吉良サンライズパークの海釣りスポットを紹介|釣り初心者・ファミリーフィッシングにおすすめ! 釣れる魚

吉良サンライズパーク 釣り

吉良サンライズパーク・宮崎漁港は、西尾市吉良町にあり広い堤防が特徴の釣り場です。
グーグルマップでは「海釣りスポット」と表記されています。

釣り場に近い駐車場とトイレもあり、釣り場となる堤防には安全柵めあるため、子供や女性と一緒の釣りにも最適な釣りスポットですね。
漁港の釣り場と言うと柵もない堤防が殆どですが、吉良サンライズパークは海釣り公園と言った感じで安全に釣りを楽しめます。

吉良サンライズパークでは5〜6月頃にサビキ釣りでアジやイワシ、サバ、サッパなどを手軽に釣ることができますし、夏はサバの釣果もよく、サビキ釣りやカゴ釣り、ショアジギングで数釣りが楽しめます。

夜のルアー釣りでシーバス釣りやアジング、メバリングを楽しむのもおすすめ。

吉良サンライズパーク・宮崎漁港の釣り場情報

吉良サンライズパーク
【所在地】
〒444-0513愛知県 西尾市吉良町宮崎馬道
吉良サンライズパーク・宮崎漁港・海釣りスポット

【周辺施設】
駐車場、トイレ、釣具店

【釣れる魚】
吉良サンライズパーク 釣果 クロダイ サバ
シーバス(スズキ)、クロダイ、メジナ
アジ、サバ、イワシ、コノシロ、サヨリ
シロギス、イシモチ、メゴチ、ハゼ、アナゴ
カサゴ、アイナメ

●駐車場
吉良サンライズパーク 駐車場
駐車場は釣り場となる堤防の直ぐ目の前にあり、釣り場へのアクセスも抜群で、トイレもこの駐車場にあります。

夏季の海水浴シーズンには駐車場が有料となるので注意しましょう。
シーズンによって変動はあるかもしれませんが、駐車場の料金は1日800円でした。

 

吉良サンライズパークの釣り場とポイント

吉良サンライズパーク 釣り場
吉良サンライズパーク 釣り

出展https://blogs.yahoo.co.jp/camper520jp/60853693.html

吉良サンライズパーク 海釣り

出展https://blogs.yahoo.co.jp/camper520jp/60853693.html

吉良サンライズパーク・宮崎漁港の釣り場は外海に面した長い堤防が主なポイントになります。

堤防は外海側と漁港内側の2段構造になっており、基本的には外海方向で釣ることになりますが、波風の強い時は漁港内側が良い逃げ場になり、丁度背後の堤防が風除けになるため風が強くても釣りが楽しめます。

堤防の外内両方でアジやイワシ、サバをサビキ釣りで釣ることができます。サビキ釣りで釣るなら回遊の始まる5月以降がおすすめです。
仕掛けを沖に投げられるカゴ釣りやショアジギングなら30cmを超える大きなサバも狙えます。

ウキ釣りではクロダイやメジナ、シーバス(スズキ)も釣れますし、ちょい投げ釣りではシロギスやイシモチ、ハゼ、アナゴを釣ることも出来ます。

●堤防先端付近
吉良サンライズパーク 釣り 堤防
堤防先端付近の途中にはテトラが敷設されたポイントがあり、テトラの周りでは探り釣りでカサゴを釣ることができます。
ブラクリ仕掛けか胴突き仕掛けに、サバかサンマを塩で締めた短冊に切った身餌を使用するとよく釣れますよ。

クロダイやメバルをウキ釣りで狙う場も、このテトラ付近はおすすめのポイントになります。

堤防先端方向には沖堤防があり、この沖堤防との間は船道のたも深く掘り下げられていて、アジやシロギス、ハゼ、クロダイが集まりやすく釣果も良いポイントです。
船の往来には十分注意して釣りましょう。

とは言え、吉良サンライズパーク・宮崎漁港の堤防は海と平行に作られているため、特別堤防先端が釣れると言うわけではありませんけどね。堤防先端までは距離もありますし。

●釣具店
吉良サンライズパーク 釣具店
吉良サンライズパークの近くと言える距離には釣具店が無い。
酒井釣具店が比較的近いので、急遽必要な物が出来たらこちらを利用しよう。
途中で買い物をして向かう場合も、極力忘れ物がないようにしっかり準備したいですね。

 

《初心者におすすめの釣り方》
サビキ釣り

サビキ釣りとは、アミコマセと呼ばれる撒き餌さを撒いて、集まって来た小魚を「サビキ仕掛け」と呼ばれる、アミエビそっくりなハリが複数付いた仕掛けに食い付かせて釣り上げる釣り方です。

エサ付けが不要なことから、餌や釣り針を触るのが苦手な女性や子供にもおすすめ。
サビキ釣りは海釣りでは定番の釣り方ですね。

【サビキ釣りで釣れる主な魚】
アジ、イワシ、サバ、コノシロ、カマス、ウミタナゴ、メバル
メジナ、シマダイ、カワハギ

〈サビキ釣りに必要な道具〉

【タックル】
磯竿・万能竿・コンパクトロッドなど、長さが2m以上ある釣竿がおすすめ。

【リール】
ナイロンラインの2〜4号を巻いた小型のスピニングリール。

釣り具では釣竿・リール(道糸付き)のセット商品も販売していますよ。

【仕掛け・撒き餌】
サビキ仕掛け
コマセカゴ
オモリ
アミコマセ(撒き餌)

●釣竿
経験談として、サビキ釣りに使用する釣竿は絶対に長い方が釣れます。

イワシやサバのような回遊している魚は護岸から少し離れた場所を泳いでいることが多いので、最低でも足下から2mくらい離れた場所が狙える全長2.5m以上の釣竿を使おう。

3m以上の万能竿やコンパクトロッド、磯竿なら4.5〜5.3mの長さおすすめ。
2m未満のショートロッドと3m以上の長い竿では、状況によって釣果に雲泥の差がでる事も多いですよ。

●リール
2〜4号のナイロンラインを100m以上巻いた小型のスピニングリールを使用する。
使用するリールはリーズナブルな物で良いので、釣具店でぶら下がっている物や、ワゴンに入っている通称「ワゴンリール」で構いません。

●道糸
堤防の足下狙いなら2〜3号の道糸のナイロンラインで大丈夫です。

●サビキ仕掛け

サビキ釣りでは、サビキ仕掛けの選択で釣果が決まると言っても良い。
堤防の足下狙いなら鈎のサイズが1〜2号、ハリスが0.8〜1.5号の小さな鈎が付いた仕掛けがおすすめです。

少し高価な「リアルアミ」などの名前が付いたアミエビにソックリな鈎が付いたサビキ仕掛けは凄く釣れますよ!。良いサビキ仕掛けはコマセを撒かなくても魚が通るとガンガン食いつきます!。

●サビキカゴ
サビキカゴと呼ばれるネットやプラスチックで作られたカゴをサビキ仕掛けの上か下に取り付けます。
基本的にはサビキの上に付けるタイプが無難でしょう。

●オモリ
足下狙いでは3〜6号くらいのナス型オモリを使用します。オモリはサビキ仕掛けの一番下にあるスナップに取り付けます。

●撒き餌(アミコマセ)
アミコマセには冷凍状態で販売されている「冷凍ブロック」と、解凍不要ですぐに使える「解凍不要」タイプの2種類が販売されています。

・冷凍アミコマセ
冷凍ブロックは解凍する必要があり、ドリップが出ますがg単価では安上がりです。

・解凍不要アミコマセ
常温で保管販売されている解凍不要のアミコマセ。
gあたりの価格は高くなるが、解凍することなく直ぐに使える便利な商品だ。
家での保管でも冷凍庫にしまう必要がないし、リュックに入れておけば持ち出すのを忘れる心配もない。

【使用量の目安】
サビキ釣りで使用するアミコマセの量は、半日のつりで1人あたり、2kgのアミコマセがあれば大丈夫でしょう。
集魚剤を混ぜてカサ増しする方法もおすすめです。

冷凍アミコマセを使用するならドリップを切るためのザルや、コマセと集魚剤と混ぜるバケツも用意しておきましょう。
ちなみに、アミコマセは時間が経つと臭くなるので、ゴミは密閉出来る容器に入れて持ち帰るのがおすすめ。

《サビキ釣りの釣り方》

①サビキ仕掛けを投入
まずアミコマセをサビキカゴに詰めたら、仕掛けを投入するポイントと上に持っていき、ベールを開けて道糸を出し垂直に投入する。
釣りたいタナまでサビキ仕掛けが落ちたら、リールのベールを戻して仕掛けの落下をストップします。

②コマセを撒く
竿を軽く上下に煽ってコマセカゴに入ったアミコマセをタナ撒きます。
コマセを撒いたら竿は動かさずに待つか、ゆっくり上下に30cmくらい動かして魚を誘います。

③アタリ
サビキ仕掛けに魚が食い付くと「ブルブル」と手元に魚のアタリが伝わってきます。
あとはゆっくり巻き上げて魚を回収しましょう。

イワシや小サバのように群れで居る魚は、アタリが出てから少し待って追食いさせ、周りに居る他の魚もめとめて釣るのも良いですね。

オモリが軽いと魚が暴れてサビキ仕掛けが絡まるので注意して下さい。時には欲張らないことも重要です。

 

《ちょい投げ釣り》

出展https://blogs.yahoo.co.jp/bokunchiatashinchi/25971824.html

ちょい投げとは「投げ釣り」のライト版で、3〜10号くらいの軽い仕掛けを軽く投げ入れて、岸から近い場所の海底に生息している魚を釣る釣り方です。

仕掛けやタックルが軽いので、子供や女性でも楽しめますよ。仕掛けの準備や釣り方も、海釣りの中で最も簡単と言えます。

餌にイソメ(ゴカイ)を使用するので、女性の方は苦手かもしれませんが、近年、パワーイソメなど人工餌も販売されているので、イソメが苦手な人でもちょい投げ釣りを楽しめますよ!。

《必要な道具》
ちょい投げ 投げ釣り
【釣竿/ロッド】
1.8〜2.7mくらいのコンパクトロッド、万能竿、ルアーロッドなど、オモリが投げられるロッドなら大抵の釣竿が使える。

【リール】
ナイロンラインの2〜3号か、PEラインの1〜2号を100〜150mほど巻いた小型スピニングリールを使用。ラインが太いと受ける水の抵抗が増え、仕掛けが潮流で流されやすくなってしまいます。

【天秤】
投げ釣りには仕掛けの絡みを防止する「天秤」を使用します。天秤は主に「L型天秤」と「ジェット天秤」が使用されます。 L型天秤は最も一般的に使用される天秤で、多少潮流が早くても仕掛けが流されにくいのが特徴。

オレンジ色の羽が付いたジェット天秤は仕掛けの回収時に浮き上がりやすく、足元付近に根が有る場所では根掛かりを回避することができますが、その反面、潮流が早いとコロコロと転がるため仕掛けが流されやすい。

【投げ釣りの仕掛け】
投げ釣りは対象となるキスやハゼなどの魚が吸い込みやすい流線鈎で、2〜3本鈎の仕掛けが主流。
仕掛けには鈎のサイズが記載されているので、針の小さい仕掛けと大きい仕掛けを用意しておけば、キスやハゼから大きなイシモチ、カレイなどに対応することが出来ます。

【餌】
投げ釣りで使用率がされる餌だとイソメ(虫エサ)がお馴染みです。餌ごとに動き、匂い、大きさと特長が違うので、うまく使い分ける事が釣果を伸ばすコツですね。

・アオイソメ
最もポピュラーなイソメ(虫エサ)で価格も比較的安価。あらゆり魚を釣る事ができる。 アオイソメは生物発光すると言われており、夜釣りの餌としても向いている。

・イワイソメ
投げ釣りからウキ釣りまで幅広く使える大物狙いに使われるエサ。匂いが強く魚を引き寄せる。
アオイソメとは味が違うらしく、使い分けで釣果に違いが現れる。アオイソメとイワイソメを交互に鈎に付けて使う使い方もある。良く釣れるエサを探す場合に有効。

・ジャリメ(イシゴカイ)
細身の虫エサで、シロギスの数釣りに適していると言われる虫エサ。特にピンギスと呼ばれる小型のシロギスに有効な餌だ。

・コガネムシ
コガネムシとイワイソメはカレイ釣りで定番の虫エサ。身が柔らかく遠投には向かない。

・人工餌
虫エサが苦手な人には魚が好きな匂いを出す素材で人工的に作られた餌がおすすめ。

【石粉】
イソメに塗すと滑り難くなり掴みやすくなるアイテム。

【竿立て/三脚】
ちょい投げで置き竿にするなら竿立てが必須。釣竿は斜め45°くらいに設置しないと魚のアタリが分からないので、置き竿にする時は必ず三脚や竿受けに設置しましょう。

〈釣り方〉
餌はハゼ、キス、イシモチが狙いであればイソメを鈎に刺して、垂らしが1〜2cmくらいになるようにカットしますが、最新のうちはアピールを兼ねて、少し長めにつけると良いですね。 カレイが狙いなら、イソメを3匹くらい切らずに総掛けにする。

・仕掛けを投入
仕掛けを投げ入れ着底したら、糸フケ(タルミ)を巻き取り、道糸が出来るだけ真っ直ぐ張るようにします。タルミがあると魚が魚がヒットしたり餌を突っついても、なかなか竿にアタリが出ません。

・沢山釣るなら手持ちが1番!
ハゼやキス、イシモチを沢山釣りたいなら、置き竿にせず手持ちで釣るのが1番。
仕掛けを動かすことが重要で、投げ入れたらだけでは、その場所に魚が居なければお終いです。

なので投げ釣りでは、竿やリールを使い、ゆっくりと仕掛けを移動させて魚の居場所を探します。

竿で仕掛けを引っ張り動かす場合は、竿を手に持ち海側へ45°に傾け、3〜5秒かけてゆっくりと90°まで起こします。後は糸フケだけ回収しながら45°まで戻し繰り返すだけです。
リールで仕掛けを動かす場合は、ハンドルを3〜4秒で1回転くらいのペースで回して下さい。

・沢山釣るためのポイント
魚は真っ平らな海底の場所には少なく、岩やヨブ、駆け上がりと言った、海底に地形の変化がある場所に集まる習性があります。 釣れるポイントは仕掛けを引いてくると、仕掛けが急に重くなる場所があるはずなので、その場所には魚がいる可能性が高い。

仕掛けが重くなったら、少し動かさずに待ってみたり、置き竿にしてみるのも良いでしょう。
ちょい投げでは闇雲に投げ入れて放 運任せにせず、魚を探して釣る事が釣果を上げるためには重要ですよ!