【弓角】サーフトローリング入門|タックルの選び方、仕掛け、ライン、釣り方を紹介 マウス 釣竿 青物 回遊魚

弓角 サーフトローリング タックル 釣り方

弓角 サーフトローリング タックル 釣り方
弓角(ゆみづの)とは日本発祥の和製ルアーで、砂浜や堤防、磯から青物・回遊魚を釣る釣り方の一つ。
弓角釣りは「サーフトローリング」とも呼ばれるショアジギングなどルアー釣りよりも簡単に青物が釣れるため人気ですね。
弓角釣りではルアータックルも流用できますし、釣り方も簡単なので誰でも手軽に挑戦出来ますよ。

筆者も弓角を使用した釣りや、ショアジギング、カゴ釣りを楽しみますが、やはり青物が海面付近に居るならショアジギングより遥かに食いつきが良く数釣りが楽しめますね。
特にソウダガツオやワカシは弓角で釣りやすい人気のターゲットです。

もちろん弓角にもデメリットがあるので、弓角の特性やメリット・デメリットを理解して使用しましょう。

 

サーフトローリング・弓角釣りの特徴

弓角 サーフトローリング 釣り方 仕掛け
弓角(ゆみづの)は名前の通り弓なりに曲線が付いた本体が特徴で、針が本体に埋め込む形で付いています。
現在量販店で販売されている弓角の素材はプラスチックやアクリルが主流です。

弓角の1番の特徴はクルクルと回転することで、この動きは弓角共通です。
弓角はルアーより作りとアクションもシンプルなため、製品による釣果の差も少ないですし、使い方も簡単なため初心者でもカラー以外は迷わず購入できるでしょう。
あと大量生産品は凄くリーズナブルなのも嬉しいですね。

弓角もルアーのように細いバリエーションがあり、目やフラッシャー、アワビ貼りといったアピールポイントが付いている弓角もあります。

弓角のメリット

●難しいアクションが不要
弓角は動かし方も簡単で、メタルジグのようなアクションはほとんど必要ありません。
子供でも投げて巻いてくれば釣れる、この使いやすさが弓角の大きなメリットです。

●色々なタックルが使える
弓角の釣りでは専用タックルなどなく、投げ竿、遠投磯竿、ルアーロッドなどが使用できます。
弓角を遠くへ飛ばすための仕掛けでマウスやジェット天秤が使用されますが、このオモリの重さに対応した釣り竿・ロッドならタックルは問いません。
あまり短いロッドは使いにくいですけどね。

●ルアーを食わない魚が食う
大抵の場合、ルアーを食わない魚はシラスなど小さな餌を捕食している事が多く、そんな時は弓角が有利に働く。
弓角なら仕掛けの構造上、弓角のサイズを変えずに遠くへ仕掛けを遠投できるため、遥沖の魚も小さな疑似餌で釣れる訳だ。

弓角は小型回遊魚と呼ばれるワカシやサバ、ショゴ、ソウダガツオなど、ジグに食い付きにくい青物・回遊魚が特に釣りやすい。
特にソウダガツオは大きな個体でもジグを食わず弓角ばかりに食いつくなんて事もあるほど。
弓角はルアーより釣れる時は本当によく釣れる。

●水面をゆっくり巻ける
弓角を投げるための仕掛けでマウスと言う物があるが、このマウスにはフローティングタイプがあり、フローティングタイプのマウスならゆっくり水面を引いてくる事が出来る。
これはメタルジグには出来ない釣り方だ。

弓角のデメリット

●仕掛けが絡む
ジグに比べるとキャストに慣れるまでハリスが絡みやすい。向かい風が強い日も絡みやすいが、これは仕掛けの性質上仕方ないでしょう。

●中層以下の深場は少し苦手
弓角自体は浮力がないので、天秤部分に浮力が無い物を使えば底まで沈めて使うことも普通に出来ますが、

●アクションが単調
弓角の動きはルアーより単調になりがちで、青物に見切られる日はアクションの選択肢が少なく打破するにはなかなか苦労する。
素早くキビキビしたアクションは付けにくいし、フォールスピードも遅いのでフォールでは見切られやすい。

●同じ場所でアピール出来ない
ショアジギングではフォールやジャークでジグザグに誘えるが、弓角をアピールするためには早く巻いて引っ張るしかなく、ルアーほどピンポイントでアピールするのには向かない。

 

弓角・サーフトローリングの仕掛け

サーフトローリング 仕掛け 弓角
サーフトローリングの仕掛けはシンプルで、弓角と弓角を飛ばすオモリとなる「マウス」か「ジェット天秤」、フロロカーボンラインのハリスが60〜1m必要になります。

弓角(ゆみづの)

弓角 サーフトローリング 仕掛け
弓角は魚のサイズに合わせて40〜70mmくらいを選択する。ワカシやソウダガツオなら40〜50mm、イナダなど40cm以上なら50〜70mmくらいと使い分けよう。
大物用に90mmくらいの弓角もネットで売られている。

弓角の色・カラー
弓角 カラー 色 サーフトローリング
弓角の色はクリアとピンク、パール系は定番カラーなので必ず用意しておきたい。
単色以外にも様々なカラーが販売されており、価格も大量生産品とハンデメイド品でピンキリである。

貝など天然素材を使用した弓角が釣れると言うわけでは無いが、確かに他の弓角より釣果が良い時もあり、中級者以上の弓角師に人気がある。

マウス・天秤

マウス サーフトローリング 弓角サーフトローリング マウス 弓角
マウスとは名前の通りネズミに似た形をした天秤仕掛けで、耳の部分で水を受けて水飛沫を上げて青物にアピールする効果もあります。

マウスと天秤の重さは号数で表記され、マウスは10〜30号くらいまでの重さがラインナップされています。
1号は3.75gなので、10号のマウスで37.5gとなり、ルアータックルなシーバスロッドのMパワーくらいからキャストできますね。
10号以下だとマウスのラインナップが無いので、ジェット天秤を使いましょう。

絡むようならアームの長い天秤を使うと絡まりにくい。オモリを別に付けられる天秤にはかなりアームが長いのもあるので、必要に応じて使ってみるとよいでしょう。

●ハリス
弓角のハリスは対象によって多少の変化はありますがルアーほど太さにシビアでなく、小型青物でも4〜5号の太さを使用します。あまり細くハリスに張りがないとヨレが入りやすく絡みやすですよ。

ハリスの長さは60cm〜1mくらいで、ロッドの長さに合わせて扱いやすい長さに調整しましょう。やはりハリスが長すぎると絡みやすくなります。

 

弓角・サーフトローリングのタックル


弓角釣り/サーフトローリングにのタックルですが、弓角タックルなど無いため、投げ釣り、カゴ釣り、シーバスタックル、ショアジギングタックルなど、やや重いオモリを投げられる釣竿/ロッドを使用している様々なタックルが流用できる。

ただし、弓角はハリスを取るので短いロッドは釣りにくいし飛距離もあまり伸びず釣り難い。

釣り竿/ロッド

波濤 遠投
弓角釣り/サーフトローリングで使うロッドは、投げ竿、遠投磯竿、ルアー竿が使えますが、必ず仕掛けのオモリ負荷に耐えられる必要があります。

【弓角釣りに使えるロッド】
●投げ竿

投げ竿はサーフトローリングで定番のロッド。弓角以外通常の投げ釣りと同様に、ジェット天秤の30号で投げれば軽く150m以上の飛距離を叩き出せるのが強み。

ただし投げ竿はかなり固いため、投げ釣りタックルを流用しタイプ場合、メインラインが細い0.6〜0.8号とPEラインのままだと、少し大きな魚がヒットしたときにライブレイクする可能性に注意しよう。

難点はタックルが重くなるし、投げ釣りと違い巻いては投げる回数が遥かに多くなるため疲れやすい。

●遠投磯竿
遠投磯竿のメリットは竿の弾力を生かせることと、カゴ釣りとタックルが流用できる点が挙げられる。
遠投磯竿を使うなら竿の号数は4〜5号が人気です。
投げ竿より飛距離は劣りますが、タックルバランス次第で60〜100mくらいは飛びます。

●シーバスロッド
シーバスロッドはM〜MH以上のロッドパワーなら10号(37.5g)のマウスがキャストできる。
10号以下もラインナップされているジェット天秤を使えばMパワー以下のシーバスロッドも使える。

●ショアジギングロッド
ショアジギングロッドならかなり重いルアーを扱える製品が多いので、極力軽いタックルで弓角を遠投したい人に向いている。
80gまで対応するショアジギングロッドなら20号のマウスも余裕を持って投げられる。

【弓角】サーフトローリング用ロッドの選び方と入門におすすめのロッドを紹介

 

リール

シマノ 18ステラ 13ステラSW
サーフトローリングで使うリールは4000番以上のスピニングリールか、投げ釣りかカゴ釣り用の遠投スピニングリールを使用します。
シーバスタックルやショアジギングタックルを使うなら、通常のスピニングリールを使い、遠投磯竿や投げ竿を使うなら遠投リールを選べば良いでしょう。

投げ釣り用の遠投リールにはドラグが付いていない製品が多いので、40cm前後の魚を釣るならドラグ付きのスピニングリールを選びたいですね。

ライン

サーフトローリングで使用するラインは狙う魚のサイズを第一に考えないといけません。
投げ釣りタックルを流用するなら巻いているメインラインが細い場合が多いので、釣る魚の大きさには注意しないとラインブレイクしてしまいます。

細いラインで重い仕掛けを投げるなら、投げ釣りと同様にメインラインの先に必ず力糸や太いラインを結んで下さい。

40cm弱のサバやイナダまでならメインラインはPE1号やナイロン4号で大丈夫です。
50cm以上の魚が釣れるならPE2号、ナイロン5〜6号と対象に合わせて太くして下さい。

 

釣り方


弓角の釣り方は凄く簡単で、キャストしたら狙いたいタナを一定の速度で巻くのが基本です。なかなか食わないなら巻きスピードを変えるなど変化を付けて下さい。

投げ方ですが、カゴ釣りみたいに天秤が弾道を描くように投げると絡みにくいですよ。
絡むようならハリスを短くするなど少しバランスを変える必要があるかもしれません。

水面を狙うならフローティングタイプのマウスを使い、水面以外を狙うならシンキングタイプのマウスかジェット天秤を使用します。

●魚がヒットしたら
ゴリ巻き出来るサイズの魚であれば、巻けるときはゴリゴリ巻いて構いません。ドラグが出るようなら竿を曲げて魚の引きをいなします。
弓角釣りの取り込みは大物以外なら抜きあげる事が多いですね。

【その他】
●便利アイテム


通常の固定天秤に羽を付けられるアイテムも販売されています。ぶらぶら動くジェット天秤が嫌いな人はこちらを利用してみるのも良いですね。

 

【まとめ】
青物が回遊してくる初夏から秋は弓角でサーフトローリングに挑戦してみてくださいね!

 

Amazonでヤマシタ(YAMASHITA) 遠投マウスIIセット F10の価格を調べるならコチラ

ヤマシタ 遠投マウスII 弓角セット (フローティング・20号)