スーパーライトジギング用のスピニングリールの選び方|手番、サイズ、ギア比


スーパーライトジギング・SLJではキャスティングでも扱いやすいスピニングタックルから揃える人が多いと思います。
でも初心者だと必要なリールの条件、サイズやギア比などで迷う事があるでしょう。

今回はスーパーライトジギングで使うスピニングリールの選び方と、スーパーライトジギングにおすすめのスピニングリールを合わせて紹介します。

スーパーライトジギングで使うスピニング リールの選び方

ステラSW4000XG
リールサイズ
スーパーライトジギングでは信頼性の高いダイワかシマノの汎用スピニングリールで3000場〜4000番サイズを使用する人が多いです。

ダイワの汎用スピニングリールはLTコンセプトのモデルから、型番の数字が同じシマノのリールと同サイズになっています。昔はダイワ3000番ならシマノの4000番相当でしたので、LTモデル以外を購入する人は注意して下さい。

シマノだと4000番と共通ボディとなるC5000や、耐久性重視でSW4000番を使用する場合もあります。ただし、SW4000番はSW5000番・6000番と共通サイズのボディなので結構重量が増えてしまいます。

スーパーライトジギングでは汎用スピニングリールの4000番を選んでおけば、スーパーライトジギング以外にもライトジギング、ライトショアジギングなどにもえるので、色々なルアーフィッシングに挑戦したい人にはベストなリールサイズかと思います。

数千円で販売している安い樹脂ボディのリールでも充分使えますけど、ルアーフィッシングなので出来ればベアリング数が多くて巻きがスムーズな1万円以上のモデルを選びたいものです。

注意点
注意点としてシマノの3000番には3000とC3000という2種類のモデルがあり、C(コンパクト)3000は2000番のボディとなります。
個人的に3000番を購入するなら4000・C5000とボディが同じサイズとなる、通常の3000番をおすすめします。ボディサイズが1サイズ違うと耐久性や巻き上げ安さが全然違いますからね。

耐久性


スーパーライトジギングで使うスピニングリールは耐久性より軽さを重視してもなんら問題ありません。
3000〜4000番のリールなら使用するラインの強度より遥かにリールの方が頑丈です。

40〜60cm程度の中型青物が数釣れるなら、中級クラスのリールの方がギアも大きく素材も良い物を使っているので耐久性も高いし、ベアリング数も多く巻き上げもスムーズで確実に長持ちしますよ。
中級以上のスピニングリールは強度の高いギアや、金属・カーボン製のボディを採用しているので、どのリールを選んでも耐久性は心配ありません。

軽さを選ぶか耐久性を重視するかは釣れる魚や好みで選べは問題ないですよ。リールのデザインを重視して選んでも良いでしょう。
色々な道具で釣れるのもスーパーライトジギングのメリットですからね。

ギア比

スーパーライトジギングは浅い場所を狙うので、ギア比はノーマルギアからハイギア(ダイワH・シマノHG)を選べば問題なし。
ハンドル1回転あたりの巻き上げ長さが80〜95cm有れば充分である。
シマノの4000番にはXG(エキストラハイギア)かノーマルギアしかない場合もあるので、その場合はXGの方が良いかと思います。

使うジグも小さく釣れる魚自体小型の魚多いので、小刻みに誘えるノーマルギアが有効な場合もあるんですけどね。

筆者は4000XGのスピニングリールと、巻き上げ長さが70cmくらいのベイトリールの2タックルを持ち込み、タックル毎に巻き上げ長さを変えてアクションに変化を付けています。

余裕が有れば巻き上げ長さ90〜100cm程度のスピニングタックルと、巻き上げ長さ70〜80cm程度のベイトタックルの2種類のタックルが有ると、アクションの幅も広がりますよ。

ドラグ性能


スーパーライトジギングだからと言って釣れる魚が小型の魚ばかりとは限らない。イナダを狙っていたらワラサやサワラが食ってくることは良くある。
細いラインで大きな魚を釣り上げるにはスムーズに作動するドラグ性能も重要になる。
だいたい6000円〜1万円以上で販売されているリールならドラグ性能はしっかりしているはずなので、不意の大物を考えるとあまり安価なリールを使うのは好ましくない。

ハンドル


リールのハンドルにはT型ノブと丸いラウンドノブがあります。スーパーライトジギングなら特に何方のハンドルノブでも問題ありませんが、ラウンドノブの方が握るように掴めるので力を入れやすいですよ。

T型ノブは指で挟むので、負荷の強い釣りでは指の皮が擦れて痛くなる事がたまにあります。スーパーライトジギングだとあまり問題ないとは思いますけどね。

ハンドルノブは後からラウンドノブに交換出来るので、T型ノブに不満があれば交換すれば良いかと思います。

 

スーパーライトジギング入門におすすめのスピニング リール8選

ダイワ 20レブロスLT

20レブロス
レブロスと言えばダイワの安いスピニングリールの中でも、耐久性とコスパのバランスが良く、長年に渡りコスパ重視のアングーに人気の高いエントリーモデルです。
20レブロスLTはLT(ライトタフ)モデルとなり、大幅に軽量化され、よりスーパーライトジギングでも使いやすくなりました。
20レブロスからドラグが最新のATDとなり、細糸を使用した釣りでの扱いやすさもアップ。

【1月入荷予定/予約受付中】ダイワ 20レブロス LT4000−CH※他商品同梱不可。入荷次第、順次発送

●ギヤ比:5.6
●巻取り長さ(cm):89
●自重(g):255
●最大ドラグ(kg):12
●ハンドル長(mm):60
●ノブタイプ:T
●ベアリング(ボール/ローラー):4/1
●糸巻量ナイロン(lb-m):10-190、12-150、14-100
●糸巻量PE(号-m):1.2-310、1.5-200、2.0-170

シマノ 16ナスキー

16ナスキー C5000
16ナスキーは耐久性も高くコスパの良い入門モデル。スーパーライトジギングなどルアー釣りで使うなら、ナスキークラスは巻き上げも滑らかでパワーもあるのでおすすめ。
樹脂ボディの割には5〜8kgのアカエイも不安なく巻き上げられるので耐久性も問題ありません。

【特徴】
人気のナスキーが生まれ変わった!強くなめらかな巻きごごちを約束するHAGANEギア、高い防水性能を誇るコアプロテクト搭載。ほかにもX-SHIP、Gフリーボディ、アルミ冷間鍛造ハンドル、大径ドラグノブなどを採用。
手頃な価格設定ながら、シマノが誇る先進テクノロジーを存分に堪能できる。別次元へと進化を遂げた信頼のモデル、11アイテムという豊富なラインナップも魅力だ。

Amazonで16 ナスキー 4000XGの価格を調べるならコチラ

楽天 シマノ(SHIMANO) 16 ナスキー 4000 03575

●ギア比:4.7
●実用ドラグ力(kg):6
●最大ドラグ力(kg):11
●自重(g):295
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):51/17
●ナイロン糸巻量(号-m):3.5-170、4-150、5-125
●フロロ糸巻量(号-m):3-190、4-145、5-115
●PE糸巻量(号-m):1-500、1.5-320、2-210
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):75
●ハンドル長(mm):55
●ベアリング数ボール/ローラー: 4/1

ダイワ 17フリームスLT


17フリームスLTは1万円と言う値段の割に自重と巻きの軽さからスーパーライトジギングからソルトライトゲーム全般に人気のある入門モデルです。
巻き上げもスムーズなので、17フリームスを選んでおけばまず後悔はしないと思いますよ。
フリームスはハンドルが折りたたみ式じゃないのも良いですね。

【特徴】
小型スピニングリール新時代をリードするLTモデル!
最先端のフィッシングシーンを牽引すべく、ゼロから生まれた全く新しいフリームス。小型スピニングリール新時代のスタンダードとなるべく開発されたこのリールは、前作を遥かに凌ぐ軽量化を実現
エンジンにはタフデジギヤを搭載しファイトをサポート。
また、ロングキャストABSスプールによる飛距離の向上とトラブルレス性能が大幅に向上。基本性能の大きな進化が、アングラーにより快適な釣りを約束。THE NEW STANDARD、それがFREAMS。

軽量&タフそれはスピニングリールの理想像。軽さ、耐久性は新基準へ。
小型スピニングリール新基準「LT」により、生まれ変わったFREAMS。耐久性はマグシールドに加え、タフデジギアを搭載することで長期間の使用や過酷な環境にも対応。さらに、大幅な軽量化に成功した事により操作性に磨きがかかり、まさにアングラーとの一体感が生まれるリールが誕生。

Amazonでダイワ(DAIWA) フリームス LT4000S-CXH の価格を調べるならコチラ

楽天 ダイワ(Daiwa) 18フリームス LT4000S-CXH 00057059

●巻取り長さ(cm):99
●ギア比:6.2
●自重(g):245
●最大ドラグ力(kg):12
●標準巻糸量PE(号-m):1-200
●ベアリング(ボール/ローラー):5/1
●ハンドルノブS交換可、ソルト対応

シマノ 19ストラディック

19ストラディック
19ストラディックは2019年時点でコスパ最高のリールとされており、大口径ギアやロングスプール、ワンピースベールなど、他にも多数の上位モデル並に匹敵する最新技術を搭載。
耐久性と軽さのバランスも良く様々なルアーフィッシングのエントリーモデルとしておすすめのスピニングリールです。19ストラディックはスーパーライトジギングに充分な性能のおすすめリールです。

【特徴】
スピニングリールの基本性能である「巻き」「耐久性」「飛び」がさらに進化を遂げました。マイクロモジュールギアII、サイレントドライブを搭載することでフラッグシップに迫るリーリング性能を追求。また上位機種を踏襲した新しいHAGANEギア、防水機構のXプロテクトを搭載することで従来モデルよりさらに強く、耐久性のあるモデルになりました。

さらに同クラスでは初となるロングストロークスプールを採用することでキャスト性能も向上。今までルアーが届かなかったポイントへのアプローチを可能にします。
豊富なラインナップで、ライトなターゲットから海の大物まで幅広いシーンで活躍するストラディック、フラッグシップに迫る進化を遂げました。

【評判・評価】
正常進化

15ストラディック4000HGMを3年使用し、19の同番手を購入しました。部屋の中で旧型と新型を手で保持して回して比較した感じでは、Mモジュールの恩恵は全く感じられなかったのですが、フィールドで使用してみると、ガタツキが少なく、回転も確実に滑らかになっている。…正常進化です。ハンドルが折りたたみ式から固定式になり、持ち運びと現場でのハンドル取付/取り外しが面倒になっているが、最近のリールはD社も全てこの方式なので、しょうがないのかな?
Amazonレビューより

Amazonで19 ストラディック 4000MHGの価格を調べるならコチラ

楽天 シマノ(SHIMANO) 19 ストラディック 4000MHG 04023

●ギア比(kg):5.3
●実用ドラグ力(kg):6.0
●最大ドラグ力(kg):11.0
●自重(g):280
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):52/19
●PE糸巻量(号ーm):1-490、1.5-320、2-240
●最大巻上長:95cm/ハンドル1回転
●ハンドル長(mm):55
●ベアリング数:BB/ローラー(6/1)

ダイワ 19レグザLT


ダイワの19レグザLTはフルメタルボディ採用でシマノ19ストラディックのライバル機種となるスピニングリール。耐久性重視でカタログスペックではストラディック以上か?

【特徴】
アルミボディで堅牢、LTで軽い!ハイバリュー、高剛性、レグザの誕生。タフなソルトゲームに最適。高剛性メタルボディ、マグシールド、ATDの採用などハイスペック機に見劣りしない充実のスペック。シーバスをはじめとした耐久性の求められるルアーゲームにオススメ。
高級機種に見劣りしない仕様。LTなのはもちろん、ハンドルはマシンカットの「ねじ込み式」を採用。細やかな部分まで高級機種に見劣りしない仕様になっている。大型番手はEVAノブを搭載(5000、6000番)し、ショアジギなどにオススメ。
様々なロッドにマッチするデザイン。ルアーロッドはもちろん、満遍なくマッチさせやすく、落ち着いた高級感のあるデザイン。

Amazonで 19 レグザ LT4000S-CXHの価格を調べるならコチラ

ダイワ(Daiwa) 19レグザ LT4000D-CXH 00067215

●巻取り長さ(cm):99
●ギヤー比:6.2
●自重(g):275
●最大ドラグ力(kg):12
●標準巻糸量PE(号-m):1.5-430、2-300、2.5-260
●ベアリング(ボール/ローラー):5/1
●ハンドル長さ(mm)/ノブ仕様:60/T型
●ハンドルノブS交換可
●ソルト対応
●ボディ素材:アルミ
●スプール:LC-ABS

シマノ ツインパワーXD


耐久性の基準を変えてしまう。タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。
過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生!
ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。
さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。

【評判・評価】
流石ツインパワー!

2019年2月27日Amazonで購入
流石ツインパワー。サワラの82㎝ゴリ巻き余裕でした。1年以上過酷に使用していますが、ゴリ感シャリ感ともにありません。ハイギア特有のシャーシャー音はありますが、私は気になりません(笑)
Amazonレビューより

Amazonで17 ツインパワーXD 4000XGの価格を調べるならコチラ

【ほぼP5倍 12/10 00:00-翌1:59迄】 シマノ(SHIMANO) 17ツインパワー XD 4000XG 03747

●ギア比:6.2
●実用ドラグ力(kg):6.0
●最大ドラグ力(kg):11.0
●自重(g):290
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):51/17
●PE糸巻量(号-m):1-500、1.5-320、2-210
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):99
●ハンドル長(mm):57
●ベアリング数(S A-RB/ローラー):9/1

ダイワ 19セルテート


19セルテートはモノコックボディ採用で耐久性を維持しつつ大幅な軽量化に成功。ギアサイズも大きくなり汎用小型スピニングリールとしては破格の耐久性を実現しました。セルテートは頑丈な汎用スピニングリールとして、シマノのツインパワー同様長年人気が高い定番モデルですよ。
スーパーライトジギングの番組で19セルテートを使いイナダやワラサを釣っていましたね。

Amazonで19セルテート LT4000-CXH の価格を調べるならコチラ

楽天 ダイワ(Daiwa) 19セルテート LT4000-CXH 00060053

●巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):99
●ギヤー比:6.2
●自重(g):235
●最大ドラグ力(kg):12
●標準巻糸量:PE(号-m):1.2号-310m、1.5号-200m、2.0号-170m
●ベアリング(ボール/ローラー):10/1
●ハンドルアーム(mm):60
●ハンドルノブ仕様:T

ダイワ ソルティガBJ

ソルティガBJ
ダイワのソルティガBJ3500Hは耐久性を重視して設計されたスピニングリールで、3500Hならスーパーライトジギングからライトジギングまで幅広く使うことができる。
金属製のモノコックボディや大口径ギアを搭載しており、巻き心地が軽くて耐久性は抜群だ。
ラインの太さ次第だがワラサ(メジロ)やブリなど中型以上の青物にも全く問題なく対応できる。青物がメインに釣れるエリアで特に活躍するリールです。

〈こちらの記事もおすすめ〉
●SLJ・スーパーライトジギングとは?タックル、メタルジグ、釣り方を紹介

●スーパーライトジギングロッドの選び方・おすすめのロッド6選

●スーパーライトジギングで使うメタルジグの選び方|おすすめのメタルジグ7選

●スーパーライトジギングで使うラインの選び方