バブルコーラルの飼育方法| 共生エビ、水質、水流、餌、毒性、飼い方

バブルコーラル

バブルコーラル
バブルコーラルはミズタマサンゴとも呼ばれる丸く膨らんだ房状の共肉が特徴のLPS・ハードコーラルです。
強い光も必要とせず水質の悪化にも強いため飼育も簡単でハードコーラルの入門種におすすめ。

毒性が強く良く広がるのと、夜に長い触手を伸ばす点には注意が必要です。
たまに購入してきたバブルコーラルにバブルコーラルシュリンプと呼ばれる小さなエビが共生している事もありますよ。

そこが知りたい サンゴ飼育完全飼育マニュアル

Amazonでサンゴを上手く飼うための本―飼育環境・難易度別で理解するサンゴカタログ の価格を調べるならコチラ

バブルコーラルの飼育方法

バブルコーラル
●学名:Plerogyra sinuosa
●照明:中
●水流:弱
●水質:硝酸塩が15ppm以内
●水温:23〜26°C
●PH:7.5〜8.5
●KH:8〜14
●濾過方式:特にこだわらない

バブルコーラルは和名をミズタマサンゴと呼ばれるハードコーラルで、沖縄など日本のサンゴ礁にも生息している。名前のとおり海水で膨らんだポリプを複数付いており、その外見はまるで水中のブドウのようだ。

カラーパターンはグリーン、ブラウン、ホワイトと少ないが、キャッツアイと呼ばれる猫の黒目に似た模様がバブルに入るタイプもある。キャッツアイのバブルコーラルは高値で取り引きされています。

バブルコーラルは判りにくいが複数の口を持っており、単体性ではなく複数の口を持つ群体性のサンゴである。
おすすめはしないが、いちおう口ごとに骨格を割って分割できるようだ。

萎んだ状態と広がった状態のバブルコーラル

バブルコーラルバブルコーラル
バブルコーラルの骨格は横長で起伏の大きな板状の骨格が外側に向かって伸びている。バブルコーラルは伸び縮みの差が激しく、縮んだ状態からは想像できないほど共肉が膨らむ。

更に夜になると毒性の非常に強い触手を伸ばすため、あまり近くにサンゴを配置しないように注意が必要です。
まずは昼夜の状態を良く観察してサンゴの配置場所を決めましょう。

バブルコーラルシュリンプ

バブルコーラルシュリンプ サンゴカクレエビバブルコーラル エビ
バブルコーラルには共生するバブルコーラルシュリンプと呼ばれる、紫色の足をした小さなエビがいる。
両利共生かは不明だが、特にバブルコーラルに悪さはせず、バブルコーラルに守られながら、触手が捉えた餌のおこぼれを狙っているようだ。
購入したバブルコーラルにバブルコーラルシュリンプが付いてきたらラッキーである。

バブルコーラルシュリンプにはクリルなどの餌を与えるようにしたい。ちなみにイソギンチャクに共肉する似たようなエビ・カニもいる。

 

水質

バブルコーラル

縮んだ状態のバブルコーラル

バブルコーラルは水質の適応範囲が広く、栄養塩の蓄積した環境にも耐えられる。スターポリプやカタトサカなどのソフトコーラルが飼育できている水質なら適応できます。

照明


バブルコーラルは自然下でもあまり光の強い場所には生息しておらず、そこそこの照明でも飼育ができる。
60cm水槽ならLED2灯、蛍光灯3灯あれば光量的には大丈夫だ。

照明が強いと褐虫藻が増えて茶色くなってしまうし、茶色い褐虫藻の塊を吐き出して逆に状態が悪くなってしまうこともある。

餌は与えると良く食べるが、バブルコーラルの飼育に給餌は特に必要ない。光がやや少ない場合や、共肉が痩せているなら1〜2週間に1回、クリルを砕いた物をふやかして与えると良い。
膨らんでからではくちが見えにくいので、縮んだ状態の時に口の位置を確認しておこう。

毒性

バブルコーラルの毒性はかなり強い。膨らんだバブルコーラルに長い触手は見当たらないが、夜になると長い触手を伸ばして周りのサンゴを攻撃する。
触手に触れるとLPSは簡単に共肉を溶かされてしまうので配置には注意しよう。

かなり日によって異常に膨らむ事もあるサンゴなので、他のサンゴとは十分な距離をとって配置したい。

 

(サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ 北海道・九州航空便要保温

Amazonでcharm(チャーム) (海水魚 サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ の価格を調べるならコチラ

 

こちらの記事もおすすめ
●サンゴ飼育入門|必要な器材と水槽の立ち上げ方法

●初心者におすすめの丈夫なサンゴ10選

●サンゴ飼育に適したLEDライトの選び方