ上流に位置する、広い遊歩道沿いのポイント。
フェンスもあり初心者でも安全にシーバス釣りが楽しめます。

他に人が居なければ足元の護岸と平行にキャストして、護岸際を探りたい。
広いのでテクトロも有効だ。

 

C.鶴見川河口干潟・周辺

出展https://blogs.yahoo.co.jp/bbwwm040/34681116.html

出展https://blogs.yahoo.co.j

鶴見川河口干潟は、首都高より上流側・横浜方向の岸に作られた人口の干潟です。
手前は浅いのですが、少し沖からは水深があり、シーバスやハゼがよく釣れるポイントになっています。
特に夜間は停泊中の船やロープには注意して下さい。

 

●鶴見川で実績の高いシーバスルアー
ラパラ CD7

出展https://blogs.yahoo.co.jp/litolitobule/64654133.html

ラパラ CD7はド定番の大人気シーバスルアー。
やっぱり日本全国でシーバスの釣果を上げているだけあり、鶴見川でとCD7を使用した釣果情報ををよく見かけます。

鶴見川・バス釣りポイントの情報

出展https://blogs.yahoo.co.jp/t_maccoy/26250889.html

【所在地】
〒223-0057
神奈川県横浜市港北区 新羽町
新羽橋

新羽橋〜太尾南公園


写真右手にあるのが新羽橋で、左の橋みたいな物はパイプラインです。
赤羽橋は「赤羽駅」からも近いので、電車釣行派の方にもおすすめですね。

新羽橋から太尾南公園の間は川幅が狭くなっており、護岸も整備された場所が多く、バス釣りがしやすい環境になっています。

出展https://blogs.yahoo.co.jp/t_maccoy/25190410.html

出展https://blogs.yahoo.co.jp/t_maccoy/25190410.html

鶴見川の注意点として、夏場は草がボウボウ伸び放題で、水辺に近づけなくなる場所があります。
草を掻き分けて水際に近くなら、足を踏み外して落水しないように注意して下さい。

また、土手の上にスクーターなどを駐車していると、警察注意されることがあります。

 

新羽橋下


●上流側

●下流側

新羽橋の周りは有望な人気ポイントと言われています。
水中は急に深くなる場所もあり、上手く釣れるポイントを探して釣りたいものです。

 

太尾公園周辺



太尾南公園付近には大きな流れ込みが2ヶ所あり、必ずチェックしておきたいポイントです。

鶴見川のブラックバスは、数が多く無い割には毎日叩かれまくっており、かなりタフコンディションのバスばかりと言った印象。
鶴見川でバスが釣れたら1匹の価値は非常に大きいですね。

 

●鶴見川で実績の高いバスルアー
ジャッカル ソウルシャッド
ソウルシャッドは、超定番の大人気シャッド。
ソウルシャッドにはレンジ別に何種類かラインナップされていて、ただ巻くだけで設定されたレンジを泳いでくれるので使いやすい。
ソウルシャッドは何処で使っても、個人的に1番釣れると思うルアー。