オオバナサンゴの飼育方法|水質、照明、餌、水流、毒性、飼い方

オオバナサンゴ

オオバナサンゴ
オオバナサンゴは和名をヒユサンゴと言うLPSの仲間です。それほど強い照明や清浄な水質を要求しないので、 LPSの中でも飼育が簡単で、LPS飼育の入門種におすすめ。ソフトコーラルからのステップアップに良いですね。

オオバナサンゴは濃いカラー、とそのカラーパターンの豊富さからコレクション性が高く、サンゴマニアから非常に人気のサンゴです。
おそらくマメスナギンチャクの次にカラーパターンが豊富なのではないでしょうか。

そこが知りたい サンゴ飼育完全マニュアル afb

Amazonでサンゴを上手く飼うための本―飼育環境・難易度別で理解するサンゴカタログ の価格を調べるならコチラ

オオバナサンゴの飼育方法

オオバナサンゴ
●学名:Trachyphllia geoffroyi
●照明:中
●水流:弱
●水質:硝酸塩が20ppm以内
●水温:23〜26°C
●PH: 7.5〜8.5
●KH:8〜14
●濾過方式:特にこだわらない

オオバナサンゴは固い骨格の上に柔らかい共肉が乗った構造をしています。オオバナサンゴは濃い色をした個体が多く、蛍光カラーはブルーライトで鑑賞すると非常に美しい。
飼育にはあまり強い光も必要なく、飼育の難易度はデリケートなソフトコーラルのウミアザミやチヂミトサカよりも容易と言えます。

オオバナサンゴの肉付きには個体差があり、ボテっと膨らみ表面が滑らかなタイプや、骨格が少し浮き出て凸凹と筋が入っているスリムなタイプがあります。
だだし、あまりに口周りまで骨格が浮き出ている個体は痩せている可能性があるので、初心者は購入を見送った方が良いでしょう。

慣れた人は骨格の一部が見えるほど痩せていても、給餌で太らせることは可能ですけど、回復できるかの線引きが難しいので、よほど綺麗なオオバナサンゴでもなければ、わざわざ痩せた個体は購入しない。

オオバナサンゴは単体生のサンゴと言われていますが、口が2つ以上ある個体も見られます。うねった骨格の個体はブレインタイプと呼ばれます。
骨格は中央の口周りかけて深く凹んでおり、中央から外側に壁状の骨格が複数広がっています。

半透明で骨格が見えている個体も褐虫藻が抜けている可能性が高いので要注意。オオバナサンゴは基本的に透き通ったサンゴではありません。

オオバナサンゴの販売価格はサイズとカラー次第で1000円〜数万円までピンキリである。ショップでよく見かけるグリーン系のオオバナサンゴなら1000〜3000円で購入出来るでしょう。
ほとんど形や柄が変わったりしないので、お気に入りの個体を選んで下さいね。

●良く広がるので注意
オオバナサンゴオオバナサンゴ
オオバナサンゴの共肉は状態が良いと2cm以上広がるので、周りにサンゴを配置するなら注意が必要です。
オオバナサンゴ自体の毒性は低く、ハナガタサンゴ類とは問題なく接触出来ますが、キッカサンゴやキクメイシ、スターポリプのような毒性の強いソフトコーラルには負けてしまいます。

種類・バリエーション

オオバナサンゴ
オオバナサンゴには大抵のカラーパターンがあり、その組み合わせは無限大。
またポリプの形状によってブレインタイプと呼ばれる種類もある。

マルチカラー

オオバナサンゴ マルチカラー
3色以上のカラーが組み合わさったマルチカラーのオオバナサンゴは数万円の高値で取引されています。

 

水質

オオバナサンゴは水質の要求度が低めで、ソフトコーラルに近い飼育環境で飼育ができる。
濾過が機能して硝酸塩が20ppm以内の水質なら問題無く育成できるでしょう。ソフトコーラルが元気な水槽なら導入して大丈夫かと思います。

ただしリン酸塩や硝酸塩が多い環境だと色が茶色く変色したり、濃くなりすぎて見た目が悪くなりがち。
オオバナサンゴも栄養塩の少ない環境の方が綺麗な色に育ちますよ。

オオバナサンゴは水流は弱くても大丈夫で、逆に共肉がめくれるような水流は強すぎます。水流の緩やかな場所に配置してあげましょう。

 

照明

オオバナサンゴはあまり強い照明が必要かなく、60cm水槽で1500lm(ルーメン)の明るさがあれば大丈夫です。
60cm水槽ならLED照明で1〜2灯、蛍光灯2灯もあればよく、ハイパワーLEDやメタハラ150wを使うなら、光が弱い水槽の左右に配置しましょう。

ライトの色は育成用のホワイト球と15000〜20000lmのブルー系を組み合わせるのがおすすめ。
消灯前にブルーのみ点灯させて、蛍光色をゆっくり鑑賞するのもおすすめだ。

 

オオバナサンゴは餌を良く食べるサンゴです。必ずしも餌は必要ありませんが、2週間に1回5mmくらいに千切ったクリルを餌として与えると、共肉の厚みが増してボリュームのある姿に成長します。
オオバナサンゴの骨格は育つのに時間がかかるため、共肉を増やして大きくするのも有りだろう。

ただし、餌を頻繁に与えると太りすぎて色が薄くなったり、明らかにブヨブヨになるので要注意。

 

毒性

オオバナサンゴの特性は弱く、大抵他のサンゴと接触するとオオバナサンゴが負けてしまう。LPS類やスターポリプなど毒性が強いソフトコーラルとも接触しないように配置しよう。
近縁種のハカナガタサンゴはら接触しても大丈夫だ。

ライブロックの上に配置する場合、転げ落ちて他のサンゴの上に落ちてしまう事故が良くある。不安定なら骨格とライブロックを水中ボンドで固定しよう。
粘土のようなパテでしっかり固定すれば安心だ。

水中ボンド コーラフィックス ジェルタイプ 20g 関東当日便

 

こちらの記事もおすすめ
●サンゴ飼育入門|必要な器材と水槽の立ち上げ方法を詳しく紹介

●初心者におすすめのサンゴ10選|丈夫で飼育が簡単!

●サンゴ飼育に適したLEDライトの選び方