大型魚水槽のゴミ掃除にフィッシュレットを購入! ベアタンクの残餌・フンを自動で掃除

フィッシュレット オスカー

フィッシュレット オスカー
フィッシュレットとは、エアーの力を利用して水槽底面に溜まったフンや残餌といったゴミを集める便利なフィルターです。

フィッシュレットはベアタンクや大型熱帯魚の飼育水槽での使用率が高く、フンや残餌の回収に凄く役立ちます。
水槽の底に溜まるフンや水中を舞うゴミを減らしたいならフィッシュレットを使いべきでしょう。

フィッシュレットを取り出し、内部に溜まったゴミを取り除くことで、水質の悪化や濾過槽の詰まりも大幅に軽減することができますよ。

今回は便利なお掃除アイテム「フィッシュレット」を紹介します。

 

フィッシュレットとは?

フィッシュレット
フィッシュレットはアクア工房が製造するエアーリフト式のフィルター(集塵機)です。
フィッシュレット水槽の底に溜まった大きなゴミを回収するためのフィルターで、主に大型熱帯魚を飼育するベアタンクの水槽で使用されています。

大型魚の水槽ではフィルターに吸い込まれない大きなフンやゴミが水槽底面に溜まりやすく、放置しておくと他の魚に撒き散らされてしまったり、濾過槽に吸い込まれと濾材の詰まりやヘドロが溜まる原因にもなる。
フィッシュレットを使用することで、フィルターにゴミが吸い込まれるのを防ぎ、ウールマットと濾過槽の汚れも大幅に減少させられますよ!

バクテリアが分解するまえにゴミを取り除けるため、水質の悪化を遅らせることにも繋がりますね。
吸い込んだフンや残餌は飼育者が定期的にフィッシュレットを取り出して掃除をする必要があります。

●フィッシュレットの活用例

ゴミを吸い上げ難い1本管のオーバーフローやコーナーカバーを使用するなら、フィッシュレットを活用してゴミを掃除するのがおすすめ。
水槽をセパレーターで仕切った際に水流が悪くなる小部屋のゴミ取りにも最適ですね。

パワーリフトと呼ばれるパワーアップアイテムを取り付けると吸引力が飛躍的にアップします。
パワーリフトとフィッシュレットに付けると小型のエアーポンプでも結構な吸引力が出るので、大型のエアーポンプが煩い人にもおすすめです。

【アクア工房より】
ファンの回転で効率よくろ過ができる! アクア工房 本体 フィッシュレット(フィルター)
特長
●エアーポンプによる噴出力でファンを回転させ、強制的に水を吸引するため、強力で効率のよいろ過作業ができる投げ込み式フィルターです。
●強制沈殿ろ過方式で魚の糞やゴミなどを積極的に容器内に取り込みます。
●時間的な効率にたいへん優れ、魚がフンをついばみ、吐出する事からのヘドロ化現象を防止できます。
●容器が透明なので蓄積した糞やゴミなどを目視でき、メンテナンスが容易にできます。
●本品を使用することで、水槽本体のフィルターが数倍長持ちします。
●濾過フィルター内にはパワーセラミックを使用しています。本体下部にもセラミックを使用しており、ダブルセラミック使用のため、いつまでも水が生きています。 数量 1個 サイズ(約) 幅9×奥行き9×高さ15.5cm

【フィッシュレットの使用方法 】
●フィッシュレットはエアーポンプ(別売)に接続して使用します。フィッシュレットの使用には吐出量3000cc/分 以上のエアーポンプの使用がおすすめです。

●エアーポンプに接続して、そのまま水槽内に沈めるだけで使用できます。

●フィルター交換の際には、下から指でフィルターの先を押して外してください。

 

【フィッシュレットの構造】
フィッシュレットフィッシュレットフィッシュレット
フィッシュレットの構造は単純で、ざっくり解説すると、集塵容器となるカップに黒い逆三角形のフィルターとフィンが着いた蓋が組み合わさった構造をしています。

黒い逆三角形のパーツにはボール状のろ材が入っていて、気持ち程度に生物濾過も行なってくれます。
エアーがフィンを回すとカップの底に空いた穴からゴミを吸い上げます。

フィッシュレットには小魚吸引防止の網状の蓋と、砂の上に置く際に使用する黒い台座が付属しています。
薄っすら砂を敷く程度なら台座を使用しなくても問題はないですよ。

 

フィッシュレットの使い方

フィッシュレットはエアーポンプとチューブで繋いだら水槽に沈めるだけなんですが、フィッシュレット自体は吸引力がそれほど高くないため、水流でゴミが集まる場所にフィッシュレットを設置するこてが重要です。

水槽内の水流が緩くゴミが一箇所に集まらない水槽ではその効果を発揮できません。

●ゴミが集まる場所に設置するのが効果的
フィッシュレット 水槽
ポンプで水流を作ってフィッシュレットの効果を最大限に生かそう。
画像のようにポンプでフィッシュレットの場所までゴミが集まって来るように水流を起こします。

フィッシュレット自体はすぐ近くにあるフンしか吸えない、動けないルンバみたいな物なので、人の采配でフンを近くに寄せてあげないといけないんです。

我が家の水槽ではオーバーフローのコーナーカバー周りにゴミが集まるので、カバーで排水管がゴミを吸い上げられない代わりにフィッシュレットが大活躍。

底に転がるゴミも激減して水槽の見栄えも良くなり、水の透明度もかなり高くなりました。
なにより、オスカーがフンを砕いて撒き散らすカスが水中を舞わなくなったのが一番の効果ですね。

●掃除の頻度を軽減
フィッシュレット ザリガニ
フィッシュレットの掃除を軽減するために、カップ内に小型のザリガニやラムズホーンなどの生物を入れて、ゴミの蓄積を最小限に抑える裏技もあります。

フィッシュレットを掃除するスパンは伸ばせますが、生物に分解されたゴミはアンモニアとして排出される点は覚えておきましょう。
とにかく目につく大量のゴミを除去する事が目的ならこれで当面は掃除しなくても大丈夫ですよ。

 

●フィッシュレットは早めの掃除をおすすめします
フィッシュレット
フィッシュレットの掃除を怠ると溜まったゴミがバクテリアに分解されて結局は水に戻ってしまいますし、数日溜まっていたゴミは非常に臭くなり、流台で洗うと悪臭を放ち家族からひんしゅくを買います(汗

フィッシュレットの名前通りに、中身の汚物はトイレに流すのが1番です。
匂いからして雑菌も増えていると思うので、可能なら手間でも毎日溜まったゴミは掃除しておきましょう。

フィッシュレット 掃除
フィッシュレット
フィッシュレットを掃除する際はゴミが水槽にリバースしないようにネットやボウルで受けて持ち上げましょう。

エアーの出が悪くなったら、エアーの放出口も分解できるので洗っておきましょう。

●パワーリフトで吸塵力が段違いに!!

フィッシュレットのパワーアップアイテム「パワーリフト」を装着すると吸引能力が倍くらいにパワーアップします。
そこまで必要かは微妙ですけど、パワーリフトは2つ連結もできたりします。

 

アクア工房 本体 フィッシュレット(フィルター) 水槽用水中フィルター・投げ込み式フィルター 関東当日便

Amazonでアクア工房 フィシュレットの価格を調べるならコチラ

 

アクア工房 フィッシュレット専用 パワーリフト 関東当日便

Amazonでアクア工房 パワーリフトの価格を調べるならコチラ