青物ジギング用のアシストフックの選び方|サイズ・種類、おすすめ


オフショアの青物ジギングではアシストフックのみメタルジグに付ける場合が多く、アシストフックのサイズや形状、長さなどの選択が重要です。
アシストフックを接続するスプリットリングとソリッドリングの選びも大事ですね。

今回はオフショアの青物ジギング用に使うアシストフック、スプリットリング、ソリッドリングの選び方を紹介します。

青物ジギング用のアシストフックの選び方

カンパチ ジギング ジグパラバーチカルロング
青物ジギングと言っても小型青物狙いのライトジギングから、本格的なブリ、カンパチ狙いまで様々。
アシストフックもルアーのサイズと形状、青物に合わせてフックサイズやラインの長さを吟味し、最適な大きさを選ぶ必要があります。

サイズ


オフショアジギングで使う大きさのアシストフックには、大抵は#1や#2/0などとサイズが表記されていて、数字が大きくなるほどフックサイズが大きくなります。
大型カンパチやマグロ用には#10以上の大きなアシストフックを使うこともあります。

60cm未満の小型青物には#3/0のアシストフックまで使用します。60cm以上の青物には#3/0以上のアシストフックを青物のサイズに合わせて選択して下さい。

6kgを超えるブリやカンパチは#5/0〜6/0は必要ですね。マグロや大型カンパチなどには#8〜11/0以上も使用されています。

ラインの長さ

アシストフックにはPEラインを太く編み込んだラインが付いています。
このラインの長さにもショートやロングと種類があり、基本的にはメタルジグのラインアイから3分の2の位置にフックが位置する長さを選びます。
ショートジグには短いライン、ロングジグには長いラインを選ぶ感じです。

 

アシストフックの取り付け方法

アシストフックをメタルジグに取り付けるには、ソリッドリングと呼ばれる金属の輪っかが付いているので、メタルジグのラインアイと「スプリットリング」を使用して接続します。

メインライン(リーダー)との接続にもソリッドリングを使用。リーダーを結んだソリッドリングをスプリットリングに接続すれば完成です。
ルアーの着脱を容易にしたい人はソリッドリングではなく「スナップ」を使いますが、青物ジギングではスナップが伸ばされる可能性があるためおすすめはしません。
スナップを使うのはライトジギングまでにするのがぶなでしょう。

スプリットリングを使用してアシストフックをメタルジグを繋ぐにはスプリットリングオープナーが付いたプライヤーが必要です。

アシストフックの取り付け位置は、メタルジグのラインアイから中央との間にくれば大丈夫。ロングジグなら長いアシストフック、ショートジグなら短いアシストフックを使い分けます。

フッキングの具合や魚の活性を考慮して、微妙な位置の変更も必要です。この辺はルアーフィッシングの楽しみ方でもあり、釣り人の腕の見せ所でしょう。

アシストフックの種類

ツインフック


フックが2つ付いたアシストフック。左右に針先が出ているのでフッキング率が高いため、青物ジギングではツインタイプの使用率が高いのですね。
運が良いと両方のアシストフックに青物が掛かり「バブルヒット」することもあります。

ツインアシストのデメリットとして、2本の針が刺さると力が分散して刺さりが浅くなりやすいので、できるだけ強めのフッキングを意識しよう。
また、1本のフックにヒットした後に魚が暴れて、もう一本のフックがヒレなどに刺さり、バランスが悪くなってバラしやすくなる場合もありますね。
スレ掛りが多くなるのはツインフックなので仕方ありません。

それでもツインタイプのアシストフックはフッキング率が高いメリットが大きいので好まれています。

シングルフック


シングルフックのアシストフックはフッキング時の貫通力に優れています。スレ掛りが減り、魚が暴れてもバラし難いとされますが、フッキング率ではツインフックに及びません。
シングルフックを使うならツインフックより1サイズ大きくするとフッキングが良いかと思います。

色・カラー

アシストフックのラインには赤や黒、青、白と色が付いていますが、個人的にはあまり関係ないかなと思ってます。ジグの色合いに合わせるのも有りかな?

筆者は黒いラインのアシストフックをよく使いますが、大抵は2回も使うと色落ちして灰色や白くなってきますが、全く問題なく釣れまくります。

 

スプリットリングとソリッドリングの選び方

ソリッドリングとスプリットリングはメインラインのラインの3倍以上の強度(lb)の製品を選ぶとサイズ的に使いやすい。
アシストフックとは違い、サイズが釣果を左右することは少ないので、少し大きめを選択した方が接続しやすいし、十分な耐久性も確保できますよ。

スプリットリングは小さいとリングの中がキツキツで、アシストフックとソリッドリングの着脱に苦労することがあります。
スプリットリングの#5はサイズ的に色々なジギングに使いまわしやすいですね。

 

青物ジギングにおすすめのアシストフック

デコイ ツインパイク


カツイチのツインパイクは筆者も使用しているアシストフックで、近海のライトジギングからショアジギングまで対応したアシストフック。
ツインパイクはイナダやカンパチを10本くらい釣っても針先が甘くならず何度も使えるし、フッキング力も強くバラし難いのが特徴。

ライン黒色は落ちますが、フックとラインの品質はかなり良いと感じました。何度も使えるコスパの良いアシストフックです。

サイズも#1/0〜#4/0まであり、近海の青物ジギングに対応しています。ラインの短いツインパイクショーターもありますよ。

【特徴】
●今までのジギングフックにはない細軸&ワイドゲイプ設計のニューコンセプトフックと弾性のあるオリジナルブレイドラインとのコンビネーションがショア、オフショアにかかわらずライトタックルでのジギング全般に対応。
●確実な2本掛けを実現し、バレを防ぎます。
●フックにはフトコロ強度をUPさせるCF加工(PAT.P)を施し、ロングテーパーに仕上げた細軸フック「パイクAS-03」を採用。
●コツッとした小さなバイトも確実に捕らえます。
●シーバス、マダイをメインターゲットにタチウオ、青物等をターゲットにしたライトジギングに最適です。

【評判・評価】
ジグ用針の決定番

2017年12月17日Amazonで購入色: DJ-88サイズ: #4/0
ジグ用大ブリに最適な大きさ4番です~素晴らしい釣成果が得られます。
Amazonレビューより

Amazonでカツイチ(KATSUICHI)デコイ DJ-88 のラインナップと価格を調べるならコチラ

オーナー ジガーライト早駆け段差


段差フックでフッキング率が高いジガーライトは近海で小型青物を狙うライトジギングにおすすめ。
ライトと名前に入っているように、アシストフックのラインが細いのであまり大型の青物には向きません。

AmazonでOWNER(オーナー) アシストフック JD-22 ジガーライト段差 早掛 3/0・4/0の価格を調べるならコチラ

楽天オーナー針 ジガーライト 段差 早掛 JD-22 3/0号 11767

 

オーナー ジガーライト段差ホールド


ややラインが短くスロー系のメタルジグに合ったアシストフックとなっている。バレ難いアシストフックとして評判も良い。

AmazonでOWNER(オーナー) アシストフック JD-25 ジガーライト段差 ホールド 3/0号 の価格を調べるならコチラ

楽天オーナー針 ジガーライト 段差 ホールド JD-25 3/0号 11768

 

おすすめのスプリットリング

カルティバ スプリットリング・ハイパーワイヤー


カルティバのソリッドリング「ハイパーワイヤー」はヘタリ難く強度と品質の信頼性が高いスプリットリングです。
書いてある通り閉じるときにパチンとしっかり締まるので安心感がありますね。
ライトな青物ジギングなら3回くらいは同じリングを使っていても問題は無し。どちらかと言うと開閉の回数が多いと隙間が空いてくる感じがします。
よほど何度も使い回さなければ開きませんし、伸びたりしませんよ。
4〜5のサイズが有れば大抵の近海ジギングで使えます。

AmazonでOWNER(オーナー) スプリットリング カルティバ P-12 スプリットリングハイパーワイヤー 4 50lb/77lb 18個 の価格を調べるならコチラ

楽天オーナー針 スプリットリングハイパーワイヤー P-12 #5 60lb NO.72812

 

おすすめのソリッドリング

カルティバ ソリッドリング


カルティバのソリッドリングは継ぎ目がなく、表面も滑らかで非常に耐久性の高い人気のソリッドリング。
筆者もカルティバの製品を好んで使用していますが、スプリットリング含め1度も壊れたりしてませんし、普通に水洗いすれば錆も出ないので何回でも使えます。
品質の割に価格も安いし、1袋買えばロストしなければ当面使えますよ。

ラインナップも3.5、4.0、5.0、6.0、6.5、7.5、9.0と豊富です。

【特徴】
このリングには繋ぎ目も接点もない。SUS鋼板を打ち抜いてリングにした。そして、それを研磨した。
だから当然、構造的にみても素材的にもハンパではない強度を誇る。
そのうえ、研磨処理で表面はツルツルになっているから、組糸やリーダーと結束した際の摩擦劣化や損傷もほとんど発生しません。あまりにも強力すぎるため、破断値測定が困難です。

【評判・評価】
つなぎ目もなく最高

2015年6月22日Amazonで購入サイズ: 4.0号
強度と美しさと機能性、ともに素敵ですね。ためしに、30kgの重量を持ち上げましたが、余裕でした。自作のためにはなくてはならないものになりました。

他社とは一線を画しています
2018年2月8日Amazonで購入サイズ: 5.0号
リング内側の滑らかさが秀逸です。アシストラインでループを作る際も内側の研磨具合が優れている為何の不安もありません。
アシストフック作成時、バイト時フック吸い込み等考慮する方、アシストラインは細い物に限る!って方には特にオススメします。入手のし易さ、サイズのラインナップもさすがオーナーさんかと思います。

Amazonでオーナー(OWNER) P-14 ソリッドリング の価格を調べるならコチラ

楽天【メール便対応】 オーナー 72814 P-14 ソリッドリング 4.0mm(80lb) [C’ultiva OWNER]

 

こちらの記事もおすすめ
●【オフショア】青物ジギング入門|必要なタックル・メタルジグ・釣り方