ヒラメのルアー 釣りに使用するリールの選び方|サイズ、ギア比、耐久性、フラットフィッシュ、マゴチ

ヒラメ 釣り方 ルアーフィッシング
ヒラメことフラットフィッシュのルアーフィッシングではスピニングリールが使用されます。
リールと言えばダイワとシマノの2大メーカーのリールを選択する人が多いと重いますが、リールサイズや耐久性、ギア比など選ぶ際に迷う要素は色々あります。

今回はヒラメやマゴチのルアー釣りで使うスピニング リールの選び方とおすすめのリールも紹介します。

ヒラメのルアー釣りで使用するスピニングリールの選び方

ヒラメ ルアー タックル

サイズ

ヒラメ釣りで使用されるスピニングリールのサイズは、シマノ・ダイワのリールサイズで4000番が主流です。
ヒラメは60cmを超える大きな魚ですし、扱うルアーも重い物が多く、リールの耐久性やラインの巻き取り長、ルアーの飛距離を考えると、やはり4000番がベストなリールサイズとなります。
サーフゲームで使う10フィート以上あるロングロッドとのバランスも良いですからね。

3000番でも普通に流用出来ますが、新しくヒラメ用にスピニングリールを購入するなら4000番のスピニング リールを選択した方がメリットが多いです。
4000番と言うと大きく感じますが、スプーン径が大きい方がルアーの飛距離も出ますし、今の4000番だとリールサイズが大きくてもかなり軽くなっています。

シマノならC5000番と言う4000ボディに5000番のスプールを取り付けたリールをがるので、飛距離を重視するならおすすめです。重さも10g程度の違いしかありませんからね。

ギア比

ルアーを遠くへキャストするヒラメのルアー釣りでは、手返しを重視してハイギア以上、HGやXGと表記されているギア比が高いリール使うのが一般的。

ハイギアならヒラメとのファイトでも主導権を握りやすく、素早く糸フケ・ラインスラッグを回収してヒラメを寄せられる。
巻き上げ長さはハンドル1回転あたり95〜110cmも有れば問題ない。

ギア比が高い方がハンドルは重くなりますが、その分巻き重りの違いによる繊細な水流の変化も感じやすいメリットもあります。
ヒラメ釣りで巻きの遅いローギアのリールを使うメリットはあまりない。

耐久性

ヒラメは80cm以上に育つ大型のフィッシュイーターです。
ヒラメはパワーもあり、重いヒラメルアーを1日に何百回もキャストして、ラインを何千メートルも巻き取るリールの耐久性は重要です。
シーバスよりはリールに掛かる負担は大きくなりますよ。

重要なのがギアの耐久性で、数千円程度の安いリールはギアの耐久性が弱く、重いルアーを巻いているだけでギアが磨耗して巻き心地が低下しやすい。
ベアリングも少なくて巻き重りもしますから、ルアーフィッシング用なので最低1万円、欲を言えば2〜3万円くらいの中級モデルから選びたいですね。

ボディの素材は金属やカーボンがありますが、上位モデルなら特に気にしなくて大丈夫。青物リールほど耐久性を重視ないので、軽くて使いやすいカーボン製ボディーのリールで全く問題ない。

ドラグ性能

ドラグは設定した力が加わるとスプールが回転して道糸を送り出しラインブレイクを防ぐ機構で、ヒラメ釣りでは多用しませんが、不意の大物によるラインブレイクも防げます。
安いリールだとドラグがスムーズに作動しない製品も多いので注意が必要です。1万円程度のリールならドラグ性能は十分なので心配ありません。

ヒラメは走る魚ではないので、ドラグ力は実用値で3kgもあれば十分。
ショアジギングにも使うならドラグ力が4〜6kgほど有れば良いですね。とは言え、ヒラメで使う1号前後のラインでは強いドラグ力を生かせないため、ラインは1.5号以上に巻き替えないといけませんが。

 

ヒラメのルアー釣りにおすすめのリール6選

19ストラディック 4000/C5000 HG/XG

19ストラディック
19ストラディックは破格のコスパ最高リールと呼ばれており、搭載技術は上位モデルのリールに匹敵します。
ローターが軽くなりメインギアも大きくなったので、巻き心地と耐久性も大幅に向上。ヒラメ釣りなら十分すぎるスペックなので、サーフのルアーフィッシング初心者に最もおすすめしたいリールです。

【特徴】
スピニングリールの基本性能である「巻き」「耐久性」「飛び」がさらに進化を遂げました。マイクロモジュールギアⅡ、サイレントドライブを搭載することでフラッグシップに迫るリーリング性能を追求。
また上位機種を踏襲した新しいHAGANEギア、防水機構のXプロテクトを搭載することで従来モデルよりさらに強く、耐久性のあるモデルになりました。さらに同クラスでは初となるロングストロークスプールを採用することでキャスト性能も向上。今までルアーが届かなかったポイントへのアプローチを可能にします。
豊富なラインナップで、ライトなターゲットから海の大物まで幅広いシーンで活躍するストラディック、フラッグシップに迫る進化を遂げました。

【評判・評価】
ライトショアジギングにちょうどいい。

2019年9月30日Amazonで購入
番手の割に軽くてライトショアジギングにちょうどいい。長時間やっても疲れにくいと思います。強度についてもブリをかけても全く問題ありませんでした。しいて言うならドラグ音がちょっと安物っぽいかな。
Amazonレビューより

Amazonでシマノ(SHIMANO) リール 19 ストラディック の価格を調べるならコチラ

≪’19年8月新商品!≫ シマノ ’19 ストラディック 4000MHG 【小型商品】

■品番:4000MHG
■ギア比:5.8
■実用ドラグ力(kg):6.0 ■最大ドラグ力(kg):11.0
■自重(g):280
■スプール寸法(径mm/ストロークmm):52/19
■PE糸巻量(号-m):1.2-250、1.5-200、2-150
■最大巻上長(cm/ハンドル1回転):95
■ハンドル長(mm):55
■ベアリング数BB/ローラー:6/1

 

レグザLT 4000S-CXH


19レグザLT4000S-CXHはアルミボディ搭載で高い剛性を備えてつつ15000円とリーズナブルな価格で人気が高い。
2019年登場の4000Sの「S」はシャロースプールモデルのことで、PE1号200mのラインスペックはヒラメやライトショアジング、大場所でのシーバスにちょうど良い使い。

レグザLTはシマノの19ストラディックとライバル関係にある機種であり、両者の性能に大差は無いが、レグザLTが19ストラディックより優れているのはフルメタルボディである点。
19ストラディックはリールフット側だけメタルボディなのでボディ剛性はレグザLTの方が高い。軽さと最大ドラグ力もレグザLTが僅かに優っている。
シマノかダイワどちらが好きかとか、デザインで決めて良いレベルの誤差だと思ういます。でも負荷の強い色々な釣りで使い倒せるのはレグザLTかな。

【特徴】
アルミボディで堅牢、LTで軽い!ハイバリュー、高剛性、レグザの誕生。過酷なフィッシングシーンを想定し、開発されたタフさに優れる軽量小型スピニングリールがレグザ。
アルミニウムを採用した堅牢ボディがタフデジギアをしっかり支え、マグシールドがその滑らかな回転を海水による塩ガミや異物の混入から守る。アングラーのタフな相棒として生まれた、シーバスや大型トラウト、ショアジギング、ロックフィッシュゲーム等にベストマッチなシリーズ。

■タフなソルトゲームに最適
高剛性メタルボディ、マグシールド、ATDの採用などハイスペック機に見劣りしない充実のスペック。 シーバスをはじめとした耐久性の求められるルアーゲームにオススメ。

■高級機種に見劣りしない仕様
LTなのはもちろん、ハンドルはマシンカットの「ねじ込み式」を採用。 細やかな部分まで高級機種に見劣りしない仕様になっている。 大型番手はEVAノブを搭載(5000、6000番)し、ショアジギなどにオススメ。

■様々なロッドにマッチするデザイン
ルアーロッドはもちろん、満遍なくマッチさせやすく、落ち着いた高級感のあるデザイン。

【評判・評価】
最高 好き

2019年6月14日Amazonで購入
以前はレブロス3012Hを使用していたがブリクラスをドラグの力が足りずバラしてしまったのでレグザを購入しました
巻き心地もすごく滑らかでパワフル1回目の釣行でシーバス85cmを掛けましたがATDのおかげで楽にドラグ調整できキャッチ出来ましたほんとオススメです!
Amazonレビューより

Amazonでダイワ(DAIWA) スピニングリール 4000 レグザ LT4000D-CXH 2019モデルの価格を調べるならコチラ

ダイワ(Daiwa) 19LEXA(レグザ) LT4000S-CXH 00067220

●巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):99
●ギヤー比:6.2
●自重(g):275
●最大ドラグ力(kg):12
●標準巻糸量PE(号-m):1.0-200、1.2-190、1.5-170
●ベアリング(ボール/ローラー):5/1
●ハンドル長さ(mm)/ノブ仕様:60/ラージT型
●ボディ素材:アルミ
●スプール:LC-ABS ●ハンドルノブS交換可、ソルト対応

 

ナスキー 4000・C5000 HG/XG

16ナスキー
ナスキーは1万円程度の価格の割に性能が良く、樹脂ボディの割には、発売当初に購入しライトショアジングとカゴ釣りに3年使用していてもギアにゴリ感は出ていません。
価格の割に巻き心地が良く十分な耐久性もあり、40cm程度の青物はゴリゴリ巻けるのでヒラメも全く問題ないでしょう。
ルアーフィッシングで使うならナスキーくらいのグレードが最低ラインかと思います。

【評判・評価】
このクオリティーでこの価格とは衝撃!

2018年12月30日Amazonで購入
ボールベアリング4つ、ローラーベアリング1つとの事だが、技術の進歩には驚かされる。2000年前後の初期型ステラやテクニウムより高性能なのではないか?と思ってしまうほどである。
回転はなめらかで、そこそこ軽いのに剛性十分。高いリールはさらに良いかもしれないが、実釣で傷が入ったりすることを考えたら誠に実用的なリールである。
Amazonレビューより

Amazonでシマノ(SHIMANO)ショアジギング リール 16 ナスキー 4000XGの価格を調べるならコチラ

シマノ 16 ナスキー 4000XG (スピニングリール)

●ギア比:6.2
●実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):6.0/11.0
●自重(g):295
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):51/17
●PE糸巻量(号-m):1-500、1.5-320、2-210
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):99
●ハンドル長(mm):55
●ベアリング数 ボール/ローラー:4/1

 

ストラディックCI4+ 4000 HG/XG


ストラディックCI4+はストラディックに軽量なCI4+(カーボン)製のローターを搭載したリールで、より細かい魚の当たりも変化を感じられるリールですよ。
40g以内のルアーを扱うなら軽くてレスポンスの良いストラディックCI4+の4000番はおすすめできるリールです。

筆者は19ヴァンキッシュと18ステラの3000MHGまで使用していますが、正直ストラディックCI4+でも実釣り用には重分な軽さと耐久性が有ると思います。
ルアー釣りが初心者ならいきなりこれ以上のリールを買わなくても良いかなと感じるはずですよ。

【評判・評価】
とにかく良いです。

2017年2月9日Amazonで購入
これでダメならステラしか無いかと思う位コストメリットのあるリールです。スルスル巻けてとても軽く、見た目もかっこいいです。10000円位のリールと比べてみると巻いた瞬間に良さが分かります。ロッドはディアルーナを使っていますが、とてもマッチしています。ストラディックCI4+を買ってしまうと次購入するのはヴァンキッシュやツインパワーでは物足りなくステラまで手がいってしまいそうで怖いです(>_<)
Amazonレビューより

Amazonでシマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 ストラディックCI4+ 4000XGMの価格を調べるならコチラ

シマノ ストラディックCI4+ 4000XGM

●自重:235g
●ギヤ比:6.2:1
●ベアリング数(本体):6
●ベアリング数(ローラー部):1
●ドラグ力:(実用)6.0kg (最大)11.0kg
●ドラグ有無:有
●PE 1.2号-250m、1.5号-200m、2号-150m
●巻上長(ハンドル1回転あたりの長さ):99cm
●スプール寸法:径51mm
●ストローク長さ:17mm
●ハンドル長さ:55mm

 

18カルディア


18カルディアは軽量で巻きも軽いことから初心者から中級者に人気のスピニングリールです。

【評判・評価】
脱初心者用?

2018年10月15日Amazonで購入
初ヒラメを釣った記念にレブロス3012Hからの買い替えです。キャスティング時にレブロスの重さが少しきつく感じていたため、軽いリールを探していたらLTシリーズを発見。18フリームス4000と迷いましたが、見た目とスプールの浅さでこちらを選択。

とりあえず本当に軽いです。これでロッドと合わせて405gになりました。これから疲労がかなり軽減されそうです。ハイギアにも関わらず巻きの軽さもあって満足しています。流石にレブロスとは別物ですね。
サーフからのヒラメゲーム/LSJにはこれ以上の性能は必要ないようにも思います。耐久性は未知数ですが、現段階では星5つです。
Amazonレビューより

Amazonでダイワ(Daiwa) スピニングリール 4000 カルディア(2018) LT4000-CXHの価格を調べるならコチラ

【楽天お買い物マラソン】【送料無料4】ダイワ リール スピニングリール 18 カルディア LT4000-CXH【要エントリー 11/19(火)20:00〜11/26(火)1:59】

●巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):99
●ギヤー比:6.2
●自重(g):225
●最大ドラグ力(kg):12
●標準巻糸量 PE(号-m):1.2-310、1.5-200、2-170
●ベアリング(ボール/ローラー):6 / 1
●ハンドル長さ(mm):60

 

19ヴァンキッシュ 4000/C5000 HG/XG

19ヴァンキッシュ
本格的にサーフゲームを楽しむなら19ヴァンキッシュの4000かC5000を購入すれば満足出来るでしょう。
筆者は19ヴァンキッシュと18ステラ両方所有していますが、19ヴァンキッシュは全てにおいてステラより軽く、巻き心地の違いと微妙に耐久性でステラが勝る以外は上位互換と言えます。

18ステラと違うのはドライブギアのバリギアコーティングの有無と、スプールに入るベアリングが1つ多いことくらいで、性能でステラより2万円ほど安いのは正直ヤバいですね。価格以上のリールです。

デザイン的には良いのですが、ホームページの写真ほど艶はなく、ステラのような高級感は感じないです。まぁ色々なロッドに合わせやすいカラーと言えますし、夢屋スプールでゴールドを入れたりカスタムできるので、高級感が欲しい人は多少改善出来ますよ。

2019年現行の汎用スピニングリールを価格や性能のバランスで総合評価すると19ヴァンキッシュがナンバーワンのリールじゃ無いかと思います。
正直、19ヴァンキッシュが出てからはステラを使うのは自己満足の領域になりました。

【評判・評価】
軽さは正義だ。
2019年7月1日Amazonで購入
サーフや大河川河口等の大場所でシーバスメインに使用。ソルトルアー歴は約15年、淡水のバスや渓流のヤマメ・アマゴ等も含めるとルアーフィッシング歴30年超の40台半ばのおっさんです。

ここ10年余り、大人の道楽でスピニングはステラばかり使ってきましたが、この年になるとさすがにあの重たいリールを10ftオーバーのロッドにつけて長時間振り回すのは辛くなってきたため、直近ではステラより軽量なエクスセンス(CI4+じゃない方)を使っていました。
エクスセンスも使用感は非常に良く、マットブラックの見た目も渋くてとても気に入っていたのですが、飛距離を最重要視する私は、今回遂にステラと同じロングストロークスプールが採用され、さらに劇的に軽くなった19ヴァンキッシュを衝動買いしてしまいました。

感想は…当たり前ですが、とにかく軽い、そして明らかに疲労度も軽いです。10ftオーバーのロッドに付けるならステラぐらい重い方が良いと思う方もいらっしゃるでしょうが、最近はロッドも劇的に軽くなっているのでバランス的にも全く問題なく、寧ろスイングスピードが上がって飛距離も伸びます。

シーバス程度なら別にステラ程の剛性いらないんじゃ?って思ったりしますが、ステラに比べるとやはり見た目の高級感はなくデザインもイマイチなので★-1です。
余談ですが、実は最初に衝動買いしたのはC5000XGだったのですが、巻きの重さと純正ラウンドハンドルノブの使用感が気に入らず、すぐに売りました。やはりノブは夢屋のEVAラウンドハンドルノブが一番手に馴染みますね。
Amazonレビューより

Amazonでシマノ(SHIMANO) リール 19 ヴァンキッシュ 4000MHGの価格を調べるならコチラ

(5)【送料無料】シマノ 19 ヴァンキッシュ 4000MHG (2019年モデル) /スピニングリール/SHIMANO/NEW Vanquish/バンキッシュ/汎用/

●品番:4000MHG
●ギア比:5.8
●実用ドラグ力(kg):6.0
●最大ドラグ力(kg):110
●自重(g):205
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):52/19
●ナイロン糸巻量(号-m):2.5-160、3-120、4-90
●フロロ糸巻量(号-m):3-110,4-90、5-65
●PE糸巻量(号-m):1.2-250、1.5-200、2-150
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):95
●ハンドル長(mm):55
●ベアリング数(BB/ローラー):11/1