ウミバラの飼育方法|水質、水流、照明、餌、株分け、飼い方

ウミバラ

ウミバラ
ウミバラは縁に向かって迫り上がるような骨格が特徴的なLPS・ハードコーラルです。
ウミバラはキッカサンゴの近縁種とされており、強力なスイーパー触手を持っているので注意が必要です。

キッカサンゴ同様に強い照明も必要なく飼育は簡単で、形が変わっているのでレイアウトのアクセントにおすすめ。

そこが知りたい サンゴ飼育完全飼育マニュアル

Amazonでサンゴを上手く飼うための本―飼育環境・難易度別で理解するサンゴカタログ の価格を調べるならコチラ

ウミバラの飼育方法

ウミバラ
●学名: Genus Physophyllia
●照明:弱〜中
●水流:中〜強
●水質:硝酸塩が20ppm以内
●水温:23〜26°C
●PH: 7.5〜8.5
●KH:8〜14
●濾過方式:特にこだわらない

ウミバラは水質の対応範囲も広く、弱いと光でも育成できる飼育が簡単なハードコーラルです。
ウミバラにはすり鉢状の骨格が横に広がって成長するタイプと、縦方向へ樹状に伸びるタイプがある。

骨格は波打つように中央の口から外側へ凹凸が並んでおり、外側に向けて骨格は迫り上がっています。骨格は意外と軽くて割れやすいので扱いに注意して下さい。

ウミバラのカラーバリエーションは少なく、グリーンとベージュ、イエロー系がほとんど。その独特の形を楽しむサンゴでしょう。

ウミバラは水流は強いランダムな水流を好みます。好みにゴミが溜まりやすいので、水流がよく当たる場所に配置しておきましょう。

水質

ソフトコーラルが飼育できる水質にも適応しますが、硝酸塩とリン酸塩は少ないほいがよい。飼育面では硝酸塩が20ppm以上にならなければ大丈夫なようです。
カルシウムとKHを維持できれば、ウミバラはLPSのなかでも成長速度は早い方ですね。

照明

ウミバラの飼育に強い光は必要なく、60cm水槽でLED2灯・蛍光灯2〜3灯で飼育が可能です。
ハイパワーLEDやメタハラを使うなら、光が弱い場所に配置しましょう。

毒性

ウミバラの毒性は強くスイーパー触手も伸ばすので、あまり近くに他のサンゴを配置しないようにしましょう。
スイーパー触手を長く伸ばしているならハサミでカットしても構いません。切った触手は必ず網で回収して下さい。

ウミバラは縁に向かって迫り上がるような骨格が特徴的なLPS・ハードコーラルです。
ウミバラはキッカサンゴの近縁種とされており、強力なスイーパー触手を持っているので注意が必要です。

キッカサンゴ同様に強い照明も必要なく飼育は簡単で、形が変わっているのでレイアウトのアクセントにおすすめ。

 

(サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ 北海道・九州航空便要保温

Amazonでcharm(チャーム) (海水魚 サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ の価格を調べるならコチラ