【ショア】タチウオのテンヤ釣り入門|引き釣り、ウキ釣り、タックル、仕掛け、釣り方

タチウオ 太刀魚 テンヤ釣り


ショアからのタチウオ・太刀魚のテンヤ釣りは「テンヤ」と呼ばれるタチウオのテンヤ仕掛けを使用して、堤防/波止からタチウオを狙うエサ釣りの一種です。
近年ワーム が付いたルアータイプのテンヤ仕掛けも登場しており、より手軽にテンヤ釣りが楽しめるようになっています。

タチウオのテンヤ釣りには船釣りとショア・堤防/波止からの釣り方があり、ショアからのタチウオテンヤにもウキを使用したウキ釣りタイプと、スイミングテンヤを使用した引き釣りの2種類の釣り方があります。

ショア・タチウオテンヤの魅力
エサ釣りとは言ってもタチウオテンヤで太刀魚を釣るにはタナ取り、仕掛けのセッティング、アタリが出てからの駆け引きなどゲーム性も高く、初心者からベテランまで楽しめる非常に面白い釣り物です。

ウキ釣りのタチウオテンヤはタナ取りとアワセさえしっかり出来れば釣り方は簡単ですよ。ちょっと仕掛け作りが面倒ですけどね。

タチウオテンヤのメリットはキビナゴなど本物の餌を使用するため、ワームやメタルジグを使用したルアーフィッシングより簡単にタチウオを釣ることが出来ることにあります。
一応タダ巻きでも釣れるので、釣り初心者や子供でも基本さえ覚えれば投げて巻くだけでタチウオを釣ることができますよ!

太刀魚 ( タチウオ ) テンヤ引き釣り直行セット ( REALCASTERSET300,POWER太刀魚75,任意のタチウオJOYヘッド ) オリジナル初心者入門セット【 あす楽 】

スイミングテンヤを使用したタチウオテンヤ編

タチウオ テンヤ
スイミングテンヤを使用し「引き釣り」で釣るタチウオテンヤ仕掛けは非常にシンプルで、タックルもルアーロッドや遠投磯竿などが使えますよ。
スイミング系のテンヤ仕掛けは15〜30gくらいの重さが多く、ルアータックルでも扱いやすく作られています。

ロッド
使用するロッドはシーバスロッドやワインドロッド、エギングロッドなど少し張りがある硬めのロッドが使いやすいでしょう。テンヤさえキャストできるなら色々なルアーロッドが使えますよ。やや重いことを除けば遠投磯竿も使えます。

テンヤで使うロッドを選ぶ場合、テンヤに付けるキビナゴの重量も考慮してロッドを選びましょう。キビナゴ自体も10gくらいはありますから、ロッドの対応ルアーウエイトをオーバーしないように、使うテンヤの重さより10gくらい余裕を持った重さのテンヤ仕掛けを選んで下さい。

●テンヤの号数/重さ
テンヤ仕掛けは重さが号数表記の場合もあり、1号は3.75gとなるのでルアーロッドで使う場合は対応ルアーウエイトの超過に注意して下さい。

リール
リールもロッドに合った3000〜4000番のリールを使えば大丈夫。 ギア比はハイギアが無難ですが、あまり早まきする釣りでは無いのでノーマルギアでも普通に使えますよ。

ライン/道糸
ラインはPEラインの1〜1.5号かナイロンラインの3号くらいがおすすめですが、テンヤ釣りならルアーほどシビアに考えなくて良いでしょう。

テンヤ

テンヤの選び方ですが、2〜3号のテンヤをメインに、使用するロッドで扱える1番重めのテンヤを2種類用意しておきましょう。
夜間はゆっくり巻く方が釣果が良い場合が多いので2〜3号のテンヤが活躍します。
重めのテンヤは飛距離が必要な釣り場や、足場が高くテンヤが浮き上がりやすい場所で使用します。

餌・エサ

ショアからのタチウオテンヤではキビナゴやイワシ、ドジョウを餌として使用します。ショア用のタチウオテンヤは大抵キビナゴを取り付ける丁度良いサイズになっていますね。
キビナゴは大抵の釣具店で釣り餌として販売しているので餌には最適と言えるでしょう。
ドジョウやイワシを餌に使用するなら、テンヤに合わせてそれなりに大きなサイズを入手する必要があります。

釣り方

タチウオ テンヤ ショア
引き釣りでの釣り方はテンヤを狙いたいレンジ(タナ)まで沈めて、一定のレンジをキープしたま引いてくるだなくで普通に釣れますよ。
スピードを変えたり、斜めに引いてくる、トゥイッチやリフト&フォールと言ったアクションを加えてみるのも有効。
暗い場所ほどゆっくり巻く方が有効なので、軽いテンヤ仕掛けも用意して使い分けましょう。

夜光塗料で塗られたグロー系のテンヤは蓄光器で時々光を当てて、よく光るようにしておく事も釣果を伸ばすために重要ですよ。

シマノ(Shimano) 太刀魚ゲッター 時短テンヤびりびり 5号/19g OO-305K ナチュラルグロー 01T / 太刀魚 仕掛け 波止タチウオ 【キャッシュレス5%還元対象】

Amazonでシマノ テンヤ 太刀魚ゲッター 時短テンヤびりびり を調べるならコチラ

 

ルアー型のテンヤ仕掛け

テンヤの餌をワームに変えたタチウオテンヤもあります。ほぼジグヘッドリグなのでルアーフィッシングとなりますが、テンヤ釣りからルアー釣りにステップアップする際に使ってみるのもアリでしょう。
餌の用意も必要なくキビナゴ餌の臭いが手に付かないので女性にもおすすめ。

 

タチウオのウキテンヤ釣り

タチウオ テンヤ ウキ釣り
ショアからのタチウオテンヤでは、電気ウキを使用したウキ釣りタイプのテンヤ釣りも釣り方が簡単で人気です。
仕掛け自体は通常のウキ釣りと同じで、電気ウキを使用して夜釣りで狙う場合が多いですね。
ウキ止めゴムを使用した半誘導仕掛けにしておくと5m以上の水深に対応できますよ。

ウキ止めゴムを使用した固定ウキ仕掛けだと、ガイドにウキ止めを巻き込めないので、釣竿の7割くらいの長さしかウキ下が取れません。

釣竿・ロッド
テンヤ仕掛けはルアーロッドや遠投磯竿など、テンヤの重さが投げられるロッドならルアーロッドや遠投磯竿など色々な釣り竿が使えます。
ハリスがない仕掛けなのでやや短い2m代のロッドでも飛距離は落ちますが投げられます。
遠投磯竿や3m以上のルアーロッドで10号の仕掛けを投げられれば60m程度の飛距離が得られます。

リール
3000〜4000番のリールを使用します。仕掛けの回収速度が早いハイギアのリールだと手返しが早くなりますが、リールのギア比は釣果に関わりませんので有り合わせやお好みで構いません。

ライン/道糸
ウキ釣りではナイロンラインの3〜4号、PEラインの2〜3号を使用します。扱いやすいのは断然ナイロンラインなので、釣り初心者や飛距離にこだわらない人はナイロンラインを選びましょう。

電気ウキ
タチウオは夜に釣ることが多いので、ウキを購入する場合は電気ウキを選ぶと良いでしょう。電気ウキは日中も通常のウキとして使えますからね。
後付けでトップにケミホタルが装着できるタイプのウキもありますね。LEDの電気ウキより視認性は低くなってしまうので、40m以上投げるなら電気ウキを選んでおくのが無難です。

シモリ玉・ウキ止め糸
シモリ玉とはウキのスイベル(道糸を通す場所)より上に取り付け、スイベルがウキ止めをすり抜けるのを防止するアイテムです。
シモリ玉はラインの号数別に数種類あるので、使用するラインの太さに合ったシモリ玉を選んで下さい。

ウキ止め糸は名前の通りウキ止めとなる糸で、シモリ玉より上に結ぶことで任意の位置でウキを止めることができます。
ウキ止め糸はウキ止めゴムと違い竿のガイド、リール まで巻き込めるので10m以上のタナでも対応出来るのがメリットですね。

テンヤ/ワイヤーリーダーから5m上にウキ止め糸を結べばタナを5mに設定できます。

テンヤ
ウキ釣りで使うテンヤは5〜15号で、ロッドが対応した重さのテンヤを選んで下さい。
注意点として遠投磯竿なら上限の対応号数と同じ号数のテンヤ仕掛けで良いのですが、ルアーロッドはウキや餌の重さも考慮し、投げるテンヤは対応ウエイト10gくらい軽い物を選んで余裕をもたせた方が安心です。
1号=3.75g

釣り方
ウキ釣りではタチウオの居るタナにテンヤ仕掛けが来るように調節いけません。まずは釣り場の水深事に狙うレンジ(タナ)を「表層・中層・低層」に分けて、主に表層から中層を探るようにすると良いでしょう。

仮に水深8mの釣り場なら、表層狙いなら水面から2〜3m、中層なら4〜6mの間を狙います。
タチウオはボトム(底)ギリギリにはほぼ居ないので、底から1.5m以上・水面下2m以下の範囲を探るようにすると良いでしょう。

釣れるタナがどうしてもわからない時は、まずは周りの釣れている人に聞くのが1番確実ですよ。挨拶して聞けば大抵の釣り人は心よく教えてくれるはずです。

竿を煽ってテンヤを上下に動かしたり、ウキが沈まない速さでゆっくり巻くのも広範囲を探れる有効なアクションです。

 

釣果を伸ばす為のワンポイントアドバイス


ケミホタルの使用
タチウオ釣りでは仕掛けを目立たせた方が釣れる場合もあり、ワイヤーリーダーやフックの軸にケミホタルを取り付けるのも有効です。
グローカラーのテンヤを使わない場合や、何度も蓄光器で光を当てるのが面倒な場合はケミホタルが便利ですね。

蓄光器を使おう

ショアから使うタチウオテンヤは夜釣りやマヅメ時での釣りをメインに作られているので、グロー(夜光塗料)のテンヤ仕掛けが多く暗闇で光るわけですが、直ぐに光が減衰してしまうので、小まめに蓄光器で光を当てて光らせる事が重要です。

プロックス(PROX) 四代目根魚権蔵蓄光器(ズームレンズ) ブルー PX9184GB

 

コチラの記事もおすすめ
●タチウオの生態と釣り方7種類を紹介

●タチウオのワインド釣法に必要なタックル、ルアー、釣り方

●タチウオジギングのタックル、ルアー、釣り方