渡辺釣船店のルアータチウオ船で東京湾の太刀魚ジギング! フォルテン 2019 釣果

タチウオ ジギング

2019年も5月中旬を迎え、東京湾も水温が暖かくなって来たらしく、タチウオの反応が50〜30mの浅場へと反応が浮上してきています。

タチウオのジギングは難しそうなイメージがありますが、浅いタナで釣れる夏場のタチウオは比較的簡単に釣ることができます。

渡辺釣船店のHPを見ると前日の釣果が良かったので、2019/5/18日に東京湾へタチウオジギングに行って来ました。

 

渡辺釣船店

渡辺釣船店
横浜市の新山下にある「渡辺釣船店」は、みなとみらい線の終点駅となる「元町中華街駅」から徒歩7分くらいの場所にある人気の釣り船店です。

大人気のLTアジを筆頭に、季節によってタチウオやシーバス、イナダ、サゴシと言った青物のジギング船も出船しています。

ルアー タチウオ船(ジギング)

渡辺釣船店

〈船宿推薦タックル〉
タチウオ用ベイトロッド
メタルジグ:100〜150g
メインライン:PE0.8〜1号150m
リーダー:40lbを使用します。

筆者はロッドが汎用ジギングロッドと言うこと以外は、船宿推薦のセッティングにしています。
太糸を使うと流れが早い時に横に流れて釣りになりません。オマツリ多発の原因になるので、必ずPE1号以下を守りましょう。

渡辺釣船店のHPはコチラ

 

タチウオ釣り開始

AM7:00 出船

船着場から数分の場所にあるベイブリッジを潜り抜け、東京湾でタチウオポイントに向かいます。
横須賀の猿島を横切り約40分で観音崎か剱崎付近のポイントに到着。


たまたま、お隣さんとリールが一緒。細糸を使うタチウオ船では珍しいグラップラー300番の被りです。確かにリールは他の釣り用の流用で構いませんからね。

 

船長「メタルジグは150gにして下さい。60〜40まで見てきて〜」

合図と共にジグを投入するも、当日は潮の流れが早く、ラインが横に出て行く激流状態。

ラインが斜めに出ている分を考慮して、ラインマーカー場は指示ダナより10m下のカラーからアクションさせていきます。

まずはワンピッチジャークで探り、再度タナまでジグを落とす最中に、最初のタチウオがヒット!

タチウオ 釣り
朝はフォールへの反応が良く、何度もフォールでオートフッキングが決まる状態。
三分の一はフォールでの当たりが続きます。

当日のタチウオは早いジグの動きに好反応を示しており、普通にワンピッチジャークをしているだけで釣れるイージーモード。

 

タチウオの入れ食いタイムが到来!!
タチウオ ジギングタチウオ ジギング
8時半から9時過ぎまでタチウオが入れ食いとなり、7本くらいが早いワンピッチジャークにて立て続けにヒット❗️
ジャーク中にガツンとタチウオがフッキングするのは気持ちがいい。タチウオと言うよりも、釣り方まるで青物釣りです。

タチウオが急に浅ダナへと浮上してきたらしく、10m前後でのヒットが多発!
周りでもタチウオがじゃんじゃん釣り上げられていきます。10〜15mと言う浅ダナのおかげで、手返しよく数を伸ばしていく。

そんなタチウオ祭りも徐々に反応が悪くなり終了。とはいえ、当日釣ったタチウオの大半はこの時間で釣れましたね。

タチウオ
見ての通り、入れ食いタイムでクーラーの底が見えません。これに水を足すと満タンに近い状態になります💧

 

サバ釣り

ジギング
2019/5月時点で、渡辺釣船店のルアータチウオ船では、サバ釣りのサービス?も行っていて、サバの群れが居る時は、タチウオジギングの合間にサバも釣らせてくれます。

サバは裏切らない、サバ怒涛の入れ食い!!!
ジギング サバ
落とせば食う、ただ巻けば食う。
はい、サバ祭りです♪( ´▽`)

誰でも簡単に釣れるので、お土産確保や数釣りして楽しめますよ。
タチウオだけだと少し難易度が高めですけど、お子さんと一緒でも途中でサバ釣りがあると、沢山釣れるから楽しめますね。

す〜さんは4本だけキープして、15本はリリースしました。

サバに混じって、こんなゲストも。。
トラフグ
近年、東京湾で急激に数が増えているトラフグさんです。
船長が泳がせといてと言うので水が循環するバケツにキープしましたが、船に置いてきたトラフグはどうなったんだろう⁇

 

タチウオ釣り・後半戦

サバを釣りまくった後は、少し湾内まで戻り後半戦に入ります。
昼過ぎとなった後半戦は渋すぎで、船内でポツポツと釣れるくらい。

す〜さんも最後の追い込みでタチウオを2本追加。
沢山要らないので、あんまり釣れていなかった隣の人に1匹あげました。
今思えば4.5本あげれば良かった(゚ω゚;A)

 

2019/5/18(土)釣果

タチウオ ジギング
タチウオ:18本(数本撮影後に追加)
サバ:15〜20本くらい(リリース)
トラフグ:1本

サバ祭り中に撮影したので、後半戦で追加したタチウオは写っていませんが、合計18本と非常に楽しめる結果になりました!

やっぱり夏パターンの東京湾タチウオは、ルアーで釣りが面白い。

今後、東京湾のタチウオは更にルアーへの反応が良くなっていくはずなので、お休みの日はタチウオ釣りに出かけてみて下さい。

下の記事では、今回使用したルアーとタックルを紹介しています。

 

使用したルアー

ブルーブルー フォルテン

フォルテン
今回タチウオを最も釣り上げたのがブルーブルーのメタルジグ「フォルテン 」150gでした。
少しお高いメタルジグですが、とにかく釣れるんだから文句なしですね。
18本中、14本はフォルテンでした。

ブルーブルー メタルジグ フォルテン ミディアムモデル 150gBlueBlue Fallten Medium Model 150g【3個までメール便OK】メタルジグ ライトジギング ショアジギング オフショア

 

ダイワ 鏡牙ジグ

鏡牙 メタルジグ
鏡牙ジグはダイワが製造するタチウオジギング用のメタルジグで、130gで500〜600円と非常にリーズナブルな価格が魅力的です。
開発話によると、釣りながら船の上で微調整を繰り返して最高のバランスを生み出しているそうで、安いのに釣れるメタルジグです。

今回はピンクとパープルカラーで3本釣りました。

楽天 ダイワ 鏡牙ジグ ベーシック130g

 

 

19グラップラー タイプLJ B63-3

楽天 シマノ 19 グラップラー タイプLJ B63-3 (オフショアゲーム ジギングロッド)(大型商品A)

 


MAX180gまでのメタルジグが扱えるベイトジギングロッド。
タチウオに63-3はオーバーパワーですが、普段青物メインで、たまにタチウオをやるくらいなら、普通に流用可能です。
ジグを弾かない様に、柔らかい竿先を使いアクションさせれば大丈夫です。