ヒラメのルアー釣り入門|タックル、ルアー、釣り方、釣れるポイント、ロッド、リール 、ライン、フラットフィッシュ、マゴチ

ヒラメ 釣り方 ルアーフィッシング

ヒラメ 釣り方 ルアーフィッシング
ヒラメはフラットフィッシュと呼ばれており、砂浜・サーフからルアーフィッシングで狙えるターゲットです。
ヒラメは数が釣れる魚ではありませんが、時には80cm〜1mサイズの座布団ヒラメが釣れたりと、夢のあるターゲットと言えるでしょう。高級魚なので食べたても美味しいですし。

ヒラメ釣りのルアータックルはヒラメ以外にもショアジギングに流用できるため、あまり専用性が高くなく色々な釣りが楽しめるメリットもありますね。
扱い易さは劣りますが、シーバスタックルをヒラメ釣りに流用する事も可能です。

ヒラメの釣り期は涼しくなる9月から3月頃で、波打ち際に沢山の釣り人が並ぶ光景が見られる。
とは言えヒラメのルアーフィッシングは難易度が高く、よほどのヒラメ釣りのスポットでも無ければ数釣りはおろか、何回か釣りに行って1匹釣れれば良い、なんて場所もあります。

今回は初心者が少しでもルアーでヒラメが釣れるように、必要なタックル、ルアー、釣り方を詳しく紹介します。

 

ヒラメの特徴・生態

ヒラメ ルアーフィッシング
ヒラメは時に1mを超えるサイズに育つ大型のフィッシュイーター(肉食魚)で、大きく育つと動く餌しか食べないとも言われているが、実際には死に餌も食べるようだ。
ヒラメは沿岸の浅場から沖合200mの砂地やゴロタ場に生息しており、ショア(丘)からのルアー釣り・餌釣り、船釣りで釣れる人気の高いターゲットである。

ヒラメの雄は成魚で60cm程度、雌は80cm〜1m以上に育つ。座布団ヒラメと呼ばれる大型のヒラメはメスが多い。ヒラメは1年で30cm、2年で50cm以上に育つとされる。

あまり知られていないがヒラメは出世魚で、1kg以下をソゲ、2kg以下を大ソゲ、2kg以上をヒラメと言う。
釣り人の間では40cm以下はソゲ、40cm以上をヒラメと言う事が多い。

ヒラメとカレイの見分け方

ヒラメと良く似た魚にカレイが存在するが、「左ヒラメに右カレイ」と言う言葉がある通り、ヒラメは頭の左側に目が付いているのでヒラメと呼ばれる。
簡単な見分け方として、通常の魚のように下顎を下にして見た際に左側に目(体の表面)が付いていればヒラメである。
カレイはヒラメと反対で目が右側に付いている。

卵から孵化したヒラメの稚魚は一般的な魚と変わず頭の左右に目がついているが、成長と共に左側に移動して15cmまでに普段見かけるヒラメの姿になる。

 

ヒラメのルアーフィッシングに必要なタックル

ヒラメ ルアー タックル
ヒラメのルアーフィッシングで必要なタックルは、サーフからルアーを遠投する関係上、パワーのあるロングロッドを使用するため専用性が高くなる。
しかし、ヒラメタックルなら同じくサーフからも狙える青物をショアジギングで狙えるので、サーフの釣りが全般に好きなら餌釣りも含め色々と流用できるでしょう。

 

ロッド


ヒラメのルアーフィッシングで使用するロッドは短くて9.6フィート、長いもので13フィート以上のロッドもある。基本的なサーフからのヒラメ釣りでは、汎用性の高い長さが10〜11フィートのロッドを選びましょう。

ヒラメ(フラットフィッシュ)専用のルアーロッドもありますが、30〜40gくらいのルアーが扱えるならシーバスロッドやショアジギングロッドも流用可能です。

ヒラメはフッキングさえ決まればシーバスほどバラシにくいので、ヒラメ用のルアーさえ遠投できれば、あまりロッドの固さは拘らなくても大丈夫です。

●ヒラメ釣りで使うロッドの選び方|長さ・パワー、おすすめのロッドも紹介

 

リール


ヒラメのルアーフィッシングで使うリールのサイズは、3000番・4000番・C5000番が主流。
リールのギア比はルアーを泳がせるスピードと回収速度を考慮して、ギア比の高いハイギア以上のリールが使用されます。
巻き上げ長さで言えばハンドル1回転あたり100cmの巻き上げ量は欲しいところですね。

ヒラメ釣りではルアーを遠投するために細糸を使うので、ドラグがスムーズに作動する1〜2万円くらいの価格帯から選びたい。

●C5000番がおすすめ
個人的には新しくヒラメ用のリールを買うなら、飛距離が伸びるシマノのC5000番がおすすめ。C5000は4000番と同型ボディに5000スプールが付いただけで、重さも4000番と大差ありません。
C5000番と4000番で80m以上キャストすると5mは飛距離が伸びます。

 

ライン


ヒラメのルアーフィッシングでは飛距離と強度を考慮して1〜1.5号のPEラインを200m巻いて使用します。
PEラインは伸びが無く、同じく太さのナイロンラインより3倍以上の引っ張り強度があるので、1号の細いラインでも80cm以上あるヒラメを釣ることができます。

ヒラメで使うPEラインの太さを選ぶ基準ですが、釣れるヒラメのサイズで選ばず投げるヒラメルアーの重さで選ぶのが基本。ヒラメは根がない場所で釣る事が多いので、大型のヒラメを細糸で掛けてもドラグを出して対応すればラインブレイクする事は稀ですよ。

ラインの太さ

細いラインほどルアーの飛距離は伸びますが、ヒラメ釣りのルアーはやや重いルアーも多いため、キャスト切れしないように、余裕を持った太さのラインを巻いておきたい。

投げるルアーが30gまで使うならPE1号、40gまで使うならPE1.2号、50gまでならPE1.5号を選ぶと良いでしょう。
1号ラインで50gのルアーも一応キャストできますが、ラインが少し劣化するとキャスト切れする心配があります。

初心者でPEラインの扱いが心配なら、最初は2号を使用しも良いでしょう。2号の太さを使うと30gくらいのルアーで、飛距離が1号ラインより20mくらい落ちてしまいます。それでも70mは飛びますけどね。

あと、ラインが太いと海流の影響でルアーが流されやすくなるのと、風が強い日もルアーの軌道が変わったり飛距離も落ちてしまいます。

ラインの長さ

ヒラメ釣りでは70m以上キャストすることも珍しくないので、ラインは最低でも200mはリールに巻いておこう。
150mだと70m投げて高切れしたら、そこで釣り終了になってしまう。

ラインカラー

PEラインのカラーは単色でも色分けラインどちらでも構いません。色分けラインは飛距離が把握しやすいので、ヒットしたポイントやルアーの飛距離を確認する場合に役立ちます。

単色PEラインを使うなら、視認性の高いグリーンが良く使用されています。

 

リーダー

ヒラメの歯は鋭いし砂で擦れるので、リーダーは4〜6号のフロロカーボンを選択する。ヒラメの場合は4号と6号の違いで太くて釣れなくなることは無いと考えて良いと思う。
リーダーの長さは60〜1.5mくらい、あまりガイドに結び目を入れたく無いなら50〜60cmで構わない。

メインラインとの結束はFGノットを使用する。

 

ルアー


ヒラメ釣りで主に使うルアーはプラグ、ワーム、メタルジグの3種類。ルアーごとにメリットとデメリットがあるので、各種ルアーの特徴を理解して上手に使い分けるのがルアーでヒラメを釣るコツですね。

ヒラメが釣りやすいルアーのサイズは9cm〜12cmがベストサイズ。9cm〜12cmのルアーは適度な重さがあるので遠投できるし、ソゲからヒラメサイズまで満遍なく釣れる。
飛距離を考えるとルアーの重さは15g以上あると良い。

ミノープラグだけは潜行レンジと言うミノーが潜る水深が決まっているので、ヒラメを釣るエリアの水深に合った潜行レンジのミノーを選ばないといけない。
釣り場の水深が5mでヒラメがボトムに居るにもかかわらず、投げているミノーの潜行レンジが60cmではヒラメは釣れません。

ミノープラグ

ヒラメ ミノー ルアー
ミノープラグとは魚そっくりにプラスチックで作られたルアー。プラグは他のルアーでは真似出来ないアクティブでリアルな泳ぎを見せるし、プラグ系ルアーは適度な浮力があり低速のリトリーブにも対応する。

ヒラメ釣りではプラグの中でもミノーと呼ばれる頭にリップが付いたルアーの出番が多く、ミノーは巻くだけで本物の魚みたいに泳いでくれるため初心者でも使いやすい。

ミノープにも沢山の種類があり、水に浮く「フローティングミノー」、浮き沈みしない「サスペンドミノー」、水に沈む「シンキングミノー」があり、ヒラメ釣りではフィールドに合わせてどのタイプも出番があります。
まずはシンキングミノーを購入すれば良いかなと思いますよ。

フローティングミノーは水深が浅いエリアで活躍する。根掛かりしやすい浅いゴロタ場合もフローティングミノーなら心配ない。

シンキングミノーは水深のある場所でボトムをトレースする場合に役に立つし、同じサイズのフローティングミノーより自重が重く飛距離も稼げる。
サスペンドミノーはストップアンドゴーをしても上下に浮き沈みしないのもメリット。

【ミノーのメリット】
●使い方が簡単
ミノーはただ巻きするだけでボディ全体を振って泳いぎアピールしてくれる。製品毎に潜行レンジが決まっているので使い分けも簡単だ。

●ゆっくり巻ける
フローティングミノーは水深が60cmの浅場でもゆっくりとリトリーブできるので、浅いエリアではなくてはならないルアーだ。

【ミノーのデメリット】
●プラグはスレやすい
プラグは波動が強い代わりに何度も見せるとスレて反応しなくなってしまう。
激戦区のフィールドではミノーに限らず連日プラグ系ルアーが投げ込まれているため、プラグのデメリットでプラスチックとフックが接触する音や波動にスレているヒラメも多い。

ワーム


ワームは初心者がヒラメを1番釣りやすいルアーです。
柔らかい素材のワームはナチュラルな波動を放ち、食いついたヒラメがフッキングしなくても、違和感を持たないのでもう一度食い付いてくる。
初心者がルアーでヒラメを釣りたいなら、まずはワームを使うのがおすすめだ。

ワームは柔らかい部分の名称で、ヒラメのルアーフィッシングではジグヘッドとワームを組み合わせた「ジグヘッドリグ」を多用する。

ジグヘッドは20〜30gで、下向きにトレブルフックが付いたタイプを選択。ワームのサイズは9cmも有れば問題ない。

ワームとジグヘッドは別々に販売されていますが、ヒラメ専用のワームとジグヘッドが最初からセットになった商品もあるので、初心者なら是非利用したい。

●デュオ ビーチウォーカー ハウルシャッド (4インチ) 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

AmazonでDUO(デュオ) ワーム ビーチウォーカー ハウル 27g の価格を調べるならコチラ
ビーチウォーカーハウルはヒラメ釣りで非常に実績の高いワームセットです。ヒラメ釣り初心者ならハウルを選べば間違いない。

メタルジグ


メタルジグは鉛など金属の塊で作られたルアーで、コンパクトなシルエットでも抜群の飛距離を誇るり、100m近い遠投も可能。
メタルジグなら水深が5m以上ある深場での使用でも浮き上がり難い。

近年はヒラメ用にした方向にトレブルフックが付いた、ただ巻きで釣れるスイム系のメタルジグも増えている。
メタルジグの使い方はただ巻きとリフト&フォールが基本。

●ヒラメ釣りで実績の高いルアー9選

 

ヒラメの釣り方

ヒラメ ルアーフィッシング 釣り方
ヒラメをルアーフィッシングで釣るなら、釣れるポイントを選び、尚且つしっかりヒラメにルアーを見せる必要がある。
このポイント選びとヒラメのヒットレンジ(釣れるタナ)に上手くルアーを通せるかが釣果を左右します。

ヒラメが釣れるポイント

日川浜
いざヒラメを釣りに行っても、初心者は釣れるポイントが分からない可能性があります。
ヒラメもサーフに満遍なく生息しているわけでなく、基本的には地形変化や水流の変化がある場所に集まっています。

ヒラメをルアーで釣りたいなら、とにかくヒラメが釣れるポイントに入る事が第一条件です。まず釣れるポイントに入らないと、ただでさえ数が少ないヒラメは釣れませんからね。

下記でヒラメが釣れるポイントを解説しているので、自分の行くフィールドで合致する場所が有るなら必ずその場所に入って下さい。

サーフのポイント

ヒラメ 釣れるポイント ルアー
砂地・サーフの釣り場は似たような風景が続いていて、初心者さんは何処でヒラメが釣れるの全然かわからないと思います。
一見ポイントが無さそうなサーフにも、ヒラメが集まる場所が沢山ありますよ。

●離岸流
離岸流は打ち寄せた波が沖へと払い出す流れのこと。離岸流のある場所は砂浜が岬状に海へ突き出しているので判別できる。この突き出た場所の左右と先端の沖方向には、ヒラメが集っている可能性が高い。

この場所から扇状にルアーをキャストして広範囲に探ると良い。並びに他の釣り人がいる場合はラインがクロスしないように注意しよう。

砂浜の波打ち際に何故か砂利浜になっている場所があれば、その付近も流れに何らかの変化があるはずです。

●カケアガリ
カケアガリは海底に傾斜のある場所で、カケアガリ自体は目では見えませんが、カケアガリ付近にから波が高くなるので大体の場所がわかります。
カケアガリはヒラメがベイトを追い込みやすく、待ち伏せしているヒラメが着いてる可能性が高いポイントです。

●潮目
潮目は塩分濃度や水温の違う海流のぶつかる場所のに形成される境目のような物。潮目は見れば海面に筋や波の具合に違いが出来ているのでわかります。
潮目にはヒラメのベイトになるイワシなど小魚が集まりやすく、ヒラメが着いている可能性がある。

磯・ストラクチャー

ヒラメ 釣れるポイント
ヒラメ釣りでは岩・テトラ・ゴロタと言ったストラクチャー・地形変化も重要なポイントです。
ヒラメは地形変化を好むので、潮の流れが変わる岩・テトラと砂地の境目はヒラメがベイトを捕食するために待ち構えている可能性が高い。
磯から釣るなら足元付近も釣れるポイントになりますよ。

 

ルアーの動かし方

ヒラメはベイトを追う時以外は、大抵砂の上で獲物を待ち構えています。
ヒラメにルアーに気付いてもらうにはボトムから1mくらいをトレースするのがベストと言われます。
初心者はまず「底から1mを」基準にルアーを引いて来れるように練習してみましょう。

ただ巻き

ルアーのアクション・動かし方は基本は「ただ巻き」です。ただ巻きとは、文字通りルアーを一定の速度でただ巻いてくるだけ。
このただ巻きを上記の底から1mを意識して行えば、まずヒラメが釣れるアクションの1つは出来ています。
ただ巻きでのルアーの巻き取り速度は1秒に50cm〜1mくらい。

ヒラメは活性が上がると水面まで上がってきてボイルする事もあり、この場合はヒラメがベイトを追い回しているので早巻も試してみて下さい。
ベイトが接岸していると中層や表層でもヒットするようになりますよ。

リフト&フォール

ただ巻きで反応が無い場合、ワーム・メタルジグなら「リフト&フォール」を試してみましょう。
リフト&フォールはボトムを丹念に探る場合に有効なアクションで、活性が低いヒラメにも有効なアクションですよ。

リフト&フォールのやり方は、ロッドを水平に倒しながら糸フケを巻き、ロッドが水平になったら待機し、ルアーが着底したらロッドを立ててルアーを持ち上げ、また糸フケを回収しながら水平で待機、ルアー着底したらロッドを立ててルアーを持ち上げる、あとはこの繰り返しです。

 

初心者へのアドバイス

海底の起伏がよくわからない場合は、5号くらいのナス型オモリをラインに結んで、海底をずる引きして確認するのもおすすめですよ。
予め地形や根掛かりしそうなポイントを把握できる有効な方法です。

なかなかルアーを一定のレンジでトレース出来ないなら、ダウンショットリグを使用するのもおすすめ。ルアーの位置を一定の高さに固定できるのでお子さんでも簡単に扱えます。

ヒラメが釣れない…

ヒラメは釣り番組で行くような超メジャーなポイント以外ではなかなか釣れないものです。メジャースポットでも更に釣れるポイントがある程度決まっており、その場所を見つけるまではなかなか釣れません。
ヒラメはプロでもノーフィッシュは普通の魚ですよ。

筆者の住む関東だと、シーズンに5回ヒラメ釣りに行って1匹釣れれば良いくらい。釣れるまで諦めずに釣り場に通う忍耐が必要な釣りになりますね。

時にはショアジギングで青物を釣ってみたり、気晴らしを挟んで気長に狙うのも良いのではないでしょうか。

 

コチラの記事もおすすめ
●ヒラメ釣りに使うワーム・ジグヘッドの選び方|種類・重さ・色