クダサンゴの飼育方法|水質、照明、水流、増やし方、餌、飼い方

クダサンゴ

クダサンゴ
クダサンゴは管と言う名前の通り赤紫色の管状の骨格を持つソフトコーラルです。クダサンゴを裏返すと沢山並んだ筒状の硬い骨格を見られますが、分類はソフトコーラルと言う少し変わったサンゴです。

クダサンゴは花のようなポリプが美しいサンゴですが、骨格を形成するためか、飼育には清浄で微量元が豊富な水質が必要。ソフトコーラルよりは中級クラスのハードコーラルに近い飼育難易度となります。

クダサンゴにもフィジー産や幾つかのバリエーションがあり、スターポリプに似た物やツツウミヅタに近いタイプもあります。

そこが知りたい サンゴ飼育完全飼育マニュアル

Amazonでサンゴを上手く飼うための本―飼育環境・難易度別で理解するサンゴカタログ の価格を調べるならコチラ

クダサンゴの飼育方法

クダサンゴ 飼育
●学名:Tubipora musica
●照明:中〜強
●水流:中〜強
●水質:硝酸塩が10ppm以内
●水温:23〜26°C
●PH: 7.5〜8.5
●KH:8〜14
●濾過方式:特にこだわらない

クダサンゴはパイプ状の骨格から花に似たポリプを展開するソフトコーラルの一種です。
飼育難易度はソフトコーラルの中ではトップクラスに高く、微量元素が豊富で清浄な水質と強い光が必要です。
ソフトコーラルの仲間ではウミアザミ同様に飼育が難しいサンゴで、ハナガタサンゴやオオバナサンゴなど、飼育の簡単なハードコーラルよりも難易度は高くなる。

カラーパターンはベージュかグリーン系と少ないものの、少数ながらメタリックグリーンのクダサンゴもある。特にフィジー産のクダサンゴの中にはメタリックグリーンのポリプの周囲が白く縁取られている個体もおり非常に美しい。

クダサンゴは光だけで問題なく飼育が出来るサンゴなので給餌は全く必要ない。餌は必要としていない様で、与えても液体フードを食べるかどうかと言った具合で、ポリプがあまり反応しないこともある。

形状・形態

クダサンゴ 骨格
クダサンゴは細長い管状の骨格を形成する。伸びている骨格は脆く折れやすいので取り扱いには注意しよう。

この複雑な形状のせいで骨格の根本に塵・デトリタスが溜まりやすく、あまりゴミが溜まるとポリプの開きが悪くなったり、骨格から苔が生えてきて状態を崩してしまう。
クダサンゴは強めのランダムな水流が当たる場所に配置し、ゴミが溜まらないように注意しよう。時々スポイトで水を吹き付けて掃除するのも良い。

ヤッコ類には突かれて食べられてしまうので要注意。

水質

クダサンゴ
クダサンゴは清浄で微量元素の豊富な水質が必要。カルシウムとKHの数値も高い方が良い。
ソフトコーラルよりデリケートなLPSと思って飼育するべきでしょう。
基本的には魚を少な目にして水換えを多めにすれば通常濾過の水槽でも飼育が可能です。
水換えとは別にヨウ素を添加したり、カルシウムリアクターでKHを高く維持すると成長速度が速くなります。

照明

クダサンゴ
クダサンゴは強い光を必要とするサンゴで、60cm水槽でメタハラ150w、LEDなら3灯くらいの照明が必要になります。
出来るだけ光がよく当たるライブロックの上に配置すると良いでしょう。メタハラを多灯しているような、強い光の当たる水槽でも問題なく飼育が可能です。

毒性

クダサンゴ
クダサンゴの毒性は弱いので他のサンゴと接触すると大抵はクダサンゴの方がダメージを受けてしまいます。

増殖・増やし方

クダサンゴは周りへ広がる様に増えるので、根本の骨格を割って株分けすることが可能です。
ただ、クダサンゴの骨格は砕けやすいため、どうしても砕けてダメになるポリプが出てしまう点は注意して下さい。

 

(サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ 北海道・九州航空便要保温

Amazonでcharm(チャーム) (海水魚 サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ の価格を調べるならコチラ