ナガレハナサンゴの飼育方法|水質、光・水温、水流、毒性、飼い方

ナガレハナサンゴ

ナガレハナサンゴ
ナガレハナサンゴは先端が膨らみ枝分かれする複数のポリプを展開するLPS・ハードコーラルです。
水流になびくグリーンのポリプは非常に美しく、サンゴの水槽でも目を引く人気の高いサンゴです。

美しい割にナガレハナサンゴは綺麗な水質があれば強い光も必要なく、意外と初心者でも飼育しやすいサンゴと言えます。

近縁種にコエダナガレハナサンゴもおり、こちらもポリプの型が少し違うだけで非常に美しいサンゴです。

そこが知りたい サンゴ飼育完全飼育マニュアル

Amazonでサンゴを上手く飼うための本―飼育環境・難易度別で理解するサンゴカタログ の価格を調べるならコチラ

ナガレハナサンゴの飼育方法

ナガレハナサンゴ
●照明:中
●水流:弱〜中
●水質:硝酸塩が10ppm以内
●水温:23〜26°C
●PH: 7.5〜8.5
●KH:8〜14
●濾過方式:特にこだわらない

ナガレハナサンゴはハンマーにも良く似た先端がT字型に広がったポリプが特徴的。カラーバリエーションは少なくグリーンか先端が肢の部分でカラーが分かれる。

骨格は太い木の幹のように少し高さがあり、ポリプが付いている部分は深く窪んだ中央から外側に向かって板状の骨格が伸びています。形状は円に近い型から横に長い物、Z型など複雑な型の物もある。
ブランチタイプと言う骨格が枝分かれするタイプもあります。

ナガレハナサンゴ
ナガレハナサンゴに強い水流は必要なく、ポリプがユラユラ揺れる程度の緩やかな水流が適切。水流が強すぎるとポリプの開きが悪くなるのと、体力を消耗するらしく弱ってしまう。

餌は適切な照明があれば基本的に必要なく、共肉が痩せているなら2週間に1回くらい小さく千切ったクリルを与えると良い。光が弱く痩せている個体は餌を与えても回復しないので注意。
ナガレハナサンゴの飼育ではしっかりと光量を確保する事が重要ですよ。

水質

ナガレハナサンゴ
ナガレハナサンゴは硝酸塩とリン酸塩は通常のLPS同程度で構いません。
しかし、あまり硝酸塩とリン酸塩などの栄養塩が増えると褐虫藻が増えすぎて茶色くなり、口から増えすぎた褐虫藻を吐き出すことがあります。必要以上に強い照明も褐虫藻が増える原因になりますよ。

水中の栄養塩が豊富だとナガレハナサンゴの褐虫藻が増え、栄養分が過剰に蓄積されてしまい、有害なバクテリアに感染すると、一気に共肉が茶色くなり溶けるように侵食される「ブラウンジュリー」と言う病気を発病しやすくなる。

ナガレハナサンゴにブラウンジュリーが発生したら茶色く溶けた部分を水で洗い、ブラシで病巣を擦り落とす必要がある。
ブラウンジュリーは進行も非常に早く、溶けた共肉が他のハードコーラルに接触すると連鎖的に感染してしまうので、とにかく見つけたら早い対処が必要。

ハードコーラルなのでKHや微量元素が豊富な水質が良く、水換えで維持するなら週一回の水換えを行うか、添加剤でKH・カルシウム、ストロンチウム、ヨウ素などを補給しよう。
微量元素が少ないと肉剥がれを起こして骨格が露出してしまう可能性もある。

KHが12以上の環境なら骨格の成長も徐々に見られる。KHを維持しつつ他の微量元素も供給できるカルシウムリアクターも使えれば尚更良い。

照明


ナガレハナサンゴの飼育に強い照明は必要なく、60cm水槽でLED2灯、蛍光灯3灯メタハラ150wやハイパワーLEDを使うならブルー系の球を使いたい。
lm・ルーメン表記だと60cm水槽で最低でも2500lm以上は確保しましょう。

ナガレハナサンゴは自然下でも主に水深10m以上の場所に生息しており、強い光を当てると褐虫藻が増えて茶色くなることもあります。

毒性

ナガレハナサンゴの毒性は強く、特にスイーパー触手と呼ばれる非常に攻撃性が高い長い触手に注意が必要。
スイーパー触手は夜間だけでなく日中でも伸ばすため、導入初期はよく観察して見つけたら切ってしまって構いません。
スイーパー触手以外は通常の触手が他のサンゴと接触しないように注意すれば問題ありません。

増殖・増やし方

ブランチタイプのナガレハナサンゴは分割が可能。
ポリプから5cm以上離れた場所を糸鋸などでカットし、切断面は細かい穴が開いているので必ず水中ボンドや接着材で塞ぐこと。

 

(サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ 北海道・九州航空便要保温

Amazonでcharm(チャーム) (海水魚 サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ の価格を調べるならコチラ

 

こちらの記事もおすすめ
●サンゴ飼育入門|必要な器材と水槽の立ち上げ方法

●サンゴの飼育に適したLEDライトの選び方

●初心者におすすめの丈夫なサンゴ10選