オフショアジギングラインの選び方|おすすめのPEライン8選 耐久性 評判 青物

13ステラSW4000XG

ワラサ ジギング
オフショアジギングとは、船から青物やタチウオなどを狙うルアーフィッシングです。
特に青物狙いのオフショアジギングでは、数少ないビックフィッシュを逃さないために、使用するPEラインの信頼性と耐久性は非常に重要な要素になります。

今回は筆者が実際にオフショアジギングで使用して良かったPEラインと、オフショアジギングで評判・評価の高いPEラインを併せて紹介します。

 

オフショアジギングで使用するPEラインの選び方


オフショアジギングと一言で言っても、その対象は青物からタチウオ、ロックフィッシュまで様々。
ジギングも釣り物によって必要となるラインの長さも100mで足りる物から、400mものラインが必要になったりと幅があります。
大抵のジギングでは200〜300m巻きで十分です。

ちなみ、使用するPEラインの太さは違えど、タイラバやエビングなども、PEラインも選び方はジギング用と大差はありません。

 

マーキング・色分け

シーガーPE X8
オフショアジギングでは必ず「色分け・マーキング」が施されたPEラインを使用します。
オフショアジギング用のPEラインには、10m間隔で4〜5色に色分けされ、5mと1m毎にマーキングが施されています。

10m色分け
10m間隔で色分けされたPEラインは、オフショアジギングでは定番であり、自分が狙っている水深を把握するために必ず必要。

「紫・緑・赤・オレンジ・青」に色分けされたPEラインなら、紫が0〜10mの間、緑に入ったら10〜20mの間と、ルアーが通過している大まかな水深を把握できます。

1mピッチマーキング
更に1m毎に入るマーキングにより、各色に入ってから何回1mのマーキングが出たかによって、1m単位での水深の把握が可能となります。

5m地点のマーキング
丁度10mに色分けされた各色の中間、5m地点に1mのマーキングとは異なる目立つマーキングが施されたPEラインもあります。

5m地点のマーキングが無いPEラインもありますが、ふとタナが判らなくなっても5m地点にマーキングがあると直ぐに修正出来るメリットがありますね。

5m地点のマーキングは必ず必要と言うほどでは無いので、お好みで構いません。

 

オフショアジギングで使用するPEラインの太さ


一言でオフショアジギングと言っても、オフショアジギングには幾つかの種類があるため、釣り物にあった太さのPEラインを選択する必要があります。

基本的に乗船する船宿のホームページで確認して、必要な太さ・長さのPEラインを購入するのですが、一応下に使用するPEラインの目安を記載しておきます。

●ライトジギング/スーパーライトジギング(ライトルアー)
PEライン:1〜2号・150m
ライトジギングに色々な対象があり、使用されるPEラインも地域や船宿によっても異なる。

●青物ジギング(近海・ベイジギング)
PEライン:2〜3号・200〜300m
関東の青物オフショアジギングでは2〜3号のPEラインがよく使用されている。
イナダなど釣れている魚のサイズが小さい場合は細糸を使用する場合もあるので、乗船する船宿ホームページで推薦ラインの太さを確認したい。

●タチウオジギング
PEライン:0.8〜1号・150〜200m
タチウオジギングでは潮流の影響を受け難く、繊細なアタリが取れる0.8〜1号のPEラインが使用されています。
さらに細い0.6号を好んで使う方もいますね。

●シーバスジギング
PEライン:1〜3号・150m
シーバスジギングはフォールでのアタリを取るので、ライン同士が食い込まないように太糸も使用されます。

●エビング
PEライン:6〜8号・300〜400m
キハダを狙うエビングでは6号以上の使用が基本。
必要な長さは最低300m、400mでも500mでもラインは巻けるだけ巻いておきたい。

 

オフショアジギングにおすすめのPEライン8選

シーガーPE X8 エックスエイト

シーガーPE X8 グランドマックス
○高感度 当社PEシリーズで最も伸びが少ないグランドマックスPEを採用。
○高強度 8本組を採用し強度を徹底追及。
○高視認性 新ピッチマーキングを採用し視認性を徹底追及。
○バリュープライス コストパフォーマンスを徹底追求。
○ラインナップ:精細な釣法に対応した0.6号から、青物などの大物狙いに使用できる6号まで 幅広い号柄をラインナップしています。

筆者のインプレ
シーガーPE X8は筆者愛用の大人気PEライン!
8本編みとしてはリーズナブルな価格と、耐久性も高く、それなりに長持ちするのでコスパに優れている。

このシーガーPE X8のPE2号で70〜90cmのシイラ10本以上とファイトしたが、余裕を持ってやり取りできたし、90cm以外はタモを使わずに抜き上げても大丈夫でした。
城ヶ島沖ではワラサを釣りましたが、70cm程度のワラサは余裕で、2m近いサメがヒットしても、マグロの様な走り、長時間のファイトにも耐えられます。

根掛かりしても大抵フックを伸ばしてルアーを回収でるし、使用初期なら全く切れる気がしない。シーガーPE X8はコスパと性能のバランスに優れたPEラインです。

シーガーPE X8の評判・評価

頻繁にライン交換する人向け
2019年5月1日Amazonで購入サイズ: 3号
使用感は特別良いわけではありませんが、普通に使えます。
このラインでヒラマサ、ブリ、キハダ、カツオを釣りました🎣
長く使うと色が抜けるのと、触った感じフニャフニャになります。頻繁にライン交換する方はコスパがいいのでおススメです!
Amazonレビューより

楽天【メール便送料無料】クレハ シーガー PE X8 3号(最大強力21.8kg)-200m【代引は送料別途】【6/10(月)20:00〜23:59 楽天カード エントリー 楽天スーパーセール開催中】

 

ジーソウル スーパージグマン X8


ジギングの定番!高品質で強度抜群・長持ちする人気のPEライン。
筆者も細糸を使用するショアジギングやオフショアライトジギング、タチウオジギングで愛用。
少し高いけど特殊なコーティングにより、「シーガーPE」より耐久性も高く、色落ちも少なく毛羽立ち難い。
糸鳴りも少ないし、ガイドの抜け良い最高のPEラインと言える。

やはり1号前後の細いPEラインを使う釣りには、信頼性が高く品質の良い「よつあみ」のPEラインを選ぶと安心感が段違いである。

スーパージグマン X8の評判・評価

ライントラブル0
いろんなPEを使って毎回 ライントラブルを気にしながら キャストしてたので フルキャストできなかったが このPEを使ってからは 80gのジグをフルキャストできる。

もう 100回以上 キャストしてるが ライントラブル0強度も申し分ない 90㎝のヒラマサの強烈な引きも耐える事ができた。
耐久も 釣行の後水洗いしての繰り返しで使ってるが メンテに気を使う事もない。PEラインで悩まされてる人は 試す価値あり。

近海のジギングなら大丈夫です!(^^)!
ジギングの船頭から3号以上のラインを用意して下さいと言われましたがこの商品にハリス10号ジグ140gで対応しましたが、70センチ前後のヒラマサ6本楽勝でした。
Amazonレビューより

楽天 YGKよつあみ リアルスポーツ G-soul スーパージグマン X8 200m 3号/50lb

 

ハードコア X8


●Micro Pitch 8 Braided
ウルトラPEを4本組よりさらに密巻にしたマイクロピッチブレイデッド加工(8本組)した、強く、しなやかなPEライン。

●Silky Power
より精密に製法されているため、その特性上伸び率を利用した安定強度や引張強度に優れています。
なめらかでソフトなため、システムを組む際、結束強度が出しやすくなっています。

筆者のインプレ
3年くらい前までライトジギングとライトショアジギングで使用していました。
特筆すべきポイントはありませんが、とにかく安くてコスパの良いPEラインです。
リーズナブルですが、当時は稀に切れやすい物が混入していようで、何故かこのラインだけブチブチ切れました。
他の方の評判を見ると最近は品質も前より良くなっているようですね。

ハードコアX8の評判・評価

×4からの乗り換えです。
2015年10月11日Amazonで購入サイズ: 8.0号種類: 300m
サーフで×4の2.0号を使ってました。試しに×8の1.5にしたら超しなやかでガイド当たりもスムース。値段もそんなに変わらないので×8ファンになりました。
こちらはメジ、マグロ用に購入。納得です。

ショアジギング、オフショアライトジギング向けライン
2017年11月26日Amazonで購入サイズ: 1.2号種類: 200m
コスパが良く、ショアジギング、オフショア時のライドジギングに適しています。色々なPEラインを試しましたが、DUEL社のラインは他社のものより少し細いと感じます。そのため、距離や感度は非常に良く、当たりも取りやすいのですが、高切れすることもあるため、自分はリーダーは10lb程弱めのラインを使っています。

楽天 デュエル ハードコア X8 300m PEライン

 

剛戦 ジギング8ブレイド


全てにおいて究極 スペシャルPEを新製法「SDE製法」で8BRAID(8本組)に仕上げることで、直線強力、耐久性を最大限に引き出すことに成功! 圧倒的なガイド滑りと抜群の使用感を実感してください。

剛戦 ジギング8ブレイドの評判・評価

安いが良いです
2018年6月30日
Amazonで購入サイズ: 4.0号(55lb)
ブリジギングに購入。安い割りに、何のトラブルもなくヒット後のやり取りも不安無く使用してます。

コスパ高し!
2017年10月26日Amazonで購入サイズ: 3.0号(45lb)
毎回使用してますが色落ちも少なく、強度も高いラインで8キロ以上のワラサ、ブリも対応出来てます。
Amazonレビューより

楽天【送料無料】【メール便で発送】【※代引き不可】 ゴーセン 剛戦ジギング8ブレイド 45lb 3.0号 300m

 

よつあみ スーパージグマンX4


●独自技術である、単糸をハイテンションでWX撚りし、4本へと組み上げるWX組工法を採用することにより、強力安定性・直線性・耐摩耗性・感度を向上しました。
● スロースタイル等のフォールでのバイトも明確にとらえる1m毎15cmマーカー配置。
● あらゆる近海スタイルに高次元で対応します。

スーパージグマンX4の評判・評価

視認性良好
2014年1月25日 Amazonで購入 色: 5色種類: 0.8号/14lb
細かくマーカー色が入っているので、
ラインの出がわかりやすい。
数回釣行に出ていますが、激しい色落ちも糸の劣化も見られず
価格もお財布に優しい。
良いラインだと思います。

マーカーが良い
2015年5月15日 Amazonで購入
色: 5色種類: 0.8号/14lb
シーバスジギングで使用。色分けされているのでフォールさせるときに糸の出て行き方がよくわかります。
ジグをスライドフォールさせる釣り方の感覚が掴め、釣果が伸びました。
糸の強さもよつあみ製という事で確実性があります。

楽天【メール便送料無料】YGKよつあみ G-soul スーパージグマン X4 3号(35Lb)-300m【代引は送料別途】【6/10(月)20:00〜23:59 楽天カード エントリー 楽天スーパーセール開催中】

 

オシアEX8 マルチカラー


シマノ史上最強PE!!新コンセプトオフショアハイエンドPEライン

●号数別、リアルチューニング
(1)JIGGER Tuned#1/1.5/2感度特化モデル。より伸びの少ないBraid方法を採用。(※キャスティングも可)
(2)JIGGER&PLUGGER#3/4低伸度に抑えつつ、キャスティングもしやすい適度なコシを残したマルチモデル。
(3)PLUGGER Tuned#5/6/8/10キャスティングで重視する「トラブルレス」「衝撃吸収」「超高強力」を特に追求したモデル。

オシアEX8マルチカラーの評判・評価

最高の品質でした。
2014年11月16日Amazonで購入サイズ: 全長:400m/4号
価格が安ければ性能は二の次というラインが多い中でこのラインは触った感じ(滑らかさ)は一級品でした。
Daiwaのレオプリッツ400にきっちり400m巻けました。電動ジギング等で使っていますがラインブレイク等はありません。
Amazonレビューより

楽天《期間限定》 シマノ オシア EX8 PE 300m (3号:60lbクラス) PL-078L

 

Ashconfish PEライン


高い編み込み精度
PEラインはその特性上、編み込みに不均一な部分があると強くアワセを入れた際など、急激に強い力がかかるとそこからラインブレイクしてしまうことがあります。
Ashconfishは独自の均等編み技術により極限まで編み込みのムラを無くすことに成功しました。ラインに瞬間的にかかる強い衝撃も編み込まれた繊維に均等に力を分散しアワセ切れを防ぎます。
また、耐久性UPに加え糸ぐせの付きにくさや糸がらみ防止など、更なる信頼性でアングラーをサポートします。

Ashconfish PEラインの評判・評価

good
2018年10月9日 Amazonで購入
サイズ: 8号(100LB/45.36KG)色: マルチカラー 300M
最高ですね商品も何の問題もなく使えました。また注文したいです色分けは綺麗な色調で、見た目も良い。国産PEラインの太さ標準規格に適合安心品質です。

使い心地は悪くないです
2018年11月5日 Amazonで購入
サイズ: 1号(20LB/9.07KG)色: イエロー 500M
いままでメインは弾丸ブレイドを使っていましたが、安さに引かれてこちらにしました。ダイワクレスト2508Hに巻いて使ってみましたが、弾丸ブレイドよりライントラブルは少なくいまのところいい感じです。もう少し使い込んで大丈夫だったらまた購入したいと思っています
Amazonレビューより

 

X-CORE(エックスコア)

X-コア PEライン
■HHMWPEの優れた耐久性
HHMWPEは素材自体の表面潤滑性に優れ、その耐摩耗性は根のきついフィールドで真価を発揮します。
また、その表面潤滑性は優れたキャスタビリティとガイドへの糸がらみの防止にも一役買っています。
※ライントリートメントやフッ素コートスプレーを併用することで更にラインを長持ちさせることができます。

■優れた視認性(マルチカラー)
マルチカラーラインは5色の配色の色変化を色相の相対する色配置にすることで色の変わり目が分かりやすく、どのような条件でも優れた視認性で正確なタナ取りをサポートします。また、マルチコート技術により色落ちを抑え紫外線による劣化も防ぎます。

エックスコアの評判・評価

GOOD
2018年7月2日
Amazonで購入
色: 5色マルチカラー 500m(8編)サイズ: 3号(40lb/18.1kg)
今まで、国産PEを歌う、他メーカーのものを使用していましたが、太さが太く、スプールにあまり巻けないのと、色落ちが激しいため、こちらの商品を購入しました。太さはちっとだけ太いかもというレベルで、物は良いものだと思います。発色も良く、マルチカラーは5色交互に巻かれています。

非常に良かった
2018年7月6日 Amazonで購入
色: 5色マルチカラー 200m(4編)サイズ: 5号(60lb/27.2kg)
マルチカラーだったのでとても見やすかったです。peに慣れていないので、初めて使うのに本当にお試し価格で購入できて良かったです。

 

コチラの記事もおすすめ
オフショアジギング入門|必要なタックル・メタルジグ・釣り方を紹介