タイラバで真鯛を釣ろう|釣り方、タックル、タイラバを詳しく解説 マダイ ルアー

タイラバ マダイ

タイラバとは?

タイラバ マダイ
タイラバはマダイ(真鯛)をタイラバと言うルアーで釣るルアーフィッシングです。タイラバの魅力はルアーフィッシングにありがちな難しいルアーのアクションが必要なく、ただ巻くだけで簡単にマダイが釣れることでしょう。

タイラバで使用するタックルもライトタックル軽いため、釣り初心者さんや女性・子供でも手軽に挑戦できますよ。若者からご老人まで楽しめるのもタイラバの魅力です。

マダイ釣りにはテンヤ釣りやコマセマダイなどもありますが、エサ釣りは餌つけや仕掛けの扱いが面倒だったり、餌取りが多い日は苦戦するデメリットがあります。
しかし、タイラバなら餌付けも必要ないので餌取りに強く、釣り方も落として巻くの繰り返しなのでストレスフリーで釣りが楽しめますよ。

タイラバはゲストも豊富

タイラバ マダイ
タイラバのもう一つの魅力に多彩なゲストの存在も挙げられる。タイラバではイナダやワラサ・ブリなどの青物や、ヒラメ、エソ、ホウボウ、根魚など色々な魚型釣れるので、時には嬉しいお土産が沢山確保できるかもしれませんね。

タイラバの構造

タイラバ
まずタイラバ(鯛ラバ)の構造を紹介します。
タイラバはヘッドと呼ばれるオモリにフック、スカート、ネクタイが付いた構造をしています。
製品によりますがヘッドやスカート、ネクタイと全てのパーツを分解して組み替えることができ、このスカートやネクタイの形状・カラーの組み合わせでマダイの釣果が決まります。
ヘッドはある程度使いまわせるので、ネクタイとスカートをカラー・形状別に複数持ち込む人が多いですね。

部品毎の販売もしていますが、初心者なら組み立てられた既製品のタイラバを購入すれば問題ありません。
近年はヘッドとフック・スカート・ネクタイが取り外せる誘導式のタイラバが主流となっています。

ヘッド

タイラバ ヘッドタイラバ ヘッド
タイラバのヘッドはオモリとアピール機能を合わせています。ヘッドの形状によってフォール速度や姿勢も変わりますし、ヘッドのカラーも重要な要素となります。
ヘッドの定番カラーは赤やオレンジで、これはマダイが好んで捕食している甲殻類に似ているからと言われています。

使用するヘッドの重さはエリアや時期によっても変わってくるので、必ず船宿のホームページで使用する重さを確認してから購入しましょう。

スカート

スカートはヘッドの付け根から伸びる髪の毛ようなパーツです。マダイへのアピール以外にフックやハリスを隠すカモフラージュにも役立っています。

ネクタイ

ネクタイはタイラバで最もアピール力に影響するパーツで、水を受けてヒラヒラと動きマダイにアピールしてくれます。
タイラバで最も重要なパーツがネクタイと言われており、ネクタイは色々なカラーと種類を用意しておきましょう。

ネクタイには真っ直ぐに伸びた定番のストレートテールや、先端がくるっとカールしたアピール力重視のカーリーテールがある。
ストレートテールは巻くとピロピロ細かく動きアピールします。カーリーテールはグルングルンと大きな動きをするので、深場や濁りの入った場所での使用にも適しています。

ネクタイの素材はシリコンをメインにワームタイプもある。針に刺してさらにアピールりょくを高められるワームも登場しています。
マダイが好む匂い付きのネクタイもありますよ。

フック/ハリ

タイラバ フック
タイラバのフック/ハリは、マダイ針にPEラインを編み込んだハリスを結んだ構造で、2本の針が段差を付けた形で接続されています。
ジギングアシストフックによく似ていて自作も可能ですし、既製品のタイラバ用フックも数多く販売されています。

大抵の場合、タイラバを販売しているメーカーなら、替えのスペアフックも販売しているので、同じメーカーのフックを購入すれば良いかと思います。

自作するならマダイ針の8〜13号をヘッドや釣れる魚のサイズに合わせて使用します。

●タイラバの種類と選び方|カラー、ヘッド、ネクタイ、スカート

 

タックル

タイラバ タックル
タイラバではベイトタックルと言うベイトリールとベイトロッドを組み合わせたタックルをメインに使用します。
ベイトタックルはフォールでのアタリが取りやすく、巻き上げ力も高いので、落として巻くタイラバには最適なリールです。

タイラバはあまりシビアな釣りではないので、ライトジギングやタチウオジギング、ボートシーバス用など、ライトなベイトタックルがあれば流用が可能ですよ。

基本的なタイラバのタックルは、2m前後のタイラバ専用ロッドやライトジギングロッドに、200〜300番の小型ベイトリール合わせます。

ロッド/釣竿

タイラバで使用するロッド/釣竿は6〜6.3フィート/2m前後のタイラバ専用ロッドやライトジギングロッド、タチウオジギングロッドなど柔らかめのベイトロッドを使用します。
タイラバは一定の速度で巻き上げ追ってきたマダイを食わせる釣りであり、マダイのバイトを弾かず、食いついたマダイに違和感を与えない柔らかい竿先を持つロッドが適しています。

ジギングのようにシャクる釣りではないので、他の釣竿を流用する場合はタイラバの重さがロッドの対応ウエイトより多少重いくらいなら大丈夫ですよ。

ロッドパワー/硬さ

タイラバロッドのロッドパワーの選び方ですが、食わせとバラシにくさを重視するなら穂先の柔らかいソリッドを使用。ソリッドはマダイがタイラバに食い付いても違和感を持たず、しっかりと食い込んでから反転してくれるのでフッキング率が高い。

チューブラーのロッドはアタリを感じやすく、早掛け重視の釣り方に向いています。誘導タイラバを使用したアピール重視の釣りにもおすすめ。あとマダイがヒットしてから巻き上げやすいのもメリットでしょうか。

個人的には柔らかいロッドなら穂先の種類で釣果が大きく変わらないと思いますが、タイラバロッドを購入するならまずはソリッドのロッドを選ぶのが良いでしょう。

●初心者におすすめのタイラバロッドを紹介

人気のタイラバ入門ロッド!ダイワ 紅牙 X 69HB

リール


タイラバは細糸を使うのでリールは200〜300番サイズでノーマルギアの小型ベイトリールが適しています。
タイラバ専用のベイトリールも大手釣具メーカーから販売されているので、新しくリールを購入するならタイラバ専用リールから選べば間違いありません。

タイラバ以外の釣りもやるなら流用できるリールサイズで選んでも良いでしょう。
ハイギアのリールが使えないわけではなく、深場の釣りやドテラ流しでのタイラバで活躍しますし、通常の使用でもゆっくり巻けば良いだけで普通に使えますよ。

繊細な釣りですからリールはドラグ性能がしっかりした、ベアリングも最低限付いている1万円程度のベイトリールから選びたい。

カウンター付きリール


タイラバではカウンター付きのベイトリールを使用する人も多い。ジギングと違い激しいアクションは使用しないのでカウンターも見やすい。
カウンター付きリールには巻きスピードが表示されるモデルもあり、一定のスピードで巻き上げるタイラバでは役立つ機能ですね。

●タイラバリールの選び方とおすすめリールを紹介

PEライン


タイラバでは0.6〜1号の細いPEラインを200〜300m巻いて使用します。万能に使えるPEラインの太さは0.8号で、0.8号なら70cm以上の大型マダイも釣れますし、ワラサやヒラメ、根魚など不意の大物にも対処ができる。
ラインは細いほど水切れが良く、潮が早くてもタイラバの動きに影響しませんがラインブレイクのリスクは高くなります。初心者なら0.8〜1号を選んだほうが良いですね。

必要なラインの長さは200〜300m。地域により釣れる水深も異なりますが、水深100mのディープエリアを狙う可能性もあるので300m巻いておくのがおすすめです。

ラインマーキング

タイラバは正確な水深の把握が重要なので、PEラインは10毎に4〜5色に色分けされ、1m間隔でマーキングが入った船釣り/オフショア用のPEラインを選んで下さい。
カウンター付きリールもカウンターの誤差が出るので、ラインマーキングはあったほうが良いですよ。

リーダー

リーダーとはPEラインの先に結んで使う透明で擦れに強い先糸の事。PEラインは不透明でスレに弱く、直接タイラバに結ぶと結束部の強度が大幅に低下してしまいます。
そこでタイラバでは透明度が水に近く擦れに強いフロロカーボンラインのリーダーを、FGノットなど摩擦系ノットで2〜3m接続します。

リーダーの号数/太さは最低3号、オールマイティに使える太さは4号です。
3号は悔いが渋い時やマダイが小型の場合に使用さますが、大物がヒットしたら3号はやり取りで気を使います。青物が釣れる可能性があるポイントなら4号にしておいた方が後悔しないはず。

その他
釣りに必要な着替えやタオル、ハサミ、プライヤー、日焼け止めなどは忘れずに用意しておきましょう。
クーラーボックスはマダイ用に使うなら、最低限25〜30リットル以上のクーラーボックスを選べば大抵のマダイは入るかと思います。
内寸の幅が50cmで斜めにすれば60cmのマダイは納まりますよ。

 

釣り方

タイラバ マダイ
タイラバの釣り方は「落として巻くだけ」とは言いましたが、釣り方がシンプルなぶん、巻きスピードや使うタイラバのカラー、スカートの形状などを変えたりと釣れる組み合わせを考える必要があります。

1番手っ取り早いのは釣れている人のカラーに合わせる事なんですけどね。誰か釣れたら使っていたタイラバを見せてもらい、1番近いタイラバに変えるのが釣果への近道ですよ。

タイラバへの道。まず釣り船を予約しよう。
タイラバに挑戦するには、まずは船に乗るために釣り船の予約が必要。家から近い釣り船でも構いませんが、釣り船選びで迷ったらホームページが新しそうな船宿は初心者への対応が良い可能が高い。
Googleレビューなどで評判を確認するのも一つの判断基準になりますね。

乗船当日は出船の30分以上前に受付を済ませる様にしたい。船を利用するのが初めてなら道具の準備もあるので、余裕をもって1時間くらい前に着くようにしたほうが安心だ。

釣り船によるが、初心者である事を伝えれば釣り方などレクチャーしてくれる事もある。これはその日の混み具合や船長によるので、基本的には自分一人で全てこなせるようには予習はしておきたい。
乗船したら道具を出してタックルをセッティングしタイラバを結んでおこう。

ドラグ設定

ドラグ設定は500g〜1kg程度を目安にしてください。手でラインを掴んで強く引っ張ると出るくらいか、500mlのペットボトルをぶら下げてドラグが滑るかどうかの強さですね。
ドラグチェッカーや魚を吊して重さを測るスケールで確認すれば正確な数値がわかります。
実際の釣りでどうしても魚を巻き上げられないなら少しづつ締めて調整して下さい。

投入

マダイが釣れるポイントに到着すると船長から「◯m〜◯m」とタナが指示されるので、リールのクラッチを切りタイラバを投入します。
この時糸フケが出てスプール付近でラインが弛むなら、リールのメカニカルブレーキをタイラバが落ちるスピードが遅くなるかならないか程度に締めて調整しておきましょう。

着底

タイラバが着底したら出来るだけ早く巻き上げを開始して下さい。マダイは落ちるタイラバを追っている可能性が高く、タイラバが着底してから巻き始めるまでの動作が遅いとマダイに見切られたり、警戒されて追って来なくなりますよ。
この着底から巻き上げがスムーズに出来るかで釣果に大きな差が出るくらい重要なポイントです。

巻き上げ

タイラバの巻き上げは一定の速度で巻き上げましょう。巻き上げスピードはノーマルギアで1秒間にハンド1回転〜1.5回転程度が理想的。

注意してほしいのが、一定速度とはリールのハンドルを巻くスピードではなく、あくまでタイラバが動く速度を一定に保つことが重要なんです。
船は波で上下に揺れますから、この波の揺れも計算してハンドルを巻くスピードは調節しないといけません。

この辺がタイラバでは難しいポイントですが、少し慣れれば簡単に出来るので大丈夫でしょう。心配なら波が穏やかそうな日に釣りに行った方が良いですね。
波が荒いと難易度は高くなりますよ。

アタリ

タイラバを巻き上げているとマダイがタイラバに食い付き「グッグッグッ」と竿先や手元にもハッキリとアタリが現れますが、タイラバではアタリが有っても絶対にアワセを入れないで下さい。

タイラバ マダイ
マダイがタイラバに食い付いている間はずっと叩くようなアタリが出続けますが、まだスカートを咥えているだけでフッキングしていない可能性が高いので焦らず巻き付けましょう。

アタリが出てから同じ速度で巻き上げ続けると、マダイは逃げられると思うのか、タイラバのハリが付いている位置まで飲み込み、しっかり食い付くと自ら反転して潜ろうとします。

マダイが反転すると竿先が強く引き込まれるので、この時がフッキングさせるタイミングです。シャキッと竿を素早く煽りアワセを入れましょう。
タイラバではこの反転時にしっかり決まるので早合わせは禁物なのです。

フッキングが決まったら焦らず一定のテンションで巻き上げましょう。40cm以上ならタモ入れしてもらった方が安心ですよ。

 

(5)【送料無料】【代引き不可】紅牙X タイラバ入門セット [ベイトモデル](付属ロッド: ダイワ 紅牙X ) /ロッド/ビギナー向け/初心者/ルアーセット/鯛ラバ/釣り竿/釣具/ジャッカル/アルファタックル//マイクロジギング

楽天で購入