ヒラメ釣りで使うルアーロッドの選び方|長さ・ロッドパワー、マゴチ、サーフキャスティングロッド


ヒラメのルアーフィッシングでは9.6フィート以上ある、サーフからルアーを遠投できる長めのショアキャスティングロッドが使用されます。
現在フラットフィッシュ(ヒラメ・マゴチ)専用ロッドもありますが、ヒラメ専用ロッドじゃなくても、シーバスロッドやショアジギングロッドなども使えます。

 

ヒラメロッドの選び方

ヒラメ ルアー タックル
ヒラメはサーフ・砂浜からの釣りになるので、ルアーの遠投性能と、波にラインが触れない長さも必要です。
ヒラメルアー専用のルアーロッドは少なく、大抵はサーフキャスティングロッドやショアキャスティングロッドと言う種類に分類されます。
近年はシーバスやヒラメを限定せず、同じブランド内でも長さとパワーでシーバスとヒラメ、ライトショアジング用を区別しているモデルが多くなっていますね。

シーバスロッドなら長さ9.6f以上でML以上のパワーなら使えるし、ショアジギングロッドも重いけど使えなくはない。
ヒラメはシーバスと違い口切れし難いため、やや硬めのロッドを選んでも大丈夫です。

ロッドの長さ

ヒラメロッドは9.6フィートから13フィートまでの長さがラインナップされていますが、よく使われるのは9.6〜10.8フィートくらいの長さです。
ロッドが長いと飛距離は伸びますが、コントロール性が下がり、重くなり振り抜くために力が必要になります。

 

ロッドパワー

ロッドパワーはヒラメの大きさではなく、投げたいルアーの重さで選択する。ヒラメルアーはフィールドによって14〜50gくらいまで使用されており、メインに使用するルアーの重さより、対応ルアーウエイトが15gくらい余裕があるロッドパワーを選びましょう。

基本的には30〜40gまでのルアーが使えるルアーロッドならヒラメのルアーフィッシングに使えますよ。

 

おすすめのヒラメロッド5選

ネッサBB

ネッサBB ヒラメ ロッド
ネッサBBはヒラメなどサーフのルアーフィッシングに入門に人気が高いサーフキャスティング専用ロッド。
3ピース設計なのでロングロッドに有りがちな持ち運びのダルさもない。
初心者でもネッサBBを選んでおけば当面不満なくヒラメ釣りが楽しめると思います。

【特徴】
NESSAのDNAを受け継ぐ、ベーシックモデル登場!より多くのアングラーにサーフゲームの楽しみを!そんなコンセプトで誕生したハイコストパフォーマンスロッドが「NESSA BB」。

ヒラメに照準を合わせたサーフゲームで、とくに重要とされる遠投性能を追求。すべてのアイテムが10ftオーバーのロングレングス設定で、フルキャスト後の縦方向のアクションも効果的に演出可能。加えてロングロッドにありがちな弱点をシマノ独自の強化構造、[ハイパワーX]を搭載することで抑制。

シャープなキャストフィール、操作感を実現した。ロッドアクションはNESSAコンセプトを受け継ぐ3ピース設計を採用。
誰でも投げやすい、誰でも操作しやすいラインナップは厳選の4アイテム。サーフゲームに挑むアングラーを熱くする、本物の専用アイテムだ。

【評判・評価】
サーフといえばネッサ
2018年5月26日Amazonで購入
コンセプトのとおり、サーフメインで使用しています。まず、3継なので車でかさばりません。しっかりした作りで、あまり柔らかくはないです。ルアーの飛距離は稼げます。
竿先から細かな当たりも伝わってきます。今のとこ満足しています。サーフ以外でも使ってますが、長さが邪魔にならなければ不具合ないです。
追記です。防波堤から92センチで7.7キロのヒラメを釣りました。慎重になったため時間はかかりましたが、ちゃんと足元まで寄せれました。
Amazonレビューより

S1002M
遠投性と操作性を兼備した、ザ・ヒラメオールラウンダー!軽快な操作性とサーフで必要な遠投性能をバランスよく兼備した、フィールドやシーズンを問わずオールラウンドに活躍するアイテム。長時間キャストしても疲れにくく、ミノー、メタルジグ、ジグヘッド&ワームなど多彩なルアーに適応。シリーズの基軸となるロッド。

Amazonでシマノ ネッサ BB S1002Mの価格を調べるならコチラ

楽天シマノ ネッサ BB S1002M

●全長:3.1M
●自重:185g
●形態:並継 ●継数:3本 ●仕舞長さ:110.0cm
●先径(外径):2.2mm ●元径:16.2mm
●ルアーウェイト1:プラグ 8~35g
●ルアーウェイト2:ジグ MAX42g
●適合ライン1:PE 0.8~2号
●カーボン含有率:95.6%
●釣り方、フィールド:ソルトルアー(ショア) ●代表対象魚:ヒラメ(平目)

 

レイジー 106ML

レイジー ロッド ダイワ
106ML
サーフ用アイテムとして遠投性と、ルアーの食い込みのどちらにもこだわって設計。バイブレーションや、120㎜のミノーなどを大遠投し、広範囲を探る釣りに最適な半面、ジグヘッドリグを用いたナチュラルな釣りにも最適。フラットフィッシュにも最適。

【評判・評価】
ロングロッド初心者です

2019年1月17日Amazonで購入
ロングロッドを扱う自信がなかったが使ってると欲が出るので初めから10.6フィートを選択しMLがお値打ちだったので購入しました。
最初は扱いに戸惑いましたが無事にヒラメを釣りあげました。リールはフリームス3000を合わせてライトタックルに慣れている私でも重さは感じません。むしろ軽くて驚きました。
メタルジグは20~30gまでが良い感じで40gだとディップに負担が掛かり気にしながら投げる感じで引き抵抗もちょいと強いです。40g前後だとMかMHが快適な気がします。全てにおいて素人なので毎釣行が練習ですがとても楽しく購入して良かった。
Amazonレビューより

Amazonでダイワ(DAIWA) シーバスロッド スピニング レイジー スピニングモデル 106ML の価格を調べるならコチラ

楽天ダイワ レイジー スピニングモデル 106ML【大型商品】(東日本店)

 

19ソルティーアドバンス S906M

ソルティーアドバンス シマノ
リーズナブルな価格が魅力の19ソルティーアドバンスの96Mは45gのルアーまでキャストでき、ヒラメにも十分使えるロッドです。

●19ソルティーアドバンス・シーバス
投げる、操る、掛ける、獲る、の総合力に優れたロッド。LとMLパワーは河川や港湾狙いに、Mパワーは河口やサーフに潜むシーバスやヒラメなどに適応。

Amazonでシマノ 19 ソルティーアドバンス S96Mの価格を調べるならコチラ

楽天シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス シーバス S 96M 【大型商品】

●全長(m):2.90
●継数(本):2●仕舞寸法(cm):148.6
●自重(g):147
●先径(mm):1.8
●適合ルアーウェイト(g):8~45
●適合ラインPE(号):0.8~2

 

19ディアルーナ106M

18ディアルーナ
筆者も18ディアルーナのMLをショアジギングとシーバスで使用していますが、旧モデルよりかなり軽くなり、先重りもなく取り回しが非常に良くなっています。
2万円弱とリーズナブルな価格ですが、使用感は数年前の上位モデル並みですね。見た目に派手さはないですが、落ち着いたカラーが好きな人には良いんじゃないでしょうか。

【特徴】
●S106M:POWER & LONG DISTANCE MODEL

遠投性能を特化させた10’6インチレングスのパワー重視のロングロッド。12~14cmクラスのミノーやジグヘッド+ワーム、40g超のメタルジグに適応。飛距離が重視されるサーフ、大規模河川、堤防、磯場などにマッチ。ヒラメやランカーシーバス、磯のマルスズキ、小型青物、海のトラウトなど、様々なターゲットを攻略できます。

前作比10%超の軽量化!劇的進化を遂げた新生ディアルーナ! より軽く、より強く、をキーワードにさらなる進化を遂げた新生ディアルーナ。
シマノ独自のロッドテクノロジーと、これまで磨き上げてきた設計・製造手法を融合させ、最大で前作比約14%(23g)もの大幅な軽量化に成功。スパイラルXとハイパワーXに加えマッスルカーボンよって、強度やパワーをロスしがちな軽量化を、高い強度を保持しつつ実現。すべてのシーンにおいて、クラス超のパフォーマンスを追求したロッドとして登場する!

【評判・評価】
少し強め

2019年9月14日Amazonで購入
ML系のロットよりもファースト系のまがり。バットパワーかなりあります。イナダ、鮭、ヒラメ全てに使えました‼️
Amazonレビューより

Amazonでシマノ(SHIMANO) 18 ディアルーナ S106Mの価格を調べるならコチラ

シマノ(SHIMANO) 18ディアルーナ S106M 38035 【大型商品】

●全長(m):3.2
●継数(本):2
●仕舞寸法(cm):163.5
●自重(g):166
●先径(mm):1.8
●適合ルアーウェイト(g):8~45
●適合ラインPE(号):0.8~2
●リールシート位置(mm):437※U
●カーボン含有率(%):99.8

 

ネッサCI4+

ネッサCI4+ ヒラメ
ネッサCI4+はヒラメロッドの中級モデル。上位モデルに匹敵するスペックなので、ヒラメ釣りでネッサCI4+を選んでおけばまず不満は出ないでしょう。更に上位モデルのネッサリミテッドになると価格が6万円以上と倍になってしまいますからね。

【特徴】
サーフゲームに求められる性能を突き詰めたロッド「NESSA CI4+」。全アイテムに遠投性を考慮した10ft以上のレングス設定を採用しながら、長さを感じさせない軽さが特徴。高い集中力を長時間保つことに貢献し、ヒットチャンスを生み出します。
また、ヘビーウェイトミノーやメタルジグをキャストし、離岸流の中でもしっかり操作できる固めのティップを採用。さらに、「NESSA」譲りの3ピース並継設計を採用。
大型ヒラメの猛烈な突進をいなしながらバラシを防ぐベリー、キャストやファイト時にパワーを生み出す強靭なバットという、相反する要素を高次元で1本のロッドに集約しました。「NESSA CI4+」がこれからのサーフゲームをさらに熱くします。

【評判・評価】
シンペンが得意なロッドです。

2019年7月2日Amazonで購入
リミテッドまで手を伸ばさなくてもこれで十分な性能です。軽さ、強さ、丁度良い。ただ、長さがありそこそこ堅いロッドなので1日投げるとけっこう疲れるよ!飛距離と強さを求めるなならばこれは仕方ない。
ヒラメだけじゃなく青物かけても粘りとパワーがあるのでゴリ巻きしても寄せられるのはとても良いです。
そのくせ穂先はしなやかなので合わせても魚を弾きにくいのもなかなかです。
短所らしい短所もなく買って良かったと思えるロッドです。
Amazonレビューより

AmazonでSHIMANO(シマノ) ネッサ CI4+ S1008MMHの価格を調べるならコチラ

楽天シマノ ネッサ CI4+ S1008MMH (ヒラメ ルアー ロッド)

●全長(m):3.25
●継数(本):3 ●仕舞寸法(cm):115.3
●自重(g):176
●先径/元径(mm):2.2/15.9
●プラグウェイト(g):8-38
●ジグウェイト(g):MAX45
●適合ラインPE(号):0.8-2.0
●リールシート位置(mm):455 ●カーボン含有率(%):98.9

「S1002M」が持つ軽さと操作性を引き継ぎ、10’8 ”にロングレングス化。遠投性能を更に進化させたロッド「S1008MMH」。サーフ攻略の要となる重量のあるミノー、メタルジグ、ジグヘッド+ワームなどの多彩なルアーに適応。ロングロッドでありながらも卓越した軽さを身に纏ったバーサタイルモデルです。

 

こちらの記事もおすすめ
●ヒラメのルアーフィッシング入門|必要なタックル・ルアー・釣り方・釣れるポイント

●ヒラメ釣り使うルアーの種類と選び方、実績の高いおすすめルアー9選

●ヒラメ釣りで使うワーム・ジグヘッドの選び方|種類、重さ、色