水草レイアウト入門におすすめの水草23選|丈夫で弱い光でも育つ!Co2も必要なし! 育て方 使い方 前景 中景 光景


雑誌やアクアショップで見かける綺麗な水草レイアウト水槽に憧れている人は多いのではないでしょうか?
でも綺麗な水草レイアウト水槽作りたいけど、直ぐに枯れてしまわないか心配で、なかなか水草水槽の設置に踏み切れない人も多いはず。

こちらの記事では元プロショップ店員である筆者が、丈夫でCO2も不用、しかも少ない光量でも育つ、初心者でも簡単に育成できる水草を厳選して紹介致します。
写真の水槽も育成が容易な水草のみで構成されています。

水草が育つ水槽・環境を用意しよう


水草を購入する前に、水草が育つ最低限の環境が整っているか確認してみましょう。
どんなに丈夫な水草でも生き物である以上、魚が飼育できるくらいの水質と、光合成に必要な照明といった最低限の育成環境は必要になります。

本来水草の育成には強い照明器具と外部式フィルターの使用、Co2も添加するのが基本になります。
とは言え、こちらでは育成が簡単な水草を厳選しているので、やや強い照明さえ確保出来れば外部式フィルターとCO2は無くても大丈夫です。

理想はどんな水草でも水中に十部なCO2が有った方が、より綺麗に育ちますし、育成難易度も下がるんですけどね。

照明/光


光合成を行う水草の成長には光が必要不可欠です。水草の光合成には光の波長が重要で、明るいだけで波長が適していないと水草はうまく育ちません。

水草の光合成には特定の波長が必要で、400〜450ナノメーターの青い光と、600〜650ナノメーターの赤い光が重要となります。
水草の育成を考えて設計されているLEDならパッケージやメーカーサイトにスペクトル分布も記載されていますよ。逆に波長がよくわからない照明を水草の育成に使用するのは避けるべきでしょう。

●必要な明るさ・照度
水草の育成に必要な光の強さは、60cm水槽で最低1000〜1400ルーメンは必要です。この1000ルーメンの光量は蛍光灯で2灯・40w、バータイプのLEDライトで1灯・15〜20w相当になります。1000〜1400ルーメンの明るさが確保できるなら、育成の容易な水草は問題なく育成できます。

基本的には各水槽サイズに合わせて作られた照明器具を使用するようにしまが、近年主流のLED照明のパッケージには大抵lm(ルーメン)が記載されていますから、水草に必要な光量が確保できているか必ず確認してから購入して下さい。

近年主流となっているLED照明の中には水草の育成に適していない製品もあるため、良くレビューや評価も確認したいですね。

水草水槽に適したLED照明・ライトの選び方|波長・ケルビン・色温度

 

水質/水温

水草に適した水温は24〜26℃くらいで水温が高くなると溶けてしまいます。
こちらで紹介する丈夫な水草なら魚が健康に飼育出来ている水質であれば、直ぐに枯れてしまう事はないと思います。
水草は高水温にはシビアで、多くの水草は水温が28°C以上になると溶けてしまうので夏場は注意が必要となります。

 

水草レイアウト初心者におすすめ!丈夫な水草23種

アマゾンソード

アマゾンソード レイアウト

出展http://ototonoaqua.blog83.fc2.com/blog-entry-279.html

アマゾンソードは小松菜のような外見が特徴で、長さ30cmを超えるの葉を伸ばす南米原産のエキノドルスの仲間。アマゾンソードは非常に丈夫な水草の1つであり、少ない光量の魚水槽でも育つことから、古くからアクアリウムのレイアウトで使用されています。
アマゾンソードは水草を扱っているショップならほぼ間違いなく置いている水草の超定番種ですね。

大きく育ったアマゾンソードは見栄えがする為、水草レイアウト水槽ではセンタープランツやレイアウトのポイントにも最適。アマゾンソードは根からの肥料分の吸収が多いので、肥料を与えるなら固形肥料を与えよう。
葉の大きさを生かしてエンゼルフィッシュの産卵床にも使われる。魚メインの水槽なら鉢植えにソイルを入れて植えるのも良い。

 

アマゾンチドメクサ


アマゾンチドメクサは斜めに伸びるツルのような茎に、丸みを帯びたハート形に見える葉を付ける個性的な水草。チドメと言う名前の由来は現産地で血止に使われていたため。
セリ科の水草でトリミングなどで傷が付くとセリ科特有の独特な香りがする。

アマゾンチドメクサも丈夫な有茎草で見た目も個性的なため、現在でも水草レイアウトに度々使用されています。中景から後景に使われ、まとめ植えしてトリミングを繰り返すことでボリュームのある茂みを作ることができる。

(水草)アマゾンチドメグサ(水上葉)(無農薬)(6本)

Amazonでアマゾンチドメグサ(水上葉)(無農薬)(10本) の価格を調べるならコチラ

 

アナカリス

出展charm

アナカリスは金魚藻とも呼ばれる水草で、カボンバと同様に昔から金魚の水槽に植えられる事の多い水草。
アナカリスはホームセンターでも売られているほどポピュラーな水草で、育成に特別な設備も必要なく、ちゃんと光が当たっていれば金魚鉢でも育成できる非常に丈夫な水草の一つである。
葉が枯れるとフィルム状の膜が残る。

(水草)メダカ・金魚藻 国産 無農薬アナカリス(10本)

Amazonで国産 無農薬アナカリス(10本) の価格を調べるならコチラ

 

アンブリア

出展charm

アンブリアはライトグリーンの密度の高い葉を展開する美しさ水草。
アナカリスやカボンバと比較すると、少しだけ育成の難易度は上がるが、それでも水質の悪化にも強くやや強めの光さえ確保できれば、金魚鉢やプラケースでも育成できるため、金魚のオヤツやメダカの産卵床にも使用できる。

(水草)メダカ・金魚藻 アンブリア(無農薬)(5本)

Amazonでアンブリア(無農薬)(5本) の価格を調べるならコチラ

 

アヌビアス・ナナ


アヌビアス・ナナは活着性の水草で、レイアウトする際にはビニール帯や釣り糸で石や流木に活着させて使用する。
非常に少ない光でも育つ陰性の水草で、葉が硬くスネールや魚の食害に大変強い。
アヌビアス・ナナはあまり強い光の当たる場所に置いておくと髭ゴケなどコケが生えやすいので注意しよう。

アヌビアス系を砂への直植えすると根が腐ってしまうのでNG。見た目からは想像出来ないがサトイモ科の水草である。

(水草)アヌビアスナナ(3ポット分)

Amazonでアヌビアスナナ(2ポット分) の価格を調べるならコチラ

 

アヌビアス・ナナ プチ

出展charm

アヌビアス・ナナを小さくした可愛らしい水草で、2〜3cm程の小さな葉を展開する小型のアヌビアス。30cm程度の小型水槽のレイアウトにも使いやすい。
育成方法はアヌビアス・ナナと同様でつよい光も不用で非常に丈夫です。

(水草)アヌビアスナナ プチ(1ポット分)

Amazonでアヌビアスナナ プチ(1ポット分) の価格を調べるならコチラ

 

アヌビアス バルテリー

出展charm

アヌビアス・バルテリーは大型の葉を展開するアヌビアスで、60cm以上の水槽向き。大きな流木に活着させると手軽人迫力のあるレイアウトを作る事ができる。
大きく硬い葉はコケが生えやすいので、茶コケはオトシンクルス、ヒゲゴケはヤマトヌマエビやサイヤミーズで対処しよう。

(水草)アヌビアス バルテリー 細葉タイプ 東南便(1ポット分)

Amazonでアヌビアス バルテリー 細葉タイプ 東南便(1ポット分) の価格を調べるならコチラ

 

ウォーターバコパ


ウォーターバコパは卵形の透明感のある可愛らしい葉を付ける有茎草。時間帯によって葉を開いたり、葉の色に変化が出る面白い水草だ。
中景のワンポイントに使用される事も多く、数本まとめ植えして使いたい。

(水草)ウォーターバコパ(無農薬)(5本)

Amazonでウォーターバコパ(無農薬)(5本) の価格を調べるコチラ

 

ウォーターウィスタリア

出展charm

ウォーターウィステリアは、ギザギザとした特徴的な切れ込みのある大きな葉を展開する存在感のある水草で、60cm以上の大型水槽のレイアウトに適しています。
ウィステリアは栄養素の吸収が早く、水中の過剰な養分を良く吸収しコケの発生を抑制してくれる。特に栄養素を含むソイルを使用するのならスターティングプランツとして是非植えたい水草だ。

(水草)ウォーターウィステリア(無農薬)(2本)

アマゾンでウォーターウィステリア(水上葉)(無農薬)(6本) の価格を調べるならコチラ

 

ウィローモス

出展charm

ウィローモスは石や流木に巻きつけ、活着させて使用するコケの一種。小石やプレート状のタイルに巻き付け、底面に敷き詰める使い方もある。
ウィローモスは石や流木に巻きつけるだけで、時間が経った森のような雰囲気を出せるので、流木を使用する水草レイアウト水槽での使用率は非常に高い。

肥料さえあれば夏場はバケツに入れて日の当たる野外に放置して置くだけで勝手に増殖するほど強健な水草です。

(水草)ウィローモス(無農薬)(1パック)

Amazonで無農薬 自家産 ウィローモス 10cm×8cm 約10グラムの価格を調べるならコチラ

 

エキノドルス ルビン

出展charm

エキノドルス・ルビンは新葉が赤く色づくの美しいエキノドルス。赤系の水草としては育成も用意で、難易度はアマゾンソードと同様で容易である。
根本への追肥が有効で、より赤みを強くしたいなら根元に鉄分を含む肥料を与えると良い。

(水草)エキノドルス ルビン(無農薬)(1株)

Amazonでエキノドルス ルビン(無農薬)(1株) の価格を調べるならコチラ

 

エキノドルス・オゼロット

出展charm

エキノドルス・オゼロットは斑の入るの大きな葉が特徴のエキノドルス。葉幅が広くたいへん見応えがある水草なので、水槽のセンタープラントやワンポイントに最適。
葉の大きなエキノドルスは、エンゼルフィッシュなどのシクリッドの産卵場所にもお勧め。

(水草)エキノドルス オゼロット(無農薬)(1株)

 

カボンバ

出展https://blogs.yahoo.co.jp/puretansui/24756906.html

カボンバは金魚藻と呼ばれ昔から親しまれてきた水草。水温・水質の変化にも強く、金魚の水槽や鉢を窓辺に置いておけば、差し込む光でも育成出来きる。
水温の低下にも非常に強く日本の池や沼にも生息している。

(水草)メダカ・金魚藻 カボンバ(バラ10本)

Amazonでメダカ・金魚藻 カボンバ(バラ10本)の価格を調べるならコチラ

 

キューピーアマゾン


キューピーアマゾンはアマゾンソードを小さく寸詰りにした様な姿の可愛らしい水草。アマゾンソードと同様に非常に丈夫であり、サイズも10cm程度とあまり大きく育たないので小型水槽でも使いやすい。

 

グリーンロタラ

出展charm

グリーンロタラは水草レイアウトで良く使用される超定番の有茎草だ。繊細なグリーンの葉が柔らかな印象を与えてくれる。トリミングを繰り返す事によりフワッとした茂みを作る事ができる。グリーンロタラの柔らかな茂みは非常に美しい。

グリーンロタラは強い光を当てた方が斜めに成長しながら脇目を展開するため密度を出しやすく、フワッとした綺麗な茂みを作りやすい。
60cm水槽で蛍光灯60w・LED2灯くらいで、2000ルーメン以上の光量を準備すると良い。

グリーンロタラ(水上葉)(無農薬)(10本)

Amazonでグリーンロタラ(無農薬)(10本)+おまけロタラ3本付の価格を調べるならコチラ

 

クリプトコリネ・ウェンティーグリーン


クリプトコリネ・ウェンティーグリーンはクリプトコリネと呼ばれる小型の水草。クリプトコリネは10cm未満の小型種がほとんどで、小型水槽でも使いやすい。
クリプトコリネの仲間は少ない光で育つため、流木の根元や他の水草で影になる場所にも植えられる。
植え替えに弱いので一度植えたら弄らないようにしたい。
クリプトコリネは植え替えると葉が全て溶ける事があるが、根が元気なら直ぐに新たな葉を展開するのでご安心を。一度根付くと非常に丈夫で沢山の葉を付けてくれる。

(水草)クリプトコリネ ウェンティー グリーン(無農薬)(1束分)

Amazonでクリプトコリネ ウェンティー グリーン(無農薬)(1束分) の価格を調べるならコチラ

 

タイ・ニムファ


タイ・ニムファは鮮やかな赤い葉が美しいスイレンの仲間。赤い葉を展開する赤系水草では最も育成が簡単である。
ニムファの仲間は球根・球根付きの株、球根無しの株が販売されていて、入荷状況によって販売の形態は異なる。
やはり球根が付いている株の方が対応力が高く非常に丈夫である。ニムファの仲間は球根のみで販売されている事もあり、球根は水に入れると2〜3日で発芽する。

(水草)(新芽あり)タイニムファ 球根(無農薬)(1個)

Amazonで(新芽あり)タイニムファ 球根(無農薬)(1個) の価格を調べるならコチラ

 

マツモ

出展charm

マツモは透明感のある明るいライトグリーンの葉を展開する水草で、金魚藻とも呼ばれ古くから親しまれてきた水草。
マツモは浮き草に近い浮表水草のため根を張ることはないが、低床に植え込めば通常の水草と同じように立てて育てられる。
低濃度の肥料と弱い光でも育成できてCO2も不要。

光さえあればプラケースや金魚鉢でも育てられる程丈夫な水草で、水に浮かせてメダカの産卵場所にも使われる。
レイアウト水槽では中景から後景に数本まとめ植えして利用される。
マツモは根を張らず浮きやすいので深めに植え込むとよい。

(水草)国産 無農薬マツモ(10本)

Amazonで国産 無農薬マツモ(10本)の価格を調べるならコチラ

 

ハイグロフィラ・ポリスペルマ

出展charm

ハイグロフィラ・ポリスペルマはライトグリーンの葉が綺麗な水草レイアウトでは定番の水草。ハイグロフィラの中では最も育成が簡単で、弱い光でも重要に育成できる。
強い光の水槽では色が濃くなる傾向にある。肥料は低濃度でよくCO2も必要ない。

(水草)ハイグロフィラ ポリスペルマ(無農薬)(10本)

Amazonでハイグロフィラ ポリスペルマ(無農薬)(10本)の価格を調べるならコチラ

 

ミクロソリウム・プテロプス

ミクロソリウム 育成
ミクロソリウム・プテロプス水生シダの仲間で、レイアウトではアヌビアス同様流木や石に活着させて使用する。
ミクロソリウム系は陰性水草と呼ばれており、弱い光で育成できる丈夫な水草のひとつ。

ただしミクロソリウムなどシダ系の水草は高水温には弱く、夏場に水温が28度以上に上がると、シダ病と呼ばれる葉の一部が黒くなる病気を発症しやすくなるので注意したい。ジダ病が発症した葉は早めに切り取る様にする。

(水草)ミクロソリウム プテロプス(1ポット分)

Amazonでミクロソリウム プテロプス(1ポット分) の価格を調べるならコチラ

 

ミクロソリウム・ウェンディロフ


ミクロソリウム・ウェンディロフは葉先が枝分かれするミクロソリウム・プテロプスの改良品種。育成方法はプテロプスと同様で高水温にさえ注意すれば非常に丈夫な水草だ。
ミクロソリウムは歯が硬く髭コケがつき易いため、ヤマトヌマエビなどで予防するのがお勧め。

(水草)ミクロソリウム ウェンディロフ(1ポット分)

 

 

バリスネリア スピラリス


バリスネリア・スピラリスは古くからアクアリウムで親しまれてきた定番種。透明感のあるテープ状の細長い葉を持つ水草で、後景にカーテンの様にまとめ植えすると見栄えがする。
先端に子株がつく茎が変化したランナーを伸ばして増殖するため、増え始めるとあちらこちらから子株が生えてきて困ることも。

(水草)バリスネリア スピラリス(無農薬)(5株)

Amazonでバリスネリア スピラリス(無農薬)(5株)の価格を調べるならコチラ

 

ピグミーチェーン・サジタリア

出展charm

ピグミーチューンサジタリアは根元から葉を展開するロゼット型の水草。子株を付けるランナー(地下茎や茎の一部)を伸ばしチェーン状に繋がりながら増殖する。丈夫な前景草として水草初心者に人気が高い。

(水草)ピグミーチェーンサジタリア(無農薬)(5株)

Amazonでピグミーチェーンサジタリア(無農薬)(10株)の価格を調べるならコチラ