シャコガイの種類と飼育方法|光・照明、水質、水流、注意点、飼い方

シャコガイ

シャコガイ
シャコガイはヒラヒラとしたメタリックカラーの膜が美しい貝で、この膜に共生している褐虫藻の光合成により活動と成長に必要なエネルギーを得ています。

貝としては珍しく餌を必要とせず、光と微量元素が豊富な水質があれば成長するサンゴに近い性質の貝のため、サンゴ水槽のタンクメイトとしても人気が高い生物です。

そこが知りたい サンゴ飼育完全飼育マニュアル

Amazonでサンゴを上手く飼うための本―飼育環境・難易度別で理解するサンゴカタログ の価格を調べるならコチラ

シャコガイの種類

ヒメシャコガイ

ヒメジャコガイ シャコガイ
ヒメシャコガイは小型のシャコガイで見た目も可愛らしく、スペースも取らないのでコレクションにも向いている。カラーもメタリック系が多いようです。

ヒレシャコガイ

ヒレシャコガイ
ヒレシャコガイは名前にヒレと付くように、大きく広がるウェーブ状の貝殻が特徴。更にサイズも20cm以上に成長するため、大型個体の存在感は抜群である。
通販で購入すると予想よりドデカイ個体が送られてくる事があり、持て余さないようにサイズを確認してから購入したい。
カラーは色彩豊かで柄も綺麗ですが、メタリックよりはライトな蛍光色や地味なベタ塗り系の発色をする多いようです。

シャコガイの飼育方法

シャコガイ
●照明:弱〜中
●水流:弱〜中
●水質:硝酸塩が20ppm以内
●水温:23〜26°C
●PH: 7.5〜8.5
●KH:8〜14
●濾過方式:特にこだわらない

シャコガイはサンゴと同様に褐虫藻の光合成により生きている少し変わった貝の仲間です。
ヒラヒラと幅の広い膜を出しているのは、膜に共生している褐虫藻に光合成を行わせるためで、特有のメタリックカラーはUV・紫外線を反射し身を守るためと言われています。
このためUV球を含むLEDライトを当てると、反射して非常に綺麗な発色を見せます。

購入してきたシャコガイはライブロックに置いておくと、糸状の物質を出して活着しますが、環境に不満が有るとなかなか活着しなかったり、動いて落ちてしまうこともあるようです。
安全性や配置換えを重視するなら砂の上に置いておくと安心です。

養殖物

シャコガイは養殖されており5cm以下のベビーサイズも流通しています。自然のことを考えるなら小さくても養殖物を購入したいものですね。
養殖物の方が親を厳選しているので綺麗だったりしますよ。

シャコガイ飼育の注意点

シャコガイ
ハギやヤッコの中にはシャコガイにちょっかいを出す魚がおり、何度も開閉して弱ったり、シャコガイのストレスになり調子を崩すことがあります。
個体差が有るので、どの種類と相性が悪いとは言えませんが、ハギやヤッコには注意しましょう。

大きな魚も上を横切るたびにシャコガイが反射的に閉じてしまい、ストレスになることもあるのですが、大抵の場合はシャコガイが慣れるので、少しの事では驚かなくなるはずです。
アナハゼの仲間に砂を掛けられないように配置場所に注意して下さい。

水質

シャコガイ
シャコガイは綺麗な水質を好むため、水質は硝酸塩とリン酸塩がほぼ検出されないのが望ましいが、ミドリイシなどデリケートなサンゴよりは、多少なら硝酸塩とリン酸塩の蓄積には耐えられます。

理想はベルリンシステムのような栄養塩を低く抑えられる飼育環境で、カルシウムリアクターも使えれば成長も早まります。
カルシウムリアクターが使えなくても、KH・カルシウムの数値は高めを維持するように心がけて下さい。
シャコガイはサンゴではありませんが、貝殻の形成に沢山のカルシウムを必要とします。

ヨウ素やマグネシウム、ストロンチウムなど微量元素の不足にも注意しますが、KHを最低でも7〜8に維持すれば微量元素が不足することは少ないかと思います。

水流があまり強いのは望ましくなく、膜が多少なびく程度が理想的です。水流が強いと開きが悪くなったりして弱ってしまう場合があります。

照明

シャコガイ
シャコガイは光合成に強い光を必要とするため、照明は60cm水槽でメタハラ150wやLED60w以上の出力が必要です。水質が栄養塩が検出出来ないほど綺麗なら、もう少し少なめの光でも飼育出来るかもしれません。

LEDならUV球を含んだブルー系のカラーを選ぶとより綺麗に鑑賞できますよ。

 

(サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ 北海道・九州航空便要保温

Amazonでcharm(チャーム) (海水魚 サンゴ)おまかせソフトコーラル3種セット SSサイズ の価格を調べるならコチラ