ブリクサショートリーフの育て方|照明 肥料 砂 Co2トリミング 株分け レイアウ

ブリクサ ショートリーフ
ブリクサ ショートリーフ

ブリクサショートリーフは雑草感のある稲のような姿をした人気の水草です。
ブリクサショートリーフは水草レイアウト水槽の前景草として定番の種類で、岩の間や流木の周りに植えるだけで手軽に自然な雰囲気を演出出来る役立つ水草です。

全景と中景の境目に植える水草として利用される事が多く、水草レイアウトでよく見かける水草の一つです。
細かな葉を密に付けるのでビーシュリンプなど小さなエビの隠れ家としても有用ですね。

しかし、ブリクサは育成環境が適さないと葉がバラバラになって枯れてしまうこともあります。
今回はブリクサショートリーフの育て方・育成方法を紹介します。

 

ブリクサショートリーフの育て方

ブリクサ ショートリーフ
学名:Blyxa novoguineensis
分布:東南アジア
用途:前景〜中景
育成難易度:普通
光量:やや強め
水質:弱酸性
水温:20〜28℃
PH:5.5〜7.0
肥料の要求度:普通
Co2:出来れば有った方が育成しやすい
底砂:ソイル/砂利/砂

ブリクサ 育成
ブリクサショートリーフはイネ科の植物を思わせる細長い葉を多数つける水草。
一見エキノドルスにも似ているが、有茎草であるブリクサにはちゃんと茎があり、途中からトリミングして差し戻すことが出来る。

一株でも存在感があり、雑草感を演出するのに非常に役に立つ定番の水草と言って良い。
葉数が多く前景の岩や流木の根元に植ると見栄えがする水草です。

ブリクサは意外と丈夫な水草で、導入初期さえ乗り切れば水質変化にも強く、簡単には枯れたりしません。
ヤマトヌマエビはお腹が空くとブリクサを千切って食べる事があり、葉にポツポツ穴を開けられるかもしれません。

ブリクサショートリーフは充分な肥料と強い照明で育成すると赤味がかった姿になる事もありますよ。

(水草)ブリクサ ショートリーフ(無農薬)(2株分)

ブリクサショートリーフの育成には、やや強めの照明とCO2の添加、それと弱酸性の水質が必要です。
水質は弱酸性を好みますが、中性までなら基本的には問題なく育成ができます。
肥料分もそれなりに必要となるなため、基本的にはソイルでの育成がお勧めですし失敗も少ないでしょう。

とはいえ、照明とCO2の条件をクリアし底床内に十分な肥料分があれば、砂利や砂の底床でも普通に育ちます。
液体肥料を少なめで育成するなら、根元に埋め込んであげるのがお勧めですね。

植え込む際は下葉を数枚、2〜3cm残してカットして植え込むと引っ掛かりになって抜け難くなりますよ。

 

照明

ブリクサの育成には60cm水槽で蛍光灯40〜60w、LEDで12〜30wの光量が必要となります。
バータイプの汎用LEDなら2灯あった方が良いでしょう。

コトブキのフラットツインは筆者も以前使用していたので、各水槽に合ったサイズを購入すれば水草の育成では間違いありません。

人気爆発! コトブキ フラットLED ツイン 600 シルバー 適合水槽の目安:60〜65cm 水槽用照明 LEDライト

 

トリミング・株分け方法

●ブリクサショートリーフのトリミング
ブリクサショートリーフは意外と大きくなり、その高さは15cm以上にもなります。
ちゃんとトリミングしないと本当に雑草みたいになってしまうので、ブリクサのサイズが大きくなってきたらトリミングしてあげましょう。

ブリクサは密に葉をつけますが中心には茎がちゃんとあるので、ブリクサを小さくするな下葉を適当に落としてから好きな長さに茎を切りましょう。

●ブリクサショートリーフの株分け
ブリクサショートリーフ増殖方法は株別れで、脇芽から枝別れした株の差戻です。
親株の葉の隙間から小さなブリクサが生えてくるので、ある程度脇芽が伸び葉数が十分に増えたところでカット・トリミングして植え込みましょう。

大きなブリクサになると複数の脇芽を展開するため、状態良く育てた親株からは沢山ブリクサを増やすことができます。

●ブリクサを育成する際の注意点
ブリクサショートリーフは巻貝の食害を受け易い水草です。
侵入しやすいモノアラガイは天敵で、段々葉に穴が開けられ、最後は葉がボロボロと千切れてバラバラにされてしまいます。
スネールイーターであるアノマロクロミス・トーマシーなどでスネール対策はしっかりと行いましょう。

 

レイアウトでの使い方

ブリクサショート レイアウト
ブリクサ レイアウト 使い方
ブリクサショートリーフの使い方ですが、やはり背の低いグロッソスティグマやリシアなどを敷き詰めた前景と中景の境目に植え事が多いですね。
逆に形が似たエキノドルステネルスを沢山使用した水槽にブリクサを植えると見た目が似ているのでイマイチ。
グロッソスティグマに多少テネルスが混じるくらいなら問題ありません。

ブリクサを流木や岩の隙間に植えると、とても自然なレイアウトになります。
普通の有茎草と違い直ぐに長く伸びてしまわないので、レイアウトが崩れにくいのも嬉しいところでしょう。

ブリクサショートリーフ 育成
ブリクサをまとめ植えして茂みを作るのも美しいものです。
有茎草なのにレイアウトの維持に手間が掛からず、エキノドルスみたいな感覚で使えますよ。

 

【まとめ】
手軽に雑草感を演出できるブリクサショートリーフで自然なレイアウトを作ってみましょう。
ブリクサを植えれば誰でも見栄えのするレイアウトを作れますよ!