一つテンヤ真鯛の釣り方・タックルを解説|竿・ロッド、リール、テンヤ仕掛け、ライン

一つテンヤ マダイ
一つテンヤ マダイ

出展大原港 新幸丸
https://www.picbear.org/user/shinkoumaru.daichi

テンヤ真鯛とは「テンヤ仕掛け」と呼ばれるオモリに針が1〜2本ついた仕掛けに海エビを取り付けてマダイを釣るエサ釣りです。
真鯛のテンヤ釣りは江戸時代から伝わる日本由来の仕掛けで、趣味の釣りとしては千葉県大原が発祥とされ、簡単にマダイがよく釣れることから瞬く間に全国に普及していきました。

一つテンヤ真鯛の魅力は釣り方が簡単で釣果も良い点が挙げられる。餌付けさえマスターすればコマセ真鯛のように長いハリスも必要なく快適に釣りが楽しめます。

柔らかい繊細なライトタックルと5〜10号程度の軽い仕掛けを使うテンヤ真鯛は、タイラバなどルアーでのマダイ釣りとも共通点があり両方楽しむ釣り人も沢山います。テンヤ真鯛はタックルが軽いので非力な女性や子供にもおすすめの釣り方ですよ。
テンヤ真鯛はヒラメやマゴチ、根魚など嬉しいゲストフィッシュが釣れるのも嬉しいポイントです。

大抵の船宿はレンタルタックルも用意してくれているので、まずは試してみたいならレンタルしても構いません。とは言え、レンタルタックルは専用の竿ではないことも多く、リールの巻き心地が悪いなど快適に釣りが出来ないかもしれません。2回目以降は安くても良いので自分専用のタックルを用意した方が良いでしょう。

今回はテンヤマダイに必要なテンヤ仕掛けやタックル、釣り方を解説していきます。

【タイラバ・テンヤ入門セット】●アブガルシア オーシャンフィールド タイラバ OFTS-66LT-60+アブ オーシャンフィールド 3000H/3000SH

一つテンヤ

テンヤ仕掛け
テンヤ釣りで使用するのが「テンヤ」と呼ばれる仕掛けで、オモリに針が付いたシンプルな構造をしています。テンヤ仕掛けには1本針のタイプと、親針と孫バリ2本の針が付いたタイプがあり、孫針付きの方が餌持ちが良く、運が良ければ孫バリにもフッキングしてくれます。

使うテンヤの重さは3〜15号程度となり、狙う水深や潮の速さ、乗る地域の釣り船によって異なるので、必ず乗船する釣り船のホームページで確認して下さい。

3号・5号・8号・10号・15号と必ず数種類用意するようにしましょう。船宿指定より重いテンヤも用意しておくと潮流が早い場合に役立つはずですよ。

仕掛け着底させるテンヤ釣りでは、根掛かりやラインブレイクで仕掛けをロストする事もあるので、テンヤは各号数の予備を2〜3個は用意しておきましょう。

色・カラー

無塗装

鉛剥き出しの無塗装は当たり障りのないベーシックなカラー。食い渋りや澄み潮でテンヤ自体をあまり目立たせなくない場合におすすめ。

オレンジ/ピンク

オレンジ、ピンクの組み合わせはマダイのベイトであるエビやオキアミに近い色なので、釣り始めて最初に選ぶテンヤカラーとしておすすめです。オールマイティに使えるテンヤの定番カラーなので予備も含めて微妙な色違いを数種類は用意しておきましょう。

オレンジとピンクはマダイにとってアピール系のカラーであり、ナチュラル系のカラーであるとも言えます。活性の高いマダイに特に有効ですし、朝マヅメや曇りで暗い場合も使える万能カラーですよ。
デメリットとしてはアピール力が強い代わりに、逆に済み潮で低活性だったりスレ気味のマダイは食い付きにくくなる可能性もあります。

レッド(赤)

レッド(赤)はエビやオキアミと言った甲殻類に似たナチュラルカラーに分類されます。レッドもマダイのベイトにマッチした定番カラーの1つです。アピール系としてはオレンジとピンクより1ランク下がりますので、あまり強くアピールしたくない場合にもおすすめ。
マダイのベイトがエビや甲殻類の時に有効なカラーと言う点ではピンク・オレンジと同様なのですが、レッドは光が弱くなる深場や曇り、マヅメ時でもマダイが視認しやすいカラーで、ナチュラル系ながらしっかりマダイにアピールすることが出来ますね。

ゴールド(金)/シルバー(銀)

ゴール(金)とシルバー(銀)は光を反射するフラッシング効果が高くアピール力が高いカラーとなります。マダイのベイトが小魚の場合に有効で、魚をイメージしてやや早巻きで使うのも良いですね。
普通に通年使えるカラーなんですが、イワシやキビナゴの回遊が始まる初夏から秋にかけてより活躍しますよ。ゴールドは朝マヅメのような黄色やオレンジっぽい光の時にはナチュラルにアピールでき、シルバーは日中の釣りや透き通った澄み潮での釣りに活躍します。
ゴールドとシルバーのデメリットは、光の少ないローライトコンデションや濁りが入っている場合はアピール力が弱くなってしまいます。

グリーン/ブラック

グリーン(緑)とブラック(黒)もエビやカニなど甲殻類や多毛類を模したナチュラル系のカラーとなりますが、やや暗い水中でもシルエットがハッキリするので、深場やボトム付近で使う場合に有効です。暗くてもシルエットをしっかり見せてアピールできますよ。
グリーンとブラックはナチュラルカラーで反射率が少ないので、潮が濁っている場合はややアピール力が下がります。
それでもブラックは逆光や下から見た場合にシルエットがハッキリ見える効果がありますね。

グロー/チャート

グロー(蛍光)とチャートは光が少ないマヅメ時や水深が70m以上の深場、強く濁りが入っている状況で有効なハイアピールカラーです。より強いアピール力が必要になる状況で役立つので、どちらも1つは用意しておきましょう。

グローやチャートは膨張色であり色としては目立ちますが、シルエットはピンクやオレンジより不鮮明となります。
アピールしたいけどテンヤはハッキリ見せたくない場合におすすめ。よくコマセマダイ釣りの針にグリーンのビーズが付いていますが効果は同じです。

 

タックル

一つテンヤ真鯛 タックル
一つテンヤ真鯛では0.8〜1号の細いPEラインを巻いた2500〜3000番のスピニングリールと、マダイのアタリを弾かない柔らかいロッドが必要。テンヤ仕掛けは軽いので、フォールスピードの速いスピニングタックルを使う人がほとんどです。

ロッド

一つテンヤ真鯛

出展シマノ ENGETSU 一つテンヤマダイ

一つテンヤ真鯛で使用するロッド・釣竿は6〜7フィート・2〜2.7mの一つテンヤ真鯛専用ロッドが最適であるが、タイラバロッドやボートシーバスロッドの1番柔らかいモデルやバスロッドなども一応使えます。
テンヤ竿には2〜2.7mまで何種類かの長さがラインナップされているが、汎用性の高いテンヤ竿の長さのは2.4mとなる。
2.4mの竿は曲がりすぎずシャクリやすく、アタリも取りやすいし取り回しも楽ちんだ。

10号のテンヤでも重さは37.5gしかなく、上下に落としては巻くバーチカルな釣りとなるので、柔らかいロッドなら色々なルアーロッドを流用できるが、やはり長いテンヤ竿の方がクッション性も高いバラシは少なくなる。

竿先・ティップには中が詰まったソリッドティップと中が空洞のチューブラーがあり、マダイ釣りでは柔らかいソリッドティップの釣竿を選ぶ人が多い。

近年1万円程度のテンヤ真鯛ロッドでも大手ロッドメーカーから良いものが出ているので、初心者は大手メーカーのエントリーモデルを選べば良いでしょう。
長く使いたいなら2万円くらいのロッドを購入すれば当面は不満なく使い続けられると思います。

ロッドパワー

ロッドパワー(竿の硬さ)はL(ライト)・ML(ミディアムライト)・M(ミディアム)・MH(ミディアムヘビー)と表記されているものの、メーカーによって同じ表記でもロッドパワー・硬さに若干の差がある。

竿は柔らかいほど食い込みが良くバラシも少なくなり、張りのある竿はシャクリやすく魚を上げるのも楽になります。

テーパー・調子

テンヤ竿にはテーパー(調子)と呼ばれる竿の曲がり具合が設定されていて、真ん中付近から曲がる胴調子の竿はクッション性が高いマダイの引きを吸収できるのでバラシにくい。
竿先付近が曲がる先調子の竿は感度が良くアタリを感じやすいのとアワセが決まりやすい反面、マダイの抵抗が激しいと曲がりが少ない分ややバラシやすい傾向にある。

初心者が購入するべき1本

初心者は長さが2.4mでMLかMパワーで胴調子の1〜2万円程度のテンヤ真鯛竿を選べば不満なく使えるはずですよ。

シマノの炎月一つテンヤマダイBBはリーズナブルな価格でテンヤマダイ入門に人気の釣竿です。

炎月 一つテンヤマダイ BB 240MH シマノ

Amazonで炎月 一つテンヤマダイ BB 船 240MH 2.4mを調べる
オールラウンドモデル。浅場、深場を問わずに対応し、優れた操作性とバットパワーをバランスよく設定。
●全長:2.4M ●自重:115g ●形態:並継 ●継数:2本 ●仕舞長さ:123.0cm

リール


軽いテンヤを使うテンヤ真鯛では仕掛けを落とすスピードが速いスピニングリールを使うのが一般的。
サイズは2500〜3000番でギア比はノーマルギアとハイギアどちらでも使える。
ボディ素材は樹脂やカーボン、金属があるが、耐久性を重視する釣りではないのでどのタイプでも構わない。
ただしドラグ性能と最低限の巻心地は必要なので、ある程度の性能が確保されている1〜2万円以上のリールから選びましょう。
この価格のスピニングリールなら巻心地も良く糸ヨレ防止機能も付いているので快適に釣りができる。

●シマノ・ダイワのおすすめ3000番スピニングリール|種類、選び方

ライン

放浪カモメ PEライン
一つテンヤでは感度に優れるPEラインを使用します。ラインの太さは0.6号〜1号で200m巻いておけば大丈夫。正確なタナトリが必要なので、PEラインは船釣り用に10色分け・1mピッチマーキングが入った物を選びましょう。
PEラインが細いほど水切れが良いので感度が高くなりフォールスピードも早くなりますが、その分強度は下がるので初心者は0.8〜1号を選んでおくのが無難ですね。潮流が早い日は細糸が有利に働き釣果に差が出る事も当然ありますよ。

 シマノ ’19 ストラディック C3000HG 【小型商品】

リーダー

メインラインの先には2〜3号のフロロカーボン製リーダーを3〜5m結びます。リーダーとはメインラインの先に結んで使用するラインで、不透明でスレに弱いPEラインのデメリットを補う役割がある。フロロカーボンリーダーは透明度が水に近く擦れにも強い。

リーダーの太さはPE0.6号ならリーダーが2〜2.5号、PE0.8号ならリーダーは2.5〜3号、PE1号ならリーダーは3〜3.5号を選択する。
かなり細く感じる人もいるでしょうが、柔らかいロッドを使うので大抵のマダイは3号リーダーで釣れますよ。

PEラインとの結束はFGノットなど摩擦系ノットを使いましょう。

テンヤ真鯛では冷凍海エビの他に生きた活エビを付けて釣る場合もあります。餌は船宿が無料か有料で用意してくれるので、それを使えば問題ありません。

餌の付け方

一つテンヤ真鯛 餌つけ

出展ハヤブサ エビズレンのページより

テンヤへの餌の付け方は、まずエビの尾羽を尾の根元から切り、孫ばりを腹から刺して針先が頭方向に出るように取り付けます。一つテンヤは孫針がないので省略。
次に親バリを尾の切り口から入れてエビの方を針のカーブに沿わせるように尾を曲げながら刺し、最後はエビの尾が真っ直ぐになる一から針先を出す。

 

釣り方

タイラバ マダイ
テンヤ釣りに行く前に、まずは乗船する釣り船を決めて予約をしないといけません。家から近い釣り船をかGoogleや釣り船予約サイトで「地域名 テンヤ真鯛 釣り船」を入力して評判の良い船宿を調べて選ぶと良いでしょう。

船宿に出船時間の1時間くらい前に到着するように家を出るのがおすすめ。船に乗船したらまずタックルのセッティングとドラグ調整を行います。

使うテンヤ仕掛けは大抵は船長がアナウンスしてくれるのでまずはその指示に従いましょう。ラインが太かったりして自分の仕掛けだけ流される場合もあるので、もし他の人より斜にラインが出てしまうならテンヤを少し重い物と交換して対応します。

ドラグ調整

テンヤ真鯛のドラグは1Kg程度に設定するのがおすすめ。
最初は正確に設定したいので、部屋でペットボトルやデジタルスケール、ドラグチェッカーなどをラインに結んで持ち上げ1kgの締め具合を覚えておけば、後からはラインを手で掴んで引っ張るだけでも調節できるようになりますよ。

ポイントに到着

マダイが釣れるポイントに船が到着すると船長から「◯m〜○mでやって見てください」などと狙うタナが支持されるので、船が停止せたらテンヤを素早く投入して下さい。
テンヤを落としている間は僅かにリールのスプールエッジに人差し指の腹を添えて、ラインが弛みすぎないようにテンションをかけておきます。

テンヤが着底するとラインの放出が止まるので、直ぐに巻き上げられるように集中しておこう。テンヤが着底したら根掛かりしないように、素早くリールのベールを戻して竿先でテンヤを持ち上げる。着底からテンヤを持ち上げた直後はマダイのアタリが出やすいタイミングなので、5〜10秒ほど待ってからシャクリ初めましょう。

シャクリ方は竿を水平にした状態から45度まで持ち上げ水平の位置に戻します。テンヤの重みが竿に乗ったら再度シャクリを入れる、あとはこの繰り返しです。
ラインが斜に出て流されるてテンヤが浮き上がっているので一度巻き上げて投入しなおしたり、重いテンヤに交換して対処します。

アタリ

テンヤ真鯛のアタリはコツコツと小さなものから、ひったくるような大きなアタリまで様々。ハッキリとしたアタリがあったら即アワセを入れましょう。
マダイのアタリはフォール中に出ることもあり、その場合はまだ着底前なのにテンヤの落下が一瞬とまる。
その場合はアタリがあったタナにテンヤを浮かせて誘いを入れて探ってみよう。

アタリが出るのにフッキングに至らないのはマダイが小型の可能性が考えられる。その場合は早合せせずにテンヤをゆっくり持ち上げる「聞きアワセ」を入れると良い。聞きアワセを入れて竿先にしっかり重みが乗るようなら素早くラインを回収して水平付近に戻してからアワセを入れよう。
テンヤをより針が小さな物に交換するのも試してみよう。

フッキングが決まったらドラグが出なければ一定のテンションを保ちながらゴリ巻きで一気に巻き上げれば問題ない。マダイが強く引く場合やドラグが出るなら一旦巻くのを止めるが、マダイが急に上方向に泳いでラインテンションが緩まないように、ハンドルには常にテンションを掛けておくこと。
マダイが引くのをやめたら素早く巻き上げを開始し、あとは水面まで巻き上げたら抜きあげるか、大きいならタモ入れして貰えば完了です。

テンヤ真鯛の釣り方は動画を見て頂くと、よりわかりやすいかと思います。

 

こちらの記事もおすすめ
●マダイ(真鯛)の生態と釣り方4種類|捌き方、料理