コエダナガレハナサンゴの飼育方法|水質、照明、水流、餌、毒性、飼い方

コエダナガレハナサンゴ

コエダナガレハナサンゴ
コエダナガレハナサンゴは別名タコアシサンゴとも呼ばれ、先端が丸く膨らむ触手を持つ美しいLPS・ハードコーラルです。
ナガレハナサンゴと同じナガレハナサンゴ属のサンゴで飼育の難易度はやや高め。長期飼育には清浄な水質が必要です。

そこが知りたい サンゴ飼育完全飼育マニュアル

Amazonでサンゴを上手く飼うための本―飼育環境・難易度別で理解するサンゴカタログ の価格を調べるならコチラ

コエダナガレハナサンゴの飼育方法

コエダナガレハナサンゴ
●学名: Euphyllia diuisa
●照明:中
●水流:弱〜中
●水質:硝酸塩が10ppm以内
●水温:23〜26°C
●PH: 7.5〜8.5
●KH:8〜14
●濾過方式:特にこだわらない

コエダナガレハナサンゴは名前の通り小枝のように触手が枝分かれしており、更に複数の丸い触手が付いています。ナガレハナサンゴの触手はハンマー型なので区別は容易。

コエダナガレハナサンゴにも微妙に種類があるようで、丸い触手の部分が非常に長いタイプもあります。
骨格は木の幹の様にやや長く、枝分かれする物はタコアシブランチと呼ばれている。
ブランチタイプのコエダナガレハナサンゴの方がブラウンジュリーなど病気や水質の変化で全滅しにくいため、その点では飼育難易度はやや低いとも言えます。

カラーは蛍光色のグリーンとブラウン系が多く、触手の丸い部分が白い物もある。流通名ではグリーンが濃いタイプをメタリックグリーン、触手が透き通るタイプはクリアグリーンと呼ばれる。
タコアシクリアやタコアシメタリックなどと言う表現も使われますね。

コエダナガレハナサンゴの飼育に基本的に餌は必要無く、光だけで問題なく飼育が可能。痩せていたり少しでも成長を早めたいなら、細かく砕いたクリルやサンゴ用の液体フードを2週間に1回くらい与えても良い。

意外と骨格の型や触手のバリエーションがあるので、好みの個体を選ぶ楽しみもあるサンゴと言えますね。

水質

コエダナガレハナサンゴ
コエダナガレハナサンゴの飼育には、それなりに清浄な水質が必要。濾過フィルターは問わないが、通常濾過でも硝酸塩とリン酸塩が少ない水質が適している。
水質の目安として硝酸塩なら10ppm以内になるように水換えやプロテインスキマーを利用して水質を清浄に保ちたい。

骨格成長や長期飼育したいならKH・カルシウムの数値や微量元素の不足に注意して適切な水質維持したい。多めの水換えやカルシウムリアクターの設置は状態の良い環境の維持に効果がある。

水流はあまり強い水流は好まないので、ポリプがフワフワと適度になびくくらいが適切。

照明

コエダナガレハナサンゴ
コエダナガレハナサンゴはサンゴ礁でもやや深い場所に生息しているサンゴなので、照明はLED3灯、メタハラなら150wのブルー球を使えば良い。
飼育しやすいLPSのオオバナサンゴなどよりは強い照明を必要とします。

毒性

コエダナガレハナサンゴ
触手の毒性はかなり強く、ナガレハナサンゴ属以外のサンゴは、接触すると大抵溶かされたり大きなダメージを受けてしまう。
コエダナガレハナサンゴと接触しても大丈夫なサンゴは、ナガレハナサンゴ、ツツマルハナサンゴ、ハナブサツツマルサンゴなど。

とは言えコエダナガレハナサンゴにも微妙な種類の違いがあるようなので、お互いに影響が無いかよく観察して対処したい。

増殖・増やし方

ブランチタイプのコエダナガレハナサンゴは枝ごとに分割が可能。共肉が付いている部分より3〜4cm離れた場所を糸ノコなどでカットし、骨格の切断面は水中ボンドなど接着剤で塞ぐこと。
骨格の切断面を塞がないと有害なバクテリアやゴカイなど小さな生物が侵入してしまう事がある。

 

(サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ 北海道・九州航空便要保温

Amazonでcharm(チャーム) (海水魚 サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ の価格を調べるならコチラ