東京湾のタチウオジギング入門|初心者でも簡単! 釣り方や必要なロッド、リール、ライン 、メタルジグ、フック

タチウオジギングは現在東京湾で人気上昇中のルアーフィッシングです。「ジギング」とは船からメタルジグと呼ばれるルアーを使用して沖にいる魚を釣るルアーフィッシングのことです。

船釣りと言うこともあり初心者には難しそうなイメージがありますが、タチウオジギングはライトタックルを使用した釣りなので、女性や子供でも手軽に挑戦できるんですよ。
大抵の釣り船店にはレンタルタックルも用意されていますから、初心者でも手軽にタチウオジギングを楽しめます。

しかもタチウオは強い引きも楽しめるし夏場は簡単に釣れるので、オフショアジギングの入門やエサ釣りからのステップアップにも最適です。

それでもタチウオジギングで沢山釣りたいなら適切なタックルのセッティングやテクニックが必要。
タチウオは少し気難しく、同じ日でも釣れるアクションやルアーの種類も度々変わったりするため、状況に合わせたアクションを考えて釣るテクニカルな釣りを楽しめるのも特徴です。
タチウオジギングにハマると飽きずに長く楽しめる釣りになるはずですよ。

夏タチシーズンや二桁釣果が続いているなら初心者でも普通に釣れるので、まずは難しく考えずに挑戦して下さい。
今回はタチウオジギング初心者の人向けに、東京湾のタチウオジギングに必要なタックル・道具、釣り方を紹介します。

 

タチウオジギングとは?

タチウオ ジギング
タチウオジギングは「メタルジグ」と呼ばれる魚に似せて、鉛やタングステンなどの金属で作られたルアーを動かし「アクション」させて釣るルアーフィッシングです。

タチウオジギングの魅力はそのゲーム性の高さであり、メタルジグ、カラー、アクションの選択など、様々な要素によって釣果に大きな差が出るテクニカルな釣り物です。
何度もタチウオジギングに挑戦しているアングラーでさえ、当日まで最適なセッティングはわからず、釣りながらその日のタチウオに合ったメタルジグやアクションを探りながら釣っていきます。

そんな一筋縄ではいかないところもタチウオジギングを長く楽しめる理由の一つでしょう。サバみたいに毎回簡単に釣れすぎると飽きますよね?
タチウオが食べて美味しい高級魚であることも忘れちゃいけません。

 

タチウオ/太刀魚とは?

タチウオ ジギング
タチウオ/太刀魚は刀の様なシルエットと、鱗の無い鏡のようなシルバーの体表が特徴の肉食魚。
諸説ありますが、その見た目が「刀に似ている」、「立ち泳ぎする」、「立ち上がるように下から頭上の獲物を捕食する」姿から「タチウオ」と呼ばれるようになったそうです。

タチウオは非常に鋭い牙を持つ肉食性の魚であり、時にはタチウオ同士でも共食いするほどで、その見た目に反せず獰猛な生態が特徴です。

生きたタチウオの取り扱いには注意が必要で、噛み付かれたり暴れた際に歯で皮膚を切られる事故が起こります。
生きたタチウオを取扱う場合は、必ず滑り難い魚掴みで首根っこを掴むようにしましょう。
専用のタチウオ掴みも販売されていますよ。

タチウオは非常に生息範囲が広い魚で、表層から水深300mを超える深さまで生息しています。
タチウオジギングでは、夏場は表層から50m、冬場は50〜150mくらいの水深にいる群れを狙います。

 

タチウオジギングのタックル


タチウオジギングではベイトロッドに小型のベイトリールを組み合わせた「ベイトタックル」の使用が主流で、船によってはベイトタックルの使用が指定されている場合もあります。

一部マニアにはスピニングタックルを使用する人もいますが、ベイトタックルの方がタチウオのアタリを取りやすいですよ。

タチウオジギング用のタックルですが、そんなにシビアではなく、乗船する船宿で支持されたメタルジグの重さが扱えるタックルなら、タチウオジギング専用ロッド以外でも青物用やタイラバ用のタックルが流用できますよ。

筆者も180gまで対応の汎用ジギングロッドで18本のタチウオを釣ったので、使用するジグウエイトからかけ離れていなければ他のロッドを流用しても大丈夫です。

タチウオジギングロッド


東京湾のタチウオジギングでは、夏は80〜130g、冬場は150〜170gくらいのメタルジグを使用します。
東京湾で1本のロッドをオールシーズン使いたいなら、80〜180gくらいのルアーウエイトに対応したロッドを選ぶと良いでしょう。

タチウオジギングロッドの長さは6.3〜6.6フィートが主流です。
ロッドには先調子のエキストラファスト、同調子のスローテーパーなどがあり、タチウオジギングではエキストラファストはアクションさせて掛けて釣る釣り方に向いており、スローテーパーは柔らかなアクションと胴から曲がるためクッション性が高くバラし難いのが特徴です。

ゴリ巻きできるサイズのタチウオならエキストラファストでも全然バレないので、個人的には釣っていて楽しい先調子/エキストラファストのロッドをおすすめします。
あまり柔らかいロッドは怠くて初心者だと楽しめないかもしれませんからね。

●タチウオジギングにおすすめのロッド7選

リール


タチウオジギングで使うベイトリールは、0.8号〜1号のPEラインが200m以上巻けるベイトリールを選びましょう。
冬場は100m以上ラインを出す事も多いので、可能なら300m巻いておくと高切れしても安心ですね。

このクラスのラインを巻くリールは小・中型ベイトリールの部類になりますが、下巻きしてやや大型のベイトリールを使用しても構いません。筆者もシマノの300番でやってましたし。

タチウオ専用に使うならダイワ100番、シマノ200番が最適なリールサイズになります。
ラインの残量が心配なら替えスプールを用意しておくと安心ですよ。

ベイトリールにはカウンター付きのリールもあり、アタリがあった水深を正確に把握するのに役立ちます。
カウンター付きのリールは、ラインを視認し難い照り返しが強い日や、夜間のジギングでも水深の把握が容易になりますが多少重くなるので好みで選んで下さい。
東京湾に夜間のタチウオジギング船は無いとは思いますが、他の釣り物と併用するなら気にしたいポイントです。

 

ライン


●メインライン
刻々とヒットレンジが変化するタチウオジギングでは正確な棚取りが非常に重要。必ずジギング用に色分けされたまたPEラインを購入しましょう。
ジギング用のPEラインは10m毎に4〜5色に色分けされ、5 1m間隔で白や黄色のマーキングが施されています。

タチウオジギングで使用するPEラインの太さは、0.8号から1号の細糸が主力で、長さは夏タチシーズンで200m、冬なら300m巻いておくと安心ですね。
太さ選びで迷ったらオマツリ対策で1号を選びましょう。

●リーダー/バイトリーダー

タチウオジギングでは、タチウオの鋭い歯によるラインブレイク対策として、PEラインの先にはリーダーとは別にバイトリーダーと呼ばれる先糸も結束します。

リーダーにはフロロカーボンラインの16lb/4号を1〜1.5mをFGノットで結束、その先に40lb〜80lb/10〜20号のフロロかナイロンラインをバイトリーダーとして50〜60cmほどを電車結びなどで結束します。

バイトリーダーはタチウオの歯で傷ついた際に切り詰めるので長さ自体は釣果に影響ありませんが、太くトップガイドに巻き込めないので、60cmくらいの長さが良いでしょう。

あまりにも食いが渋い日はバイトリーダーを使用しない事もあります。その際は、メインラインのリーダーを20〜28lbくらいにして下さい。

 

メタルジグ

タチウオ メタルジグ
東京湾のタチウオジギングで使用するメタルジグは季節や潮流による差がありますが、基本的には100〜150gのメタルジグをよく使います。

今現在必要なメタルジグの重さは乗船するタチウオジギング船のホームページで必ず確認してから購入しましょう。

タチウオジギング船では出船前かポイントに到着する少し前に、船長から「○○gのジグを付けといて下さい」などと指示がありますが、釣り場に着いてから必要なウエイトを持ち合わせていないと大変ですよ。
ホームページを見てもよくわからない場合は、直接電話して聞くのが一番です。釣れているカラーも聞いておくと良いでしょう。

タチウオジギングに使うメタルジグのバランスは、食わせ重視でオールマイティに使えるセンターバランスと、沈みの早いリアバランスの2種類を用意します。

●少し重いメタルジグも用意しよう
とは言え、指示されたメタルジグは基準と考えて下さい。
なぜ基準かと言うと、微妙なライン太さやリアバランスかセンターバランスかでフォールスピードが変わるため、指示されたウエイトのメタルジグを使用していても、他の人とジグの流れ具合に差が生じます。

潮の流れが早い日などは、自分がセンターバランスで下流側の人がリアバランスのジグだと、流され具合の違いからラインがクロスする事も多いので、こちらがウエイトを重くして流されない様に対応しなくてはいけません。
船長の指示だけでなく状況に合わせて自身の判断も必要なのです。

この場合、同じアクションのジグを使いたいなら、指示されたウエイトより一つ重いジグを選択する必要性が必ず出てきます。
1ランク重いジグを用意していないとオマツリ覚悟でやるか、沈みの良い種類ジグに変えるしかありません。

 

メタルジグのカラー

鏡牙 メタルジグ
タチウオは目で見て獲物を捕食する魚と言われるので、メタルジグのカラー選びは重要です。

タチウオが好む定番カラーは、ピンク、パープル、シルバーの3色が定番と言われています。
この3色に加えて赤金(アカキン)や、蛍光塗料を含むグーローカラーを用意すれば大丈夫です。

やはり青物同様にタチウオもピンクやシルバー系のジグは無難に釣れますね。東京湾のタチウオはパープルを好むなんて言われているので、パープル系も用意しましょう。

●予備のメタルジグを多めに用意しよう
時と場合にもよりますが、細糸を使用し鋭い歯を持つタチウオを狙う以上、オマツリやリーダーのラインブレイクによるジグのロストは多くなります。
タチウオジギングでは定番カラーや、お気に入りのカラーのルアーは最適でも3個づつ予備を用意しておこう。

●タチウオジギングにおすすめのメタルジグ6種類を紹介

 

フック

フォルテン
タチウオジギング フック
タチウオジギングではフックのセッティングも重要で、釣果を大きく左右するポイントです。
好みで通すのもアリですし、その日のヒットパターンに合わせて最適なフックのセッティングを探るのも楽しみ方の一つです。

定番のセッティングは画像のように、リアにトリプルフック、フロントにサルカンやワイヤーで延長したトリプルフックを取り付けたパターンでしょうか。
このセッティングはタチウオジギングでオールマイティに使える、タチウオジギングで基本となるフックの取り付け方になります。

フックはタチウオ専用の製品がおすすめ。
タチウオジギング フック
タチウオジギングで使用する専用トリプルフックは、大抵バーブレスになっています。
返しの無いバーブレスフックはタチウオの硬い口も貫きやすく、スレ掛かりしやすいタチウオも簡単に取り外すことができるメリットがあります。

バーブレスはバラしやすいと思われますが、筆者が18本釣った日でバラしは1匹でした。

フロントに付けるトリプルフックをサルカンで延長する人は、必ず熱収縮チューブを被せましょう。オマツすると糸が絡んで解くのが大変になりますよ。

 

タチウオジギングの釣り方


タチウオジギングのダナ取りは、指示棚の+−10mを探るのが基本。あとは釣れるレンジ(タナ)に合わせて探り始めるレンジを上下にズラして調整していきます。

タチウオを指示ダナから段々と食い上げて来るパターンも多く、同じ場所で釣りをしていると段々とヒットレンジが浅くなってくる傾向にある。

タチウオジギングの釣り方は基本的には難しくなく、「フォール」「ワンピッチジャーク」「ハーフピッチジャーク」が出来れば大丈夫。

●ワンピッチジャーク
タチウオの活性が高い日や、反応が浮いてくるタイミングでは、ワンピッチジャークだけで入れ食いなんてことも多々ある。青物並みに素早いジャークにしか反応しない時もあるほどだ。

ワンピッチジャークは、竿を下げながらハンドルを下へ、竿を上げるときにハンドルも上へを繰り返す。
竿を持ち上げる幅や速さを変えて色々試して、その日のヒットパターンをいち早く掴むことが釣果を伸ばすポイント。

●ハーフピッチジャーク
竿の上下1回に対してハンドル半回転とワンピッチジャークの半分の動きにより、小刻みなアクションで誘う場合に有効。

●フォール
タチウオはフォールでのアタリが多い日もあるので、いつでもアワセを決められるように集中して僅かなアタリも取りたいところ。

フォール中にアタリがあったらスプールを親指で抑え、とにかく出来るだけ早くアワセを入れよう。クラッチは合わせてから戻しても大丈夫です。

ジャークなど巻きのアクションの合間に入れるフォールも非常に重要で、ワンピッチジャークにロングジャークを挟むなど、フォールを意識してアクションさせたい。
スローピッチジャークなんて呼ばれたりしますね。

投げやりで申し訳ないのですが、やはり動画で見たほうがわかりやすいので、詳しくはyoutubeなんかで動画を見て勉強して下さい。

 

クーラーボックス

タチウオ クーラーボックス
タチウオジギングでは内寸の横幅が50cm以上ある、20ℓ以上のクーラーボックスがおすすめ。
一応、内寸45cmのクーラーなら、120cmくらいのタチウオは丸めて入れれば10匹以上は収まりますね。
あまり曲げたくない人は横長のクーラーボックスを購入して下さい。

【その他・必要な道具類】

●ハサミ
●プライヤー
●リーダー
●防止
●偏光サングラス
●タオル

●その他
必要に応じて着替えやレインコート、長靴など

●フィッシュグリップ・魚掴み

タカ産業 太刀魚ドラゴンホールド V-76II (タチウオバサミ キャッチャー 絞め具)

タチウオを噛み付いてくる事もあるので、距離を取れるタチウオ用の魚掴みでしっかりとホールドしたい。

●初心者におすすめのロッド・メタルジグ

ダイワ 鏡牙 63B-1.5 (東日本店)

ダイワ(Daiwa) 鏡牙ジグ ベーシック 130g フラッシュピンク 04828069

 

東京湾で人気のタチウオジギング船


筆者の住む関東では東京湾のタチウオジギングが大人気。土日は何処のタチウオジギング船も混み合っている。
釣り場でよく目にするタチウオジギング船を紹介します。

神奈川県横浜市 渡辺釣船店

渡辺釣船店
〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-3-4
TEL:045-622-8381

横浜の新山下にあり釣船店で、みなとみらい線でアクセスも良く、店の前に駐車場も備えている。
タチウオジギングでは有名で、土日は満員になることも多い。

渡辺釣船店のHPはこちら

 

東京都 深川吉野家

深川吉野家

吉野屋待合所 東京都江東区木場6‐12‐7
吉野屋乗船場 東京都江東区木場6‐15-11

都内からのアクション抜群の人気釣船店。
タチウオジはジギング五目船として狙っています。
青物・サバやサゴシも釣れる楽しい釣り船です。

吉野家のHPはこちら

 

千葉県 こなや丸

こなや丸
〒299-0265
千葉県袖ケ浦市長浦拓1-1-111

こなや丸のHPはこちら

 

釣って良し!食べて良し!のタチウオジギングに挑戦してみてください!!