ニワトリや烏骨鶏、ウズラは室内飼い・放し飼いできるの? 注意点

ニワトリ 部屋飼い

ニワトリ 室内 部屋 放し飼い
鶏や烏骨鶏と言うと庭で放し飼いにしているイメージがありますが、近年の住宅事情からマンションやアパートでニワトリを飼育される方が増えています。
室内飼いと言っても常に放し飼いではなく、遊ばせる時以外はケージに入れておく人が大半でしょう。

ニワトリは頭も良く芸ができる子もいますし、人に良くなつきます。寿命も長く10年以上生きることも珍しくありません。

ニワトリを室内で飼育したいと思う人の中には、「いきなり黄金伝説」で濱口優がニワトリの「シャクレ」と同じ部屋で生活していたのを見て覚えている人もいるのではないでしょうか。

今回は筆者の家でニワトリ・烏骨鶏を室内飼育している知識を元に、鶏の室内飼育に役立つ情報をご紹介します。

 

ニワトリやウズラを室内で飼育する場合の注意点

ウズラ
どんな生き物でも室内で飼育する場合には注意が必要ですが、ニワトリや烏骨鶏は鳥と言う性質上、犬猫とは室内で飼育する場合の注意点が異なります。

鳥アレルギーに注意

家族に鳥アレルギーの人が居たら大変。心配ならアレルギー検査をしておくと安心です。ペットを飼育する以上、掃除を怠るとダニが増えることもありますよ。

ニワトリとウズラはトイレは覚えません

ニワトリはトイレを覚えません。ほとんどの鳥類は決まった場所にトイレをする習慣が無いためです。
ケージの中ならフンはスノコの下に落ちますが、部屋で遊ばせるときは注意しましょう。

特に夏場は水をよく飲みフンが水っぽくなりますから、カーペットやソファ、ベッドなど布製品の上に上がらないように、犬用のサークルなど利用したいですね。

多少埃が出ます

ニワトリ餌を突いて食べたり羽繕いをすると細かいカスや埃が発生するので、ケージの周りはこまめに拭き掃除する必要があるでしょう。
PCや家電製品の近くにケージを置かないようにしたり、ケージカバーを取り付けて対策しましょう。

とはいえ、犬猫もフケや抜け毛が出るのでペットを飼育する以上は鳥だけの問題では無いんですよ。

オスのニワトリとウズラは鳴きます

オスのニワトリは朝になると非常に大きな声で鳴くため、室内はおろか住宅地での飼育は近所迷惑になります。
また、雄鶏は大きく育ち気が荒い個体もいるので、室内飼育では必ずメスのニワトリを入手しましょう。

ウズラのオスもたまに「クゥワッキュ!クゥワッキュ!」と少し大きな声で鳴きますが、ニワトリと違い近所迷惑になるほど大きな声ではありません。

メスのニワトリも多少は「キューキュー」と言いますが、小型犬の鳴き声と比べたら可愛いものです。
夜はぐっすり寝てくれるため静かです。

臭いは控えめ

ニワトリ自体は全然臭くなく、筆者のアローカナは餌の穀物っぽい良い匂いがします。普通に抱っこして寝れるし、筆者の感覚では犬の方がはるかに臭いと思います。

犬猫同様に個体差もあるので一概には言えませんが、鳥は汗をかかないので、ニワトリ自体が凄く臭くなるようなことはまず無いでしょう。

臭いのはニワトリのフンで、時々する盲腸便と呼ばれるドロッとしたチョコみたいなフンが特に臭いです。
基本的には1日1回か盲腸便をしたらケージを掃除すれば、それほど臭わないはずですよ。

ニワトリとウズラは暑いの苦手です

ニワトリは庭に居るくらいだから暑いのが平気と思われがちですが、実はニワトリは暑いのが苦手で部屋の中でも人が少し暑いと思う温度で直ぐにハーハーしちゃいます。

暑いと見ていて辛そうですし卵を産まくなることもあります。真夏はエアコンを使い室温が28℃以上にならないようにしてあげたいですね。

逆に寒さには強いく、関東以南なら野外のニワトリ小屋でもヘッチャラです。成鳥の室内飼いなら冬でも保温は不用と言っても差し支えありません。

ひよこ〜若鳥までは季節に関わらず保温してあげましょう。ひよこは寒がりですが、冬人違い夏場は熱くなりすぎないように注意します。
ケージ内にあったかい場所と涼しい場所を作れば勝手に丁度良い場所に移動できますよ。

 

ニワトリとウズラを飼育するメリット・デメリット

ニワトリ 部屋飼い 室内飼い
単純に可愛いから飼育する人も多いかと思いますので、メリットとかは気にしないかもしれませんが、やはり数あるペットのなかからニワトリやウズラを選ぶ以上、メリットとデメリットを理解しておきましょう。

ニワトリとウズラを飼育するメリット

産みたての卵が食べられる

ニワトリ飼育最大のメリット⁇。
室内飼いするわけですから、基本的にはペットとして飼育する感じになりますが、メスのニワトリなら産みたて卵を食べることも可能!。

だだし、2〜3年で産卵数は減っていき最終的にはほぼ産まなくなります。あと、必ず朝には産むとは限りません。

栄養分を多く含む烏骨鶏や青い卵を産むアローカナなんかは助かります。

凄く懐いてビックリ!

ウズラ 懐く
養鶏場のニワトリや、小さなウズラからは想像できないでしょうけど、ウズラと特にニワトリとは非常によく人に慣れる生き物です。
特に小さいうちは移動するたびに飼い主の後ろをテクテク付いてきて、お庭に出ると洗濯物を干す間も足元で砂を掘ったりして遊んでます。

野生のスズメやハトみたいな鳥をイメージしていると、ニワトリの犬みたいな行動に驚くでしょうね。
教えると膝や肩に飛び乗ったりと簡単な芸もできますよ。

それにニワトリと烏骨鶏は寿命も長く、体に負担の少ない室内で飼育すると10〜13年以上は生きますし、長い付き合いが出来るペットと言えますね。

ニワトリ飼育のデメリット

こまめなケージや周りの掃除は必要

鳥である以上、羽繕いをすると羽が生えてくる際に表明を覆っているカスが出ます。たまに羽ばたくと多少はケージの周りに散らかるでしょう。
非常に細かいホコリも出るので、定期的にケージ周りの拭き掃除などが必要です。

突かれるかも

鳥にとって嘴は手の代わりであり、気になった物はとにかく突いて調べます。
我が家のニワトリは人を突くことはしませんが、服は良く突いてきます。

手や物を突かれたら軽く追い払って突いてはダメと教えるようにしましょう。個体差はあるものの、少しは改善されるはずです。

あと、ニワトリは黒いものに興味を持つらしく、ゆかに寝ていたり顔をニワトリの頭の高さにしていると目を突かれる可能性があります。
この場合もダメと教えれば解ってやめる個体も多いのでちゃんと教えましょう。

無理な場合は人が手袋や安全ゴーグルを付けるなどして気をつけるしかありません。
経験上、ニワトリが慣れていれば突かれることは無いですよ。

 

ニワトリ・ウズラの室内飼育に必要な設備

烏骨鶏 室内飼い 部屋飼い
ニワトリの飼育設備も人によって色々なパターンがあるでしょうが、筆者的にはウサギ用などやや大き目の小動物用のペットケージを利用するのがおすすめです。

ペットケージはスノコ付きで下の部分が引き出せるタイプならお掃除も楽ちんでなおグッド。
スノコ部分はフンが落ちやすいように100円均一で売っているワイヤネットに改造します。

・ペットケージ/飼育容器
・ワイヤーネット(100円均一)
・水飲み
・餌入れ
・餌
・ペットシーツ/床材

ワイヤーネットを丁度良い大きさに切るために、同じく100円で売っているペンチなどが必要。
細い金属が簡単に切れる金属用のカッターがあれば楽ちんです。ダイソーなら300円で売ってますね。

 

ペットケージ・飼育容器

【成鳥の場合】
ニワトリ 室内 部屋飼い
ニワトリの成鳥ならペットケージは管理がしやすく、水入れ、餌入れを固定出来るので1番おすすめです。
ウサギ用、小型犬用の、大目のペットケージを使用します。
最低でも70×45×45cmくらいのスペースは確保してあげましょう。

選ぶポイントとして、底部がスノコで、引き出し式になっている製品が、メンテナンス面ではベストですね。
専用のケージを使わない場合は、100均のワイヤーネットで衣装ケースの周りを囲むのもありですよ。

スノコの下にはペットシーツや藁、籾殻を入れて水分を吸収させるようにします。
動物のトイレ砂系はニワトリが食べないように配慮が必要なのでおすすめしません。

ウズラは水槽など通気性が保たれている入れ物なら大抵の容器が使用できます。
衣装ケースやガラス水槽など、通気性の良い蓋が無い入れ物なら焼肉網を蓋に使うのがおすすめ。

【ひよこ〜若鳥の場合】
烏骨鶏 室内 部屋飼い
ひよこは保温が重要なので、水槽、衣装ケースなど、横から風が入らない容器がおすすめ。
フンも小さく少ないのでペットシーツや籾殻を敷いてあげれば大丈夫。
籾殻だけを直接床に敷くと足がツルツル滑るので、新聞紙くらいは1番下にひいておきましょう。

こちらのケージは広さも丁度良くニワトリの飼育におすすめ!

三晃商会 イージーホーム エボ80 ブラック うさぎ ケージ ゲージ BK 黒 送料無料

ニワトリや烏骨鶏を飼育する場合、スノコだけは網目の大きな物に改造して使います。

 

餌入れ・水入れ

ニワトリ 水飲み 水入れ
ニワトリが乗ったり倒さない餌入れ・水入れを用意しましょう。
成鳥ならペットボトルの上半分を切った物に、穴を2箇所開け、針金でケージに固定するのおすすめ。
水入れも同様で構いませんし、犬猫用のペットボトルを給水タンクにできる水入れもおすすめです。

ニワトリの野外飼育で見かける陶器の水入れはスペースを取りすぎてケージ内での使用には向きません。

ウズラならプラスチック製の小さな床置きタイプの水飲みで大丈夫です。

リッチェル ペット用 ウォーターディッシュ S 【犬用給水器/猫用給水器/ペット用給水器/ウォーターフィーダー】【犬用品/猫用品・猫/ペット・ペットグッズ/ペット用品】【あす楽対応】

 

ニワトリとウズラのお世話

ニワトリ 部屋飼い
ニワトリの飼育自体は非常に簡単で、餌と水の補充や掃除が日常の管理となります。鳥だから難しい事はなく、犬猫と変わらないと言っても良いくらいです。

ニワトリやウズラの日光浴は必須です

ニワトリ 飼い方
ニワトリも日に当たらないとビタミンDが形成されなくなって骨が弱くなったり、卵を産まなくなったりします。
毎日が無理でも2〜3日に1度くらいは2〜3時間くらい日光浴をさせましょう。直射日光が全体に当たらないようにして、窓際にケージを置いておくのが手軽ですね。

綺麗な砂のある場所で砂浴びさせるのも良いですね。海から砂を持ってきてトロ箱に敷いておくと喜んで砂浴びします。

日光浴をさせる時は必ず体全体が隠れられる日陰を作り、水とエサも設置して下さい。
庭に放すなら園芸ネットと支柱で囲いを作り脱走と猫対策を行います。

当然ですが長い時間目を離さないように注意しましょう。

 

ニワトリ・烏骨鶏の入手方法

烏骨鶏 ヒヨコ
ニワトリと烏骨鶏はたまにペットショップで販売されている事もありますが、基本的にはペットとしてあまり販売されていないのが実情です。
注文すれば取り寄せてくれるかもしれませんが、ペットとして飼育するなら気に入った個体を選びたいものです。

個人的にはヤフオクで好きなウズラ・ニワトリの有精卵を購入し、孵卵器を使用して孵化させるのがおすすめ。自分で孵化させると非常に良くなつきますし、より愛着も湧きますからね。

 

リトルママは市販孵卵器の超定番商品!自動転卵機能付で楽チンですよ!

リトルママ 小型自動孵卵器(ふ卵器・ふ卵機)

楽天で購入