クルーのメタルジグ・FLEET (フリート)インプレ|タチウオ入れ食い、青物、シーバス、ジギング

フリート メタルジク 125g

フリート メタルジク ジギング
フリートはクルーが製造するセンターバランスのメタルジグで、青物やタチウオ、シーバスのオフショアジギングで人気が高いメタルジグです。
ボディ左右が中央にかけてややクビレた断面形状をしており、細かいハイピッチジャークやフォールでのロールアクションでタチウオがよく釣れますよ。

クルー FLEET (フリート)の特徴

フリート メタルジク 125g
『フリートはセンターバランスタイプのミドルロングメタルジグです。
形状はベイスを細長くしたような形ですが、そのアクションはまったく異なり、ベイスに比べ振幅幅が小さく、ストロークの長いウォブリングをします。
この動きはタチウオを対象とした場合に必要なただ巻きやスローなジギング、また青物を対象とした時にも使うショートピッチの早いジギングやロングジャークにも対応します。

この能力を生み出しているのがミドルロング形状。早巻きに対応する抵抗の少ない細身のシルエットを持ちながら、側面をできるだけ広く取ることにより、幅広いスピード帯でのアクションを可能にしました。

タチウオ、青物、シーバス、根魚など幅広い魚種に対応するだけでなく、巻き心地も軽く、身体への負担も少ない誰にでも扱えるメタルジグに仕上がっています。』
メーカーHPより

 

FLEET (フリート) インプレ

タチウオジギング 東京湾 本牧
フリートの125gをタチウオジギングで使用しました。
当日のレンジは浅場の16m以内でしたが、フリートはセンターバランスでフォールスピードもは早すぎないので、ヒットレンジの狭い日や浅場での使用に適しています。

フォールはロールアクションしながら、あまりスライドせずに沈んでいくので、フォールでバイトしてくるタチウオもフッキング率が高いです。

フリートでタチウオ爆釣!!


当時は浅場のタチウオが好活性でフリートで爆釣!
ちなみに、何故かダイワの鏡牙ジグ130gはイマイチでしたから、やはりフリートのアクションが当日のタチウオにハマっていたんでしょう。

フリートの塗装強度は低くはありませんが、タチウオだと15匹くらいで歯が当たった場所のポツポツ穴が目立ちます。

インプレ記事は釣行で使用したら随時追加していきます。

 

【フリート(FLEET)ラインナップ】

楽天クルー FLEET (フリート) 125g (ジギング メタルジグ)

AmazonでCLUE(クルー) メタルジグ フリート 108mm 125g ドピンク 001 の価格を調べるならコチラ
■全長:108mm■重量:125g