カクオオトゲキクメイシの飼育方法|水質、水流、照明、餌、毒性、LPS

カクオオトゲキクメイシ

カクオオトゲキクメイシ
カクオオトゲキクメイシはキクメイシに良く似ていますが、ふっくら膨らむザラザラとした共肉と、豊富なカラーパターンが特徴のLPS・ハードコーラルです。

カクオオトゲキクメイシのベタ塗りのカラーは非常に美しく、カクオオトゲばかりコレクションする人も多いサンゴですよ。
名前にキクメイシと付きますが、分類的にはハナガタサンゴに違い種類とされています。

カクオオトゲキクメイシの飼育では給餌が重要で、この特徴はキクメイシとは異る点で、やはりハナガタサンゴに近い性質ですね。
オオトゲキクメイシと言うよく似た近縁種もいます。

そこが知りたい サンゴ飼育完全飼育マニュアル

Amazonでサンゴを上手く飼うための本―飼育環境・難易度別で理解するサンゴカタログ の価格を調べるならコチラ

カクオオトゲキクメイシの飼育方法

カクオオトゲキクメイシ
●照明:弱〜中
●水流:中
●水質:硝酸塩が10ppm以内
●水温:23〜26°C
●PH: 7.5〜8.5
●KH:8〜14
●濾過方式:特にこだわらない

カクオオトゲキクメイシは強い照明も必要無く、水質もそれなりに栄養塩が少なければ良いので、LPSの中では飼育自体は簡単です。

カクオオトゲキクメイシは色と柄のパターンが非常に豊富で、美しいカラーの個体が多いのも特徴です。
色はレッド、グリーン、パープル、ピンク、ベージュ、白やその組み合わせで、更にストライプやリング状に色付きの柄が入るので、そのカラーパターンは無限大と言っても良いでしょう。

チョウチョウウオとヤッコには食べられてしまうので同じ水槽には入れないようにしよう。

オオトゲキクメイシ

オオトゲキクメイシと言う「カク」が付かない近縁種もおり、オオトゲキクメイシはポリプ同士の境界が分かり難いので区別できる。
非常によく似ているので区別されずに販売されている事も多いようです。

 

水質

カクオオトゲキクメイシ
LPSの中では飼育しやすいサンゴですが、水質だけはできるだけ綺麗な方が良く、硝酸塩とリン酸塩の蓄積には注意しましょう。

カクオオトゲキクメイシ自体が給餌が必要なサンゴであり、飼育水を汚しやすいため、水槽の水量と濾過能力はしっかり確保したい。
プロテインスキマーも使えれば水質の維持も楽になります。

KHも10以上と高い方が骨格の成長も速くなるので、カルシウムリアクターでKHを高めに維持してあげると、それなりに骨格の成長を期待できます。

水流

ポリプにゴミが溜まらないように水流はやや強めが良い。ポリプにデトリタスが溜まると開きが悪くなり、放置しておくと共肉が溶けてハゲてしまうので注意しよう。
弱いよりは強めの場所に配置すると良いですね。

照明

カクオオトゲキクメイシ
カクオオトゲキクメイシは弱い照明でも飼育が可能。
60cm水槽ならLEDで2灯、蛍光灯3灯も有れば問題ありません。

カクオオトゲキクメイシ
カクオオトゲキクメイシの飼育では給餌が重要です。
餌を与えないと共肉が痩せてしまい状態を崩しやすくなるので、1〜2週間に1回は細かく砕いたクリルを海水でふやかして、ポリプ全体に振りかけるように与えましょう。
餌を食べれなかったポリプがあっても、隣のポリプが餌を食べていれば栄養を共有できるらしく問題無いみたいです。

餌を与える前にクリルをふやかした水を水槽に垂らして、ポリプから触手が伸びるまで待ってから給餌すると良い。

毒性

カクオオトゲキクメイシの毒性はキクメイシほど強くはないが、基本的に他種と接触しないように配置しよう。
ハナガタサンゴのように大きく膨らみ広がるサンゴではないので、あまりトラブルは起きないと思います。

(サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ 北海道・九州航空便要保温
Amazonでcharm(チャーム) (海水魚 サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ 【生体】の価格を調べるならコチラ

 

こちらの記事もおすすめ
●初心者におすすめの丈夫なサンゴ10選

●サンゴ飼育入門|必要な器材と水槽の立ち上げ方法

●サンゴ飼育に適したLED照明の選び方