マツモの育て方|凄く丈夫!メダカの産卵床や金魚のオヤツにもなる 光 肥料

マツモ

マツモ
マツモは金魚藻として古くから利用されてきた水草で、透明感のあるライトグリーンのフサフサした葉が特徴の水草です。
有茎草としては珍しく根を持たない浮草の仲間ですが、レイアウトでは砂に植え込んで直立させると有茎草と同様に扱う事ができます。

 

マツモの育て方

 

出展charm

学名 Ceratophyllum demersum
分布 世界全域
用途 浮草、
光量 弱
水温 16〜28
PH 6〜7.5
肥料 少
Co2 少
底砂 ソイル、大磯砂、川砂

マツモは根を持たない浮草であり低床を必要としないため、金魚鉢やプラケースなどアタンクでの育成も容易に行えます。光の強弱に寛容で幅広い水温、水質に対応でき非常に丈夫で成長の早い水草です。

マツモは育成に十分な光量さえ確保出来るなら、ほとんど全ての水槽環境に適応するほどで、水草レイアウトの入門種としてもお勧めです。

マツモの特徴として肥料・栄養分の吸収も早く水質浄化作用も高いため、小型水槽、プラケース、睡蓮鉢などの水質改善や、水草レイアウト水槽のスターティングプランツにも適しています。

葉が柔らかく金魚やザリガニのオヤツにも使われているくらいで、草食傾向の強い魚やヌマエビに食べられてしまう事もあるので注意が必要です。

(水草)国産 無農薬マツモ(5本)

 

●植え方
マツモ 育て方
マツモは土壌を必要としないので、肥料分と光さえあれば問題なく成長します。
金魚鉢やプラケース、睡蓮鉢に入れ、日当たりの良い場所に置いておけば育成出来るので、メダカの産卵場にも最適です。

レイアウト水槽では通常の有茎草同様に、低床に植え付ける事も可能ですが、マツモは根を張らない浮生水草のため、植えると言うよりは埋め込むと言った方が正しいでしょう。
レイアウトでは植える事でマツモを直立させ、あたかも根を張る有茎種のようにレイアウトに使用する事もできます。

 

照明・光量

マツモは光は強弱どちらでも育成できますが、弱い光では緑が薄くなり、強い光では緑が濃くなります。Co2と光量が十分であれば、全体に気泡を付けた美しい姿を見せてくれます。
あまり環境が良すぎるとマツモは水草の中でも特に早いため、直ぐに伸びてしまいトリミングに大変手間が掛かります。
マツモはLED照明でも十分育成が可能な水草ですよ。

 

増やし方/トリミング

頂点を必要な長さ分だけカットして長さを調整します。
カットすると茎の途中から枝分かれし2本の脇芽を出すので、脇芽が適度に伸びたらカットし植えることで簡単に増やせます。

 

肥料

根を張らないマツモは葉から沢山養分を吸収するので水草葉の液体肥料を適量与えて下さい。
頂点の色が薄くなってきたり、小さくなってきたら肥料不足のサインですよ。

 

charm(チャーム) (ビオトープ/浮草)国産 無農薬マツモ(5本) 【生体】