本牧海づり施設の釣り場・ポイント・おすすめの釣り方を紹介|沖桟橋・新護岸・旧護岸

本牧海づり施設

本牧海づり施設は、横浜本牧埠頭の突端に作られた有料の釣り場で、「沖桟橋」「新護岸」「旧護岸」を合わせた釣り場の総延長は1300mもあり、横浜市内では最も広い釣り場となっています。

本牧海釣り施設には広い駐車場もあり、施設内には定植屋さん、仕掛けや釣り餌を購入できる売店もあります。
売店では、預かり金方式での釣竿のレンタルもありますし、沖桟橋を利用する中学生以下のお子様には、ライフジャケットの貸し出しもありますよ。

潮回りの良い場所に作られた本牧海釣り施設では、初夏から夏にかけてイワシやサバ、コノシロの釣果が良く、釣りが初心者の人でも手軽に数釣りを楽しむことができます。

(5)誰でも簡単!サビキ 釣り 入門 セット [270] /入門セット 仕掛け 釣りセット 初心者 ロッド リール ファミリー レジャー 波止 釣り竿 釣具 海釣り 投げ竿 フィッシング 初心者

 

本牧海づり施設

本牧海づり施設

釣り場の情報

【所在地】
神奈川県横浜市中区本牧1 本牧海釣づり施設

【アクセス】
●電車
横浜駅東口または桜木町駅から26系統『海づり桟橋行き』または『横浜港シンボルタワー行き』で「海づり桟橋」下車

●車
首都高速湾岸線本牧ふ頭ICから左折してD突堤方面に進んだ突き当り(約5分)首都高速狩場線新山下ICから直進して本牧ふ頭D突堤方面に進んだ突き当り(約8分)

【本牧海づり施設の主な設備】
売店(貸竿、餌、コマセ、仕掛け、飲食物)
食堂(うどん、蕎麦など)
休憩室
自販機
トイレ
手洗い場
ゴミ箱

〈売店の営業時間〉
・4月〜10月/6:00〜18:30
・11月〜2月/7:00〜16:30
・3月/6:00〜17:30

釣れる魚

アジ、サバ、イワシ、ワカシ、イナダ
コノシロ 、ウミタナゴ、サッパ、ハゼ類
スズキ、クロダイ、ボラ
シロギス、カレイ、イシモチ、アイナメ、アナゴ、カサゴ、メバル
タコ

駐車場

本牧海釣り施設 駐車場
【駐車料金(230台収容) 】
3時間以内…250円
5時間以内…350円
5時間以上…500円
※障害者手帳のご提示で駐車料を無料といたします。

駐車場の入り口は本牧海づり施設のバスロータリーの手前にあります。1つ奥の「止まれ」と書いてある赤い入り口は埠頭関係者用なので注意しましょう。

釣り場のルール

●見学券では釣りは出来ません。
●お子さまの付き添いで大人が同伴される場合は、大人釣り料金となります。
●10歳未満のお子さまだけでのご利用はできません。
●16歳未満のお子さまだけでのご利用は18時までです。
ペットと同伴でのご入場はできません。(介助犬・盲導犬は除く)
●入場者が500名(定員の70%)を超えた場合、ルアー・テンヤ・エギなどを使用した釣りは、事故防止のため全釣り場禁止となります。
●気象状況等により、釣り場閉鎖や避難勧告をする場合があります。
●駐車場の満車時に、停車しての空き待ちはご遠慮ください。
●当施設前の道路は、駐停車禁止となっています。

 

釣り場・ポイント

本牧海づり施設 釣り
本牧海づり施設の釣り場は主に「沖桟橋」、「新護岸」、「旧護岸」の3ヶ所に分けられます。

①.沖桟橋

本牧海釣り施設 沖桟橋
全長300mの沖桟橋は、本牧海釣り施設で最も人気の釣り場です。
沖桟橋の下は海になっており、魚が桟橋の下を自由に行き来できる構造になっています。
沖桟橋と旧護岸の間には20mくらいの感覚で魚礁が入っており、魚が集まりやすい環境が作られている。

沖に作られた沖桟橋ら魚の回遊が非常に多く、仕掛けを真下を落として釣りができるため、サビキ釣りで釣りやすく人気が高い。
特に「渡り桟橋」を渡ってすぐの場所は、管理棟に近いためか、並んで場所取りをしている方々が一気に釣り場が埋まります。

特に沖桟橋の外海方向と手前付近が人気です。
長い桟橋ゆえに群れの入り具合で場所により釣果に差が出ますが、必ず魚が釣れるポイントが決まっているわけではないので、まずは管理棟に近い場所を選ぶと良いでしょう。

ポイントA

本牧海づり施設 渡り桟橋本牧海づり施設 渡り桟橋
沖桟橋へと繋がる「渡り桟橋」と呼ばれるポイントです。
渡り桟橋と渡り桟橋から「ルアー釣り」「テンヤ」「投げ釣り」は禁止です。
フカセ釣りや胴突き仕掛けを使用した探り釣りがメインとなりますが、投げ釣り仕掛けを投げずに落下させて釣るのは大丈夫です。

桟橋を支える支柱の下には敷石が入っており、カサゴやクロダイ、シーバスが付いています。

ポイントB

本牧海づり施設
本牧海づり施設 沖桟橋
本牧海づり施設
渡り桟橋を渡って直ぐの桟橋手前にあるポイント。
注意点として渡り桟橋から10m以内は「投げ釣り」「ルアー・エギ」を使用した釣りができない。
サビキ釣りでのアジやウミタナゴの釣果も良い。

ミャク釣り、ヘチ釣りで桟橋の橋脚際を狙うとクロダイやスズキが釣れる。

ポイントC

本牧海づり施設 沖桟橋本牧海づり施設 沖桟橋 中央
沖桟橋の中央付近のポイント。
桟橋中央までの釣り場は、夏場は朝早くから混雑しやすい。
土日祝日・特に夏期に沖桟橋中央までの間に釣座を確保したいなら、早起きして並ぶ覚悟で向かいたい。

桟橋中央は非常に広いので、基本的にはのんびり釣りが楽しめるはずで、サビキ釣りでイワシやサバ、コノシロを釣るのも良いし、投げ釣りでシロギスやイシモチを釣るのもおすすめ。

ポイントD

本牧海づり施設 沖桟橋 先端本牧海づり施設 沖桟橋本牧海づり施設 沖桟橋
沖桟橋の先端・突き当たりになるポイント。管理棟から優に300m以上あり、距離があるためか沖桟橋の先端に近づくにつれて釣人は少なくなる。

それでも、沖桟橋の突き当たりに好んで釣り座を構える釣り人も居る。

アジが桟橋下まで入らない場合にカゴ釣りで狙えたり、潮の流れ方によっては、遥か先まで長時間仕掛けを流すことができると言ったメリットがある。

沖桟橋に入ってくるアジなどの魚に、最初にアプローチ出来るし、横並びになる釣り人が少ないのでオマツリもし難い。

トイレや帰宅時の、長い道のりを我慢できるなら、この場所を選んでみるのも良いでしょう。

 

②新護岸

本牧海づり施設 新護岸本牧海づり施設 新護岸
本牧海づり施設の右方向に広がるのが、比較的新しく作られた新護岸と呼ばれるポイント。
沖に障害物が無いので「投げ釣り」におすすめポイントで、シロギスやイシモチが釣れています。

護岸にはカラス貝が付着しており、敷石も入っているため、足下の護岸際でクロダイやスズキ、カサゴが狙えます。クロダイやスズキを釣るなら、本牧海づり施設では「ヘチ釣り」が人気の釣り方ですね。
ヘチ釣りでは連日のようにクロダイとスズキの釣果が上がっています。

 

③旧護岸

本牧海づり施設 旧護岸本牧海づり施設 旧護岸
本牧海づり施設 旧護岸本牧海づり施設 旧護岸
本牧海釣り施設の左側に位置する長い護岸の釣り場。沖桟橋と同じくらいの長さがある。
旧護岸と沖桟橋との間には何箇所か漁礁が入っており、魚が集まりやすい環境になっている。

沖に桟橋があるので本格的な投げ釣りは無理ですが、「ちょい投げ釣り」でイシモチやシロギスを釣ることが出来ます。

サビキ釣りなら仕掛けを落とすだけで、イワシやコノシロ、ウミタナゴなどが釣れるし、カゴサビキ釣りで護岸からサバやイナダ、コノシロなどを狙う人も多いですね。

ヘチ釣りでは旧護岸と同様にクロダイやスズキ、カサゴが釣れています。

 

●ロッドホルダー
ロッドホルダー 竿受け 本牧海づり施設
サビキ釣りなどで、沖桟橋のパイプや、護岸のフェンスに釣竿を水平に設置するなら、「スーパーパイプ受太郎」を利用したい。
釣竿の長さやクッション性を生かせるし、魚に引っ張られて、釣竿を海に落とす事故も防げますね。

第一精工 スーパーパイプ受太郎 竿受 竿置 竿掛

 

●タモ網
本牧海釣り施設で使うなら、全長6mのタモ網があれば、沖桟橋から護岸の釣り場まで何処でも使用できる。

 

こちらの記事もおすすめ
●海釣り入門|初心者でも簡単な釣り方5選

 

釣り方

サビキ釣


本牧海づり施設では、イワシやサバの回遊が始まるので、簡単に釣ることができます。

沖桟橋ではコマセカゴを使用したサビキ釣りをされる方が多く、初心者にもお勧めの釣り方です。
コマセをカゴに詰めて仕掛けを投入するだけで、付餌も必要なく、簡単に魚を釣る事が出来ます。
食いが悪い場合には、サビキに付け餌としてオキアミを付けた方が釣れますよ。

基本的には底付近で釣れますが、棚は日によって変わる為、その日サビキ釣りで釣れている方に聞くのが1番です。

サビキ釣りってなに?

サビキ仕掛けは小魚のエサであるアミエビに似せたサビキ鈎を使用して、コマセに集まってきた魚を釣る釣り方。

サビキ釣りには堤防などから糸を垂らして釣る普通のサビキ釣りの他に、ウキを付けて投げる「ウキサビキ釣り、飛ばしサビキ釣り」と、コマセを使わずサビキ仕掛けを投げて釣る「投げサビキ釣り、キャスティングサビキ」の3種類あります。

今回は普通のサビキ釣りについて解説します。

【サビキ釣りに必要な道具】

●磯竿・万能竿:2m〜5.3m
●リール:小型スピニングリール
●ナイロンライン:2〜4号

●サビキ仕掛け
●コマセカゴ
●オモリ

●水汲みバケツ
●ハサミ
●プライヤー
●魚掴み
●タオル
●アミコマセ(撒き餌)

〈釣竿〉
サビキ釣りに使用する釣竿は長い方が断然有利。
イワシやサバのような回遊している魚は護岸から少し離れた場所を泳いでいることが多いので、最低でも足下から2mくらい離れた場所が狙える全長2.5m以上の釣竿を使おう。
3m以上の万能竿やコンパクトロッド、磯竿なら4.5〜5.3mの長さおすすめ。

2m未満のショートロッドと3m以上の長い竿では、状況によって釣果に雲泥の差がでる事も多い。3m以上の長さがあれば、ウキサビキの仕掛けを遠くに投げたり出来るし使い勝手も良いので、新しい釣竿を購入するなら3m以上の釣竿を選びたい。

〈リール〉
2〜4号のナイロンラインを100m以上巻いた小型のスピニングリールを使用する。
使用するリールはリーズナブルな物で良いので、釣具店でぶら下がっている物や、ワゴンに入っている通称「ワゴンリール」で構いません。

〈道糸〉
堤防の足下狙いなら2〜3号の道糸で大丈夫。

「ウキサビキ釣り」や「投げサビキ釣り」もする可能性があるなら、40cmくらいの大きなサバやイナダが釣れることもあるので、道糸は最低でも4号は欲しい。
4号の道糸であれば40cmのサバでも2〜3匹なら引っ張り上げられる。極力タモ網を使用してくださいね。

〈サビキ仕掛け〉

サビキ釣りはサビキ仕掛けの選択で釣果が決まると言って良い。
堤防の足下狙いなら鈎のサイズが2〜3号、ハリスが0.8〜1.5号の小さな鈎が付いた仕掛けがおすすめです。

少し高価な「リアルアミ」などの名前が付いたアミエビにソックリな鈎が付いたサビキ仕掛けは凄く釣れますよ!。良いサビキ仕掛けはコマセを撒かなくても魚が通るとガンガン食いつきます!。

〈オモリの号数〉
足下狙いでは3〜6号くらいのナス型オモリを使用します。オモリはサビキ仕掛けの一番下にあるスナップに取り付けます。

〈アミコマセ〉

アミコマセに「冷凍ブロック」と、解凍不要ですぐに使える「常温保存タイプ」の2種類が存在します。

サビキ釣りに必要なアミコマセの量は、撒き具合にもよりますが、半日で1人2kgもあれば大丈夫です。
アミコマセが足りるか心配なら、早く無くなった時用に常温保存できるアミコマセを用意しておくと役立ちますよ。

●冷凍ブロック
冷凍ブロックのアミコマセは量の割に安いので、1日釣る人や複数人で釣りを楽しむ人は、割安な冷凍ブロックのアミコマセを購入するのがおすすめ。

●常温保存タイプ
買ってすぐに使えるのが特徴、手を汚すことなく扱える工夫が施されたパッケージに入っている物が多く、手や釣り場も汚さない扱い易さも魅力です。

冷凍ブロックで持つか不安な場合の予備として買っておくのも良いですね。高温を避ければ常温で腐らず年単位で保存ができるので、使わなかったとしても大丈夫です。
常温保存できる代わりに少し割高になります。

《サビキ釣りの準備》
●タックルを準備しよう。

釣り場に付いたら釣竿のガイドに道糸を通し、道糸にサビキ仕掛けをセットして竿を伸ばします。ガイドは必ず真っ直ぐになるようにセッティングしましょう。

●アミコマセの準備
解凍するアミコマセには基本的に3通りの使い方があります。

①ザルで水を切る
アミコマセからはドリップが出るのでザルにブロックを入れて解凍します。

②バケツの海水に入れて解凍
小型のバケツに海水を半分くらい入れて、冷凍ブロックを投入します。
素早く解凍出来るので急いでいる場合におすすめです。解凍したいコマセはザルで水を切って使用します。

下カゴ式の仕掛けならカゴをバケツの底に落として上下に動かせば、カゴにコマセが入るので、コマセを詰める手間を省くことができますよ。コマセが減ってカゴに入り辛くなってきたら、ザルで濾してスプーンで入れて下さい。

③配合餌と混ぜる
アジパワーなどの粉状の配合餌と混ぜると集魚力がUP、カサ増しにもなり、さらにドリップも吸収してくれるので一石三鳥‼︎
使い捨てのビニール手袋をして混ぜるのが一番しっかりと混ぜられます。バケツの角に粉が溜まりやすいのでシッカリ混ぜ込みましょう。
混ぜ具合は配合餌のパッケージに書いてある説明を参考にして下さい。

《サビキ釣りの釣り方》
コマセをカゴに詰めたら垂直に仕掛けを投入する。この時糸が巻かれているリールのスプールには人差し指を添えておき、狙いたいタナまで落としたら人差し指でラインの放出を止めベールを戻します。

次に竿先を水平よりやや下げて、竿先を2〜3回上下60cmくらい動かしてコマセを撒きます。あとは動かさずに竿を水平に構えてアタリが出るのを待ちます。直ぐ近くに魚がいれば10秒も待たずに何らかの反応があるはずです。

魚が釣ることハッキリと竿にブルブル振動が伝わるので、ゆっくり巻き上げましょう。
アタリが出てから少し待って追食いさせ、多点掛けを狙うと効率よく数釣りができます。

ただしオモリの重さに対して魚がのパワーが強いと、仕掛けを引っ張り上げてしまい、グシャグシャに絡んでしまうので注意が必要です。
仕掛けが絡まるならオモリを重くするか、早めに回収しましょう。ゆっくり巻き上げながら追い食いを誘うのも一つのテクニックです。

楽天レビュー200件!プロマリン わくわくサビキ釣りセットDX 300cm(エサセット)売れ筋