ヒラメ釣りで使うミノーとペンシルの選び方|釣れるサイズ・カラー・重さ、マゴチ、フラットフィッシュ


ミノーとペンシルはヒラメ釣りでは欠かせない定番のプラグ系ルアーです。
樹脂素材で作られているミノーやペンシルはプラグと呼ばれる種類のルアーで、アピール力が高く、ただ巻くだけで魚そっくりの泳ぎをするため使い方も簡単。適度な浮力を持つため浅場でもゆっくり巻けるし、根がかりも少なく使いやすい。

特にミノーはヒラメのルアーフィッシングではワームやメタルジグ同様に、サーフゲームを攻略するために重要なルアーですよ。

 

ヒラメ釣りで使うミノーとペンシル

ヒラメ ルアーフィッシング 釣り方
近年サーフゲームの人気が高まっており、ヒラメ/サーフ専用のミノーとペンシルが多数販売されています。
各ルアー毎に特徴的が違うので、使い方・潜行レンジ・飛距離自分に合ったミノープラグを選択してみましょう。

ヒラメのルアー釣りで良く使うプラグは、飛距離が出やすいシンキングタイプのミノーが良く使用される。ミノーは頭の先に付いたリップで水を受け、勝手に魚そっくりの動きをするので、使い方で難しいことは何一つない。
ただ、アクションや潜行レンジ、重さ、カラーは何タイプか用意して使い分けたいですね。

浅場を狙う場合はフローティングタイプのミノーとペンシルも活躍します。近年ペンシルにもただ巻きでも使えるタイプが増えてきましたね。

ルアーウエイト・重さ

飛距離が重要なヒラメ釣りでは25〜30g以上ある重めのルアーが使用されます。
ヒラメやサーフゲーム用として販売されているミノーとペンシルほ30g以上あるヘビーウエイトな製品が多いですね。

サイズ

釣れるヒラメのサイズにこだわらないなら、無難に釣れるルアーサイズは90〜110mmくらいです。ヒラメと呼ばれる40cm以上をメインに釣るなら120mmが定番でしょう。120mmでもソゲは普通に釣れますけどね。

ルアーが小さいとヒラメに気づかれない可能性もあり、サーフではデメリットにもなり得ます。
広いサーフでヒラメにアピールする為にはある程度のサイズが必要。実際のヒラメも労力に見合わない小さいベイトは積極的に捕食していないと思います。

泳がせ釣りをしているとよく分かりますが、ヒラメは意外と餌を食うのが下手な魚で、吸い込むより齧り付くようにベイトを捕食します。なので70mm程度の小さいルアーだと見向きもされない可能性がありますよ。

良型のヒラメを釣るなら120mmのルアーを使いましょう。

カラー


ヒラメのルアーフィッシングではアピール力の高い派手なルアーカラーが選択されます。基本的には目立つアピールカラーで釣るのが基本ですね。

ピンクとゴールドはアピール系の万能カラーで状況を選びません。マヅメ時のローライトな環境や、潮が濁っているなら尚更アピールカラーが重要ですね。

イワシやシロギスが居るようならナチュラルなイワシやシルバーも良いでしょう。
カラー選びに迷ったら何色も混ざったキャンディー系のカラーもおすすめ。

ちなみにヒラメは大抵ルアーを下から見ています。ルアーを購入するときはヒラメになったつもりで、ルアーの腹を下から見て、シルエットや反射などの見栄えが良いかどうかで決めるのもありだと思いますよ。

 

ヒラメ釣りにおすすめのミノーとペンシル

熱砂スピンブリーズ130S

熱砂スピンブリーズ130S
シマノの熱砂スピンブリーズは、同メーカーのヒラメミノー3よりやや浅いエリア向けのハイアピールミノー。シャローエリアにおすすめで、使い方もただ巻きするだけで大丈夫。
熱砂スピンブリーズ130Sの30gで70m程度は飛ぶので飛距離も問題なし。
デメリットを挙げるなら価格が高いのだけですね。

【特徴】
新技術「XAR-Cシステム」を採用し、スピンドリフトシャローモデルへ!シャロー攻略で実績のスピンブリーズが、飛距離向上と、ハイアピールのワイドアクションを求めてAR-C SHELLを採用!

広大なサーフでヒラメに気付かせる為に。求めたのは、さらなる飛距離UPと多方向へしっかりと光を飛ばすワイドアクション。
一言でいうならば、スピンドリフトのハイアピールをシャローで実現するためのモデルチェンジ。操作はスピンブリーズ譲りの簡単タダ巻きOKというシンプル設計。
もちろん、飛距離もしっかりこだわって開発し、平均70mオーバーを達成しています。

Amazonでシマノ(SHIMANO) ミノー 熱砂 スピンブリーズ 120mm 30g カガヤキヒラメキャンディ 32T の価格を調べるならコチラ

シマノ(SHIMANO) OM-230P 熱砂 スピンブリーズ 130S XAR-C 130mm 31T コダワリヒラメゴールド 46054

●サイズ:130mm ●重さ:30g
●タイプ:シンキング
●フックサイズ:ST-46(#5×2、テールのみ#4×1)●平均飛距離:70.8m

 

熱砂スピンドリフト AR-C OM-110K

熱砂スピンドリフト 110
熱砂スピンドリフトAR-C OM-110Kは深めのレンジを探る場合や、離岸流・河口付近などの流れの早いポイント、波が荒い場所でヒラメを狙う場合に活躍する低重心のシンキングミノーです。
やや波が高い日でも低重心設計のため安定した泳ぎをしてくれますよ。

32gありキャスティング時にウエイトが後方に移動するAR-Cシステム搭載で飛距離も抜群。多少風があっても60m強は飛びますよ。

熱砂スピンドリフトは潜行深度がやや深いので、特に浅いエリアや岩礁がある場所では熱砂スピンブリーズの方が向いています。
レンジやエリア別に上手く使い分けるのがおすすめ。

【特徴】

スピンドリフト AR-C OM-110K水深が深いところや流れが速いところで使いやすく、サーフを前提としたヒラメ用ミノーとしては根が少ないところで活躍するタイプ。
波の中でもまれてもウェイトが動くことがないため、離岸流のなかでも飛び出すことがなく安定した泳ぎ。 低重心デザインウェイト AR-C VR飛距離と泳ぎを両立するメインウェイト重量を増量し、通常の重心移動設計では泳がなくなる問題を、新発想の低重心デザインウェイトで解消。

【評判・評価】
ヒラメが釣れました。
2013年2月6日Amazonで購入色: 03T : HGヒラメキャンディ
重くて、動きが悪いかな?と思いましたが、かなりしっかり泳いでるように感じます。重量がある分、飛距離も抜群です。

強いアピール力のシンキングルアー
2017年8月8日Amazonで購入色: 05T : ヒラメゴールド
これでヘッドランド脇のサーフで夕方にヒラメを上げました。レンジキープがしやすく、50cm前後のレンジをしっかり引いてこれます。
またファストリトリーブ時のアクションが非常に強く、底を攻める際はまずこのスピンドリフトを使っています!ヒラメ、マゴチ狙いの方には特にオススメです。

Amazonでシマノ(SHIMANO) ミノー 熱砂 スピンドリフト AR-C 110mm 32g OM-110K のラインナップと価格を調べるならコチラ

シマノ(SHIMANO) OM-110K 熱砂 スピンドリフト 110HS AR-C 110mm 33T カガヤキヒラメリョク OM-110K

●サイズ:110mm
●重量:32g
●タイプ:ヘビーシンキング
●フックサイズ:ST-46#3×2

ビーチウォーカー・ウェッジ

ビーチウォーカー ウェッジ
ウェッジはルアーメーカーのDUO(デュオ)がヒラメ・サーフゲーム用に展開している「ビーチウォーカー」シリーズのフローティングペンシルです。

38gのヘビーウエイトにより常に70m以上の飛距離を叩き出すルアーで、遠浅のサーフや沖の浅瀬付近を狙う場合に活躍する。
ヘビーウエイトで浮くヒラメルアーは少ないので上手く活用したい。

釣りビジョンのヒラメ番組「ヒラメイト」で堀田さんがよく使用していますし、釣具店では大抵置いてある定番のヒラメルアーです。

【特徴】
ゆったりとしたスイングアクション。 スリムロングのシンキングペンシルが放つ存在感。
「釣れるはず」のヒラメを「釣りきる」ために、堀田光哉がいまどうしてもほしいアイテムがある。シンキングペンシルだ。
それはファルクラムやフリッパーとは異なる特性を持つ「存在感」。より大きく、ボリューミーで、かつ、ゆったりとしたスイングアクション。
ヒラメが自身の存在を隠している白泡の中でも、ひときわ目立ち「喰ってください」といわんばかりの存在感を放つ。それ加え、ミノーで攻められないシャローや根回りの攻略に優れた浮力。
食い気を誘う、水平フォール。矢のように飛び、グイグイ伸びる飛行能力もほしい。これまでのBWシリーズになかった要素がふんだんに盛り込まれている。案の定アプローチを変えることで、喰ってくるヒラメも変わってくる。スリムロングのシンキングペンシル。その名は「ウェッジ」。ますますヒラメが釣りやすくなる。
Amazonレビューより

【評判・評価】
ヒラメは、勿論だが。
2018年12月9日Amazonで購入色: CPA0380
高木レインボーゴールドサイズ: 120Sこの高木レインボーゴールドは、濁りにも強いしマズメ前の暗いうちから使って釣果有り!ヒラメ、太刀魚、カマス、イナダとオールマイティーに活躍しますよ!太刀魚なんか明るくなるまでに8本釣れました。
Amazonレビューより

AmazonでDUO(デュオ) フライ ビーチウォーカー ウェッジ のラインナップと価格を調べるならコチラ

●デュオ ビーチウォーカー ウェッジ 120S 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

■Length:120mm
■Weight:38g
■Type:重心固定・シンキング
■Hook:ベリー#5・リア#4

 

ハードコア ヘビーミノー110

ヘビーミノー
ハードコア・ヘビーミノー110はリーズナブルな価格ながらアクションと飛距離もなかやか良い万能シンキングミノーです。ヘビーミノー110は37gとヘビーウエイトなので10.6fのロッドでキャストすれば70m以上飛びます。

ヒラメ釣りなどサーフゲームではルアーもダメージを受けやすいので、安いヘビーミノーは使い倒せるから良いですね。

塗装強度は普通ですが、相模湾で80cm以上のシイラを何匹か釣っても破損していないので耐久性は全く問題なし。

【特徴】

ヘビーミノー

●「ランガン時のパイロットカラー」
●クリアウォーターのリアクション狙いに高い実績を持つカラー。デイゲームのランガン等、スピーディーな釣りに向いています。磯、サーフ、オフショアでの使用も効果的。
●低速から高速リトリーブまで幅広く対応
●重量級ぶっ飛びミノー!
●青物、サゴシ、ヒラメ、マゴチに最適。
●圧倒的な飛距離で、通常のミノーでは届かないエリアを攻略。
●強波動のウォブンロールアクションで広範囲の魚にアピール

【評判・評価】
モデルチェンジ前と比較して

2018年11月9日色: HBPC:ブルピンキャンディー種類: 110mmモデルチェンジ前と比較して1グラム重くなり、ぶっ飛ばしやすくなり、フォールも早く目的の場所まで早く到達します。フリーフォールはちょっと安定性は無いですがある程度の確率で、シンペンのようなフリフリフォールになります。
Amazonレビューより

Amazonでデュエル(DUEL) (DUEM9) ルアー ハードコア ヘビーミノー (S) のラインナップと価格を調べるならコチラ

デュエル(DUEL) ハードコア ヘビーミノー (S) 110mm 07 HPI(ピンクイワシ) F1190-HPI

●サイズ:110mm●重量:37g
●リング:#3●フック:#6
●潜行深度:120~300cm
●飛距離:80m
●タイプ:シンキング

 

エクスセンス サイレントアサシン140S

サイレントアサシン 140S
エクスセンス サイレントアサシンの140Sはシーバスルアーですがよく飛びしっかり潜るのでヒラメとマゴチ釣りにもおすすめ。
エクスセンスは巻き抵抗も少なくルアーのアクションも抜群に良いため、釣れる魚種を問わない大人気ルアーです。

【特徴】
●99Fよりもう少し飛ばしたい。99Fよりもう少しアピールしたい。そんな時にはリップが異なる99Sがオススメ!

【評判・評価】
釣れますね〜 飛びますね〜

2019年3月13日Amazonで購入サイズ: 全長:129mm種類: 重さ:24g色: 01T カガヤキマイワシ
シーバス用に使っていますが、ヒラメやマゴチも釣れてきます。99sを以前から使っていてよく釣れていました。よりハイアピールな大きさのものを、と思い129sを購入してみました。99sより飛びますし同じくらい釣れますね。ただ、ルアーサイズを上げても魚のサイズはそれほど上がらず小ちゃい魚も食ってきます(笑)。
自分は99sの方が大きな魚が釣れています。楽に遠くに飛ばせて、タダ巻きだけで十分釣れるのでビギナーには特にオススメだと思います。引き抵抗も少なくリールが巻きやすくて快調で、釣ってて非常に楽しいですね。
シンキングタイプは結構潜るので浅いところには向いてないです。最低でも2mくらいの水深は必要だと思います。水深があるところなら適当に投げて巻いてるだけで釣れてきます。あと、これで掛けた魚はフックが大きいのと自重が軽いせいでしょうか、非常にバレにくいですね。自分はアサシンで30匹くらいはシーバス釣ってますが、バラシは二回だけです。
Amazonレビューより

Amazonでシマノ(SHIMANO) ミノー エクスセンス サイレントアサシン XM 140mm のラインナップと価格を調べるならコチラ

シマノ エクスセンス サイレントアサシン AR-C 140S XM-240N (シーバスルアー)

 

こちらの記事もおすすめ
●ヒラメのルアーフィッシング入門|タックルとルアーの選び方・ロッド・リール・ライン

●ヒラメ釣りで使うロッドの選び方|長さ、ロッドパワー

●ヒラメ・マゴチ釣りのワームとジグヘッドの選び方|サイズ、重さ、カラー