最強の電動リール!シーボーグ800MJの性能と特徴|キハダ、カツオ釣り


相模湾のキハダ・カツオ釣り用に最強電動リールこと「シーボーグ800MJ」を買ってきました!
去年は800Jだったので若干パワーアップした形になりますね。
相模湾にシーボーグ800MJはオーバースペックな感じもしますが、竿とリールのカラーも合うので一応買い替えました(´ω`)

シーボーグ800MJは2019年7月現在も同サイズの電動リールとして圧倒的な性能を誇ります。
今回は購入したシーボーグ800MJの性能と、ライバル機である19ビーストマスター6000との比較を紹介します。

 

シーボーグ 800MJの特徴

シーボーグ 800 MJ
シーボーグ 800MJ
常識を超越する革新のテクノロジーと、誰も経験したことのない至上の喜びを。強靭“KING MONSTER”、ここに上陸。

夢の大物を獲ることを目的に過酷なテストを繰り返し、最新テクノロジーを搭載して誕生したシーボーグシリーズ最強マシンのひとつ。

スタンディングでの操作性を確保しながらPE8号-600mの巻糸量を誇る。キハダ・カンパチ・クエ(アラ)などの大型魚やキンメダイ・ムツをターゲットとする中深場および本格的な深場まで幅広いエリアをターゲットにすることができる。

●メガツイン
シーボーグ メガツイン 800MJ
シーボーグ800MJの売りであり800Jとの違いがメガツインシステムの有無。
メガツインはアングラーの意思でスイッチを切り替えることでパワー(ローギア)とスピード(ハイギア)の2つのモードを切り替えることができる。

ハイギアでは分速170mの巻き上げ速度を誇り、ローギアでは48kgの巻き上げパワーと圧倒的な性能を発揮する。

●メガトルクモーター
シーボーグ 800 MJ
シーボーグ 800MJ 300MJ
シーボーグ800MJの売りであるパワーを支えるのは超大型かつ超パワフルなメガトルクモーター!
シーボーグ750MTのモーターより二周り以も上大きなモーターを搭載しており、同糸巻量のリールとしては最強のパワーを誇ります。
シーボーグ300MJのスプールより大きなモーターはボディー正面を占領するほどの大きさで、缶コーヒーの缶と同じくらいの大きさです。

パワーモード(ローギア)での常用巻き上げパワーは48kgと、19ビーストマスター6000の2倍以上の巻き上げパワーを発揮する。
自重はビーストマスターより400gほど重くなるが、その分パワーのある巻き上げを実現。
深場釣りやマグロ釣り、カンパチみたいな30kgを超える大物釣りにおすすめですね。

スプールインモーターのビーストマスターと違い、モーターサイズを大きくできるし、スプール自体も重く大きくならないのが良い点です。

 

●アルミハウジング
シーボーグ 800MJ
モーター周りが肉抜きされたアルミハウジングは放熱性にも優れており、長時間の使用でも熱が篭り憎くパワフルなモーターの性能維持に貢献。
スプールインモーターのビーストマスターよりモーターの冷却効率は高いでしょう。

ダイワのインプレッションでは60kgのキハダと20分ファイトできています。

 

●ジョグパワーレバー
片手での操作も可能になったジョグパワーレバーは扱いやすくダイワの電動リールを購入するポイントともなる人気の要素ですね。

 

《シーボーグ800MJと同サイズのリールを比較》
【17シーボーグ800MJ】
■ギヤー比:2.9
■自重(g):1,770
■最大ドラグ力(kg):33
■標準巻糸量(号-m):ブライト(PE)8-600、10-500
■ナイロン:12-500、16-350
■最大巻上力(kg):622(スーパーリチウム使用689) ■JAFS基準巻上力(kg):48
■JAFS基準巻上速度(m/分):Hi170、Lo70

【シーボーグ800J】
■自重(g):1720g
■ギア比:2.8
■最大ドラグ力(kg):33
■標準糸巻量 PE(号-m):8-600/10-500
■標準糸巻量 ナイロン(号-m):12-500/16-350
■CRBB数/総BB数:0/15
■最大巻上力(kg):290
■JAFS基準 巻上力(kg):27
■JAFS基準 速度(m/分):140

【19ビーストマスター6000】
●自重:1370g
●実用巻き上げ持久力:22kg
●シマノ巻き上げ力:133kg
●最大ドラグ力:30kg
●巻き上げ長さ:75cm(ハンドル1回転)
●スプール寸法:77/60(径mm/幅mm)
●ギア比:3.1
●ベアリング数・BB:16
●ナイロン糸巻き量: 12-400,14-350,16-300
●PE糸巻き量:6-750,8-600,10-500,12-350 (タナトル) ●実用巻上速度(m/分)1kg負荷:126
●実用巻上速度(m/分)2kg負荷:125
●実用巻上速度(m/分)3kg負荷:124

シーボーグ800MJと19ビーストマスターを比較すると、19ビーストマスターの自重が800MJより400g軽いことと、価格が安い以外に19ビーストマスターが優れている点は無い。

シマノ・ダイワで基準が違うとは思いますが、巻き上げ力の基準値でも19ビーストマスターが22kg、シーボーグ800MJが48kg(ローギア時)と倍以上の大差を付けられていますね。

まぁ、19ビーストではシーボーグ800Jの巻き上げ力27kgにすら5kgも及ばないですが…
シーボーグ800サイズは、ボディからはみ出すくらい大型のモーターを搭載したモンスターリールなので、パワーで敵わないのは仕方ないでしょうね。

ビーストマスターはシーボーグ800MJより400g軽い点で、相模湾や駿河湾キハダのスタンディングファイト用のリールとして有用とも言えます。

とはいえ、最強電動リールの座は当面シーボーグ800MJで変わら無いみたいですね。
数年後は更にパワーアップした800MJの新型が出てるかな?

8月が近づくと大型電動リールは品薄になるので、購入予定なら早めに買った方がよいですよ!

 

●最強電動リールでキハダマグロに挑戦しよう!!

ダイワ 17シーボーグ 800MJ コード:038577*

Amazonでダイワ(Daiwa) 電動リール シーボーグ 800MJの価格を調べるならコチラ

 

●リーズナブルなシーボーグ800Jでもパワーは充分!
シーボーグ 800J

【ダイワ】2017 シーボーグ 800J【4960652038607】

シーボーグ800Jでも19ビーストマスターよりパワーがあるし9万円と販売価格もリーズナブル。
相模湾のキハダ釣りや深場釣りに十分過ぎる性能ですよ。

2018年にシーボーグ800Jでコマセキハダ・カツオ釣りをしましたが、パワーに全く不満はありませんでした。
よく乗る船では安いためかシーボーグ800Jを使用されている方の方をよく見かけました。