富洲原港と富双緑地公園の釣り場情報|釣り初心者におすすめ アジ釣り サビキ釣り

富洲原港 釣り

富洲原港は三重県四日市市にある漁港の釣り場で、岸壁とテトラ帯の他に、隣接する富双緑地でも釣りが楽しめます。
富洲原漁港販売所の周りにある岸壁は、釣り場に車を横付けして手軽に釣れるため非常に人気があり、休日になると家族連れでファミリーフィッシングを楽しむ人が訪れます。

富洲原港はサビキ釣りでアジが釣れる釣り場としても知られており、5月以降ならサビキ釣りで手軽にアジやサバ、イワシなどを釣ることができる。
ショアジギングで青物も釣れるので夏はショアジギングも楽しめますよ。

クロダイも釣れるポイントで、特に漁港左側にあるテトラ帯はベテラン向きとなるがクロダイ釣りの人気スポット。

漁港周りは地形も複雑で橋脚もあるためシーバス釣りのポイントとしても非常に実績がある。ルアーでシーバスを狙うなら絶好の釣り場と言えるでしょう。

 

富洲原港の釣り場情報

【所在地】
〒510-8005
三重県 四日市市富双2丁目 富洲原港

【富洲原港で釣れる魚】
シーバス、クロダイ、ボラ、ヒイラギ
アジ、イワシ、サバ、サッパ、コノシロ、サヨリ、カマス、ワカシ、ソウダガツオ
ハゼ、シロギス、イシモチ、メゴチ、アナゴ、マゴチ
カサゴ、ハタ類、アイナメ

 

富洲原港の釣り場

富洲原港 釣り場

①富洲原港 岸壁

富洲原港 岸壁 釣り富洲原港 釣り富洲原港 釣り
富洲原港で最も人気のある岸壁の釣り場で、釣り場の目の前に車を駐車でき、広い岸壁全体でサビキ釣りやウキ釣り、投げ釣りが楽しめる。

富洲原港では5月頃からイワシやサバの回遊も始まり、人気ターゲットであるアジの釣果もよくなる。サビキ釣りでアジを狙う釣り人も多い。

釣り初心者でもサビキ釣りならアジやイワシ、サバ、サッパが簡単に釣れるので、お子さんと初めて釣りに行くなら5月頃からがおすすめ。
ちょい投げ釣りも釣り方が簡単で、手軽にハゼやシロギス 、イシモチが釣れるのが良いですね。

岸壁と右手にある富双緑地公園との間にテトラが入っており、この付近の岸壁からクロダイ釣りをするのもおすすめだ。

ルアー釣りでは夜のアジング、シーバス釣りが人気。
夏はショアジギングでサバやワカシ、ソウダガツオなどの青物を釣ることもできる。
小型青物がメインとなるが比較的回遊数は多いようである。

 

②富洲原港左側のテトラ帯

富洲原港 テトラ 釣り
富洲原港 テトラ 釣り場
富洲原港左側にはテトラポッドが突き出したポイントがあり、左右にもテトラ帯が続いている。
突き出したテトラの手前は浅く海底がハッキリと見えるがハゼ釣りなら楽しめる。

先端付近まで行くのは大人でも注意が必要なものの、この場所はクロダイ釣りの実績場である。テトラの先端付近は傾斜が緩く釣り座は構えやすいでしょう。

ウキフカセ釣りやダンゴ釣りでクロダイを釣る人が多いポイントですが、カサゴなど根魚も釣れるためブラクリや胴突き仕掛けで釣ってみよう。

●テトラ帯左方向
富洲原 テトラ 釣り富洲原港
突き出たテトラから更に左側、道路の高架橋がある方向へテトラ帯が延々と続いている。
この高架橋周りは水深もやや深くなっており、舗石周りにはシーバスやクロダイが集まっている。

テトラの足元周りはカサゴが釣れるポイントで、非常に広い範囲でカサゴ釣りが楽しめる。サバやサンマを短冊状に切った餌をブラクリか胴突き仕掛けに付けて釣ると簡単に釣れる。
投げ釣りではハゼ、シロギス、アナゴ、アイナメを釣ることができる。

高架橋周辺はルアー釣りのポイントでもあり、道路の常夜灯により夜間は明暗ができているためシーバスを釣りには最適な環境が整っている。
マゴチや根魚も釣れるので海底付近も探ってみよう。

 

③富双緑地公園

富洲原港右側に隣接する富双緑地公園でもサビキ釣りやちょい投げ釣りができるので、万が一岸壁の釣り場が混雑していた場合の逃げ場として利用したい。
サビキ釣りでは岸壁と同様にアジ、イワシ、サッパを釣ることができる。

あくまで公園なので優先度は漁港より低いものの、シーバス釣りではランガンするポイントの一つとして覚えておこう。

 

富須原港でおすすめの釣り方

サビキ釣り


サビキ釣りは、誰でも簡単に魚を釣ることの出来る、堤防釣りでは定番の釣り方です。 エサ付けが不要なことから、餌を触るのが苦手な女性や子供にもおすすめ。 サビキ釣りは堤防釣り、ファミリーフィッシングで最も人気のある釣り方です。

【サビキ釣りで釣れる魚】
アジ、イワシ、サバ、サッパ、コノシロ、カマス、サヨリ、ウミタナゴ、メバル メジナ、シマダイ、カワハギ

《サビキ釣りに必要な道具》
・タックル
磯竿/コンパクトロッド/ルアーロッドなど2.5〜5.3mの釣竿。 小型スピニングリールにナイロンライン:2〜4号を巻いた物。

・仕掛け
サビキ仕掛け、コマセカゴ、オモリ

・その他の道具
水汲みバケツ、ハサミ、プライヤー、魚掴み、タオル、アミコマセ(撒き餌)

【釣竿/ロッド】
経験談として、サビキ釣りに使用する釣竿は絶対に長い方が釣れます。 イワシやサバのような回遊している魚は、護岸から少し離れた場所を泳いでいることが多いので、最低でも足下から2mくらい離れた場所が狙える全長2.5m以上の釣竿を使おう。

おすすめは3m以上の万能竿やコンパクトロッド、磯竿なら4.5〜5.3mの長さを選びたい。 2m未満のショートロッドと3m以上の長い竿では、状況によって釣果に雲泥の差がでる事も多いですよ。

【リール】
サビキ釣りには、2〜4号のナイロンラインを100m以上巻いた小型のスピニングリールを使用します。
使用するリールはリーズナブルな物で良いので、釣具店で店頭にぶら下がっている物や、ワゴンに入っている通称「ワゴンリール」で構いません。
堤防の足下狙いなら2〜3号の道糸のナイロンラインで大丈夫です。

【サビキ仕掛け】
サビキ釣りでは、サビキ仕掛けの選択で釣果が決まると言っても良いくらい、サビキ仕掛けの選択が重要である。 堤防の足下狙いなら鈎のサイズが1〜2号、ハリスが0.8〜1.5号の小さな鈎が付いた仕掛けがおすすめです。 少し高価な「リアルアミ」などの名前が付いたアミエビにソックリな鈎が付いたサビキ仕掛けは凄く釣れますよ!。 良いサビキ仕掛けはコマセを撒かなくても魚が通るとガンガン食いつきます!。

【オモリの号数】
足下狙いでは3〜6号くらいのナス型オモリを使用します。オモリはサビキ仕掛けの一番下にあるスナップに取り付けます。

【アミコマセ】
アミコマセに「冷凍ブロック」と、解凍不要ですぐに使える「常温保存タイプ」の2種類が存在します。 冷凍ブロックのアミコマセは量の割に安いので、1日釣りをするような人や、複数人で釣りを楽しむ人は冷凍ブロックを購入するのがおすすめ。

使用するアミコマセの量は撒き具合にもよりますが、半日で1人2kgくらいあれば大丈夫です。

常温保存ができるアミコマセもあり、解凍不要で買ってすぐに使えるほか、数日前に買って家に置いておけるので楽ちんです。 手を汚すことなく扱えるように、工夫が施されたパッケージに入っている物が多く、手や釣り場も汚さない扱い易さも魅力です。

冷凍ブロックで足りるか不安な場合の予備として買っておくのも良いですね。 高温を避ければ、常温で腐らず年単位で保存ができるので、もし使わなかったとしても当分は大丈夫です。
価格は、常温保存できる代わりに少し割高になります。

《サビキ釣りの準備》
【タックルを準備しよう】
釣り場に付いたら釣竿のガイドに道糸を通し、道糸にサビキ仕掛けをセットして竿を伸ばします。ガイドは必ず真っ直ぐになるようにセッティングしましょう。

【アミコマセの準備】
①ザルで水を切る
アミコマセからはドリップが出るのでザルにブロックを入れて解凍します。基本的にこのまま使用可能です。

②バケツの海水に入れて解凍
小型のバケツに海水を半分くらい入れて、冷凍ブロックを投入します。素早く解凍出来るので、急いでいる場合におすすめです。

解凍したコマセはザルで水を切って使用します。 下カゴ式の仕掛けならカゴをバケツの底に落として上下に動かせば、カゴにコマセが入るので、コマセを詰める手間を省くことができますよ。
コマセが減ってカゴに入り辛くなってきたら、ザルで濾してスプーンで入れて下さい。

③配合餌と混ぜる
アジパワーなどの粉状の配合餌と混ぜると集魚力がUP、カサ増しにもなり、さらにドリップも吸収してくれるので一石三鳥‼︎。 使い捨てのビニール手袋をして混ぜるのが一番しっかりと混ぜられます。
バケツの角に粉が溜まりやすいのでシッカリ混ぜ込みましょう。 混ぜ具合は配合餌のパッケージに書いてある説明を参考にして下さい。

《サビキ釣りの釣り方》
コマセをカゴに詰めたら垂直に仕掛けを投入しますが、この時糸が巻かれているリールのスプールには人差し指を添えておき、狙いたいタナまで落としたら人差し指でラインの放出を止めベールを戻します。

次に竿先を水平よりやや下げて、竿先を2〜3回上下に40〜60cmくらい動かしてコマセを撒いたら、あとは動かさずに竿を水平に構えてアタリが出るのを待ちます。 直ぐ近くに魚がいれば10秒も待たずに何らかの反応があるはずです。

魚が針に掛かると、ハッキリと竿にブルブル振動が伝わるので、ゆっくり巻き上げましょう。
アタリが出てから少し待って追食いさせ、多点掛けを狙うと効率よく数釣りができますが、オモリの重さに対して魚がのパワーが強いと、仕掛けを引っ張り上げてしまい、グシャグシャに絡んでしまうので注意が必要です。

仕掛けが絡まるならオモリを重くするか、早めに回収しましょう。 ゆっくり巻き上げながら追い食いを誘うのも一つのテクニックです。

釣り竿/サビキ/サビキセットプロマリン わくわくサビキ釣りセットDX 300cm(エサセット)売れ筋

 

 

ちょい投げ釣り 

ちょい投げ 投げ釣り
ちょい投げとは「投げ釣り」のライト版で、3〜10号くらいの軽い仕掛けを軽く投げ入れて、岸から近い場所の海底に生息している魚を釣る釣り方です。

仕掛けやタックルが軽いので、子供や女性でも楽しめますよ。仕掛けの準備や釣り方も、海釣りの中で最も簡単と言えます。

餌にイソメ(ゴカイ/虫餌)を使用するので、女性の方は餌付けが苦手かもしれませんが、近年、パワーイソメなど人工餌も販売されているので、イソメが苦手な人でもちょい投げ釣りを楽しめますよ!。

《必要な道具》
【釣竿/ロッド】
1.8〜2.7mくらいのコンパクトロッド、万能竿、ルアーロッドなど、オモリが投げられるロッドなら大抵の釣竿が使える。

【リール】
ナイロンラインの2〜3号か、PEラインの1〜2号を100〜150mほど巻いた小型スピニングリールを使用。ラインが太いと受ける水の抵抗が増え、仕掛けが潮流で流されやすくなってしまいます。

【天秤】
投げ釣りには仕掛けの絡みを防止する「天秤」を使用します。天秤は主に「L型天秤」と「ジェット天秤」が使用されます。 必ず竿の対応する号数以内の天秤を使用して下さい。

L型天秤は最も一般的に使用される天秤で、多少潮流が早くても仕掛けが流されにくいのが特徴。
オレンジ色の羽が付いたジェット天秤は仕掛けの回収時に浮き上がりやすく、足元付近に根が有る場所では根掛かりを回避することができますが、その反面、潮流が早いとコロコロと転がるため仕掛けが流されやすい。

【投げ釣りの仕掛け】
投げ釣りは対象となるキスやハゼなどの魚が吸い込みやすい流線鈎で、2〜3本鈎の仕掛けが主流。
仕掛けには鈎のサイズが記載されているので、針の小さい仕掛けと大きい仕掛けを用意しておけば、キスやハゼから大きなイシモチ、カレイなどに対応することが出来ます。

基本的にはパッケージにシロギスやハゼに対応と記載されている仕掛けを選べば大丈夫です。

【餌】
投げ釣りで使用率がされる餌だとイソメ(虫エサ)がお馴染みです。餌ごとに動き、匂い、大きさと特長が違うので、うまく使い分ける事が釣果を伸ばすコツですね。

・アオイソメ
最もポピュラーなイソメ(虫エサ)で価格も比較的安価。あらゆり魚を釣る事ができる。 アオイソメは生物発光すると言われており、夜釣りの餌としても向いている。

・イワイソメ
投げ釣りからウキ釣りまで幅広く使える大物狙いに使われるエサ。匂いが強く魚を引き寄せる。アオイソメとは味が違うらしく、使い分けで釣果に違いが現れる。 アオイソメとイワイソメを交互に鈎に付けて使う使い方もある。良く釣れるエサを探す場合に有効。

・ジャリメ(イシゴカイ)
細身の虫エサで、シロギスの数釣りに適していると言われる虫エサ。特にピンギスと呼ばれる小型のシロギスに有効な餌だ。

・コガネムシ
コガネムシとイワイソメはカレイ釣りで定番の虫エサ。身が柔らかく遠投には向かない。

・人工餌
虫エサが苦手な人には魚が好きな匂いを出す素材で人工的に作られた餌がおすすめ。

【石粉】
イソメに塗すと滑り難くなり掴みやすくなるアイテム。

【竿立て/三脚】
ちょい投げで置き竿にするなら竿立てが必須。釣竿は斜め45°くらいに設置しないと魚のアタリが分からないので、置き竿にする時は必ず三脚や竿受けに設置しましょう。

〈釣り方〉
餌はハゼ、キス、イシモチが狙いであればイソメを鈎に刺して、垂らしが1〜2cmくらいになるようにカットしますが、最新のうちはアピールを兼ねて、少し長めにつけると良いですね。 カレイが狙いなら、イソメを3匹くらい切らずに総掛けにする。

・仕掛けを投入
仕掛けを投げ入れ着底したら、糸フケ(タルミ)を巻き取り、道糸が出来るだけ真っ直ぐ張るようにします。タルミがあると魚が魚がヒットしたり餌を突っついても、なかなか竿にアタリが出ません。

・沢山釣るなら手持ちが1番!
ハゼやキス、イシモチを沢山釣りたいなら、置き竿にせず手持ちで釣るのが1番。 仕掛けを動かすことが重要で、投げ入れたらだけでは、その場所に魚が居なければお終いです。 なので投げ釣りでは、竿やリールを使い、ゆっくりと仕掛けを移動させて魚の居場所を探します。

竿で仕掛けを引っ張り動かす場合は、竿を手に持ち海側へ45°に傾け、3〜5秒かけてゆっくりと90°まで起こします。後は糸フケだけ回収しながら45°まで戻し繰り返すだけです。 リールで仕掛けを動かす場合は、ハンドルを3〜4秒で1回転くらいのペースで回して下さい。

・沢山釣るためのポイント
魚は真っ平らな海底の場所には少なく、岩やヨブ、駆け上がりと言った、海底に地形の変化がある場所に集まる習性があります。 釣れるポイントは仕掛けを引いてくると、仕掛けが急に重くなる場所があるはずなので、その場所には魚がいる可能性が高い。

仕掛けが重くなったら、少し動かさずに待ってみたり、置き竿にしてみるのも良いでしょう。
ちょい投げでは闇雲に投げ入れて放 運任せにせず、魚を探して釣る事が釣果を上げるためには重要ですよ!

レビュー210件以上!! 投げ 投げ竿 釣りセットプロマリン わくわくちょい投げセットDX 300cm売れ筋