チヂミトサカの飼育方法|水質・照明・水流・増やし方・株分け・毒性・飼い方

チヂミトサカ パープル 飼育

チヂミトサカ パープル 飼育
チヂミトサカは木のように枝分かれした姿が美しいソフトコーラルです。ボリュームがありサンゴ水槽でも目立つポイントになるサンゴですね。
チヂミトサカはパープルやピンクなど、他のサンゴにあまり無いカラーもあり、1つ配置するだけでもサンゴ水槽を華やかにしてくれます。

チヂミトサカは少し飼育難易度が高めで、明るい照明とランダムな水流、ヨウ素やストロンチウムなで微量元素の豊富で清浄な水質を維持する必要がある。

チヂミトサカは水質に敏感で、環境が合わないと元気なく項垂れたてしまう気難しいサンゴでもあり、状態よく飼育するには少し気を使います。

そこが知りたい サンゴ飼育完全マニュアル 

Amazonでサンゴを上手く飼うための本―飼育環境・難易度別で理解するサンゴカタログ の価格を調べるならコチラ

チヂミトサカの飼育方法

チヂミトサカ パープル 飼育
●照明:強
●水流:中〜強
●水質:硝酸塩が10ppm以内
●水温:23〜26°C
●PH: 7.5〜8.5
●KH:8〜14
●濾過方式:特にこだわらない

チヂミトサカは好日性(こうにちせい)トサカと呼ばれるグループに属するソフトコーラルです。給餌は全く不要で強い照明を当てましょう。
チヂミトサカの飼育難易度はやや高めで、基本的は強い照明と清浄な水質、枝がなびく適度でランダム水流があれば飼育可能ですが、色々な要素で状態の良し悪しが決まる気難しい一面もあります。

チヂミトサカ
形態はライブロックに付着する太い幹が生えていて、複数の枝の先に更にポリプが生えている短い枝が付いています。葉っぱかポリプかの違いで、形は木にそっくりですね。

チヂミトサカ
チヂミトサカのポリプは毒性は低く、あまり他のサンゴと接触してもダメージを与えることは少ないようです。
LPSや毒性の強いソフトコーラルと接触するとチヂミトサカの方がダメージを受ける事が多いので注意して下さい。

同じトサカでとヌメリトサカやカタトサカは毒性が強く隣接しないようにしたい。スターポリプとマメスナギンチャクも足元に置いておくと、チヂミトサカが倒れた際にポリプ同士が接触する可能性がある。

購入時の注意点

チヂミトサカ
チヂミトサカはその名前のとおり、状態によっては4分の1くらいに小さく縮んでしまいます。
ショップで購入する場合もブロッコリーの様に縮んでいる個体は避けて、広がった姿を確認してから購入するべきです。
トサカ類を購入するならポリプが伸びきっていない開店直後は来店を避けた方が良いでしょう。

種類・バリエーション

チヂミトサカ
チヂミトサカにはスジチヂミトサカ、ホンチヂミトサカなどの種類があり、枝振りやポリプの形・大きさに差があります。
基本的どの種類のチヂミトサカでも飼育難易度はあまり変わらないようです。

トサカ類は基本的な形は成長してもすぐに変わらないので、見た目が気に入ったチヂミトサカを購入するようにしましょう。

たまにチヂミトサカとして流通するサンゴには陰日性と思われる種類が混じっており、いくら強い照明を当てても育たないタイプがある。隠日性のチヂミモドキ?は、他のチヂミトサカが育っていても何故かどんどん小さくなって消えてしまう。

(サンゴ)沖縄産 スジチヂミトサカ Mサイズ(1個) 北海道・九州航空便要保温

 

水質

チヂミトサカはソフトコーラルの中でも水質に敏感なサンゴです。チヂミトサカはリン酸と硝酸塩など栄養塩が少ない水質を好み、栄養塩のほとんど検出されないミドリイシ水槽でも育成できる。

魚が多い水槽に導入するなら栄養塩の蓄積に注意が必要です。栄養塩が多いと色が茶色くなってしまったり、ポリプが開かなくなり調子を崩してしまいます。

状態よく維持するには定期的な水換えが1番で、微力元素が豊富に含まれたKHが高い人工海水で水換えするようにしましょう。
チヂミトサカの飼育にはRO浄水器は必要ありません。

人工海水 コーラルプロソルト 210リットル/7kg サンゴ 成長 LPS SPS 関東当日便

Amazonでレッドシー (RedSea) 黒丸バケツ コーラルプロソルト 210リットル/7kgの価格を調べるならコチラ

 

水流

チヂミトサカは枝がなびくランダムな水流が適している。かと言って、あまり連続して水流が当たり続けるのは良くなく、色々な角度から水流が当たるランダムな水流が適しています。
あまりに水流が偏っていると枝振りや形が悪くなる傾向にある。
水流が弱かったり適切ではないと力なく倒れたり、枝が稲穂の様にうなだれてしまいます。

 

照明


チヂミトサカはトサカの中でも明るい照明を好むので、60cm水槽でLED照明2〜3灯・メタハラなら150wは必要です。ルーメン表記だと60cm水槽で3000lm以上になります。
照明が弱いと間延びして貧相な姿になり、やがて痩せて消滅してしまいますよ。

 

増殖・増やし方

ウミキノコ 増やし方 増殖
チヂミトサカは勝手に根元から子株が生えてきたり、枝分かれしたりしたりして増殖します。
株や枝が増えてきたら切り分けて他のライブロックに移動するのも良いですね。

たたし、チヂミトサカは切り口から傷みやすいので、他のサンゴより人工株分けの難易度は高くなる。
上手く新しいライブロックに付着できないと切り口からボロボロと腐食して崩れてしいます。

切り取るなら切れ味の良いカッターの刃かナイフでスパッと綺麗に切断する。株分けサイズは切った側が5cm以上になるように切り取った方が、サンゴ自体の体力があるので失敗せず子株が成長しやすい。

切り分けたチヂミトサカはライブロック片で挟んでおくか、ライブロックに穴を開けて爪楊枝で刺して固定しておくと、だいたい2〜3週間くらいで付着する。
画像はウミキノコの物だが、キノコの傘かチヂミの枝かの違いだけで固定の仕方は一緒だ。

チヂミトサカがライブロックに完全に付着するまでは、縮んだりするうちに緩んで外れ、流されてしまわないように、出来るだけ水流の弱い場所に置くようにしよう。
心配なら大型の隔離箱や産卵箱を利用して隔離するのが安心だ。照明だけはしっかり当たるようにして下さいね。

 

食害

ヒラムシ サンゴ 食害
チヂミトサカの根元付近にはヒラムシが付着しやすい。茶色いアメーバ状の物体が付いていないかよく確認しよう。
ポリプに似たウミウシが付着している事もあり、見つけたらエアチューブで吸い出そう。

(サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ 北海道・九州航空便要保温

Amazonでcharm(チャーム) (海水魚 サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ 【生体】の価格を調べるならコチラ

 

コチラの記事もおすすめ
●サンゴ飼育初心者におすすめのサンゴ10選

●サンゴ飼育に挑戦しよう!必要な器材と水槽の立ち上げ方法

●サンゴ飼育に適したLED照明の選び方|波長・光量・演色性