シロコサンゴの飼育方法|水質、光・照明、増やし方、飼い方

シロコサンゴ

シロコサンゴ
シコロサンゴはウネウネと波打つ様な骨格と、毛のようなフサフサした触手が特徴のLPS・ハードコーラルです。
シコロサンゴにはモルディブシコロサンゴなど幾つかの種類があり、骨格の形状も立ち上がるように上方向に成長するタイプや、ライブロックを被覆するように広がるタイプがあります。

そこが知りたい サンゴ飼育完全飼育マニュアル

Amazonでサンゴを上手く飼うための本―飼育環境・難易度別で理解するサンゴカタログ の価格を調べるならコチラ

シコロサンゴの飼育方法

シロコサンゴ
●学名:Genus Pauona
●照明:中
●水流:中〜強
●水質:硝酸塩が10ppm以内
●水温:23〜26°C
●PH: 7.5〜8.5
●KH:8〜14
●濾過方式:特にこだわらない

シコロサンゴはLPSの中では飼育はやや難しい部類となり、それなりに清浄な水質と強い照明が必要になります。LPSよりSPSに近いサンゴと思って飼育した方が良いでしょう。
長期飼育や成長を期待するなら、飼育設備は栄養塩が溜まり難いベルリンシステムがおすすめ。共肉も薄く一度状態を悪くすると回復し難いので注意が必要なサンゴですね。

形態は平たく波打つ骨格が特徴的で、表面に細かい溝のような模様が入る場合もある。ポリプは骨格の所々に点在しており、形や数も種類によってことなる。
モルディブシコロサンゴはポリプがカルデラのように迫り上がるのが特徴。

シロコサンゴ
共肉は非常に薄く、表目は細かな毛のような触手に覆われている。モルディブシコロサンゴには触手がほとんど見られない。

カラーパターンはグリーンやベージュ系がほとんどですが、モルディブシコロサンゴにはオレンジやパープルと言った非常に美しいカラーも見られる。

シコロサンゴの飼育に餌は全く不用。ミドリイシの様に光に依存しているようなので、出来るだけ強い照明を用意したい。

シコロサンゴが美味しいのか不明だが、何故か小型ヤッコに突かれやすい傾向にある。小型ヤッコが居る水槽には入れないようにしよう。

水質

シロコサンゴ

シコロサンゴは清浄な水質を好み、通常濾過でも飼育は可能ですが、魚が多く硝酸塩やリン酸塩など栄養塩が蓄積した水質にでは長期飼育は難しい。

長期飼育に理想の環境は栄養塩の蓄積を抑えられるベルリンシステムでしょう。LPSと思わずミドリイシに近い水質を維持したいサンゴです。
カルシウムリアクターでKH・カルシウムの数値を高く維持し、微量元素も豊富なら成長スピードは早い。

骨格の隙間にゴミが溜まりやすいので、形が複雑なシコロサンゴほど強めの水流が当たる場所に配置した方が良い。

照明

シコロサンゴの飼育には強めの照明が必要です。60cm水槽でメタハラ150wやLED3灯以上が理想的。ホワイト系の育成に適した照明を混ぜるとより安心です。

毒性

シロコサンゴ
シコロサンゴからは長く毒性の強いスイーパー触手を伸ばします。平たい骨格からは想像できないほど長く伸びるので、周りにサンゴを配置する場合はあまり近くに配置しないようにしましょう。

増殖・増やし方

大きく育ったシコロサンゴは骨格を割って株分けし増やす事ができます。割った破片を接着剤でライブロックに固定すると独立した株として成長します。

(サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ 北海道・九州航空便要保温